暮らしのお悩み解決サイト

カビの種類6つと特徴と違い一覧!食品や住宅のカビはどれ?[画像付き]

カビの種類6つと特徴と違い一覧!食品や住宅のカビはどれ?[画像付き]

壁や水周り、食品等、カビは人が生活しているどんな場所にも生えてきます。この記事では、カビを大きく6種類に分けて、特徴と違い等について解説しています。有害なカビを発生させないために、まずはカビそのものについて知るところから始めてみましょう。


ひとくちにカビと言っても、私たちの身の回りにはたくさんの種類のカビが生息しています。これらは、人間の生活に欠かせない有益なカビから健康被害をもたらすものまでさまざまです。この記事では、身近で見られるカビの種類とその違いについて解説しています。

カビの種類6つと特徴と違い一覧!色別の見分け方は?

今も年々新しい種類が発見されているカビの仲間。人類にとって、一番身近な生物と言っても過言ではないかもしれません。地球上に生息する微生物のうち、実に36%がカビの仲間だと言われています。ここでは、最も身近なカビを6種類に分けて特徴と違いを解説しています。まずはカビを知ることからはじめてみましょう。

①黒カビ

家の中の至るところに存在している黒カビは、カビの中でも最も一般的なもののひとつです。黒カビの中でも特に代表的なものは「クラドスポリウム」という正式名称を持っています。これは本来どこにでもある土壌菌で、空気中にも多く浮遊しています。

黒カビはアルコールや熱に弱く、カビの中では比較的除菌が簡単な部類に入ります。とは言え、どこにでもあるカビなので、発生する場所も多岐に渡ります。結露のたまりやすい場所や空気の流れが滞留しやすい場所等、家の中ならどこにでも発生する可能性があります。

黒カビそのものに毒性はありませんが、エアコン等に繁殖することでアレルギーや気管支疾患の原因になるので注意が必要です。

一度見つけたら徹底的に除菌しないと、また別の場所に生えてくることもあるので気をつけましょう。

②赤カビ

赤カビは「フザリウム」と呼ばれる植物病原菌のひとつです。その名の通り、植物を枯らしたり腐敗させる作用を持ちます。トマトやサツマイモ等の野菜が枯れてしまう「赤かび病」と呼ばれる病気はフザリウムが原因です。
収穫した野菜に生えることもありますが、身近なところでは古くなったパンやごはんに多く発生します。

この赤カビは、植物を枯らすだけでなく人間や家畜にも有毒な「マイコトキシン」というカビ毒を産生します。マイコトキシンは重篤な中毒症状を引き起こしたり免疫不全を引き起こす、非常に毒性の
強いカビ毒です。少しでも赤カビが見られる食品は、絶対に食べずに捨てるようにしましょう。

ちなみに、お風呂場等に見られるピンク色のカビのような塊はカビではなく「ロドトルラ」という酵母菌の一種です。毒性はありませんが、不衛生ですし黒カビの発生原因にもなります。こちらも見つけたらすぐに取り除くようにしましょう。

③青カビ

青カビは、黒カビと並んで日常生活で最も馴染みのあるカビのひとつです。空気中に常に浮遊しているので、パンやお菓子等に真っ先に生えるのは、大抵がこの青カビです。特に毒性はありませんが、青カビが生えているということは、赤カビ等の有害なカビも生えていると考えるのが自然です。
小さなカビでも周りに菌糸を広げている可能性があるので注意しましょう。

青カビには抗生物質の原料となる「ペニシリン」が含まれており、さまざまな目的で活用されています。また、ロックフォールやゴルゴンゾーラといったチーズの発酵にも青カビが使われる等、人間にとって非常に関わりの深いカビと言えるでしょう。

④緑カビ

青カビとよく似た緑色の粉っぽいカビが、畳の裏や木材に生えているのを見たことがありませんか?これは「トリコデルマ」というカビで、青カビとは全く別のものです。一般的に「ツチアオカビ」とも呼ばれるこのカビは、家の中でも湿気の多いところでよく見られ、木材の劣化や腐敗を引き起こします。

また、トリコデルマもカビ毒を発生させるので、多く吸い込むと腹痛や下痢といった中毒症状を起こす恐れがあります。鉄筋コンクリート製のマンションではあまり馴染みがないかもしれませんが、木造住宅では梅雨時になると毎年発生することもあります。

⑤黄カビ

オレンジや黄色のカビは今までのものとは生態が異なります。これまでのカビが湿気を好むのに対し、黄カビは乾燥を好みます。このカビは正式名称を「カワキコウジカビ」といい、ガラスやフィルム、刀剣といった場所に発生します。

