暮らしのお悩み解決サイト

ぬいぐるみの洗い方・洗濯方法|家の洗濯機でもふわふわに?

ぬいぐるみの洗い方・洗濯方法|家の洗濯機でもふわふわに?

あなたの家に洗っていないぬいぐるみはありませんか?洗っていないぬいぐるみは様々な汚れが蓄積されており不衛生な状態です。そこで今回は、自宅での洗い方や簡単でフワフワになる洗い方などをご紹介していきます。


洋服は定期的に洗っていても、”ぬいぐるみは1度も洗ったことがない!”という方はいませんか?ぬいぐるみは飾ってあるだけでも汚れていき、お子さんがぬいぐるみで遊ぶ場合や、ベッドに置いている場合はもっと汚れます。

特別ぬいぐるみに目立つシミがなくても、汚れは付着していると思いましょう。扱い方によって汚れの種類が変わりますが、定期的に洗う必要があります。

ぬいぐるみの洗い方は何パターンかあり、しっかり汚れを落とす洗い方や簡単な洗い方など様々です。ぬいぐるみの状態などに合わせた洗い方はもちろん、自分で洗濯するのが面倒な方に向いている洗い方などもあります。早速、ぬいぐるみの洗い方をチェックして清潔にしましょう。

ぬいぐるみには汚れやダニが付着している

ぬいぐるみを棚やベッドなどに置いていたり、お子さんがぬいぐるみで遊んで触れていませんか?ぬいぐるみに目立った汚れがなかったとしても、実は様々な汚れが付着しています。では、ぬいぐるみが汚れる原因や洗った方がいい理由を見ていきましょう。

【ぬいぐるみが汚れる原因】
ぬいぐるみは置いているだけでホコリやゴミが付いて汚れます。特に化学繊維で作られているぬいぐるみは静電気が原因で、ホコリやゴミが付着しやすく汚れを引き寄せると思いましょう。一方、ウールなど天然素材から作られているぬいぐるみは虫が付きやすく、抜け殻などが原因で汚れます。

また、お子さんがいるご家庭は、ぬいぐるみと遊んだり一緒に寝ることもあるでしょう。ぬいぐるみに触れる機会が多いと、皮脂、汗、よだれ、髪の毛、食品、飲料などが原因で汚れます。

【ぬいぐるみを洗った方がいい理由】
ぬいぐるみを洗った方がいい理由は不衛生な状態だからです。汚れているぬいぐるみはダニの温床となり、様々な汚れをエサにして増殖します。ぬいぐるみでダニが増殖すると、生きているダニの他に、死骸、抜け殻などもあることから清潔ではありません。

ホコリやゴミ、ダニ、抜け殻、死骸などが付着しているぬいぐるみは、アレルギーを発症することもあります。特に小さいお子さんは、ぬいぐるみに触れたり口にする機会が多いため注意が必要です。

 

ぬいぐるみ洗濯前の注意点・確認点

ぬいぐるみの衛生面を考えると洗った方がいいですが、ものによっては洗濯することができません。洗濯不可のぬいぐるみの特徴、洗濯前に確認すること、注意点をまとめました。

【洗濯することができないぬいぐるみ】
・水洗いNGのもの
・革の部分を取り外すことできないもの
・大きさが数メートル以上など巨大過ぎるもの
・機械が内蔵されているもの
・古い年代に作られたアンティークのもの
・ぬいぐるみの中に変わった素材が入っているもの(ポリエステル、ビーズ、パイプはOK)

洗濯不可のぬいぐるみを洗うと、風合いを損ねたり破損や故障につながります。また、サイズが大きいぬいぐるみはすすぎ残りの原因や生乾きになりやすく、変色、臭い、カビなどが発生しやすいです。

【洗濯前に確認すること】
・接着剤と装飾品の有無
・粘着力や縫製が弱く取れそうなパーツはないか

パーツや装飾品などは縫製されている場合もありますが、接着剤が使われていることもあります。ぬいぐるみを確認して取れてしまいそうな部分があれば一旦外して、洗濯後に取り付けましょう。

