暮らしのお悩み解決サイト

コバエが大量発生する原因と対策・対処方法7個!秋や冬でも大量発生?

コバエが大量発生する原因と対策・対処方法7個!秋や冬でも大量発生?

あなたの家にコバエが飛び回っていませんか? コバエは病気も媒介する昆虫で、たかがコバエと思っていると大量発生する可能性があります。コバエを大量発生させないために、「7つのコバエ対策」を実践しましょう。

 


コバエが家の中を飛び回っていたり、家族で食卓を囲んでいる時にプーンとコバエが飛んできた経験はありませんか?

コバエは動物の糞尿や汚い場所にいることもあるため、家の中にいたら不快に感じる方もいるでしょう。ゴキブリのように鳥肌が立つほど気持ち悪いと思わなくても、コバエは汚い印象があるため嫌われているのは確かです。

しかも、コバエは驚異的なスピードで増えていく昆虫で、家の中に数匹しかいなくてもあっという間に大量発生するためあなどれません。不快なコバエを大量発生させないためには『コバエ対策をする』ことが重要ですが、まずは『コバエの特徴』や『コバエが発生する原因・場所・時期』などをチェックしましょう。

コバエの生態と特徴

Getty logo

小さなハエのことをコバエと呼びますが、コバエは様々な種類のハエを総称した呼び方です。コバエと呼ばれるハエの種類は、『ショウジョウバエ』『キノコバエ』『ノミバエ』『チョウバエ』などがいますが特徴は種類によって違います。

・ショウジョウバエ:大きさ約2mm、体色は黄赤色、目が赤い。
・キノコバエ   :大きさ約2mm、体色は濃いグレー、細身体型。
・ノミバエ    :大きさ約2mm、体色は黒、動きが非常に早い。
・チョウバエ   :大きさ約5mm、体色は黒、動きは遅い。

コバエは見た目が不快なだけでなく、不衛生な場所にいることから60種類以上の病原菌(O-157やチフスなど)を持っている昆虫です。そのため、コバエを介して人に感染する可能性もゼロではありません。

特に、飲食店や食品加工する工場はコバエが混入するなどの被害を受けることがあり、深刻な問題に発展することもあります。

 

コバエが大量発生する原因3個

Getty logo

コバエが大量発生する理由は必ず原因があり、場所に関係なく大量発生するわけではありません。コバエは条件が揃うと大量発生すると思いましょう。では、コバエが大量発生する原因3個を具体的に見ていきましょう。

①卵持ちのメスのハエが家に侵入するとコバエが大量発生する

卵を持っているメスのハエが家の中に侵入すると、コバエが大量発生する原因になります。特に、ハエが多く生息している地域は卵を持っているメスが家に侵入する可能性も高くなるため、気が付いたら室内でコバエが大量発生することもあるでしょう。

メスのハエが家の中に侵入して産卵すると卵は数日で孵化し、約2週間で成虫になります。そのため、"気が付いたら家の中でコバエが大量発生していた! "という可能性もゼロではありません。

②不衛生な環境はコバエが大量発生する

コバエが好む環境にしていると当然ながらコバエは大量発生します。コバエは不衛生な環境を好むため、家の中や外が汚いとコバエが集まってきて大量発生すると思いましょう。

具体的な状況としては
・食べ残しや生ゴミが長期間置きっぱなしになっている
・水周りが汚れている
・家の中や外に様々なゴミが散乱している

などのいわゆる『ゴミ屋敷状態』の家は要注意です。

掃除を定期的にしない家はコバエが集まる条件が揃っているため、コバエが成長し室内で産卵してさらに大量発生することもあります。

③温度は25度~30度で湿度は70%になるとコバエが大量発生する

コバエは25度~30度くらいの温度と湿度が70%になると大量発生します。特に、コバエが好む不衛生な環境に25度~30度くらいの温度と湿度70%が重なると最悪です。不衛生な環境はただでさえコバエが大量発生しますが、温度と湿度が加わればあっという間にコバエが大量発生します。

コバエが大量発生しやすい場所

Getty logo

コバエが大量発生しやすい場所は、
・腐った果物や食品がある場所
・お酒やジュースが入っている容器
・三角コーナーの生ゴミや生ゴミが入っているゴミ箱
・ヘドロや排水口にできた汚れ(スカム)
・浄化槽の水面
・観葉植物や観葉植物生えているキノコ
・家畜やペットがいるところ

