暮らしのお悩み解決サイト

ゴキブリのふんの特徴と掃除方法6ステップ・注意点6つ【プロ監修】

「ゴキブリが家の中にいたらゴキブリのふんがある」と思いましょう。ゴキブリのふんを放置していると健康に悪影響を及ぼすため、掃除をしないといけません。ゴキブリのふんの特徴や、ふん掃除の方法をご紹介します。


医学博士
白井 良和
医学博士。1994年京都大学農学部農林生物学科卒業、1996年京都大学大学院農学研究科修了、殺虫剤メーカー勤務を経て、2001年富山医科薬科大学大学院医学系研究科博士後期課程修了。
医学博士。1994年京都大学農学部農林生物学科卒業、1996年京都大学大学院農学研究科修了、殺虫剤メーカー勤務を経て、2001年富山医科薬科大学大学院医学系研究科博士後期課程修了。

誰でも1度くらいは家でゴキブリを見たことがあるでしょう。リビングの壁や天井にいたり、トイレの扉を開けた瞬間にゴキブリが飛んで来た方もいるかもしれません。ゴキブリは身近な害虫として知られていますが、ゴキブリの「ふん」のことを考えたことはありますか? 

ゴキブリもふんをする生き物で、家の中を住み家にしていればどこかでふんをしているはずです。つまり、気持ち悪いゴキブリと、ゴキブリのふんと一緒に生活をしていることになります。家の中にゴキブリがいるだけでもゾッとしますが、汚いふんもあれば衛生的にもよくありません。

まずは、『ゴキブリのふんの特徴』を知り、『6つのステップでゴキブリのふん掃除』を行いましょう!

ゴキブリのふんの特徴5つ

あなたは、ゴキブリのふんを見極めることができますか? ゴキブリマニアの方やゴキブリのふんを頻繁に見ている方であれば、ふんの特徴を知っているため判断できるかもしれません。では、ゴキブリのふんの特徴を5つ見ていきましょう。

①ゴキブリのふんのサイズや数量

ゴキブリふんのサイズは種類によって違います。よく見かけるチャバネゴキブリと、クロゴキブリのふんのサイズから見ていきましょう。チャバネゴキブリは体長も小さいですが、ふんも小さめで大体1mmくらいしかありません。

一方、クロゴキブリのふんは少しだけ大きく、大体2mm~2.5mmあります。クロゴキブリのふんはチャバネゴキブリのふんに比べると2倍近く大きいですが、どちらのふんもmm単位のサイズが特徴で、小さいことから見過ごしている可能性があります。

ふんの数は食べる量によって変動するため正確な数はわかりません。でも、クロゴキブリは体が大きいため食べる量も多いでしょう。そのため、チャバネゴキブリよりもたくさんのふんをすると考えられます。

②ゴキブリのふんの固さ

ゴキブリのふんの固さですが、ふんをしたばかりの状態は少し柔らかいかもしれません。ふんは水分量によっても固さが変わったり、ゴキブリは雑食性の昆虫のため、食べるものによってもふんの固さが変化します。

また、ゴキブリのふんは時間が経つにつれて、ふんの中に含まれている水分は蒸発し硬いふんになります。ゴキブリのふんは小さいにも関わらず、時間が経ったゴキブリのふんは手で潰そうとしてもなかなか潰れません。

ただし、あまりにも時間が経ったふんは乾燥がかなり進んでいる状態で、すでに粉々になっている場合もあります。乾燥しているゴキブリのふんでも水をかけると柔らかくなるため、ふんだとハッキリわかるはずです。

③ゴキブリのふんの色

ゴキブリのふんの色は、チャバネゴキブリ、クロゴキブリともに茶色や黒色で様々ですが、クロゴキブリの方がやや色が濃い傾向があります。

両方ともほとんどが固形ですが、クロゴキブリの方は、茶色の液状で線を引いたような糞をすることも多いです。家庭内に侵入、出没するゴキブリは、ほとんどがクロゴキブリです。チャバネゴキブリは飲食店に多いです。

④ゴキブリのふんがある場所

ゴキブリのふんはキッチンによくあります。特に、食器棚や引き出しの中で見かけることが多く、ゴマのようにポロポロした物体が落ちているでしょう。ゴキブリのふんがキッチンによくある理由は、水を摂取できる排水口や、エサとなる生ゴミや食料品がある場所を好むからです。

また、不衛生な部屋では、押入れの中・ベッドの下・部屋の隅等にゴキブリはふんをします。時には、壁や板にもふんをするのが特徴です。他にも、ゴキブリは隙間から出入りをするため、侵入口にふんが落ちていることもあるでしょう。例えば、エアコンの排水パイプ・シンクや風呂場等の排水口・換気扇等です。

さらに、身を隠せる場所や湿気がある場所・暖かい場所をゴキブリは好みます。例えば、電化製品の裏や下・家具の裏や下・植木鉢等です。このような場所は巣を作ったり体を休める場所として使いますが、ふんをする場所でもあります。

