暮らしのお悩み解決サイト

竹の駆除方法4つ!除草剤は効果アリ?業者依頼時の費用も

竹の駆除方法4つ!除草剤は効果アリ?業者依頼時の費用も

竹を栽培している方は駆除作業を行っていますか?竹は放置していても大丈夫と思っている方もいますが、他人の敷地に侵入してトラブルに発展する可能性もゼロではありません。竹の駆除方法などをご紹介していきます。


竹が好きで庭に植えている方や、所有している山に竹が生えていることもあるでしょう。竹は風情があり、竹が持つパワーや独特の雰囲気に惹かれる方も少なくありません。

一方で竹は定期的な駆除が必要なことをご存知でしょうか?竹は生長が早くグングン伸びるため、短期間で急に大きくなったと実感する方もいるでしょう。竹は樹勢が強く駆除をしないと荒れていく植物で、時に迷惑な存在になることがあります。

竹が原因でトラブルに発展することもあるため、定期的に駆除を行いましょう。なお、定期的な竹の駆除は美しい竹を維持することにもつながります。今回は、竹の駆除方法、駆除した後の処分方法、費用などをチェックしていきましょう。

竹という植物の特徴や生態

竹の特徴や生態、放置することで発生する被害などをご紹介していきます。

【24時間で1m以上伸びる竹もある】
芽が生長し竹になるまでの期間はわずか数ヶ月です。例えば、モウソウダケの生長時期を見ると、4月~5月頃に地下茎の節から芽が出てきて6月頃まで伸び続けます。

【竹と笹は別物】
竹と笹は似ていますが別物で、最も確実に見極めることができるポイントは鞘(さや)です。竹は生長すると鞘が剥がれますが、笹は生長しても鞘が剥がれることはなく褐色の皮がついています。

他にも、竹の葉脈は格子状であるものの、笹の葉脈は平行線です。また、竹は大きく生長しますが基本的に笹は大きくなりません。ただし、大きく生長する笹もあるためサイズだけで断定するのは難しいでしょう。

【竹を放置することで起こる被害】
竹を駆除しないで放置していると、背丈が伸びて日光を遮断し日当たりが悪くなります。住宅地や竹林と密接している場合は、伸びた竹が他人の所有地に侵入してトラブルになることもあるでしょう。

また、竹の地下茎も生長が凄まじく、他の竹の地下茎に絡み付くのが特徴です。近くに他の植物がある場合は、竹が根を枯らしてしまい生育に影響を及ぼします

竹の駆除方法4つ

美しい竹林の維持や、竹が伸びることで発生する弊害を防ぐためには駆除が欠かせません。しかし、”上手く竹の駆除ができるか心配”、”自分でも竹の駆除はできるか”、など不安を抱いていませんか?4つの駆除方法を比較して、あなたに合った方法で竹のお手入れを行いましょう。

①除草剤を使う

液体タイプや顆粒タイプの除草剤は、さほど手間がかからず簡単に竹の駆除ができます。なお、液体タイプを使う場合、夏に駆除すると2ヵ月~5ヶ月ほどで枯らすことが可能です。他のシーズンでも竹を駆除することはできますが、枯れるまで8ヶ月~1年ほどかかります

【液体による駆除方法】
1.)竹は地下茎が広がっているため、他の竹とつながっている可能性があります。確実に竹を駆除するために、全ての竹の幹に電動ドリルで穴を開けましょう。地上から30cm~1mの範囲、節から2cm~3cm下に穴を開けるのがポイントです。


2.)スポイトに液タイプの除草剤をセットして、穴を開けた竹の幹に注入します。除草剤の注入後は、穴にガムテープを貼り雨水の侵入や除草剤の流出を防ぎましょう。

【顆粒による駆除方法】
駆除成分の浸透を良くするために、竹の周辺に落ちている葉やゴミなどを取ります。あとは、竹が生えている土に顆粒タイプの除草剤を散布するだけです。

