窓用断熱シートのおすすめ人気比較ランキング15選【夏冬オールシーズン効果的】

窓用断熱シートのおすすめ人気比較ランキング15選【夏冬オールシーズン効果的】

窓用断熱シートは、自宅内の暖かい空気を逃がさないようにするために効果的であり、暖房効率をあげるため節電効果も期待できます。そこで、おすすめの窓用断熱シートを15点、選び方も合わせてランキング形式で紹介します。


窓用断熱シートには、無地のものや柄が付いているものなどがあり、購入時に迷ってしまうという人も多いでしょう。そこで、様々な背品のなかから選ぶ際にチェックすべきポイントと、おすすめの窓用断熱シートを15点紹介します。

窓用断熱シートの選び方のポイント

窓用断熱シートを選ぶ際には、目隠し効果があるかどうかと、デザイン、機能性についてチェックすることがポイントです。

窓用の断熱シートの種類は商品ごとに異なりますが、特にチェックしたいのは部屋の中にどの程度自然光を取り込めるかどうかだといえます。

窓用断熱シートの採光性については、クリアタイプとステンドグラスタイプに分けられ、クリアタイプは窓ガラスの透明感を損なうことなく手触りが滑らかなことが特徴です。

クリアタイプは、通常の窓と比較して光の入り方に変化はなく、外が明るければ自然光が入ります。そのため、レースなどのカーテンを使ってプライバシーを守る必要があるでしょう。さらに、プライバシーを守るだけではなく、光の加減を調整しなければなりません。

ステンドグラスタイプについては曇りガラスやスリガラス、柄が入っているものなどがあり、それぞれ自然光をどの程度取り込めるかが異なります。色やデザインによっては、クリアタイプよりも部屋の中が若干暗い印象になるでしょう。 しかし、気軽に綺麗なデザインの窓にアレンジできることは大きなメリットです。

また、窓用断熱シートには断熱、遮熱効果だけではなく紫外線や赤外線をカットしたり、防カビ効果が期待できるなど様々な機能性を兼ね備えているものがあります。断熱以外の機能面についてもチェックしましょう。

窓用断熱シートのおすすすめ人気ランキング15選

特に人気があり、おすすめの窓用断熱シートを15点紹介します。人気のある窓用断熱シートは、断熱効果以外にも様々な機能を兼ね備えていることが特徴です。特徴や使用法についてもチェックし、購入時の参考にしましょう。

断熱と目隠し効果が魅力 ブラインドやカーテンを使うと室内が暗くなったり空気が循環できなかったりといったデメリットがあります。しかし、AIDONの窓用シートは屋外の自然な光を取り込みながら、目隠し効果も期待できる窓用断熱シートです。 また、寒い時期に暖房で室内の空気を暖めた際にも、空気が外に逃げにくくなり、暖房効率向上にも効果が期待できます。冬だけではなく、夏のエアコン稼働時にも効果的でしょう。電気代を抑えて、省エネにもつながります。

窓をデコレーションしたい人におすすめ 20cm離れると外から部屋の中は見えにくくなり、程良く光が入るので明るさを維持しながらプライバシーを守れます。そのため、カーテンの開け閉めの手間が省けるでしょう。さらに、使用されているガラスフィルムは光が当たると立体感が出るので、リーズナブルな価格で窓のデコレーションを楽しめます。 また、厚みがあるため断熱効果や紫外線遮断効果が期待できることが魅力です。季節を問わず、室内の温度を快適に保てます。

断熱と高い紫外線遮断効果を期待できる 専用のフィルムは太陽光を吸収、反射する効果が期待できるため、外の熱を遮断することが特徴です。さらに、暖房による赤外線は室内へ向けて反射するので、断熱効果も期待できます。フィルムは紫外線遮断効果も期待でき、床や家具の劣化予防にもつながるでしょう。 また、外が明るい時間帯はプライバシーの保護にも役立つことが魅力です。フィルムには反射特性があり、鏡のように外の景色を映します。ただし、外が暗く室内が明るいと反射特性が活かされないため注意が必要です。

特殊加工フィルムでプライバシーを保護 保温性に優れた二重窓の構造を応用して作られており、室内の空気を遮断し、外気の流入も予防します。そのたえ、冷暖房効率が上がり、電気代を節約することにつながるでしょう。 また、特殊加工を施した独自の素材を使用しているので、晴れた日の日中は室内が見えにくいマジックミラー効果が期待できます。室内からは透明のシートに見えるため、室内が暗くなったり視界が悪くなったりせず、プライバシーを守れることが魅力です。