ゴキブリの糞がある場所ですが食器棚や引き出しの中以外にふんがよくある場所はどこですか?
押し入れの隅や、押し入れの箱の中などです。

⑤ゴキブリのふんの画像

ゴキブリのふんのサイズや色等をご紹介しましたが、写真で見てもゴキブリのふんと判断するのは難しいでしょう。また、チャバネゴキブリのふんなのか? それともクロゴキブリのふんなのか? 見分けがつきにくいです。

そのため、ゴキブリ駆除のプロでもふんだけを見て、ゴキブリのふんと判断したりゴキブリの種類を特定するのはかなり難しいと言われています。

ゴキブリのふんの掃除方法6ステップ

ゴキブリのふんはゴマのように小さいですが、ふんであることに違いはありません。しかも、ゴキブリのふんであれば、見たくない方や触れたくない方も多いはずです。でも、ゴキブリのふんを放置していると衛生的にも良くないため、6つの手順で掃除をしましょう。

①ゴキブリのふん掃除で用意するグッズ

ゴキブリのふん掃除をする時は、いくつか用意する物があります。ゴキブリのふんは小さいだけでなく、様々な菌が含まれているためかなり不衛生です。そのため、事前準備をしてからゴキブリのふん掃除を行いましょう。

【用意する物】
・ゴム手袋
・マスク
・雑巾
・液体洗剤
・壁紙専用の洗剤
・アルコール除菌スプレー
・コロコロ
・いらない歯ブラシ
・サランラップ
・ティッシュかキッチンペーパー
・ゴミ袋

液体洗剤はなにがおすすめですか?壁紙用の洗剤はなぜおすすめなのですか?
界面活性剤の濃度が高い住宅用洗剤です。住宅用洗剤で有名なものならマジックリンなどでしょうか。つまり油汚れが落ちやすいものです。

壁紙用の洗剤も界面活性剤が入っており、液体ミストのスプレー式で、シュッシュッと吹き付けられて便利であり、汚れも落とせる強力な成分が入っているからおすすめされたのでしょう。

②ゴキブリのふんを除去

【PR】今すぐ害虫駆除をしたいなら!日本全国に対応

緊急を要する害虫駆除にはムシ・プロテックがオススメです。最短即日対応、迅速な駆除が可能です。素早い解決に向けて対応してくれます。害虫駆除は虫のプロにお任せ!

害虫トラブル最短即日解決

\最短期間で駆除/

年間3000件の実績

 

  • ◇現地見積、出張費用無料
  • ◇全国各地に完全対応
  • ◇速い、安い、信頼。

関連するキーワード


害虫駆除 ゴキブリ駆除

関連する投稿


小麦粉とダニの見分け方と対策!未開封は?正しい保存方法も

小麦粉とダニの見分け方と対策!未開封は?正しい保存方法も

使いかけの小麦粉にダニが混入してしまったけどどうすれば良いか分からないという人も多くいるのではないでしょうか。本記事ではそのような場合にどうすれば良いか、また小麦粉にダニを発生させないための予防方法をを詳しくご紹介します。


ダニ退治に使える?バルサンの効果的な使い方と注意点5つ

ダニ退治に使える?バルサンの効果的な使い方と注意点5つ

梅雨から夏をピークにわたしたちを悩ます「ダニ」。ダニは梅雨の時期を迎える前に駆除しておくのがおすすめです。害虫駆除に効果的な「バルサン」なら、お部屋まるごと駆除することができます。バルサンはなんだか面倒くさそう…と思っているあなたも、今年こそはバルサンでダニときっぱり決別し、ダニゼロの快適ライフを目指しましょう!


どんぐりの中にいる虫の名前とは?殺し方・処理方法5個!見分け方も

どんぐりの中にいる虫の名前とは?殺し方・処理方法5個!見分け方も

大量のどんぐりから虫が表れてくる姿が苦手であるという人も多くいるでしょう。本記事ではどんぐりの中にいる虫の正体と、その処理方法を詳しく紹介しています。どんぐり集めが楽しい季節を十分に満喫できるように本記事を参考にして、正しくどんぐり拾いしましょう。


コナダニ駆除の方法7選!おすすめの駆除グッズや予防対策も紹介

コナダニ駆除の方法7選!おすすめの駆除グッズや予防対策も紹介

白っぽい見た目で小麦粉などの食品や畳などに発生する「コナダニ」。今回はコナダニの駆除方法やおすすめの駆除グッズ、予防方法を見ていきます。


黒い小さい虫の正体と駆除方法!長細い・飛ばないなどの特徴も

黒い小さい虫の正体と駆除方法!長細い・飛ばないなどの特徴も

アパートやマンション、戸建て住宅で、黒い小さい虫が発生していることに悩んでいる人も多いでしょう。小さい虫でも、大量発生すれば非常に不快なものです。そこで、黒い小さい虫の種類、適切な駆除方法と、虫の発生を予防するポイントをご紹介します。


 

ビジネスパートナー募集