暮らしのお悩み解決サイト

スギナの駆除対策方法9つ。無農薬の畑はどうする?根絶したい

スギナの駆除対策方法9つ。無農薬の畑はどうする?根絶したい

駆除しても何度も生えてくるスギナは、雑草界の問題児です。スギナを駆除しても、再び生えきて、悩んでいる方もいるでしょう。でも、スギナをしっかり駆除する方法はあります。スギナを駆除してキレイにしましょう。


自宅の庭や畑に、スギナが生えている方にとっては悩ましい問題でしょう。広い範囲にスギナが生えていたら、駆除するのも大変です。スギナを手で引っこ抜いて駆除しようとすれば、根っこが切れてしまうことも度々あります。
もしくは、葉っぱだけ切れてしまうこともあるでしょう。しかも、スギナは駆除してもすぐに生えてきます。スギナはしつこい雑草のため、"最も厄介な雑草"として認定されてもいいくらいです。中には、スギナと散々戦ってきて、駆除できなかった方もいるでしょう。でも、スギナを駆除する方法はあります!

スギナを駆除する方法を知れば、今回はスギナに勝てるでしょう。スギナを駆除して、スッキリさせませんか?

スギナを根絶したい…

Getty logo

"以前は少ししか生えていなかったスギナが、今では増え続けている! "と、スギナに悩んでいる方もいるでしょう。スギナはあっという間に成長して、どんどん広がる草です。また、"しつこいスギナを根絶したい"と思っていても、駆除したところで何度も生えてきます。しかも、すぐにスギナは生えてくるため、イタチごっこ状態です。

かと言って、スギナを放置し続ければ背丈は大きくなり、スギナの範囲も広がっていきます。スギナは腹が立つくらい本当にしつこくて、面倒臭い草です。中には、"この世からスギナが消えてしまえばいいのに"と、思う方もいるでしょう。

スギナの特徴

Getty logo

スギナはシダ科で、日本全国に生えている在来種の草です。スギナは涼しい土地を好むため、寒い土地にたくさん生えています。また、スギナが増殖するピークは春~夏で、冬でも枯れることはありません。

スギナは、駆除するのが厄介で難しい草と言われています。その証拠に、スギナは別名『地獄草』と呼ばれているほど、生命力が強くしつこい草です。スギナが地獄草を呼ばれるようになったのは、地面の奥深くまでビッシリ根を張ることから、この名前がつきました。

スギナは地獄草とも呼ばれていますが、その正体は『つくし』です。スギナは春になると、可愛らしいつくしになります。"厄介なスギナが、つくしだったなんて! "と、驚く方もいるようです。

スギナの繁殖方法3つ

スギナの繁殖方法を知れば、しつこい草で、駆除が難しい理由がわかるでしょう。スギナの繁殖方法は3つです。

地下茎(根茎)

スギナの駆除が難しいと言われているのは、地下茎(根茎)が関係しています。スギナの地下茎(根茎)は、地中の中にどんどん茎を広げていくのが特徴です。そして、地下茎(根茎)は根深く、地下30㎝~1mの深さに張り巡らせています。

また、スギナの地下茎(根茎)は、切っても枯れることはありません。スギナは地下茎(根茎)を切っても、切った部分から新しい芽を出して増殖し続けます。

例えば、スギナが3本程度しかないとしましょう。でも、地中には、すでに新しいスギナの芽があります。つまり、地上に出ていない新しいスギナが、地中で待機している状態です。

根茎

スギナの根茎は生命力はとても強いです。スギナの根茎は切断されても、芽を出すため、凄まじい勢いで増殖していきます。あるデーターによると、たった10cmのスギナの根茎から、10m以上の根茎に成長したことが報告されているほどです。しかも、約7ヶ月で10m以上の根茎に成長したため、スギナがいかに生命力が強いか? わかるでしょう。

胞子

胞子の正体はつくしです。つくしはスギナの種を含んでいます。シダ科は、胞子からも増殖できる性質を持っているのが特徴です。つまり、スギナは地下茎(根茎)から増殖するだけでなく、胞子からも増殖することができます。

