暮らしのお悩み解決サイト

シロアリ予防方法10個!自分で薬剤などで対策できる?

家からシロアリを守るために予防している方もいますが、1度したからと言って安心はできません。予防は継続して行わないと家の敷地内に侵入してきます。では早速、「シロアリの予防方法を10個」見ていきましょう。


シロアリと家は切っても切れない関係で、新築の家でも古い家でも関係ありません。シロアリは木を求めて家にやって来るため、何もしないと家の敷地内の木をかじられ、気付いた時には被害に遭っていることもあります。

また、家を建てる時にシロアリ予防をする方も多いでしょう。古い家でも"前にシロアリ予防をしたから"と安心していませんか?シロアリ予防は1度行ったからと言って安心はできません。

シロアリ被害に遭ったことがない方は、どこか他人事のように思う方もいるでしょう。でも、シロアリ被害は想像以上に恐ろしい存在です。シロアリに家を占領される前に『シロアリの予防方法10個』をチェックして、シロアリのいない家にしましょう!

シロアリ予防の必要性

シロアリは築年数に関係なく家を食べますが、新築の方がシロアリ被害に遭う確率は低いです。ほとんどの場合、新築の家は建てる際にシロアリ予防をしているため、約10年くらいはシロアリから家を守ることができるでしょう。

だからと言って、必ずしもシロアリ予防ができるわけではなく、場合によってはたった数ヶ月でシロアリ被害に遭う場合もあります。また築年数が増えるにつれ家は劣化していくため、シロアリ被害に遭う確率は増していくのが通常です。

新築の家でも古い家でもシロアリ予防対策をしている方もいますが、シロアリ予防できる期間は大体5年~10年程度で効果がなくなります。シロアリ予防効果を継続させるには、定期的に予防対策を行うことが必要です。

シロアリの生態と特徴

シロアリには様々な種類がいますが日本の家に被害をもたらすのは、「ヤマトシロアリ」「イエシロアリ」「アメリカカンザイシロアリ」で、中でもヤマトシロアリとイエシロアリによる被害が目立ちます。アメリカカンザイシロアリは輸入家具にくっついていることが多く、乾燥している木を好みますが木であれば何でも食べるのが特徴です。

シロアリは条件が揃うと物凄い勢いで増殖して巣を大きくしていきます。そして、顎の力が強く、柔らかい素材~硬い素材まであらゆるものを食べるため、意外なものを食べられていることもあるでしょう。また、シロアリは腐った木材ににもよく反応します。

シロアリ予防方法7つ

シロアリは人前に姿を現すことはほとんどないため、知らない間にシロアリ被害に遭っていたケースは多いです。シロアリ被害を防ぐためには予防することが大事ですが、自分でシロアリ予防をする場合は7つの方法を実践しましょう。

①切り株や根から抜いてシロアリ予防

あなたは家の敷地内にある木を切った後、切り株を放置していませんか? シロアリ予防をするなら切り株は根から抜きます。切り株を自分で抜く時は木の根元周りをできるだけ深く掘り、バール等で木を掘り起こして抜きましょう。

そこまで大きくない切り株や腐っている切り株は道具さえあればわりと簡単に根元から抜くことができます。でも、大きい切り株や腐っていない場合は、自分で抜くのは少し大変かもしれません。切り株を自分で抜く作業は体力が必要なため、手間をかけずに楽に切り株を抜くなら業者にお願いするのも良いでしょう。

切り株は放置していると腐っていきシロアリがやって来ますが、腐っていない切り株を食べる種類のシロアリもいるため、木を伐採した後は根元から抜く必要があります。つまり、放置している切り株はシロアリにエサを与えているようなものです。自宅の敷地内にある木を伐採した後は、シロアリ予防に必ず切り株も抜きましょう。

②ウッドデッキをやめてシロアリ予防

おしゃれな家にするためにウッドデッキにしている方もいますが、実はシロアリを寄せ付ける原因です。シロアリ予防を徹底するならウッドデッキはやめた方が無難でしょう。地面についている状態でウッドデッキを作ることがありますが、シロアリの種類によっては土の中に巣を作るため、地面にウッドデッキの木材が触れている状態はシロアリにとっては好都合です。巣の近くにエサがあるため、いつでもウッドデッキを行き来できます。

