暮らしのお悩み解決サイト

カビの発生原因と除去方法6個・予防対策は?アルコールは有効?

カビの発生原因と除去方法6個・予防対策は?アルコールは有効?

カビはどうすれば除去できる? カビの発生を防ぐには? など、カビの除去方法~カビの予防対策を知りたい方は必見です。カビの除去方法がわかれば、悩ましい頑固なカビも除去できます。早速、チェックしましょう。


"湿気が多くなるとカビが生えて困る! ""洋服にカビが生えていてショック! "など、カビにまつわる体験をした方も多いのではないでしょうか? カビは冬に生えることもありますが、カビ被害に遭う季節は梅雨~夏が多いです。

できてしまったカビはできるだけ早く除去するのが一番ですが、気が付いたらカビが生えていたケースも珍しくありません。また、大量にカビが発生したり頑固なカビになっている場合もあるでしょう。

そこで今回は、『カビの除去方法』『カビの発生場所別の除去方法』と併せて、『カビの予防対策』などもご紹介します。カビの除去を諦めていた方・カビの根から除去したい方・カビが生えないようにしたい方は必見です。

カビとは?

カビについて何となく知っている方も多いのではないでしょうか? カビは一言で言うと『真菌類』です。もう少しわかりやすく説明すると、カビはキノコや酵母と同じ仲間でカビは菌糸で作られています。

そして、カビは菌糸がたくさん集り集団生活をしている状態です。また、カビの種類は豊富で家の様々なところに生えますが、カビの種類によってはプラスチックや金属などにも生えることもあります。

厄介なことに毒を出すカビ毒と言われている種類のカビもいて、カビ毒は健康を害することもあるため見過ごすことができません。

代表的なのが、水虫・アトピー・喘息・食中毒などです。毒カビの中には、発ガン性の原因になるカビや高熱処理をしても除去できないカビもいます。

このように、カビは悪さをするイメージが強い方もいるでしょう。しかし、中にはいい種類のカビもいて、味噌や醤油を作る時に欠かせないコウジカビ・ブルーチーズなどもあります。

カビの発生原因4個

カビがどうして生えるのかを知っている方は、一体どれくらいいるでしょうか? カビは適当な場所に生えるわけではなく、カビが発生するのは必ず原因があります。早速、カビが生える原因を4個見ていきましょう。

カビの発生原因|その1
①胞子

カビの胞子が家の中にあるとカビが発生します。カビの胞子は家中のいたるところにあり、目には見えないですがフワフワ浮いていたり天井に付着している状態です。

さらに、カビの胞子はとても軽く風が吹いたり人が歩くだけで胞子が舞う他、天井に付着しているカビの胞子は上から降ってきます。いずれにしても、カビの胞子は着地した場所に根を張り発生するのが特徴です。

カビの発生原因|その2
②温度

カビが発生する原因は温度と関係があり、『20度~30度』になるとカビが生えると思いましょう。湿度の関係もあるため一概に言えませんが、基本的に人間が快適に過ごせる温度はカビが発生しやすいかもしれません。冬なら20度~24度・夏なら25度~27度になるとカビが生えます。

カビの発生原因|その3
③湿度

カビの発生原因は湿気です。カビは『70%以上の湿度』になると活発になるため、季節で言うと梅雨と夏は特にカビが発生しやすくなります。また、冬に加湿器を使う場合もカビを発生させる原因です。加湿器は水を水蒸気にして部屋に潤いを与えて、湿度を高くするためカビが生えやすくなります。

カビの発生原因|その4
④栄養源

汚れや酸素もカビが発生する原因です。汚れとは、ホコリ・水垢・石鹸カスなどで汚れがあるとカビに栄養を与えることになります。しかし、汚れがなくても酸素があればカビは発生して成長することができるため、凄まじい生命力であることがわかるでしょう。

カビの発生しやすい場所

カビが発生する原因がわかったら、どのような場所にカビが生えるのか気になりませんか? ザックリ言うと、結露などの水気が発生しやすい場所や空気が滞留しやすい場所はカビが生えやすいです。家の中でカビが発生しやすい場所を探してみると意外と多く、以下の場所にカビが生えます。

・畳
・窓
・壁紙
・食品
・風呂場
・洗面所
・キッチン
・トイレ
・排水溝
・洗濯槽
・衣類や靴
・北向きの部屋
・家具や家電の側面
・エアコン内部
・ゴムパッキン(冷蔵庫・ドラム式洗濯機・弁当箱・水筒・窓など)