擦りガラスに見せたい人におすすめ フィルムを窓ガラスに貼ると、通常の透明ガラスを擦りガラスに見せることが可能であり、目隠し効果を期待できます。また、太陽の光を吸収・反射する効果が期待できるため、室内に入る冷気や熱気を遮断し、冷暖房効率向上につながることが魅力です。電気代の節約にも効果的でしょう。 さらに、紫外線対策にも効果的であり、紫外線を遮断することによって床材や家具の日焼け、劣化を予防できます。窓際にデスクがある場合には、人の肌への影響も軽減することが可能です。

断熱効果が高いことが魅力 冬の室内に溜まった暖かい空気を外へ流出させない「冬断熱」效果が特徴です。 外の熱を遮断したうえで、室内の暖かい空気を出さない遮断・断熱效果が期待できます。また、太陽光も遮断するため、冷気や熱気が室内に流入しにくく、冷暖房効率があがることがメリットです。 さらに、外からは室内が見えにくい状態になりますが、明るい光は室内に取り込めるので、カーテンをせずに目隠し効果を得られます。カーテンを閉めた際の圧迫感や閉鎖感を軽減できるでしょう。

湿度が高い場所でも使用できる ガラスシートを使用することで、外気を室内に流入させず、室内の冷えた空気や暖かい空気を外に流出させず、冷暖房効率の向上が見込めます。日差しも遮るので、節電や省エネ効果を期待できることが魅力です。 さらに、水で濡らしても問題なく使用できるように防水加工をしているため、湿度が高い洗面所やバスルーム、キッチンの小窓にも活用できます。カットして窓ガラスに貼り付けるだけであり、剥がした跡も残らないので賃貸住宅でも使用可能です。

断熱効果を得ながら室内を明るく演出できる 外からの光を適度に室内に取り込むため、明るさを維持しながらプライバシーを保護できます。また、3Dデザインであり、一般的な厚さのシートですが立体感があることが魅力です。外からの光が反射すると虹色に発色し、室内に映るので明るく美しい雰囲気を演出できます。 窓のサイズにカットし、余ったシートは収納アイテムや家具のDIYシートとして活用するのも良いでしょう。さらに、通常のビニールと比較して環境に優しい素材であることもポイントです。

夜間にも目隠し効果を発揮 透明の窓ガラスに貼り付けるだけで、ステンドグラス風のお洒落な窓に仕上がります。昼間の時間帯には室内の明るさを維持してプライバシーを保護することはもちろん、他の窓用断熱シートでは難しい夜間の目隠し効果も期待できることが魅力です。 さらに、PVC原材料を使用したシートであるため、変色しにくく長期間綺麗な状態で使用できます。汚れた場合にも水拭きで簡単に手入れできる素材であり、お手入れしやすいことも特徴です。

光の反射が綺麗な柄付きシート シートを貼ることで外から室内が見えにくくなりますが、室内にはしっかりと外の光を取り込めるため、カーテンを閉めずにプライバシーを保護できます。カーテンを閉めた際の圧迫感がなく、快適に過ごすことにもつながるでしょう。 ただし、100%視界を遮ることは難しいので、バスルームの小窓などには使用しないよう注意が必要です。シートには断熱、遮熱効果が期待でき、夏は涼しく、冬は暖かく、冷暖房の温度を維持できるため節電につながります。

可愛らしいデザインが特徴 窓用断熱シートとしては珍しいポップなデザインが特徴であり、小さな子どもが居る家庭や室内を爽やかな印象にしたい人に最適です。また、自然光をしっかり取り入れながら赤外線や紫外線を遮断するため、家具や床材の日焼けや変色を予防できます。 夏は暑い外気を遮断し、冬は冷気を遮断することによって室内を快適な温度に維持することが可能です。冷暖房効率もあがり、省エネ効果も期待できるでしょう。窓を汚さずに再利用できることも魅力の窓用断熱シートです。

目隠し効果と断熱効果で一石二鳥 20cm以上離れた場所からは、昼夜問わず室内が見えにくく、プライバシーを守れることが魅力です。外からは見えにくくなるものの自然光は取り込めるので、室内の明るさは維持できます。透明な窓ガラスを手軽に曇りガラスへ変えられるため、室内の雰囲気を変えたいときに活用するのも良いでしょう。 また、夏は涼しく冬は暖かく、季節ごとに室内空間を快適に保つための熱の遮断・断熱効果もあり、快適な空間を保ちながら省エネ効果を期待できます。