また地面から離してウッドデッキを作ってもウッドデッキがあれば食べるために寄って来ます。さらに、ウッドデッキを支える柱も木で作ることが多いでしょう。また、柱を支える土台の下に巣があればシロアリが登ってきます。

ウッドデッキに使う木に防腐剤やシロアリ予防の薬剤を注入して使うこともありますが、予防効果は永遠ではありません。防腐処理やシロアリ予防の薬剤は期間が経つにつれて効果は弱まり、最終的にウッドキはシロアリに食べられてしまいます。

③生け垣の枯れ枝は根から抜いて予防

生け垣に枯れ枝がある場合は根から抜いてシロアリ予防をしましょう。生け垣の枯れ枝もシロアリにとっては豊富な栄養源となり、さらに生け垣がある土の中に巣を作る原因にもなります。生け垣に枯れ枝があるとわかっていても、1本づつ根から抜いていく作業はそれなりに大変です。

そのため、放置している方もいるかもしれませんが、そのままにしているとシロアリ予防ができるどころかシロアリがやって来る原因になります。家の床下や柱等、家のあらゆる部分をシロアリに食べられると思いましょう。また、シロアリの種類にもよりますが、生け垣の枯れ枝を食い尽くすと床下や天井裏等、別の場所に移動して巣を作り家の木を食べます。

家の中が外から見えないようにするために生け垣を植えたり、植物が好きな方は家を緑や花で彩るために植えている方もいるでしょう。生け垣は季節に関係なく枯れない木を植えることが多いですが、生け垣に向いていない木を植えたり手入れを怠たると枯れる場合があります。

生け垣が枯れ枝だらけになれば見栄えが悪くなるだけでなく、シロアリ予防の妨げになるため、根から抜いてシロアリを寄せ付けないようにすることが大事です。

④木の柵をやめてシロアリ予防

家の周りを木の柵で覆ったり庭の一部分に木の柵を使うと、素敵な外観になりますがシロアリが寄って来ます。シロアリ予防のことを考えるなら木の柵を使うのはやめましょう。木の柵は家をおしゃれに見せるアイテムとして人気がありますが、キリ株やウッドデッキのようにシロアリに食べられたり、土の中にシロアリの巣を作られる原因になります。

木の柵は雨に濡れる環境のため腐敗は避けられず、数年経てば腐るのは確実です。また、腐った木はシロアリがたかりやすいことで有名ですが、シロアリの中には新しい木を好むシロアリもいます。木の柵を設置して間もなくシロアリが寄ってくる場合もあるため、木が腐っていようがいまいが関係ありません。

大切な家をシロアリから守るためにはしっかり予防をして、シロアリが寄り付かない家にすることが重要です。シロアリの種類によって好む木は違いますが、木があるところにシロアリは寄って来ます。木の柵を使えばおしゃれに見えますが、シロアリ予防をするなら別の素材で柵を設置しましょう。

⑤使わない材木やダンボールは捨てて予防

DIYが好きな方は木材を使うことも多いですが、余った木材を外に置いていませんか? もし、放置している木材があれば捨てましょう。また、引越し等で使ったいらないダンボールもシロアリ予防のために捨てます。

木材を外に置きっぱなしにしているとシロアリを寄せ付ける原因になることは、ご紹介してきた流れで察することができるでしょう。シロアリ予防をするには、シロアリのエサになるものや巣を作る原因をできるだけ排除することが大切です。木材をどうしても保管したい場合は、地面から木材を離して湿気がこもらない風通しの良い環境に置きましょう。

もう1つ、シロアリ予防をするならダンボールも見逃せません。理由は単純で、シロアリはダンボールを食べることもあるからです。シロアリを目の前で見ることはほとんどありませんが、ダンボールを保管していると、無数のシロアリがたかっているところを見るかもしれません。

また、シロアリの数が多ければ、ダンボールがボロボロになるまで食べられてしまうこともあります。シロアリはコンクリート等の硬い素材をガリガリ噛める顎を持っているため、ダンボールをかじるのは簡単です。木材やダンボールがシロアリのエサになる前に処分して、シロアリ予防をしましょう。

