暮らしのお悩み解決サイト

桜の木や枝につく虫・害虫3つと駆除方法!つかないための対策も

桜の木や枝につく虫・害虫3つと駆除方法!つかないための対策も

桜に元気がない、花が咲かない、枯れている部分がある場合は、虫の可能性が高いです。虫は良くも悪くも植物の健康状態を左右する存在で、桜も例外ではありません。桜につく虫の駆除方法や予防策などをまとめました。


桜は日本を象徴する植物で春になると花に癒される方も多いでしょう。しかし、桜は虫が発生しやすく、思わぬアクシデントに遭遇することがあります。

例えば、”桜の下で花見をしてたら毛虫が落ちて来た”、”桜の幹に虫がいることに気付かないで触れてしまった”、などのケースはありがちです。桜は美しく春のシンボルである一方で、虫による被害が多く寄せられています。

自宅に植えた桜が虫だらけになり、気色悪い光景を目にすることも少なくありません。益虫であれば桜とってプラスになりますが、毒のある虫は悪影響を及ぼします。桜の健康状態を良くして生育を促すために、桜につく虫や駆除方法などをチェックしていきましょう。

桜の木につく虫や害虫3つと駆除方法

桜の幹、枝、葉っぱなどに虫がついていた光景を目にしたことはありませんか?桜は虫がつきやすい植物で、たくさんの虫が集まりうごめいている姿を見た方もいるでしょう。桜につく虫は10種類以上いますが、今回は3種類の虫と駆除方法をご紹介します。

①アメリカシロヒトリ

アメリカシロヒトリの幼虫

アメリカシロヒトリは成虫になると白い蛾になりますが、幼虫は緑色で毛虫のような見た目が特徴です。桜を含め100種類以上の樹木につく虫で、集団で葉っぱを食べます。また、食欲旺盛な虫で知られており、桜の葉っぱを食い尽くすと近くにある植物まで食べるため被害は深刻です。

アメリカシロヒトリの発生時期は年に2回あり、6月上旬~7月中旬、8月上旬~9月中旬になると桜につきます。成虫1匹が1回で産卵する数は約700個~1,000個です。卵は1週間ほどで孵化し、幼虫は自分で糸を吐いて桜の枝や葉っぱに巣を作り、葉脈を残して葉だけを食べます。

【駆除方法】
幼虫は約1.5cmまで成長すると巣から離れて被害が広がるため、巣があるうちに駆除するのがポイントです。巣はクモの巣に似ているため見つけるのは簡単でしょう。幼虫がついている桜の枝や葉っぱを剪定して、虫を焼くか踏み潰して駆除します。

成虫になり拡散した場合は、スミチオンやダイアジノン水和剤を希釈し、噴霧器などでまんべんなく散布してください。自治体によっては、動力噴霧器を無料で貸し出しているところもあります。

②マイマイガ

マイマイガの幼虫

マイマイガは成虫になると蛾になり、幼虫の見た目は毛虫に似ています。体色は赤や黒で成長過程で色が変化する虫です。幼虫の頭は、縦長の黒い模様が2つあり目玉のように見えるでしょう。

桜につく蛾の中では約6cmと大きく、夜になると光を求めて照明などにつきます。7月中下旬~秋が活動時期で産卵シーズンは秋です。照明などの明るい場所や外壁などに、約300個~600個の卵を塊(卵塊)で産みます

なお、マイマイガは10年に1度のペースで大量発生する虫で、一気に虫の数が減ることはないでしょい。約3年かけて少しづつ数を減らしていくため、大量発生後の数年間は駆除が大変かもしれません。

【駆除方法】
・卵塊:卵塊は鱗毛(りんもう)があり、目や鼻への侵入を防ぐためにマスクやゴーグルで保護して、手袋も着用しましょう。卵塊が付いている部分にヘラを入れて優しくそぎ落とし、高所にある卵塊は剪定します。取り除いた後は、袋に入れて燃えるゴミに出すか土に埋めてください