【洗濯時の注意点】
複数のぬいぐるみを同時に洗濯する洗い方はNGです。摩擦による型崩れや縫い目が裂けて破損する恐れがあります。

また、ぬいぐるみを洗濯する時は色落ちチェックをすると安心です。洗剤を含ませた布でぬいぐるみを擦って、布に色移りしていないかを確認します。布に色移りした場合は自分で洗濯するのはやめましょう。

方法別!ぬいぐるみの正しい洗い方

ぬいぐるみの洗い方は大きく分けると3つあり、簡単な方法や丁寧に洗う方法などがあります。あまり手をかけないでぬいぐるみをキレイにすることもできるため、洗い方をマスターして清潔にしましょう。

手洗いの場合

丁寧な洗い方でぬいぐるみをキレイにしたい場合は手洗いがおすすめです。手洗いはぬいぐるみに負荷がかかりにくく、型崩れも防ぐことができます。

【洗い方】
1.)ぬいぐるみにシミがある場合は、固形石鹸で擦るか洗剤を含ませた歯ブラシで擦って、ある程度落としましょう。


2.)洗濯おけやバケツなどに50度のお湯と、衣類用洗剤かおしゃれ着用洗剤を入れて溶かします。洗剤の成分が気になる方やぬいぐるみのシミが酷い場合は、重曹、セスキ炭酸ソーダ、オキシクリーンを使ってもかまいません。

重曹やセスキ炭酸ソーダは洗浄力に優れている一方で、自然界にある成分で作られており安全性が高いです。オキシクリーンは酸素系漂白剤で酸素の力で汚れを落とします。できるだけ肌やぬいぐるみに負担をかけたくない場合は、界面活性剤が含まれていない日本版を使いましょう。


3.)洗濯液を溶かした容器の中へぬいぐるみを入れて、約5分、優しく押し洗いして20分~30分待ちます(ダニは50度のお湯で20分~30分死滅するため)。


4.)浸け置き後は、新しいぬるま湯や水を入れてしっかりすすぎましょう。すすぎを数回行った後、タオルでぬいぐるみを包んで水分を吸収させます。柔軟剤を使う場合はすすぎの後に入れてください。


5.)ぬいぐるみを洗濯ネットに入れて1分脱水を行い、形を整えて毛並みを揃えるためにブラッシングします。脱水後は風通しがいい日陰で平干しして乾かしましょう。

洗濯機で洗う場合

洗濯機を使ったぬいぐるみの洗い方は、負荷がかかりやすく型崩れする可能性があります大切にしているぬいぐるみや、デリケートなぬいぐるみは手洗いが安心です。

【洗い方】
1.)ぬいぐるみにシミがある場合は固形石鹸で擦ります。もしくは、歯ブラシに衣類用洗剤を含ませて、ぬいぐるみのシミを擦りましょう。


2.)洗濯機の衝撃からぬいぐるみを守るために洗濯ネットへ入れます。洗濯ネットはぬいぐるみがピッタリ収まるものを選ぶのがポイントです。ジャストサイズの洗濯ネットはネットの中でぬいぐるみが動きにくくなり、摩擦や衝撃を軽減させることができます。


3.)洗濯機の中へぬいぐるみと、衣類用洗剤、おしゃれ着用洗剤、重曹、セスキ炭酸ソーダ、オキシクリーンのいずれかを入れます(必要であれば柔軟剤も入れてください)。

シミや汚れが酷いぬいぐるみは汚れ落ちがアップする、重曹、セスキ炭酸ソーダ、オキシクリーンを使った洗い方がおすすめです。


4.)ドライコースやおしゃれ着コースで洗濯しますが、水による洗い方はダニを除去することができません。ダニも除去したい時は50度のお湯で20分~30分浸け置きして洗います。なお、60度のお湯であれば瞬時にダニを死滅させることが可能で、浸け置きの必要はありません。