視界を遮りつつ室内の明るさをキープ 目隠し効果がありますが、外の自然光を取り込めるためカーテンを使用せずに室内の明るさを維持できます。さらに、花柄のデザインは自然光によって色が変化するので飽きずに長期間使用できるでしょう。 また、外の熱気を遮断する効果、室内の暖かい空気を流出させない断熱効果が期待できます。エアコンを使用した際の空調効率をあげることにもつながることがメリットです。 紫外線カットにも効果的であるため家具や床材の劣化予防、室内に入り込む紫外線による肌への影響も受けにくいでしょう。

断熱・遮熱・目隠し効果が期待できる シートを窓に貼り付けるだけで、日中の室内の明るさは維持しながら目隠し効果を得られます。ただし、夜間といった室内が明るく外が暗い環境では目隠し効果が期待できないため注意が必要です。貼り付け方法は非常に簡単なうえに再利用可能であり、長期間使用できるのでコストパフォーマンスが良いことも魅力だといえます。 また、外からの熱気を遮熱し、室内の暖かい空気を逃がさない断熱効果が期待できるため、寒い時期でも室内の温度を快適に保てることが特徴です。

目隠し効果が高いマジックミラー調フィルム 窓ガラスの目隠しに効果的なマジックミラー調ガラスフィルムを採用しており、カーテンをせずにプライバシーを保護したい人に最適です。夏の時期には遮熱に効果的であり、窓から入る日射しを遮ります。 冬の時期には保温シートとしての役割を果たし、暖房の赤外線効果を室内に留める断熱効果が期待できることが特徴です。断熱フィルムは約20~30%の熱源を反射することが可能なため、室内の暖かさを維持できます。

比較一覧表

画像

1
41g1vqaf+fl
2
41ykmcdovtl
3
61rc5lgyxkl
4
51kt7bug+ol
5
51ithym0bkl
6
61vca2lcbzl
7
41vvj6oi3hl
8
6155mdimayl
9
5108tz+wdsl
10
51h6mjy8r1l
11
Outdoortiger b07b486kdr
12
41gq2vuy6pl
13
5184pagi0zl
14
61lea6koryl
15
51jpq0 vpil

商品

Aoweika 窓断熱シート シルバー 窓用断熱シート マジックミラー シルバー DUOFIRE 窓用フィルム おしゃれな花柄 DUOFIRE 窓用断熱フィルム 淡白DS001 IPINDO(イッピンドウ)窓用フィルム イルカ柄 DUOFIRE 窓用断熱シート おしゃれな砂利005 DUOFIRE 窓用旦断熱シート おしゃれなドット柄 CottonColors(コットンカラーズ) 窓用断熱フィルム AIDON 窓用フィルム ガラスフィルム DUOFIRE 窓用断熱フィルム モザイク014 KTJ 窓用フィルム iTrunk 窓用断熱フィルム DUTISON 窓断熱シート 窓用断熱シート おしゃれな花柄 AIDON  窓用シート

価格

Amazon : ¥1,499
楽天市場 : ¥2,600
※各社ECサイトの2019年9月8日時点での税込価格
Amazon : ¥1,991
Yahoo!ショッピング : ¥3,880
※各社ECサイトの2019年9月8日時点での税込価格
Amazon : ¥2,780
※各社ECサイトの2019年9月8日時点での税込価格
Amazon : ¥890
Yahoo!ショッピング : ¥2,130
※各社ECサイトの2019年9月8日時点での税込価格
Amazon : ¥4,500
※各社ECサイトの2019年9月8日時点での税込価格
Amazon : ¥1,020
Yahoo!ショッピング : ¥1,541
※各社ECサイトの2019年9月8日時点での税込価格
Amazon : ¥1,880
※各社ECサイトの2019年9月8日時点での税込価格
Amazon : ¥5,500
楽天市場 : ¥4,100
※各社ECサイトの2019年9月8日時点での税込価格
Amazon : ¥990
※各社ECサイトの2019年9月8日時点での税込価格
Amazon : ¥3,680
Yahoo!ショッピング : ¥4,204
※各社ECサイトの2019年9月8日時点での税込価格
Amazon : ¥1,715
Yahoo!ショッピング : ¥3,383
※各社ECサイトの2019年9月8日時点での税込価格
Amazon : ¥2,398
Yahoo!ショッピング : ¥1,997
※各社ECサイトの2019年9月8日時点での税込価格
Amazon : ¥2,099
Yahoo!ショッピング : ¥2,729
※各社ECサイトの2019年9月8日時点での税込価格
Amazon : ¥2,150
※各社ECサイトの2019年9月8日時点での税込価格
Amazon : ¥1,860
Yahoo!ショッピング : ¥3,195
※各社ECサイトの2019年9月8日時点での税込価格