などです。

コバエが大量発生しやすい場所は種類によって違うため、全種類のコバエがご紹介した場所に大量発生するわけではありません。では、4種類のコバエの例で大量発生する場所を見てみましょう。

【ショウジョウバエ】と【ノミバエ】
腐ったものがある場所が大好きで台所にいることも多く、他にもお酒が入っている容器や生ゴミも好き。

【チョウバエ】
ヘドロやスカムが大好きで風呂場の排水口やトイレなどの水周りにもよくいますが、観葉植物や観葉植物生えているキノコにも集まる。

【キノコバエ】
名前にキノコと入っていることから、観葉植物生えているキノコはもちろん、観葉植物も好き。

コバエが大量発生しやすい時期は?秋や冬でも発生?

コバエは1年中に活動している昆虫ですが、中でも大量発生しやすい時期は『6月~7月』と『9月~10月』です。つまりコバエが大量発生しない時期は『1月~5月』『11月~12月』ということになります。

コバエは25度~30度の温度や湿度は70%を好むため、梅雨~秋頃は活発的になり大量発生しますが、春頃や猛暑が続く真夏・気温や湿度が低い日が続く冬は活動が鈍るため大量発生しません。コバエは極度に温度が高い時期や湿度が低くて乾燥している時期も苦手なため、快適に過ごせる梅雨~秋頃だけ大量発生します。

コバエを見つけたときの駆除方法3個

コバエは見た目が不快で病原菌を運んでくることもあるため、家の中で見つけたらすぐに駆除したい方も多いでしょう。でも、コバエは小さく駆除に失敗すると飛び回って逃げてしまうなど、意外と駆除するのは大変ですが、コバエを確実に駆除するための方法を3個ご紹介します。

①コバエ誘引するグッズを使って駆除する

コバエを駆除するなら『ハエ取りリボン』や『ハエ取り棒』『ハエ捕獲器』を使いましょう。使い方は簡単で、『ハエ取りリボン』はコバエがいる場所にぶら下げて、『ハエ取り棒』や『ハエ捕獲器』も同じくコバエがいる場所に置くだけです。コバエが大量発生している場所に設置すれば、遅くても翌日にはコバエが大量に駆除できます。

『ハエ取りリボン』や『ハエ取り棒』は粘着剤が付いていて、コバエが好きな香りで誘引しくっ付けるため大量発生したコバエもどんどんキャッチするのが特徴です。

一方、『ハエ捕獲器』は容器の中に匂い付きのゼリーが入っていて、コバエを匂いで誘引し容器の中に落として駆除します。コバエは容器の中に1度落ちると、這い上がることができない構造になっているためコバエは逃げることができません。

『ハエ取りリボン』や『ハエ取り棒』『ハエ捕獲器』はコバエの習性を利用した駆除グッズで、コバエは物に止まる習性があります。コバエが好きな香りを仕込み、コバエを止まりやすくして駆除するトラップ式の駆除グッズでもあります。

②天然成分配合の殺虫剤やムース状の殺虫剤でコバエを駆除する

目の前にいるコバエや大量発生したコバエをすぐに駆除するなら、コバエ用の殺虫スプレーを使いましょう。コバエ用の殺虫スプレーは天然成分でコバエを駆除するのが特徴で、殺虫成分入りの殺虫剤を使いたくない台所や植物の周辺にも使えます。三角コーナーなどにいるコバエに直接スプレーして駆除しましょう。

また、ムース状のコバエ専用殺虫剤があり、台所以外でコバエが大量発生している場合はムース状タイプを使っても良いでしょう。ムース状のコバエ専用殺虫剤は『ピレスロイド系の殺虫剤成分』が含まれており、コバエがムースに触れると神経に素早く作用し動きを鈍らせて駆除します。形状がムース状の殺虫剤のため、お風呂の排水口や配管に密着しながらコバエを駆除する特徴です。

③1プッシュタイプの殺虫スプレーでコバエを駆除する

部屋の中にコバエが大量発生している場合は『1プッシュタイプの殺虫スプレー』を使っても良いでしょう。部屋を閉め切った状態にして『4畳あたり1プッシュ』すると、コバエを速攻駆除する殺虫成分が部屋中に行き渡り、不快なコバエがバタバタと死にます。