⑥床下の通気口を掃除してシロアリ予防

ここまで木やダンボールのシロアリ予防をご紹介してきましたが、床下の通気口もシロアリ予防には欠かせません。床下の通気口は湿気をためないようにするためにあり、通気口が塞がっていると湿気がこもります。

湿気がこもっている状態は家にも悪く、さらに湿気を好むシロアリにとっては最高の場所です。すると、シロアリは通気口から床下に侵入して、家の基礎を食べたり土の中に巣を作ります。

床下の通気口周りに雑草が生えていたり、ゴミがたまっていれば掃除をしてシロアリ予防をしましょう。雑草を抜いた後は生えてこないように除草剤を撒いたり、除草シートで生えてこないようにすれば雑草を抜く手間が省けます。

通気口周りをキレイに掃除をして空気の通りが良くなると、湿気がこもりやすい床下も湿度が変わるはずです。また、住宅事情にもよりますが、床下の通気口周りが何もない状態は太陽の光りを遮る物がなくなるため、日も当りやすくなり湿気予防に役立ちます。

⑦家の壁や床の隙間をふさいでシロアリ予防

【PR】今すぐ害虫駆除をしたいなら!日本全国に対応

緊急を要する害虫駆除にはムシ・プロテックがオススメです。最短即日対応、迅速な駆除が可能です。素早い解決に向けて対応してくれます。害虫駆除は虫のプロにお任せ!

害虫トラブル最短即日解決

\最短期間で駆除/

年間3000件の実績

 

  • ◇現地見積、出張費用無料
  • ◇全国各地に完全対応
  • ◇速い、安い、信頼。

関連するキーワード


害虫駆除 シロアリ駆除

関連する投稿


小麦粉とダニの見分け方と対策!未開封は?正しい保存方法も

小麦粉とダニの見分け方と対策!未開封は?正しい保存方法も

使いかけの小麦粉にダニが混入してしまったけどどうすれば良いか分からないという人も多くいるのではないでしょうか。本記事ではそのような場合にどうすれば良いか、また小麦粉にダニを発生させないための予防方法をを詳しくご紹介します。


ダニ退治に使える?バルサンの効果的な使い方と注意点5つ

ダニ退治に使える?バルサンの効果的な使い方と注意点5つ

梅雨から夏をピークにわたしたちを悩ます「ダニ」。ダニは梅雨の時期を迎える前に駆除しておくのがおすすめです。害虫駆除に効果的な「バルサン」なら、お部屋まるごと駆除することができます。バルサンはなんだか面倒くさそう…と思っているあなたも、今年こそはバルサンでダニときっぱり決別し、ダニゼロの快適ライフを目指しましょう!


どんぐりの中にいる虫の名前とは?殺し方・処理方法5個!見分け方も

どんぐりの中にいる虫の名前とは?殺し方・処理方法5個!見分け方も

大量のどんぐりから虫が表れてくる姿が苦手であるという人も多くいるでしょう。本記事ではどんぐりの中にいる虫の正体と、その処理方法を詳しく紹介しています。どんぐり集めが楽しい季節を十分に満喫できるように本記事を参考にして、正しくどんぐり拾いしましょう。


コナダニ駆除の方法7選!おすすめの駆除グッズや予防対策も紹介

コナダニ駆除の方法7選!おすすめの駆除グッズや予防対策も紹介

白っぽい見た目で小麦粉などの食品や畳などに発生する「コナダニ」。今回はコナダニの駆除方法やおすすめの駆除グッズ、予防方法を見ていきます。


黒い小さい虫の正体と駆除方法!長細い・飛ばないなどの特徴も

黒い小さい虫の正体と駆除方法!長細い・飛ばないなどの特徴も

アパートやマンション、戸建て住宅で、黒い小さい虫が発生していることに悩んでいる人も多いでしょう。小さい虫でも、大量発生すれば非常に不快なものです。そこで、黒い小さい虫の種類、適切な駆除方法と、虫の発生を予防するポイントをご紹介します。


 

ビジネスパートナー募集