商品リンク

窓用断熱シートの上手な貼り方

部屋の窓ガラスの表面には、水分や脂、ホコリなどが付着しているため、しっかりと拭き取ってから窓用断熱シートを貼ることが重要です。

最初に窓のサイズに断熱シートを合わせて印をつけたうえで、丁寧にカットしましょう。

次に、綺麗にしたガラス表面に霧吹きで水分を付けてシートの角を合わせ、手で押しながらゆっくり貼ります。粘着力が物足りないのであれば、しっかりと貼れなかった箇所に霧吹きで水を追加しましょう。

窓用断熱シートが貼れない窓はある?

窓ガラスには様々な種類があり、その中には断熱シートを貼っても効果が期待できないものが存在するため注意しましょう。

例えば、熱線吸収ガラスや網入りガラスなどが挙げられます。熱線吸収ガラスとはその名の通り、ガラスを通り抜ける熱量を 抑える効果が期待できるものです。

また、ガラスの飛散予防のために使用されるケースが多い、網入りガラスと呼ばれるガラスの中に金網が入っているタイプもあります。さらに、通常のガラスと同等の厚みですが2枚のガラスを合わせているため通常のガラスのおよそ4倍もの断熱効果が期待できる真空二重ガラスにも注意が必要です。

これらの窓ガラスは特殊加工されており、温度変化が起こるとガラスが割れる「熱割れ現象」が発生する可能性が高いので、窓用断熱シートを使用するのはリスクがあります。窓用断熱シートを使用する際には、自宅の窓ガラスがどのようなタイプなのかをしっかりとチェックしましょう。

まとめ

窓用断熱シートは、断熱効果はもちろん、製品ごとに様々な効果を得られることが魅力です。日差しが強い時期や外気が冷たくなる冬には、遮熱・断熱効果があるシートを活用して、室内で快適に過ごしましょう。

関連するキーワード


リビング掃除

関連する投稿


カビの種類6つと特徴と違い一覧!食品や住宅のカビはどれ?[画像付き]

カビの種類6つと特徴と違い一覧!食品や住宅のカビはどれ?[画像付き]

壁や水周り、食品等、カビは人が生活しているどんな場所にも生えてきます。この記事では、カビを大きく6種類に分けて、特徴と違い等について解説しています。有害なカビを発生させないために、まずはカビそのものについて知るところから始めてみましょう。


カビの発生原因と除去方法6個・予防対策は?アルコールは有効?

カビの発生原因と除去方法6個・予防対策は?アルコールは有効?

カビはどうすれば除去できる? カビの発生を防ぐには? など、カビの除去方法~カビの予防対策を知りたい方は必見です。カビの除去方法がわかれば、悩ましい頑固なカビも除去できます。早速、チェックしましょう。


絨毯・カーペットは除菌できる?簡単にできる除菌方法や掃除手順とは

絨毯・カーペットは除菌できる?簡単にできる除菌方法や掃除手順とは

衣料品と同じ繊維で出来ている絨毯・カーペットですが、除菌はできるの?と気になっている方も多いのでは?また、お掃除方法がわからず、捨てたり買い換えるご家庭も少なくないのだとか。今回はそんな絨毯・カーペットを手軽に自宅で除菌・掃除する方法をご紹介していきます。


床の5つの素材別掃除方法!汚れの原因は?洗剤は使って良い?

床の5つの素材別掃除方法!汚れの原因は?洗剤は使って良い?

フローリング、絨毯・カーペット、タイル、クッションフロア、畳の5種類の床素材別掃除方法を、それぞれご紹介します。 また、使用する薬品や、掃除のコツ、あると便利な床掃除グッズ、床を掃除する時の注意点についてまとめてみました。


黒カビの発生原因と除去方法・落とし方5個!予防対策は?洗剤や重曹は?

黒カビの発生原因と除去方法・落とし方5個!予防対策は?洗剤や重曹は?

"黒カビは落としても生えてくるから困っている"という方はいませんか? 黒カビは奥深くまで根を張っているため、正しいやり方で黒カビを落とさないといけません。今回は「黒カビの除去方法」などをご紹介します。