そして、殺虫スプレーの中には殺虫成分だけでなくイオンが含まれているのも特徴で、イオンのおかげで殺虫成分が部屋全体に広がり、飛び回っているコバエや大量発生しているコバエも駆除できるのもポイントです。

また、コバエが大量発生している場所に直接スプレーして使うことも可能で、1本で60回で使えます。

コバエの対策・対処方法7個

Getty logo

コバエは繁殖力が強くあっという間に大量発生する昆虫のため、何もしなければ家の中にコバエが侵入して大量発生するかもしれません。コバエを大量発生させたくない方は、7個の方法を実践してコバエ対策をしましょう。

①網戸の網目を1mm以下にしてコバエ対策をする

コバエの侵入を防ぎ家の中で大量発生させないようにするなら『網戸の網目をコバエの体長より小さくする方法』も効果的です。コバエの体長は約2mm~5mmくらいの大きさのため網戸の網目を1mm以下のものに張り替えるとコバエの侵入を防ぎ、室内でコバエが大量発生する予防対策もできます。

ただし、あまりにも目が細かい網戸にすると風通りが悪くなるため、『24メッシュ/0.84mm~40メッシュ/0.64mm』に張り替えると良いでしょう。

網戸を張り替えてコバエ対策をする方法ですが、自分で作業をするとコストを抑えてできる一方で作業に時間がかかります。自分で網戸の張替えするのが面倒な方は、コストはかかりますが業者にお願いするのも良いでしょう。

②窓に隙間があれば隙間テープでふさいでコバエ対策をする

サッシと網戸の間など、わずかな隙間があれば隙間テープを活用して隙間をふさぎます。コバエは窓が閉まっている状態でも侵入してくるため、窓が開いている状態と閉まっている状態の両方を確認して、『1mmでも隙間があれば隙間テープ』でふさぎましょう。

窓はコバエが侵入してくる代表的な場所で窓からコバエから侵入しなければ、家の中でコバエが大量発生するリスクを減らすことができます。コバエを室内に侵入させないためにも、まずは窓の隙間をチェックをして必要に応じて隙間テープで隙間をふさぎ、室内でコバエが大量発生させないようにしましょう。

③エアコンの排水ホースをガーゼ等で覆ってコバエ対策をする

エアコンの排水ホースもコバエが侵入して大量発生する原因になるため、排水ホースの隙間をふさぎます。排水ホースの隙間をふさぐグッズはストッキングやガーゼがおすすめで、排水ホースの穴に被せて輪ゴムやヒモなどで固定すればコバエ対策完了です。

排水ホースの穴にストッキングやガーゼを使う場合は、ストッキングやガーゼにゴミが溜まっていないか時々チェックしましょう。ストッキングやガーゼにゴミが溜まっていると排水がスムーズにできなくなるため、ゴミが溜まっていれば新しいものと交換しましょう。

④お酒やジュースの缶などは蓋付きのゴミ箱に入れてコバエ対策をする

飲み干したお酒の缶やジュースの缶・食品が入っていた袋や容器は密閉した状態で捨てましょう。密閉した状態にするなら蓋付きのゴミ箱が最適で、お酒、ジュース、食品などの匂いが外に漏れなくなることでコバエが寄り付かなくなり、大量発生を防ぐことができます。

アパートやマンションに住んでいて室内に蓋付きのゴミ箱が置けない場合は、飲み干したお酒の缶やジュースの缶・食品が入っていた袋や容器は洗ってから袋に入れて口をきつく縛りましょう。

コバエは不衛生な環境を好むため、飲み干したお酒の缶やジュースの缶・食品が入っていた袋や容器をそのまま捨てるとコバエが集まってきて大量発生する原因になります。コバエを大量発生させないためには匂いを遮断し、コバエが寄ってこない環境にすることが重要です。

⑤生ゴミも蓋付きのゴミ箱に毎日捨ててコバエ対策をする

三角コーナーにある生ゴミや台所の排水口に溜まっている生ゴミは、毎日捨ててコバエが寄り付かないようにします。さらに、蓋付きのゴミ箱に入れて匂いが出ないようにしてコバエ対策をしましょう。