・幼虫:小さな幼虫は毛虫用の殺虫スプレーで駆除が可能です。通常の幼虫は殺虫剤が効かないため、捕獲して燃やすか洗剤入りの水に漬けて駆除します。

・成虫:成虫の蛾に効く殺虫スプレーで駆除しましょう。

③イラガ

イラガの幼虫

イラガも蛾で、アオイラガやヒメクロイラガなど様々な種類がいます。幼虫の体長は約1.5cm~2.5cm、緑色でずんぐりしているのが特徴です。幼虫は大きくなると食欲旺盛になり、桜の葉っぱがなくなるまで食い尽くすことがあります。

発生時期は種類によって異なり、年に1回~2回、7月~11月です。秋になると、越冬に向けて桜の幹や枝の分かれ目などにまゆを作ります。まゆの形や色も種類によって異なり、うずらのような形や茶褐色など様々です。

まゆは春になるとサナギへ、夏になると成虫になります。夏は産卵シーズンで、桜の葉っぱの裏に約20個~30個の卵を産みつけ、数十個の卵が孵化するタイミングにバラつきはありません。卵が一斉に孵化すると幼虫は集団で桜の葉っぱの汁を吸い、吸った部分は白くなります。

【駆除方法】
・まゆ:桜の幹や枝の分かれ目などで見つけたら、ヘラなどでそげ落としてから潰しましょう。

・幼虫:幼虫のトゲから体を守るために、長袖、長ズボン、手袋をして肌を隠します。幼虫の数が少ない時はを割り箸などで捕獲し、虫を焼くか踏み潰して駆除しましょう。大量発生している場合や高所にいる場合は、オルトラン水和剤を希釈して噴霧してください。

桜の木に害虫が大量発生している場合
専門業者なら駆除後の処理も任せられる!

桜の木に毛虫などの害虫が大量発生している場合、専門の駆除業者に依頼する方が安全かつ効率的。

プロに頼めば駆除後の毛虫も持ち帰ってもらえるため、うごめく毛虫の姿を見なくて済みますね。虫が苦手な方や大量発生した毛虫を確実に駆除したい場合、無理せずプロに依頼しましょう。

桜の木の害虫を駆除してくれる業者
「くらしのマーケット」で皆が選ぶ業者を探す

利用者の口コミでランキングされる「くらしのマーケット」なら皆が選んでいる人気の業者が一目で分かります

ランキング上位業者の口コミや金額・サービス内容をしっかり比較すれば、あなたの望む作業内容や予算にピッタリの業者が見つかりますよ。

桜につく害虫による被害や対処法

桜に虫がついた時の被害や虫別に対処方法を見ていきましょう。桜に虫がつくと多くの場合は病気になり、虫が出す分泌液、虫が保有している糸状菌や病原細菌などが原因で様々な被害を受けます。

なお、桜の病気は虫によるものを含めて約40種類ありますが、当然ながら病気の症状は同じではありません。虫によって病気の症状は異なり、1本の桜が2種類~3種類の病気を併発することもあります。

