暮らしのお悩み解決サイト

冬にゴキブリはどこにいる?家の中に出る?冬の間に死滅させる駆除方法3つ!

冬にゴキブリはどこにいる?家の中に出る?冬の間に死滅させる駆除方法3つ!

温かい春や夏に比べて冬はゴキブリを目撃しにくいですが、どこにいるのでしょう?本記事では冬のゴキブリの隠れ場所や冬の間にゴキブリを死滅させる駆除方法を徹底解説!ゴキブリの活動量が落ちる冬にしっかり駆除しておけば来年の春・夏はゴキブリを目撃せずにすむかもしれません!ぜひ本記事を読んで冬のゴキブリ対策を完成させてください。


ゴキブリは"嫌いな昆虫トップ3"にランクインしています。そのため、苦手な方も多いでしょう。(昆虫と認めたくないという空気ですが…)

ご存知の通り冬は、春・夏に比べれはゴキブリと遭遇する回数は激減します。理由は冬のゴキブリは活動をセーブするからです。そのため、1年の中で最もゴキブリと遭遇しない季節と言えるでしょう。

ゴキブリの活動が鈍くなる冬は、ゴキブリ駆除に最適な季節です。ゴキブリは春・夏になると活発になり、秋は繁殖期のピークを迎え、たくさんの卵を産みます。ゴキブリの増殖を防ぐためにも動きが鈍い冬に、ゴキブリ・卵・幼虫を一斉駆除して、春・夏に発生するゴキブリを減らしましょう!

【家の中のゴキブリはその1匹だけじゃない】
ゴキブリは「1匹見たら100匹いる」と言われるくらいの繁殖力。家の中に潜むまだ見ぬゴキブリを退治するなら、プロの駆除業者も使う「ゴキちゃんストップ」を使いましょう。

ゴキちゃんストップは特殊な製造方法で、ゴキブリ駆除成分が一番有効な条件のまま固形になっています。だからゴキブリ駆除効果が長く続く!

「ドアを開けたらゴキブリがいるんじゃないか…」と自分の家の中なのにゴキブリに怯えて生活するのは終わりにしましょう!

冬場のゴキブリの生態5つ

冬に限らず、基本的にゴキブリには遭遇したくないものです。特にクロゴキブリは光沢のある黒いボディーが気持ち悪く、サイズも大きいため、見るだけでゾッとします。ゴキブリの冬の生態について、まとめました。 

冬場のゴキブリの生態|その1
①ゴキブリは冬に死ぬ?

ゴキブリは冬でも生きています。冬になるとゴキブリを目にする機会が少なくなるため、ゴキブリは冬になれば死滅すると思っていた方もいらっしゃるかもしれません。

冬は春・夏に比べると、ゴキブリに遭遇する回数は減りますが、ゴキブリの生命力は凄まじいです。冬だからと言って、ゴキブリが死ぬことはありません。

春夏に小さなゴキブリを非常に多く見かけたという事であれば、あなたの家でゴキブリは越冬と繁殖に成功したと考えて良いでしょう。

冬場のゴキブリの生態|その2
②冬でも産卵・孵化をしている

ゴキブリは生命力が凄まじいだけでなく、繁殖能力も高いため、部屋に浸入したゴキブリは暖かい室内に潜み、産卵している可能性があります。ゴキブリの繁殖ピークは秋ですが、冬でも暖かい環境に潜んでいれば繁殖能力は衰えません。

ゴキブリの種類にもよりますが卵は、20日~40日で孵化します。冬だからと言って安心はできません。

冬になったらゴキブリは死ぬと思っていた方には、残念な情報ですが、ゴキブリは冬でも生きています。冬になるとゴキブリを見ないという方は、ゴキブリにとって冬場温かく過ごせる環境が無い住まいを作る事ができていた、と言えるでしょう。
ですが今までは目にしていなくても、たとえば今年購入した家電製品の側面底面背面が適度に暖かかったりしたら、今年の冬はゴキブリについに遭遇するかもしれません。

冬場のゴキブリの生態|その3
③ゴキブリは冬眠する?

ゴキブリは冬眠するのか?『答えはNO』です。ゴキブリを含む昆虫類は冬眠しません。つまり、ゴキブリは冬を理由にして死滅することもなければ、冬眠もしません。しかし冬眠こそしませんが低温には非常に弱く動きは鈍くなります。
ただし人間が暖かく保っている室内環境であれば、ゴキブリは冬でも活発に動いています。

冬場のゴキブリの生態|その4
④ゴキブリは冬越しできる?

