暮らしのお悩み解決サイト

衣替えの時期はいつ?春夏秋冬別!楽になる収納方法とコツ5個

衣替えの時期はいつ?春夏秋冬別!楽になる収納方法とコツ5個

学校の制服や、会社で着るスーツの衣替えの時期、家庭での衣替えのタイミングについて解説します。春夏秋冬別で、衣替えのタイミングを確認しておきましょう。また、衣替えが楽になる収納方法や衣服の片付けのコツについてもご紹介します。


学校の制服や会社に着ていくスーツは、季節ごとに替える必要があります。しかし、衣替えをするタイミングはいつなのか、家庭で季節ごとの衣服を入れ替える時期について判断が難しいと感じる人も多いのではないでしょうか。

そこで、家庭で行う衣替えのタイミングを春夏秋冬別で紹介します。会社で着るスーツや学校の制服の衣替えのタイミングや特徴についても合わせて確認しておきましょう。

衣替えの時期はいつ?何で決める?

衣替えとは、平安時代から続く日本の風習であり、季節の変化を大切にしている日本人の文化でもあります。明治時代に、「軍隊や警察、役人が制服は季節ごとに変えること」と政府から指示されており、衣替えの時期と決められていました。

明治時代の警察や軍隊の制服が切り替わるタイミングは6月1日と10月1日であり、現在でも会社に着ていくスーツや学校の制服は6月1日と10月1日に衣替えをすることが多いでしょう。

スーツや制服の衣替えは夏服と冬服を切り替えることであり、家庭で行う衣替えはクローゼットやタンスにしまってある洋服を季節ごとに入れ替えることです。

家庭での衣替えは、具体的な日付が決められているわけではないため、気温や天気などを見ながら衣替えをします。しかし、衣替えは手間がかかる仕事であり、先延ばしにするといったケースも少なくありません。

衣替えをして季節に合わせた洋服に切り替えることは、健康を維持するためにも大切ですし、衣類を長持ちさせる上でも大切なことだといえます。適切なタイミングで衣替えを行い、それぞれの季節を快適に過ごせるようにしましょう。

 

春夏秋冬の衣替えの時期の目安

春夏秋冬、それぞれの衣替えのタイミングはいつなのでしょうか。
【春物への衣替え】
春物へ衣替えするのは、気温が15度以上になったタイミングが一般的です。15度以上になると快適だと感じ、20度以上になると暑さを感じるので、夏物衣替えします。

【夏物への衣替え】
気温が25度以上になったら夏物へ衣替えすることが多いです。地域によって異なりますが、5月中頃から6月中頃がに行うケースが多いでしょう。

【秋物への衣替え】
気温15度以下になると寒さを感じるので、秋物に衣替えをします。ただし、最高気温が20度以下になると、地域によっては秋の服装でも寒いと感じるため、アウターを準備すると良いでしょう。

【冬物への衣替え】
地域を問わず、最低気温が15度以下になったら冬物に切り替えをすることが一般的です。10度以下になった場合にはダウンジャケットやコートなどを準備します。

会社・スーツの衣替えの時期

会社で着るスーツも、春夏秋冬に合わせて衣替えをします

最高気温が25度ぐらいであれば春物のスーツを着用することが一般的でしょう。春物のスーツに使用される素材はコットンやウールであり、ウール素材に関しては最も織り方や生地が冬物のスーツに近いことが特徴です。

しかし、ジャケットの裏地の肩以外の部分を背抜きにすれば、季節を問わず着用できます。コットンは吸水性が高く汗をかく日が多い春に最適でしょう。

6月から9月は夏物のスーツを着用します。使用される素材は通気性が高いリネンやポリエステルなどですが、吸水性が高いジャージ素材のスーツも着用する人が多いです。

10月から11月は最高気温が25度以下になる日が増えるので、秋物のスーツは背抜きのウールスーツへ衣替えします。

12月から3月までの真冬の時期、最高気温が15度以下になった場合には前身頃から後身頃にかけて裏地がついている総裏のスーツに衣替えしましょう。

学校・制服の衣替えの時期

学校で着用する制服の衣替えについては、中学や高校の場合、夏服と冬服の2種類があります。そのため、衣替えを年に2回行うことが一般的です。

基本的に夏服は6月1日、冬服は10月1日に衣替えをしますが、地域によって若干の違いがあります。東北地方や北海道では気温が低いため6月中旬に衣替えをするケースが多く、九州地方や沖縄県では気温が高いので5月中旬~下旬に衣替えをするケースもあります。

