産業廃棄物処理のベストな解決策

信頼できる業者とのマッチングから最新の業界情報まで、すべてをワンストップで提供

サービス概要イメージ

主要機能

業者検索(準備中)

条件に合致した信頼性の高い産業廃棄物処理業者を効率的に検索できます。

情報提供

法規制の更新や業界動向に関する最新情報を掲載しています。

透明性確保

業者の資格、能力、実績を明確に表示。

日本の産業廃棄物:問題と現状

産業廃棄物とは、事業活動に伴って生じる廃棄物のことを指します。日本では、廃棄物処理法によって20種類に分類されており、主なものには汚泥、廃プラスチック類、がれき類、金属くず、木くずなどがあります。

1. 排出量の増加

日本の産業廃棄物の排出量は、経済活動の拡大に伴い増加傾向にあります。環境省の統計によると、2019年度の産業廃棄物排出量は約3.8億トンで、前年度比で微増しています。この量は一般廃棄物の約7倍に相当し、その適正処理が大きな課題となっています。

2. 最終処分場の逼迫

産業廃棄物の最終処分場の残余容量は年々減少しており、新規の処分場建設も難しい状況にあります。特に大都市圏では深刻で、遠隔地への運搬による処理コストの上昇や不法投棄のリスク増大につながっています。

3. リサイクルの推進

資源の有効利用と最終処分量の削減のため、産業廃棄物のリサイクルが推進されています。建設廃棄物や金属くずなど、一部の廃棄物ではリサイクル率が高くなっていますが、さらなる向上が求められています。

4. 有害廃棄物の管理

アスベストや PCB などの有害物質を含む産業廃棄物の適正処理は、環境保全と作業者の安全確保の観点から重要な課題です。これらの有害廃棄物は特別管理産業廃棄物として厳格な管理が必要です。

5. 不法投棄問題

産業廃棄物の不法投棄は依然として深刻な問題です。処理コストの削減を目的とした悪質な業者による不法投棄は、環境汚染や地域住民の健康被害のリスクを高めています。監視体制の強化や罰則の厳格化などの対策が講じられていますが、根絶には至っていません。

6. 処理技術の高度化

産業廃棄物の適正処理のため、焼却技術や再資源化技術の高度化が進められています。ガス化溶融炉やバイオマス発電など、環境負荷の低減と資源回収を両立する技術の開発と普及が進んでいます。

7. 国際的な廃棄物移動

発展途上国への産業廃棄物の不適切な輸出が国際問題となっています。日本も「バーゼル条約」に基づき、有害廃棄物の国境を越える移動を規制していますが、適切な管理と国際協力が求められています。

8. 循環型社会の構築

日本政府は「循環型社会形成推進基本法」を制定し、3R(リデュース・リユース・リサイクル)を推進しています。産業界でも、製品設計段階からの廃棄物削減や再利用可能な材料の使用など、循環型の事業モデルへの転換が進められています。

利用メリット

業者選定の効率化

最適な業者を迅速に見つけることで、選定にかかる時間と労力を大幅に削減できます。

コンプライアンスリスクの低減

適切な許可を持つ業者のみを紹介し、法的リスクを最小限に抑えます。

環境負荷の軽減

環境に配慮した処理方法や先進的なリサイクル技術を持つ業者を優先的に紹介します。

業界動向の把握

最新の法改正や技術トレンドなど、産業廃棄物処理に関する重要な情報をタイムリーに入手できます。

信頼関係の構築

実績や評価が明確な業者との取引により、長期的で安定した信頼関係を築くことができます。

コスト最適化

複数の業者を比較検討できます。

廃棄物の種類別処理方法

廃棄物の種類別サービスイメージ

廃棄物の種類別に最適な処理方法を紹介します。

産業廃棄物は20種類に分類されていおります、各種廃棄物の処理方法やリサイクル情報を詳しく紹介します。

詳しくはこちら

エリア別おすすめ業者

中央区 港区 新宿区 八王子市 府中市