ゴキブリは超極寒の地でもなければ冬越しできます。また、暖かい季節から室内に潜んでいるゴキブリ・冬に室内に侵入したゴキブリは、野外のように低温になることは少ないため、冬越しできる確立は高いです。

ゴキブリには様々な種類が存在しますが、日本に生息しているゴキブリは、およそ50種類です。中でも皆さんが目撃するゴキブリの多くは、チャバネゴキブリ・クロゴキブリと言われています。両者のゴキブリは、20度~32度程度で活発になり、20度以下になると動きが鈍くなるのが特徴です。

冬場のゴキブリの生態|その5
⑤冬に強いゴキブリと弱いゴキブリ

さらに、チャバネゴキブリ・クロゴキブリの冬の生態について説明します。

○チャバネゴキブリ(体長:1㎝~1.5cm位)は、冬に弱いゴキブリです。チャバネゴキブリは、マイナス5度に達すると1日で死滅するため、氷点下が当たり前になる場所では冬越しできません。冬でも室内であれば、氷点下になることはないため冬越しできます。

○クロゴキブリ(体長:2㎝~4cm位)は、冬でも耐えられるゴキブリのため、滅多なことでは死にません。元々は野外に生息しているゴキブリのため、冬の寒さにも耐えられる生命力があります。ただし、耐寒性のあるクロゴキブリでも弱点はあるため、必ずしも冬越しできるとは限りません。20度以下になると動きが鈍くなり、17度以下では、より動きが鈍ります。

ゴキブリは冬の間どこにいる?

暖かい季節に比べて冬は、ゴキブリに遭遇する機会は減るでしょう。ゴキブリは冬を理由にして、活動をストップする昆虫ではありません。その証拠に、冬でもゴキブリは死滅せず冬眠すらしません。特にゴキブリは生命力・繁殖力が強いため、冬でもどこかに潜んでいます。

冬のゴキブリは風に当たらないように、ダンボール・古紙・古本・洋服等、に身を潜めていることが多いです。さらに、より暖かい場所を求めて、多くのゴキブリ達が集まる場所があります。

ゴキブリは冬の間どこにいる?|居場所その1
①チャバネゴキブリは電化製品を好む

ゴキブリの中でもチャバネゴキブリは、特に冬の寒さに弱く、耐寒性に乏しいゴキブリです。本来は暖かく湿気がある場所を好むゴキブリのため、冬の厳しい寒さから身を守るために、室内に多く潜んでいます。

室内の中でもチャバネゴキブリがよく潜んでいる場所は、電化製品の中・裏・背面は定番です。他にも、固定電話の内部・コンセントの中に侵入することもあります。

余談ですが、チャバネゴキブリは熱い国に生息している外国原産のゴキブリです。本来、寒さに弱いチャバネゴキブリですが温暖化が進んだ影響で、日本の冬でも生存しやすくなりました。

冬は氷点下になる北海道等では、チャバネゴキブリを目撃することはありませんでしたが、近年では遭遇する方も増えているよううです。

ゴキブリは冬の間どこにいる?|居場所その2
②クロゴキブリは電化製品以外にも

【PR】今すぐ害虫駆除をしたいなら!日本全国に対応

緊急を要する害虫駆除にはムシ・プロテックがオススメです。最短即日対応、迅速な駆除が可能です。素早い解決に向けて対応してくれます。害虫駆除は虫のプロにお任せ!

害虫トラブル最短即日解決

\最短期間で駆除/

年間3000件の実績

 

  • ◇現地見積、出張費用無料
  • ◇全国各地に完全対応
  • ◇速い、安い、信頼。

関連するキーワード


害虫駆除 ゴキブリ駆除

関連する投稿


車に虫が寄ってくる原因と対策7つ!車用のおすすめ虫除けとDIY方法も!

車に虫が寄ってくる原因と対策7つ!車用のおすすめ虫除けとDIY方法も!

本記事では、車に虫が寄ってくる原因や7つの対策とおすすめ虫除けグッズを紹介します。また、自作虫除けネットのDIY方法もお伝えするので、自分に合った対策を見つけてくださいね。


ココア虫の正体はナニ?ココア虫の対策と発生しやすい食材も紹介

ココア虫の正体はナニ?ココア虫の対策と発生しやすい食材も紹介

ココアパウダーの中に小さな虫がいることがあります。ココア虫は開封済みのココアに侵入する厄介な害虫です。この記事ではココア虫の正体について詳しく解説しています。ココア虫が発生しやすい食品についても紹介していますので、この記事を参考にココア虫対策をしっかりとしましょう。


ヤマトシロアリの駆除方法6つ!業者の費用相場は?

ヤマトシロアリの駆除方法6つ!業者の費用相場は?

ヤマトシロアリは日本の家をダメにすることで有名なシロアリで、見つけたら徹底的に駆除しないといけません。コストを抑えて駆除したい方は「ヤマトシロアリを自分で駆除する方法6つ」を実践して、駆除しましょう。


アブ対策5個!種類や生態、おすすめグッズなどをご紹介

アブ対策5個!種類や生態、おすすめグッズなどをご紹介

アブに刺されると、腫れたり強い痒みを伴ったり、命にかかわる毒を持っている可能性もあったりと危険な害虫です。しっかりと虫除けを行わなければなりません。そこで、アウトドアシーンで活用できるアブ対策グッズや、アブの被害について紹介します。


ゴキブリが嫌いな匂い3パターン!アロマ忌避剤の作り方を初級編~上級編で紹介

ゴキブリが嫌いな匂い3パターン!アロマ忌避剤の作り方を初級編~上級編で紹介

ゴキブリが嫌いな匂い3パターンを解説。アロマやハーブを使った忌避剤や対策方法・おすすめのアロマなど商品も紹介します。


 

ビジネスパートナー募集