スギナを抜いても何度も生えてくる理由

Getty logo

スギナを駆除しようと引っこ抜いても、再び生えてきます。スギナの駆除に、頭を抱えている方も多いのではないでしょうか? スギナを駆除しても何度も生えてくる理由は、根が物凄く奥深いからです。『スギナの繁殖方法3つ』でも説明しましたが、スギナは地中深く、地下茎(根茎)を張っています。

無理にスギナを引っ張ると、地下茎(根茎)の途中が切れてしまうことが多いです。たとえ、スギナの地下茎(根茎)の部分を引っこ抜いて駆除しても、それはスギナのほんの一部にすぎません。

生命力が強いため駆除してもすぐに生える

地下茎(根茎)が地中に残っている限り、スギナは再び生えてきます。スギナは生命力が強いです。その証拠に、スギナの地下茎(根茎)を引っこ抜いて駆除しても、数日すれば新しいスギナが芽を出します。

特に、気温が上昇する夏は、物凄いスピードでスギナが生えるくらいです。例えば、朝スギナを駆除しても、夕方になれば新しいスギナの芽が出てきています。

スギナの駆除対策方法9つ

Getty logo

しつこいスギナは、地下茎(根茎)や胞子が駆除の肝です。スギナの駆除方法9つをご紹介します。

① スギナの地下茎(根茎)や塊茎を抜いて駆除

スギナの地下茎(根茎)や塊茎を抜いて、駆除しましょう。できれば毎日、スギナの地下茎(根茎)を引っこ抜く作業をすることです。スギナは成長するのがとてつもなく早いため、毎日抜くと成長することができず、枯れていきます。
ですが、スギナは地下茎(根茎)が根深いため、途中でで切れてしまうことも多いはずです。でも、おかまいなしに、スギナの地下茎(根茎)を引っこ抜いて駆除しましょう。継続してスギナを引っこ抜くことが、駆除につながります。

スギナの地下茎(根茎)を引っこ抜いて、駆除していくのは大変な作業です。スギナ(根茎)の駆除に使える便利なグッズを使って、効率良く作業しましょう。


■塊茎はスギナの栄養源
塊茎は地下茎(根茎)にくっついている塊です。形状は丸くプックリしていて、栄養がギッシリ詰まっています。塊茎は地下茎(根茎)に栄養を与え、スギナの成長を助長させる存在です。さらに、地下茎(根茎)に新しい芽を生えさせる原因にもなるため、スギナの地下茎(根茎)を引っこ抜いて駆除しましょう。

② スギナの胞子が飛ばないように除草剤で駆除

『スギナの胞子=つくし』を駆除する時は、胞子が飛ばないようにしないといけません。胞子はとても軽いため、つくしに少し衝撃を与えるだけで、簡単に胞子が空中に舞います。また、胞子をただ、刈り取って駆除するのもダメです。胞子対策をしないで駆除すると、スギナの種を撒き散らすことになります。

スギナの種がギッシリ詰まっている胞子を駆除する時は、駆除する前の一手間がポイントです。『胞子部分に除草剤にかけてから駆除』しましょう。胞子に除草剤をかけてから駆除すれば、スギナの種を撒き散らすこともありません。

③ 熱湯でスギナを駆除

熱湯をスギナにかけると駆除できます。植物は熱湯をかけると枯れるため、スギナの駆除も可能です。ただし、薬剤を使わないため、土の上に出ているスギナしか駆除できません。何度も説明している通り、スギナの地下茎(根茎)は、地中の奥深くに張り巡らせています。
スギナの上から熱湯から注いでも、地下茎(根茎)まで熱湯を到達させるのは難しいでしょう。


■熱湯駆除はデメリットが多い
熱湯でスギナの地下茎(根茎)部分を枯らして、駆除するのは大変です。地下茎(根茎)を枯らして駆除するには、熱湯を十分に浸透させる必要があります。また、スギナの地下茎(根茎)に熱湯を注いでも、肉眼で確認することができません。つまり、スギナの地下茎(根茎)に、熱湯が十分に浸透したか? 憶測で駆除を行うことになります。