②根から掘って除去

竹の駆除方法には根から掘り起こす根絶やしがあります。竹の根を掘り起こすと、地中茎を除去することができるため完全駆除が可能です。なお、細い竹も根から掘り起こす駆除方法が向いています(細い竹は除草剤を入れることができない場合があるため)。

【根から掘る駆除方法】
竹の根が1mほどであれば、スコップで掘り起こすことができるかもしれません。竹の根を堀り起こして完全駆除するポイントは、地中茎を残さないことです。竹は少しでも地中茎が残っていると生長するため、根を残さず全て掘り起こしましょう

しかし、竹の根は様々な方向へ長く伸びており、スコップで掘り起こすと取り残す可能性があります。確実に竹の根を掘り起こして、完全駆除するなら重機を使いましょう。

ただし、重機の安全性を考えて正常運転が難しいと判断した場合は、使用することができません。例えば、竹が急斜面に生えている、重機が入ることができない、悪路の場合などです。

③伐採する

竹を伐採して駆除する方法は、「連年皆伐式」と「1m切り」があります。共通点は、毎年同じ時期に竹を伐採してジワジワ衰弱させるところです。ただし、労力と年数を要し、毎年同じ時期に伐採する必要があるため、根気がないとできません

【連年皆伐式による駆除方法】
1.)竹を伐採する時は、切り口でケガをしないように水平に切るのがポイントです。竹の切り口を斜めにすると鋭い刃のような状態になり、刺さるなどして肌を傷つける可能性があります。なお、竹の高さは50cm~1mほどに伐採しましょう。


2.)翌年も同じ時期に竹を伐採します。数年の間、年に1度竹を伐採すると駆除することができます。

【1m切りによる駆除方法】
毎年冬に竹を約1mの高さで水平に伐採し、翌年、翌々年の冬も同じように伐採しましょう。冬に竹を伐採する理由は、生長期と勘違いさせてエネルギーや水分を消耗させるためです。繰り返し行うと竹は衰弱していき、数年後に駆除することができます。

④業者に依頼

竹の駆除方法をいくつかご紹介しましたが、”自分で対処するのは大変そう”と感じた方もいるでしょう。自分で竹の駆除ができない方や自信がない方は、全て業者に任せる選択肢もあります。業者に依頼すると、重機による竹と地中茎の駆除、整地、竹の処分まで行うのが基本です。

自分で竹の駆除を行ったことがある方は、時間がかかり労力が必要なことをご存知でしょう。竹は生命力が強く駆除するのは難しいと言われている植物です。竹の駆除は、時間が必要なだけでなく体力勝負のところがあり、特に初めて自分で対処する方は苦労するかもしれません。

業者へ依頼すれば時間や労力を使うこともなく、確実に竹の駆除を行ってくれます。複数の業者に見積もり依頼をして、費用、実績、口コミ評価などを確認して1社に絞りましょう。

竹を駆除した後の処分方法4つ

伐採した孟宗竹

自分で竹を駆除した後、どのような方法で処分しますか?竹の処分方法4つあり、完全に処分することもできますが再利用することもできます。竹の処分方法で悩んだ時は、4つの方法を比較して処分のしやすさなどを検討して決めましょう。

①土がある場所に置く

環境に優しい方法で竹を処分するなら、地面の上にまとめて置くと土に還ります。コストもおさえることができるエコな処分方法と言えるでしょう。ただし、駆除した竹が土に還るまでは数年かかるかもしれません。

駆除した竹はゆっくり時間をかけて腐っていき、やがてバクテリアなどが分解して土に還ります。なお、駆除した竹が土に還るまでの間は放置することになるため、虫が付きやすく大量発生することもあるでしょう。

②無煙炭化器などで燃やす

駆除した竹をできるだけ早く処分したい時は、竹を燃やす方法があります。竹は乾燥しているとよく燃えるのが特徴で、大量の竹も燃やしてしまえば量が減るため処理も簡単です。

駆除した竹を燃やして処分する際は、風に煽られても火事のリスクを回避できる広い場所で行いましょう。駆除した竹は野焼きして処分するのではなく、煙が出にくい無煙炭化器が便利です。