5.)脱水は1分で済ませて、ぬいぐるみをタオルドライしてから形を整えます。最後に、ブラッシングをして風通しがいい日陰で平干ししましょう。

コインランドリーで洗う場合

コインランドリーを使ったぬいぐるみの洗い方は簡単で、シミを落としダニも駆除することができます。洗濯機に入らないぬいぐるみや、手っ取り早くぬいぐるみを洗いたい方は、コインランドリーを利用するといいでしょう。

ただし、コインランドリーはパワーが強くぬいぐるみへの負担が大きいです。できるだけ負担を減らす洗い方をして、汚れやダニを除去しましょう。

【洗い方】
1.)ぬいぐるみをタオルや毛布などで包み、衝撃対策をしてから洗濯ネットに入れます。洗濯ネットはタオルや毛布で包んだぬいぐるみを入れた状態で、ジャストフィットするものを使いましょう。


2.)コインランドリーは自動で洗剤が投入されるため、用意する必要はありません。コインランドリーによっては、柔軟剤入りの洗剤が自動投入されます。

洗濯槽へぬいぐるみを入れてフタをした後、ドライコースやソフトコースを選びましょう。また、ぬいぐるみへの負担を減らすために脱水はしないで、洗濯のみ行うのがポイントです。


3.)洗濯終了後は脱水のみのコースを選び、数十秒だけ脱水を行います。脱水後のぬいぐるみはタオルドライして自宅へ持ち帰り、形を整えてブラッシングしましょう。最後に風通しがいい日陰で平干しして乾かします。

コインランドリーには乾燥機がありますが使用は避けましょう。乾燥機でぬいぐるみを乾かすと、縮みや素材が傷む恐れがあり劣化の原因になります。

ぬいぐるみの干し方・乾かし方

ぬいぐるみの干し方・乾かし方

洗濯後のぬいぐるみはしっかり乾かさないと、水分が原因でカビが生えるため注意が必要です。では、洗濯後のぬいぐるみの干し方や乾かし方のコツを見ていきましょう。

【濡れているぬいぐるみを干す時のコツ】
・形を整える
・ブラッシングをする
・平干しをする

洗濯後のぬいぐるみは中の素材が偏っているケースがほとんどで、形を整えてから干します。また、毛足があるぬいぐるみは、毛並みを揃えてふわふわにするためにブラッシングが欠かせません。

ぬいぐるみは平干しするのが基本で、ネットハンガー(ニットを干すものや、ぬいぐるみ干し専用のもの)を使います。ネットハンガーは通気性が良く、生乾きを防ぎながら乾かすことができるアイテムです。

ネットハンガーがない場合は、角ハンガーの上にぬいぐるみを乗せて平干ししてもかまいません。洗濯後のぬいぐるみの干し方でやってはいけないのは、洗濯ピンチで挟むことです。水分を含んでいるぬいぐるみを洗濯ピンチで留めて干すと、詰め物が下に集まり型崩れの原因になります。

【濡れているぬいぐるみを乾かす時のコツ】
・タオルドライはしっかり行う
・風通しがいい場所で陰干しする

タオルドライでできるだけ水分を吸収させてから、風通しがいい日陰で乾かしましょうぬいぐるみを直射日光に当てて乾かすと変色する恐れがあります。早く乾かしたい時は、ブラッシングをしながらドライヤーの温風や冷風をまんべんなく当てましょう。

大きいぬいぐるみや洗えない素材は?

大きいぬいぐるみの洗濯方法は?