さらに、スギナが広範囲に生えている場合は、想像を絶するほどの熱湯を使います。そして、時間だけでなく労力も使うため、スギナの駆除作業はヘトヘトになるでしょう。熱湯は薬剤を使わないですが、時間・労力・熱湯を消耗します。どうしても熱湯でスギナの駆除をしたい方は、覚悟の上で行いましょう。

④ 出てきたスギナに除草剤をかけて駆除

厄介なスギナ駆除には、除草剤を使うのがおすすめです。スギナの駆除をした後、再び生えてきたら除草剤を撒いて駆除しましょう。除草剤であれば、出てきたスギナに撒くだけで簡単に駆除できます。

⑤ スギナが出てくる前に土に染み込ませる除草剤で駆除

スギナは目に見える分だけではありません。スギナの芽は地中に埋まっているため、時間が経つと出てきます。地中に埋まっているスギナの芽が出てくる前に、土に染み込ませる除草剤で、駆除しましょう。

スギナの駆除に効く除草剤は2タイプです。

・土の上に出てきたスギナにかけるもの
・まだ土からでてきていないスギナにかけるもの(植物を生やさないようにする)


■除草剤はラウンドアップ・サンフーロンがおすすめ
スギナの駆除でよく使われるのが、グリホサート系の除草剤です。グリホサート系の除草剤をスギナの葉っぱにかけると、駆除成分が地下茎(根茎)まで浸透し、根っこまで枯らして駆除します。店頭でよく販売されている除草剤(グリホサート系)は、『ラウンドアップ』『サンフーロン』です。


■ラウンドアップの特徴
ラウンドアップは原液のままスギナにかけて使えるため、水で薄める手間がありません。ラウンドアップの場合は、除草剤をスギナの葉っぱ全体にかけなくても、地下茎(根茎)までしっかり駆除できます。そして、スギナの駆除をした後、除草剤の成分が残りにくいのも特徴です。そのため、すぐに植物等を植えることができます。

スギナに除草剤を撒いてから枯れるまでの間、雨が降ることもあるでしょう。雨が降っても除草剤のパワーが衰えにくいのは、ラウンドアップです。梅雨時等、雨が多い季節に使う場合は、ラウンドアップが向いています。梅雨に関係なく、雨が心配な方もラウンドアップを使うと良いでしょう。


■サンフーロンの特徴
一方、サンフーロンはコスパが良いのがメリットです。コストを抑えてスギナの駆除したい方に向いています。サンフーロンの価格が安い理由は、ジェネリックの除草剤だからです。サンフーロンでスギナの駆除をする時は、水で25倍に薄めてから使いましょう。スギナに撒くと、約6時間で除草剤の成分を吸収しますが、即効性はありません。
スギナに撒いてから、約1週間~10日以上経つと枯れます。サンフーロンは、スギナを駆除するまでに時間がかかるでしょう。でも、スギナの地下茎(根茎)を確実に駆除できます。

⑥ 塩でスギナを駆除

塩はスギナだけでなく、雑草等を枯らして駆除したい時にも使われる方法です。スギナを塩で駆除する時は、スギナの根元部分(土の部分)に塩をしっかり撒きます。塩を撒いてから数日~1週間くらい経つと、スギナが枯れていくのがわかるでしょう。
でも、生命力の強いスギナの地下茎(根茎)を塩で枯らすには、大量の塩が必要です。そのため、コストがかかります。


■塩によるスギナの駆除はリスクがある
生命力の強いスギナの地下茎(根茎)を塩で枯らすには、大量の塩が必要です。そのため、コストがかかります。さらに問題なのは、塩でスギナを駆除すると、他の植物が何も育たなくなることです。土は塩を分解することができないため、ずっと残り続けます。