①虫による被害:生育不良や枯れることもある

桜に虫がつくことで発症する病気の種類、原因を以下にまとめました。

【膏薬病(こうやくびょう)】:カイガラムシの分泌物が原因で、桜の枝にまるで膏薬を貼ったようなカビが生える。

【こぶ病】:病原細菌が原因で、土、幹、枝から感染してこぶができる。生育不良を起こしたり桜の木が枯れる。

【せん孔褐斑病(せんこうかっぱんびょう)】:糸状菌が原因で桜の葉の中央に穴が開く。

【根頭かんしゅ病(こんとうがんしゅびょう)】:細菌が原因で、桜の根や幹にこぶができたり生育不良を起こす。

【幹心材腐朽病(みきしんざいふきゅうきん)】:糸状菌が桜の幹の中央に侵入して腐って枯れる。また、腐った部分は亀裂が入りキノコが生える。

【幼果菌核病(ようかきんかくびょう)】:糸状菌が原因で新梢(しんしょう)を枯らす。

【てんぐ巣病(てんぐすびょう)】:糸状菌が原因で桜の花が咲かなくなる。また、枝が部分的に膨張し、膨張部分から枝が無数に生える。

②毛虫・イモムシ・アオムシの対処法

【PR】今すぐ害虫駆除をしたいなら!日本全国に対応

緊急を要する害虫駆除にはムシ・プロテックがオススメです。最短即日対応、迅速な駆除が可能です。素早い解決に向けて対応してくれます。害虫駆除は虫のプロにお任せ!

害虫トラブル最短即日解決

\最短期間で駆除/

年間3000件の実績

 

  • ◇現地見積、出張費用無料
  • ◇全国各地に完全対応
  • ◇速い、安い、信頼。

関連する投稿


最強のゴキブリ対策グッズ12選!ゴキブリのいない家を作ろう!

最強のゴキブリ対策グッズ12選!ゴキブリのいない家を作ろう!

ゴキブリ対策グッズは本当に効果のあるアイテムを選びたいもの。本記事ではみんなが選んでいるゴキブリ対策グッズ12点を徹底紹介!毒エサタイプとスプレータイプ、2つのカテゴリに分けて紹介しています。あなたの用途に合った人気対策グッズを選んでください。本当に効果のあるゴキブリ対策グッズで、ゴキブリを見なくていい家にしましょう。


ゴキブリの寿命を種類別に解説!冬は?水なし餌なしでも生きられる?

ゴキブリの寿命を種類別に解説!冬は?水なし餌なしでも生きられる?

あなたはゴキブリの寿命を知っていますか? 実はゴキブリの種類によって寿命が全然違います。ゴキブリの駆除方法は知っていても、意外と知られていないのがゴキブリの寿命です。寿命が短い残念なゴキブリもいます。


効果あり!ゴキブリ団子の作り方6ステップとおすすめの置き場所9選!

効果あり!ゴキブリ団子の作り方6ステップとおすすめの置き場所9選!

ゴキブリ団子で家の中のゴキブリを一掃したいと思っている方は必見!本記事ではゴキブリ団子に必要な材料から作り方まで、6ステップで詳しく解説しています。作ったゴキブリ団子の効果を最大限に発揮する、効果的な置き場所についてもご紹介。本記事を読めば怯えながら自分でゴキブリを退治しなくても、家の中のゴキブリを駆除することができますよ。


冬にゴキブリはどこにいる?家の中に出る?冬の間に死滅させる駆除方法3つ!

冬にゴキブリはどこにいる?家の中に出る?冬の間に死滅させる駆除方法3つ!

温かい春や夏に比べて冬はゴキブリを目撃しにくいですが、どこにいるのでしょう?本記事では冬のゴキブリの隠れ場所や冬の間にゴキブリを死滅させる駆除方法を徹底解説!ゴキブリの活動量が落ちる冬にしっかり駆除しておけば来年の春・夏はゴキブリを目撃せずにすむかもしれません!ぜひ本記事を読んで冬のゴキブリ対策を完成させてください。


マンションのゴキブリ対策7つ!侵入経路はどこから?ゴキブリが出ないのは何階以上?

マンションのゴキブリ対策7つ!侵入経路はどこから?ゴキブリが出ないのは何階以上?

ゴキブリが出にくいと言われているマンションですが、実際にゴキブリが出ないのは何階以上なのでしょう?本記事ではマンションへのゴキブリの侵入経路から、ゴキブリが出にくいと言われているマンションでも行うべきゴキブリ対策7つを徹底的に紹介!本記事を読んでゴキブリの出にくいマンションでの住環境を整えれば「家の中でゴキブリを見たことがない」と言える日も遠くないでしょう!


 

ビジネスパートナー募集