学校側が気候を見ながら衣替えをする時期を決めて提示するため、制服の場合、あくまでも 6月1日や10月1日は目安であると認識し、学校からの通知に従いましょう

衣替えが楽になる衣類の収納方法とコツ5個

衣替えをするのは手間がかかり、忙しいと作業が進まないことも多いでしょう。そこで、手間がかかる衣替えをスムーズに行うための、衣服の収納方法とコツを5つ紹介します。

【衣替えのタイミングで衣服を処分する】
所有している衣服が多いと、衣替えに手間がかかります。衣服の収納をする際には、まだ着用できると思う衣服を処分することが重要です。

衣替えをするとき以外に衣服を処分するタイミングはないので、不要なものを捨てるタイミングとしては最適でしょう。

特に、春夏物から秋冬物への衣替えをする際には衣服のボリュームが出るので、クローゼットに収納しきれない場合が多いです。そのため、衣替えをして実際にクローゼットにかける衣服を絞る必要があります。

衣替えをする際に、持っている衣服を全て確認し、「必ず着用するもの」と「着用しない可能性があるもの」「1年間1回も着用していないもの」に分けましょう。

必ず着用するものは衣替えでクローゼットに出して、着用しない可能性があるものや1年間1回も着なかったものに関しては他の所に収納します。

収納した衣服に関しては、持っていることを思い出すこともないはずです。思い出すこともないような衣服は「自分にとって必要ない」「処分してもよい」といった気持ちになるでしょう。

【大切な服を守るためにも衣服の量を少なくする】
「着用するつもりでいたけど1度も着なかった」という衣服や「恐らく着ないから処分しても良い」と思うものは、シーズンの終わりに処分しましょう。

判断を渋ることなく、処分することが大切です。持っている衣服の量が多いと、クローゼットや収納スペースに詰め込むことになり、通気性が悪くなります。

通気性が悪くなると、虫食いやカビが生える原因になるため注意が注意しましょう。不要の衣服もまで詰め込みすぎることによって、気に入っている衣服を傷める可能性があります。

【衣服をグループ分けする】
春物、夏物、秋物、冬服といったシーズンごとに衣替えをして衣服を収納する際には、たくさんの衣服をボトムスとトップスに分けて収納するケースが多いでしょう。

しかし、冬物の厚手の衣服、インナーとして使用する洋服、秋冬もののブラウス、半袖・七分袖などの薄手の洋服、タンクトップやキャミソールなどの真夏の衣服、1年を通して着る衣服など、いくつかのグループに分けておくことがポイントです。

グループに分けることによって、グループを入れ替えるだけで衣替えができるので手間がかからず、スムーズに作業を終えられるでしょう。

【家族がいる場合には1人1箇所に収納する】
衣服が増えたり家族が多い場合、他の部屋のクローゼットや収納スペースにしまうケースが多いです。安易に収納する場所を広げると、どこに何を収納したのかわからなくなり、衣替えに手間がかかります。

特に、それぞれの部屋に大きめのクローゼットがあったり収納スペースが広かったりする場合に起こりやすい問題です。

様々な場所に衣服を収納してしまい、「着たい衣服が見つからない」「なぜここに衣服がしまってあるのか?」などという経験がある人も多いのではないでしょうか。

様々な場所に収納してある衣服は一箇所にまとめましょう。1度まとめてしまえば、衣服の管理や衣替えもスムーズに行えます。

【適した収納アイテムを選ぶ】
衣替えをする際に衣服を処分し、持っている衣服の数を少なくしたうえでグループ分けを行ったら、衣服を収納します。収納する際には、収納アイテムを使うと良いでしょう。

収納アイテムに収納する際には、洋服をたたむ必要がありますが、可能な限りコンパクトにたたむことがポイントです。衣服を畳んだ状態で立てると、収納しやすく取り出しやすいでしょう。

収納アイテムを様々な場所に配置する場合にはクローゼットのデッドスペース家に置いたり家具と家具の隙間に置いたりと様々な方法があります。そのため、収納アイテムを置くスペースの広さを測ったうえでアイテムを選ぶことがポイントです。