コバエ対策をするなら蓋付きのゴミ箱がベストですが、住宅事情により蓋付きのゴミ箱が置けない場合は、二重にしたビニール袋の中に生ゴミを入れて口を縛り密閉してから捨てても構いません。特に、ショウジョウバエやノミバエは生ゴミが大好きなコバエで、生ゴミを毎日捨てないと集まり大量発生します。

1人暮らしの方や料理を時々しかしない方は、三角コーナーや台所の排水口に生ゴミがたくさん溜まることはあまりないかもしれません。少量の生ゴミの場合は捨てるのが面倒でつい放置しがちですが、コバエはわずかな量の生ゴミにも集まってきます。コバエを大量発生させないようにするなら、少量の生ゴミでも放置しないでその日のうちに捨てましょう。

⑥排水口の汚れを落としてコバエ対策をする

コバエが大量発生しないようにお風呂などの排水口は定期的に掃除をします。排水口内部はブラシで擦って落とすことができないため、液体や錠剤の排水口クリーナーを使って汚れを落としましょう。そして、排水口の蓋など、外して洗えるものはヌメリも取れる洗剤を使って排水口周りを掃除します。

特に、排水口はヘドロや排水口の汚れが大好きなチョウバエが大量発生しやすいです。排水口の掃除をするのは嫌いな方や面倒な方もいるでしょう。でも、排水口の汚れを放置していると不快なコバエが大量発生するため、掃除をしてキレイな状態を保ちコバエを寄せ付けないようにすることが重要です。

⑦家中の電気をLEDにしてコバエが寄り付かないように対策をする

玄関などで使っている照明をLEDに変えると、コバエが寄り付かなくなります。コバエは紫外線に惹かれる習性がありますが、LEDにはコバエが好きな紫外線が含まれていないため寄ってくることはありません。

つまり、LED電気にすると紫外線を求めてやってくるコバエがいない状態になり、室内へコバエが侵入するリスクや大量発生を防ぐことができます。通常の照明には紫外線が含まれているため、コバエの大量発生を防ぐならLEDに変えましょう。また、できれば室内の電気も全てLEDにすることをおすすめします。

コバエがマンションで大量発生したときの対策

Getty logo

コバエがマンションで大量発生した時は、燻煙剤を部屋でたくのが最適です。燻煙剤は煙が部屋のすみずみまで殺虫成分が届くため、効率よく室内にいるコバエを全滅させることができます。燻煙剤は確かに大量発生したコバエを駆除できますが、問題なのはどこでコバエが大量発生しているかです。

厄介なのは上下左右の部屋のいずれかがコバエの発生源になっている場合で、燻煙剤でコバエを駆除しても再びコバエが大量発生します。他の部屋に住んでいる住民が不衛生にしていると、配管を通じてあなたの部屋にコバエが侵入してきたり、またベランダでコバエが大量発生しているとあなたの部屋の窓や玄関からも侵入してくるでしょう。

自分の部屋にコバエの発生源がない場合は他の住民を疑い、大家や管理会社に連絡すれば何かしらの対策をしてくれる可能性があります。あとは、コバエ用の忌避剤を屋内と屋外に置いて、コバエが侵入しないように対策をしましょう。

まとめ

もし、コバエを見つけたら殺虫剤などで駆除してから、コバエを大量発生させないための予防対策をします。コバエは病原菌も媒介するため、大量発生する前に予防対策をすることが重要です。

具体的には、家の中や外にゴミはためず蓋付きのゴミ箱に捨てて密閉状態にしたり、窓の隙間をふさぎLED電球に変えます。

早速、予防対策を実践してコバエの大量発生を未然に防ぎましょう。

【PR】今すぐ害虫駆除をしたいなら!

緊急を要する害虫駆除にはこちらの会社がオススメです。最短即日対応、迅速な駆除が可能です。素早い解決に向けて対応してくれます。

害虫トラブル最短即日解決

\最短期間で駆除/

年間3000件の実績
  • ◇現地見積、出張費用無料
  • ◇全国各地に完全対応
  • ◇速い、安い、信頼。

 

関連するキーワード


害虫駆除

関連する投稿


ノミを完全に退治する方法6つとおすすめスプレーランキングTOP15

ノミを完全に退治する方法6つとおすすめスプレーランキングTOP15

ノミ対策で困っている方に、ノミを退治する方法をお教えします。また、ノミの駆除や予防するための室内用のスプレーや、犬の散歩前にノミがつかないようにするスプレー、ネコのためのノミ予防スプレー、人間のためのノミ避けスプレーをご紹介します。


タカラダニの駆除方法7つ!被害と予防対策は?