なお、駆除した竹を燃やして処分する方法は、火事のリスクや煙の問題で地域によっては燃やすことができません。自治体や市町村のホームページなどで、竹を燃やしていいのか確認してから行いましょう。

③可燃ゴミなどへ出すかゴミ処理場へ運ぶ

駆除した竹は燃えるゴミや資源ゴミに出すことも可能です。ゴミの出し方は自治体によって違うため、ゴミ出しに関するルールブックや役所などで確認してください。

なお、駆除した竹が大量にある場合は、ゴミ処理場へ直接持って行くこともできます。ゴミ処理場への持ち込みは、予約が必要な地域もあるため事前に確認しましょう。

④粉砕機で竹チップや竹パウダーにする

駆除した竹を再利用したい方は、粉砕機を使うと竹チップや竹パウダーにすることができます。竹チップや竹パウダーは、消臭剤、家畜の肥料、土壌の改善、ぬか床のカビ予防などとして再利用することが可能です。

竹は粉砕機に入れるとあっと言う間に粉砕されるため、時間がない方にもおすすめします。なお、自治体によっては、無料で粉砕機を貸してくれるところもあるため問い合わせてみましょう。

竹の駆除にかかる費用

竹の駆除にかかる費用は、作業内容、範囲、本数などによって違います。竹の駆除はどれくらいの費用がかかるのか項目別にまとめました。

【竹の伐採のみ】
竹のみを伐採する時の費用は、100㎡で約50,000円~です。竹のみの伐採は地中茎が残っているため、完全に駆除することはできません。翌年には再び竹が生長して伸びるため、高さ調整したい方や地中茎を残したい方におすすめします。

【地中茎の掘り起こし】
竹の地中茎を駆除する時にかかる費用は、100㎡で約20,000円~120,000円です。すでに竹を伐採しており、地中茎のみを掘り起こす場合は、100㎡あたり約20,000円~ほどかかると思いましょう。

竹の駆除作業の中でも、地中茎の掘り起こし作業は業者でも手間がかかります。基本的に重機も使うため高額になると思いましょう。

【整地】
竹や地中茎の駆除後、整地にかかる費用は100㎡で約50,000円~です。整地の作業も重機を使い、土地の状態によって費用が変わります。

【駆除した竹の処分】
駆除した竹の処分費用は、100㎡で約40,000円~50,000円です。竹の本数で換算すると約100本で、大量に竹がある場合は産業廃棄物の扱いになります。

まとめ

竹は人の心を落ち着かせるなどリラックス効果があり、恩恵を受けている方もいるでしょう。しかし、竹は生長が早く生命力も強いため、定期的に駆除を行わないと荒れていきます。竹の駆除作業を自分で行うことができない方は業者へ任せましょう。

【PR】満足度98%!お庭のお手入れお任せください!<日本全国対応>

お庭のお手入れでお困りですか?お庭の剪定・伐採・草刈などのお困りごとにはこちらのサービスがオススメです。

お見積り無料で、あらゆるお庭のお手入れの悩みに対応してくれます。請負賠償責任保険加入で、もしもの時も安心です。お庭に関する悩みを解決しませんか?

“お庭110番"

\日本全国 対応可能/

お庭のお悩み解決します!

 

  • ◆実績多数の上場企業
  • ◆現地ご相談・お見積り無料!
  • ◆お見積り後のキャンセルOK
  • ◆24時間365日受付中

関連するキーワード


竹駆除 雑草駆除

関連する投稿


カタバミの駆除方法3つ!特徴やおすすめの除草剤・抜き方も解説

カタバミの駆除方法3つ!特徴やおすすめの除草剤・抜き方も解説

庭にクローバーのような草が生えている、黄色い花が咲いている場合はカタバミかもしれません。カタバミはしつこい雑草で知られており、駆除しないと範囲が広がります。厄介な雑草を駆除して美しい庭にしましょう。


雑草の白い花の種類や名前一覧。紫の花の雑草もご紹介

雑草の白い花の種類や名前一覧。紫の花の雑草もご紹介

道端や公園、市街地などで白い花が咲いた雑草を見かけたことがある人もいるでしょう。白い花が咲く雑草はどのような種類の植物なのかを紹介します。また、紫の花を付ける雑草についてもあわせてチェックしておきましょう。


除草剤を手作りで代用しよう!酢・クエン酸・重曹・塩でできる?