また、カビにも好みがあり場所によって生えるカビが違うため、黒っぽいカビもあれば白くてフワフワしているカビを目にすることもあるでしょう。とは言ってもカビはカビです。カビが発生する条件が揃えば家のいたるところにカビは生えます。

カビを根こそぎ除去する方法6個

カビを根こそぎ除去する掃除方法は以下の6個です。

"カビを根こそぎ除去するにはどうすればいいの? "と思っている方は、これからご紹介する除去方法を実践しましょう。

カビの除去作業を行う時は、『ゴム手袋』『マスク』『ゴーグル』をしてから作業を行います。カビに触れないで除去するためにゴム手袋は必須で、カビの胞子を吸い込んだり目を守るならマスクやゴーグルをしましょう。

他にも、『キッチンペーパー』や『ティッシュ』でカビを優しく拭き取り、"前処理"をしてからカビの除去作業を始めないといけません。

理由は、前処理をしていない状態でカビに直接薬剤などをスプレーすると、衝撃でカビの胞子がフワフワ浮いてしまうからです。衝撃で浮いたカビの胞子は他の場所に着地してカビが発生します。では、上記のことをふまえてカビの除去方法を6個チェックしましょう。

カビの除去方法|その1
①エタノールを使う

【PR】ハウスクリーニングやエアコン掃除はプロに依頼しませんか

清潔な住まいで健康で快適な暮らしを!キッチンの頑固な油汚れ、時間と労力を費やす水回りの清掃、エアコンのクリーニングなど普段なかなか手がつけられない掃除なら、掃除のプロが見つかるこちらのサービスがオススメです。

ハウスクリーニング業者登録数、日本最大級!かんたん・お得な見積もり体験を、ミツモアで。

ミツモア_クリーニング

\依頼者430,000人突破/

24時間依頼可能!0円で依頼し放題

 

  • ▼カンタン2分の操作で依頼完了!
  • ▼最大5名のプロから見積もりが届く。
  • ▼無料チャットで条件や料金を調整!
  • ※依頼完了後、いつでもキャンセル可能です
  • ※しつこい営業はありません

関連する投稿


洗面台の茶色い汚れはどのアイテムで落とせる?水垢・サビ2つの掃除方法を解説

洗面台の茶色い汚れはどのアイテムで落とせる?水垢・サビ2つの掃除方法を解説

洗面台の茶色い汚れの落とし方を特集!水垢によるものと、ヘアピンなどの「もらいサビ」それぞれどのアイテムで掃除すればいいか解説します。


カビの種類6つと特徴と違い一覧!食品や住宅のカビはどれ?[画像付き]

カビの種類6つと特徴と違い一覧!食品や住宅のカビはどれ?[画像付き]

壁や水周り、食品等、カビは人が生活しているどんな場所にも生えてきます。この記事では、カビを大きく6種類に分けて、特徴と違い等について解説しています。有害なカビを発生させないために、まずはカビそのものについて知るところから始めてみましょう。


絨毯・カーペットは除菌できる?簡単にできる除菌方法や掃除手順とは

絨毯・カーペットは除菌できる?簡単にできる除菌方法や掃除手順とは

衣料品と同じ繊維で出来ている絨毯・カーペットですが、除菌はできるの?と気になっている方も多いのでは?また、お掃除方法がわからず、捨てたり買い換えるご家庭も少なくないのだとか。今回はそんな絨毯・カーペットを手軽に自宅で除菌・掃除する方法をご紹介していきます。


床の5つの素材別掃除方法!汚れの原因は?洗剤は使って良い?

床の5つの素材別掃除方法!汚れの原因は?洗剤は使って良い?

フローリング、絨毯・カーペット、タイル、クッションフロア、畳の5種類の床素材別掃除方法を、それぞれご紹介します。 また、使用する薬品や、掃除のコツ、あると便利な床掃除グッズ、床を掃除する時の注意点についてまとめてみました。


黒カビの発生原因と除去方法・落とし方5個!予防対策は?洗剤や重曹は?

黒カビの発生原因と除去方法・落とし方5個!予防対策は?洗剤や重曹は?

"黒カビは落としても生えてくるから困っている"という方はいませんか? 黒カビは奥深くまで根を張っているため、正しいやり方で黒カビを落とさないといけません。今回は「黒カビの除去方法」などをご紹介します。


 

ビジネスパートナー募集