巨大なぬいぐるみや素材などの関係で洗濯することができないぬいぐるみも、放置しておくわけにはいきません。手洗い、洗濯機、コインランドリーを使った洗い方ができないぬいぐるみは、2つの方法で汚れやダニを除去しましょう。

拭き洗い・部分洗いする

洗濯機などを使った洗い方がNGのぬいぐるみは拭き洗いで対処します。ぬいぐるみにシミがあり拭き洗いだけで落とすことができない場合は、部分洗いで落としましょう。

【拭き洗いのやり方】
1.)ぬいぐるみ全体をブラッシングしてホコリなどを取り除きます。次に、洗面器などにぬるま湯で薄めた洗濯液を作りましょう。洗濯液はおしゃれ着用洗剤3~4くらいに対して、ぬるま湯を6~7くらい混ぜたものです(ぬるま湯の方が汚れが落ちやすいです)。


2.)タオルを洗濯液に浸してよく絞ってからぬいぐるみを拭きます。拭き洗い後、別のタオルにぬるま湯や水を含ませてよく絞り、ぬいぐるみを何回か拭いて洗剤液を取り除きましょう。最後に乾いたタオルでぬいぐるみを拭いて水分を取り除き、風通しがいい日陰でよく乾かします。

【部分洗いのやり方】
1.)固形石鹸を水で濡らしてからシミに当てて歯ブラシで擦りましょう。もしくは、洗濯液を浸した歯ブラシでシミを擦るか、スポンジで叩きながらシミを落とします。


2.)部分洗いした場所を固く絞ったタオルで拭き取ってから、乾いたタオルでも同じように拭き取ってください。最後に風通しがいい日陰でよく乾かしましょう。

プロのクリーニング店に依頼する

自宅で洗うことができないぬいぐるみは、クリーニング店に依頼する方法もあります。クリーニング店へ依頼するメリットは、ぬいぐるみの中まで洗うことが可能でダニの駆除もできることです。

クリーニング店へ依頼した場合の料金相場は安いと約1,500円~で、高いと約14,000円~になります。ぬいぐるみの料金相場は、大きさ、衣装の有無、店舗型、宅配型などによって変動するのが特徴です。

また、見積もりをしてから料金がわかるケース、10cm単位の料金設定、シミ抜きや汚れが酷い場合は通常料金の2倍かかる場合もあります。ぬいぐるみのクリーニング料金はバラつきがあるため、何ヵ所か聞いてから依頼しましょう。

まとめ

ぬいぐるみに触れたり口にする機会が多い場合は、1ヵ月に1度洗濯するのがいいと言われています。飾ってあるだけのぬいぐるみに比べて、皮脂や唾液などの汚れが付着しているからです。

棚などに飾ってあるぬいぐるみでも、ダニはホコリやゴミをエサにして増殖するため定期的に洗いましょう。

【PR】ハウスクリーニングやエアコン掃除はプロに依頼しませんか

清潔な住まいで健康で快適な暮らしを!キッチンの頑固な油汚れ、時間と労力を費やす水回りの清掃、エアコンのクリーニングなど普段なかなか手がつけられない掃除なら、掃除のプロが見つかるこちらのサービスがオススメです。

ハウスクリーニング業者登録数、日本最大級!かんたん・お得な見積もり体験を、ミツモアで。

ミツモア_クリーニング

\依頼者430,000人突破/

24時間依頼可能!0円で依頼し放題

 

  • ▼カンタン2分の操作で依頼完了!
  • ▼最大5名のプロから見積もりが届く。
  • ▼無料チャットで条件や料金を調整!
  • ※依頼完了後、いつでもキャンセル可能です
  • ※しつこい営業はありません

 

関連するキーワード


洗濯テクニック

関連する投稿


オスバンSで洗濯してカビやワキガを対策!詳しい洗濯方法や注意点

オスバンSで洗濯してカビやワキガを対策!詳しい洗濯方法や注意点

”服を繰り返し服を洗濯をしたり漂白剤を使っても臭いが取れない”、という方はいませんか?服の臭いを解消するなら「オスバンS」で洗濯してみましょう。オスバンSの詳しい内容、洗濯方法などをご紹介していきます。