そして、雨が降ると塩による被害は拡大します。周辺の家に塩が流出する・周辺に生えている草木も枯らす・配管や家の基礎を劣化させる等、様々な影響を及ぼすのが塩です。塩でスギナの駆除をする時は、家の敷地内で使ってはいけません。塩を使う場合は、周辺に家や草木がないことを確認して、二度と植物を植えない場所で使いましょう。

⑦ 石灰でスギナを駆除

スギナの駆除方法として、"石灰を使うとスギナを駆除できる! "と、聞いたことがありませんか? スギナの駆除には石灰が良いと、よく言われていますが、実際は効果がありません。スギナは酸性の土だと、よく育つと言われていました。でも石灰を撒くと、酸性からアルカリ性の土へ変化します。すると、スギナは育ちにくくなり駆除効果があると、いつしか広まってしまいました。

ですが、あくまでもウワサであり、石灰でスギナを駆除することはできません。石灰を撒いても、スギナはどんどん成長します。

⑧ 防草シートでスギナを駆除

少し手間はかかりますが、防草シートでスギナを駆除するのも良いです。ただし、防草シートでスギナを駆除する時は、『スギナを駆除してから』使いましょう。スギナを駆除してから防草シートを敷くと、スギナ対策もできます。
防草シートをスギナが生えていた部分に敷くと、スギナの芽が出てきません。スギナを含む植物は、太陽の光りを浴び、光合成をして成長します。でも、防草シートを敷くと、スギナは太陽の光りを遮断されるため、成長することができません。

防草シートを選ぶ時は値段ではなく、『良い品質の物を選ぶ』ことです。安価で品質の良くない防草シートは、すぐにスギナが出てきます。さらに、劣化も早いため、交換する手間がかかり面倒です。

⑨ 肥料でスギナを駆除

スギナは栄養が少ない土によく生えています。反対に、栄養豊富な土にはあまり生えていません。つまり、スギナの駆除をするなら、土に肥料を混ぜると効果的です。スギナが生えている場所に肥料を撒きましょう。

無農薬の畑のスギナの駆除方法

Getty logo

無農薬の畑には、除草剤を使うことができません。無農薬の畑でスギナ駆除をする時は、防草シートが最適です。防草シートなら、畑に植えている作物に影響を及ぼすこともなく、スギナの駆除ができます。
防草シートでスギナ駆除をする時のポイント等は、『スギナの駆除対策方法9つ』でご紹介した、8番の『防草シートでスギナを駆除』を参考にして下さい。

■ひたすらスギナを引っこ抜いて駆除する
もう一つ、無農薬の畑でスギナを駆除する方法があります。それは、こまめにスギナを引っこ抜いて駆除することです。スギナが少しでも出ていれば、引っこ抜きましょう。スギナが大きく成長する前に、こまめに引っこ抜けば、スギナが育つ前に駆除できます。

スギナを抜く時、途中で切れても構いません。そして、小さなスギナも見逃さないで、引っこ抜いて駆除しましょう。継続して、スギナを抜き続けていると、スギナは元気がなくなってくるはずです。最後は、スギナは枯れるため駆除できます。

まとめ

畑・芝生・庭等に生えてくるスギナ問題は、悩ましい問題です。スギナは駆除しても、駆除しても何度も生えてきます。でも、諦めてはいけません。スギナを駆除する方法はいくつかあるため、実践して駆除しましょう。中でも、除草剤を使う方法は最適です。除草剤をスギナに撒けば、地下茎(根茎)を枯らして駆除できます。

除草剤が使えない場合は、防草シート等でスギナを駆除しましょう。

【PR】庭のお手入れ、業界最安値!