サイズが合う収納アイテムを活用できれば、スペースが無駄になったり、収納アイテムが大きくクローゼットのデッドスペースに合わなかったりといった失敗を予防できます。

まとめ

毎年行う衣替えは、会社や学校から指定があれば従う必要があります。家庭での衣替えは、その年の気候に合わせて決めることが一般的です。家庭での衣替えは手間がかかり、先延ばしにする人も少なくありません。

しかし、衣服を処分し、必要なものや家族1人1人の衣服を分けるなど、収納方法や片付けのコツを押さえて作業を進めればスムーズに衣替えを行えます。

衣服をしっかりグループ分けができれば、季節ごとの衣替えにかかる手間を大幅に短縮することが可能です。季節ごとの気候をチェックして、衣替えのタイミングに合わせて作業を進めましょう。

【PR】満足度94%!自分でやるのに疲れたらプロのお掃除

自宅のエアコンやキッチン、店舗のガラスやトイレまで。プロの力でキレイによみがえる!なかなか落ちない頑固な汚れにはこちらのサービスがオススメです。

無料の見積り相談であらゆるハウスクリーニングに対応してくれます。諦めている長年の汚れを落としてませんか?

お掃除マスター

\家全体すべてに対応/

年間3000件の実績

 

  • ◆掃除のプロにお任せ  
  • ◆黄ばみやカビ取りも  
  • ◆全国各地に完全対応  
  • ◆最短即日 待たせません

 

関連するキーワード


収納アイデア

関連する投稿


子供の作品の収納アイディア20個!A3サイズ・無印・イケア・ニトリ

子供の作品の収納アイディア20個!A3サイズ・無印・イケア・ニトリ

子供の作品は平坦なもの~立体的なものであり、”収納しにくい!”と実感しているママさんもいるでしょう。悩ましい子供の作品の収納問題もコツやポイントがわかれば簡単です。ママさんはぜひ、参考にしてください。


最新の投稿


上履きをキレイにする洗い方!簡単な方法・ジップロック・洗濯機

上履きをキレイにする洗い方!簡単な方法・ジップロック・洗濯機

子供が上履きを持ち帰ってくると、ウンザリする親御さんもいるでしょう。上履きは洗うのが面倒、汚れが落ちないなどと思っていませんか?上履きは正しい洗い方をすれば、簡単でラクに汚れを落とすことができます。


服の脇の黄ばみの落とし方!ワキガの人の特徴・セルフチェック

服の脇の黄ばみの落とし方!ワキガの人の特徴・セルフチェック

ワキガの方は特徴があることをご存知でしょうか?例えば、洋服の脇の下などに黄ばみがある場合はワキガの可能性があります。今回は、自分でチェックするやり方や、洋服の黄ばみを落とす方法などを見ていきましょう。


枕の黄ばみの原因と落とし方!オキシクリーンやセスキは使える?

枕の黄ばみの原因と落とし方!オキシクリーンやセスキは使える?

枕に付いてしまった黄ばみを落としたいけれど、どのように落とせばよいか分からないという人も多くいるのではないでしょうか。本記事では黄ばみの原因から、実際にどのように洗濯をすれば良いかまで詳しく紹介します。本記事を参考に枕に黄ばみの無い生活を送りましょう。


子供部屋の仕切り方アイディア17選!DIY・突っ張り棒も使える!

子供部屋の仕切り方アイディア17選!DIY・突っ張り棒も使える!

子供部屋の仕切り方は難しい方法ばかりではないということはご存じでしょうか。やってみたら簡単な方法がたくさんあります。本記事ではそんな誰でも試せる子供部屋の仕切り方法を写真付きで詳しく紹介します。本記事を参考に子供部屋の間仕切りを試してみてはいかがでしょうか。


アパートのゴキブリ対策9つ!どこから侵入してくる?【プロ監修】

アパートのゴキブリ対策9つ!どこから侵入してくる?【プロ監修】

ゴキブリ嫌いの方にとって、安らげるはずのアパートの部屋やベランダにゴキブリが出たら緊急事態です。気持ち悪いゴキブリから解放されたい方は、今からでもできる「アパートのゴキブリ対策9つ」を実践しましょう。


 

 

ビジネスパートナー募集