スニーカーの黄ばみを取る方法!きれいに保つための対策も紹介

スニーカーの黄ばみを取る方法!きれいに保つための対策も紹介

スニーカーが一度黄ばんでしまったらなかなか落とすのに手間が掛かります。本記事ではスニーカーの黄ばみをキレイに落とす方法から、黄ばみを防ぐ方法まで詳しく紹介します。本記事を参考に、大切なスニーカーをきれいなままで長く使用する方法を身に付けましょう。


布マスクの洗い方5ステップ!洗濯機NGの理由と注意点

布マスクの洗い方5ステップ!洗濯機NGの理由と注意点

布マスクは好きな色やデザインを選ぶことができるなどの理由から、愛用している人もいるでしょう。あなたは布マスクの正しい洗い方をご存知でしょうか?今回は、布マスクの正しい洗い方や注意点などをまとめました。


アクリル絵の具汚れの落とし方!洋服や壁・床など乾く前に対処

アクリル絵の具汚れの落とし方!洋服や壁・床など乾く前に対処

様々な場所に付着してしまったアクリル絵の具をどのように落としたら良いか分からないという人も多くいるのではないでしょうか。適切な方法で洗浄をすればキレイに落とすことも可能です。本記事を参考に適切な方法でアクリル絵の具をキレイに落としましょう。


墨汁の落とし方を詳しく解説。服・上履き・壁床タイル・手に有効な方法

墨汁の落とし方を詳しく解説。服・上履き・壁床タイル・手に有効な方法

お子さんの服や上履き、壁や床などに付いた墨汁は落ちないと諦めていませんか?墨汁の落とし方がわかれば自分でもキレイにすることができます。墨汁が付いた時の落とし方をチェックして、黒いシミを攻略しましょう。


最新の投稿


スキットルの洗い方5つと乾かし方!使い方やお手入れの注意点も

スキットルの洗い方5つと乾かし方!使い方やお手入れの注意点も

アウトドアシーンなどで注目されているスキットルをご存知でしょうか?名前は知っていても使い方や洗い方などがわからない方もいるでしょう。今回は、スキットルの基本情報である使い方や洗い方などをまとめました。


食洗機の臭い取りの方法!ドブ臭くなる原因や匂い対策7つも紹介

食洗機の臭い取りの方法!ドブ臭くなる原因や匂い対策7つも紹介

食洗機を使っている皆さんは、日頃からお手入れをしていますか?食洗機は汚れが付きやすく、お手入れをしないと臭いを放つようになります。今回は、食洗機が臭い原因、臭いを取る方法、匂い対策などをまとめました。


オスバンSで洗濯してカビやワキガを対策!詳しい洗濯方法や注意点

オスバンSで洗濯してカビやワキガを対策!詳しい洗濯方法や注意点

”服を繰り返し服を洗濯をしたり漂白剤を使っても臭いが取れない”、という方はいませんか?服の臭いを解消するなら「オスバンS」で洗濯してみましょう。オスバンSの詳しい内容、洗濯方法などをご紹介していきます。


灯油の処分方法と費用を紹介!大量・少量で方法は変わる!

灯油の処分方法と費用を紹介!大量・少量で方法は変わる!

冬の間に意外と使い切れずに残ってしまう灯油、正しい処分の方法は知っているでしょうか。間違った方法で処分をしてしまうと大問題になってしまいます。本記事では、余った灯油の処分方法とその費用を詳しく紹介しています。本記事を参考に正しい処分方法を確認しましょう。


電池の液漏れの安全な掃除方法は?アルコール・お酢の危険性も解説!

電池の液漏れの安全な掃除方法は?アルコール・お酢の危険性も解説!

電池のトラブルでよくあるが液漏れで、電池交換のタイミングで気付く方は多いでしょう。電池の液漏れは早めの掃除で対処しないといけません。今回は、意外と知らない電池が液漏れした時の掃除方法などご紹介します。


 

 

ビジネスパートナー募集