格安庭手入れにはこちらの会社がオススメです。1本500円から剪定・伐採・草刈、さらに早期予約で1000円OFF。全国どこでも依頼可能で便利です。

\業界最安値に挑戦/

年間3000件の実績
  • ◇見積,出張,追加費無料
  • ◇全国各地に完全対応
  • ◇速い、安い、信頼。

関連するキーワード


雑草駆除

関連する投稿


ドクダミの完全な駆除対策方法7つ。除草剤を使用しない方法も。

ドクダミの完全な駆除対策方法7つ。除草剤を使用しない方法も。

ドクダミを自分で駆除する方法を解説しています。お湯や塩、苦土石灰、重曹を使う方法や、ミントを植える方法を紹介しているほか、ラウンドアップなどの除草剤を使う方法も説明しています。芝生にまいても芝が枯れない除草剤も紹介します。


雑草の種類10パターンと見分け方を解説!庭や畑の雑草はどれ?

雑草の種類10パターンと見分け方を解説!庭や畑の雑草はどれ?

よく見る雑草を、写真入りで種類別に紹介しています。春に芽を出す雑草と秋に芽を出す雑草の駆除方法の違いや、粒タイプと液体タイプの2種類の除草剤の違いについて解説している他、防草シートについても説明しています。


雑草を簡単に処理する15の方法

雑草を簡単に処理する15の方法

「雑草処理をしたいけど、簡単にできる方法はないの? 」と思っている方は多いでしょう。雑草処理をする方法はたくさんありますが、実は簡単にできる方法があります。雑草処理を簡単にして、スッキリさせましょう!


ドクダミの駆除対策方法5選!繁殖したドクダミを除去へ

ドクダミの駆除対策方法5選!繁殖したドクダミを除去へ

ドクダミの駆除方法について解説しています。初めてでも簡単に使用できるドクダミの除草剤の紹介や、農薬を使わずに熱湯や塩、重曹でドクダミを駆除する方法についても説明しているほか、手軽に作れるドクダミ茶の製造方法についても解説しています。


最新の投稿


夏は必須のコバエ対策!今すぐ駆除できる6つのポイント

夏は必須のコバエ対策!今すぐ駆除できる6つのポイント

すばしっこくてなかなか捕まえられず、うっとうしい「コバエ」。徹底的に駆除するためには、コバエの種類や習性を知り、適切な方法で対策をしていくことが重要です。コバエを駆除するための6つのポイントや今すぐはじめられる対策についてまとめていきます。


蜂の種類4つの見分け方!特徴と危険度を徹底的にまとめてみた

蜂の種類4つの見分け方!特徴と危険度を徹底的にまとめてみた

ニュースでもよく目にする機会がある蜂による刺傷被害。蜂を見かけたら慌てて逃げ出してしまいたくなる方も多いのではないでしょうか。でもその蜂、本当にそんなに危険ですか? むしろ怖がってパニックになってしまうことの方が危険かも…。日本でよく見かける4種類の蜂の特徴と危険度について徹底的にまとめていきます。


簡単にハエを退治する方法14選。ペットボトルやめんつゆを使う方法も紹介

簡単にハエを退治する方法14選。ペットボトルやめんつゆを使う方法も紹介

ハエを簡単に自分で駆除する方法を紹介します。めんつゆやペットボトルを使った手作りの退治方法や、ハエが来ないようにする予防対策、殺虫剤を使わない駆除や捕獲方法などを解説しているほか、絶滅させる日数も説明しています。


ハエ取り紙の成分・効果とおすすめハエ取り紙ランキングTOP10

ハエ取り紙の成分・効果とおすすめハエ取り紙ランキングTOP10

ハエ取り紙は、薬品を使わない安全安心な害虫駆除製品として再び見直されています。ハエ取り紙の成分や、どのような効果があるのかを解説しているほか、リボン式や両面粘着式、ロールタイプ、ライト併用式など、最新の売れ筋ハエ取り紙もご紹介します。


鳩の効果的な撃退方法15個とおすすめ鳩撃退グッズ20

鳩の効果的な撃退方法15個とおすすめ鳩撃退グッズ20

自分でできる鳩の駆除方法と、あると便利な鳩よけグッズをまとめています。ニコチン水やトウガラシなど、身の回りにあるもので作れる鳩よけや、天然成分で作られた鳩用忌避剤、鳩よけネットやベランダの手すり用テグスなどをご紹介します。


ビジネスパートナー募集