タカラダニの駆除方法7つ!被害と予防対策は?

あなたはタカラダニを知っていますか? タカラダニは気持ち悪い害虫で知られているため、見つけたら駆除したい方も多いはずです。タカラダニを家の敷地内で見つけたら、7つの方法で駆除して予防対策もしましょう。


カメムシの予防対策14個!家の部屋・ベランダ・窓でどんな対策をすべき?

カメムシの予防対策14個!家の部屋・ベランダ・窓でどんな対策をすべき?

強烈にクサイ虫で知られているカメムシを嫌いな方も多いでしょう。カメムシの被害に遭わないようにするなら「14個の予防対策」がおすすめです。早速、カメムシの予防対策を実践して臭い攻撃から身を守りましょう!


カメムシが洗濯物に寄ってくる理由と対策8個!時期いつまで?臭い消しは?

カメムシが洗濯物に寄ってくる理由と対策8個!時期いつまで?臭い消しは?

カメムシから洗濯物を守りたいと思いませんか? 干している洗濯物に忍び寄るカメムシは強烈に臭く、手や洗濯物に臭いが付いたら最悪です! そこで今回は、「カメムシを洗濯物に寄せ付けない対策」をご紹介します。


ゴキブリの巣はどこにある?18ヶ所をチェック

ゴキブリの巣はどこにある?18ヶ所をチェック

最近ゴキブリが増えたような気がする……それは、家の中にゴキブリの巣があるのかもしれません。この記事では、ゴキブリの巣を見つけるためにチェックしたい18か所をご紹介しています。また、ゴキブリを巣ごと退治する方法もご紹介していますので、ぜひ参考にしてくださいね。


最新の投稿


ノミを完全に退治する方法6つとおすすめスプレーランキングTOP15

ノミを完全に退治する方法6つとおすすめスプレーランキングTOP15

ノミ対策で困っている方に、ノミを退治する方法をお教えします。また、ノミの駆除や予防するための室内用のスプレーや、犬の散歩前にノミがつかないようにするスプレー、ネコのためのノミ予防スプレー、人間のためのノミ避けスプレーをご紹介します。


着なくなった洋服の処分方法6つと服を捨てる7つのメリット

着なくなった洋服の処分方法6つと服を捨てる7つのメリット

いらない洋服の処分方法について解説しています。無料で捨てられる方法や、買取や下取りでお金になる処分方法から、古着で寄付をする方法まで6つのやり方を説明しているほか、服を捨てるとどのような良いことがあるか7ポイントに分けて紹介します。


失敗したくない!シマトネリコの剪定方法16ステップ

失敗したくない!シマトネリコの剪定方法16ステップ

シマトネリコ(タイワンシオジ)の剪定方法について、簡単にできるやり方を解説しています。また、剪定に必要な道具や薬剤、剪定時期について説明しているほか、シマトネリコの害虫の特長と退治する薬についても調査しました。


自宅で洗える?23種類のコート別洗濯方法と生地7種類の洗濯時の注意点

自宅で洗える?23種類のコート別洗濯方法と生地7種類の洗濯時の注意点

レザーコートや毛皮のコート、モッズコートやミリタリージャケット、そして冬の定番ダウンコートやダッフルコートなど、さまざまなタイプのコートの洗濯方法と注意点について解説しています。また、ウールや羽毛、綿、ポリエステルといった素材別の洗濯での注意点も説明しています。


ウールを縮ませないで自宅で洗濯する方法6ステップ

ウールを縮ませないで自宅で洗濯する方法6ステップ

ウールのセーターやカーディガン、マフラーやガウンコートなど、ウール製品を自分で洗う場合について解説しています。洗剤の選び方や水温、脱水方法、干し方について解説しているほか、万が一縮んでしまった場合の対処方法についても紹介しています。


 

 

ビジネスパートナー募集