除草剤を手作りで代用しよう!酢・クエン酸・重曹・塩でできる?

市販の除草剤の成分に対し、人間の健康や植物に害があるのではと不安をいだく人も多いのではないでしょうか。そこで、除草剤を手作りする方法や、手作りした除草剤を使用する際の注意点、正しい使用方法について紹介します。


ゼニゴケの駆除方法4個!おすすめ駆除グッズ5選と注意点など徹底解説

ゼニゴケの駆除方法4個!おすすめ駆除グッズ5選と注意点など徹底解説

ベランダや庭のガーデニングにゼニゴケが発生しており、見た目が悪いことに悩んでいる人も多いでしょう。ゼニゴケはすぐに繁殖するため、駆除方法を工夫するだけではなく予防することも大切です。ゼニゴケの駆除方法と、予防策を紹介します。


雑草の種類10パターンと見分け方を解説!庭や畑の雑草はどれ?【プロ監修】

雑草の種類10パターンと見分け方を解説!庭や畑の雑草はどれ?【プロ監修】

よく見る雑草を、写真入りで種類別に紹介しています。春に芽を出す雑草と秋に芽を出す雑草の駆除方法の違いや、粒タイプと液体タイプの2種類の除草剤の違いについて解説している他、防草シートについても説明しています。


最新の投稿


桜の木や枝につく虫・害虫3つと駆除方法!つかないための対策も

桜の木や枝につく虫・害虫3つと駆除方法!つかないための対策も

桜に元気がない、花が咲かない、枯れている部分がある場合は、虫の可能性が高いです。虫は良くも悪くも植物の健康状態を左右する存在で、桜も例外ではありません。桜につく虫の駆除方法や予防策などをまとめました。


フローリングのへこみ・傷の補修方法!賃貸でかかる費用や対策も

フローリングのへこみ・傷の補修方法!賃貸でかかる費用や対策も

床にできたへこみや傷を修繕したいがどのようにすれば良いか分からないという人も多くいるでしょう。本記事ではフローリングにできたへこみや傷を直す方法から、その傷が付かないようにする予防方法まで詳しく紹介します。本記事を参考に正しい手入れ方法を行いましょう。


竹の駆除方法4つ!除草剤は効果アリ?業者依頼時の費用も

竹の駆除方法4つ!除草剤は効果アリ?業者依頼時の費用も

竹を栽培している方は駆除作業を行っていますか?竹は放置していても大丈夫と思っている方もいますが、他人の敷地に侵入してトラブルに発展する可能性もゼロではありません。竹の駆除方法などをご紹介していきます。


モグラの対策方法6つ!畑や庭を守るための簡単にできる撃退法も

モグラの対策方法6つ!畑や庭を守るための簡単にできる撃退法も

モグラは可愛い見た目と違って地面を荒らす迷惑な害獣です。例えば、芝生や家庭菜園の庭を掘るためデコボコ状態になります。モグラ被害を食い止めるためには早めの対策が大切です。対策方法を6つ見ていきましょう。


カラスの天敵の動物はなに?鳴き声の特徴や駆除方法も解説

カラスの天敵の動物はなに?鳴き声の特徴や駆除方法も解説

ゴミを荒らしたりフンをしたり、カラスによる被害は私たちの日常生活に大きなストレスを与えます。とても頭の良い鳥として知られており"カラス避け"などのワナも見破ってしまうのが厄介なところ。今回はそんなカラスの天敵となる動物を紹介。併せてカラスの駆除方法とそのポイントも紹介します。


 

ビジネスパートナー募集