カメラのレンズに曇りを生じさせるカビも、この黄カビです。空気中の湿気を養分として、乾燥した場所に発生するのが特徴です。他にも、青かび等が繁殖できない保存食にも発生することがあるので注意が必要です。

⑥白カビ

食べ物や建材等、いたるところに発生するフワフワした白カビ。色こそ違いますが、実は青カビや黄カビの仲間であることがほとんどです。一見よく似たカビでも、性質が異なっているものもたくさんあります。
中には、強いカビ毒を産生するものもあるので、他のカビ同様吸い込まないように注意が必要です。

また、カマンベールチーズやブリーチーズの製造に用いられるカビも「白カビ」と呼ばれていますが、こちらも生物学的には青かびの一種です。

場所別に見るカビの特徴

Getty logo

空気中に常に浮遊しているカビは、家中どこに生えると言っても良いくらい身近なものです。しかし、実は人間の生活とも強く関係した物質でもあるのです。ここでは、カビのいろいろな作用や特徴、人間との関りについてまとめてみました。

カビを利用して作る食品

厄介者のイメージが強いカビですが、実は食文化の観点から見るととても重要な存在です。特にコウジカビは麹菌(きくきん)とも呼ばれ、日本酒や味噌、醤油といった日本独自の発酵食品を作るのに欠かせない存在です。定番調味料となった塩麹もコウジカビを活用して作られたものです。

他にも、かつおぶしは何度も丁寧にカビ付けをしたものほど高級だと言われています。青カビをまんべんなく纏うことで、かつおを脱水して乾燥させ、旨みをよりアップさせるのです。日本の多くの保存食は、麹菌と酵母、カビの働きで作られているといっても過言ではないでしょう。

カビを利用した食品は日本国内に限ったものではありません。アジア圏でも麹菌を使った味噌のような食品が多数あります。ベジタリアンの間で広く食べられているテンペも、コウジカビを使って作られる食品のひとつです。

また、ワインやチーズもカビの力を借りて作られています。特に、ワインを長期間熟成させるセラーは、カビの生えやすい環境をあえて作って瓶をカビで覆うことで環境を一定させています。環境管理された工場で熟成されるワインもたくさんありますが、こういった伝統的な方法で熟成されるワイン蔵も多数残っています。

これらの食品製造に使われるカビは、今でこそ専用のものが使われていますが、かつては空気中に浮遊しているカビが偶然入り込んだことで起きたものです。

ひとくちにカビと言っても、その作用には大きな違いがあると言えるでしょう。

毒性の強いカビ

カビの中には、人体や家畜に有毒なカビ毒を産生するものがあります。これらのカビは、食品や製薬に有効活用されているカビと種類的には非常に近いものがほとんどです。カビ毒は、ナッツや穀物、果実に生えたカビから産生されるものが多く、実に100種類以上のカビ毒が確認されています。

産生されたカビ毒は比較的熱に強く、調理しても消えないのが特徴です。これは収穫後の作物だけでなく、栽培時にも発生することがあります。カビ毒により、土壌まで汚染されてしまい大規模な土壌改良を余儀なくされるケースもあります。

また、カビ毒に侵された作物を食べた家畜に毒が蓄積し、その肉を食べた人間に被害を及ぼすケースも確認されています。カビ毒は、一度産生されたら完全に除去するのは非常に困難です。特にナッツや穀類は保存食品として家庭でも常備することの多い食材です。

保存方法をよく見直すことと、調理前にカビが生えていないか確認してから使うようにしましょう。

住宅に生えるカビの種類

日本は雨や台風が多く、湿度が非常に高い国です。これだけでもカビが発生しやすい条件を揃えていると言えますが、加えて、現代の住宅は気密性が高く一年中を通して湿度が下がりにくくなっています。このため、季節を選ばずカビが生えやすいことに注意する必要があるでしょう。

住宅には青カビや黒カビだけでなく、先にご紹介した種類のほとんどが発生する可能性があります。湿度が高い場所には黒カビ、食品には青カビや赤カビ、カメラのレンズや古本には黄カビ、というふうに場所によって生えやすいカビが異なります。

目に見える場所なら対策も取りやすいですが、床下や天井裏等に発生すると非常に厄介です。建物に被害を与えるのも問題ですが、先にご紹介したカビ毒やアレルギーや喘息による健康被害も困った問題です。それぞれのカビの特徴や生態を把握することと、定期的なチェックでカビを繁殖させにくい環境を作りましょう。

場合によっては、専門業者に依頼して防カビ加工を施すことを考えても良いでしょう。

カビの種類別 駆除方法

人体に有害なカビは、できるだけ安全に取り除きたいものです。ここでは、カビの種類別に取り除く方法や注意したいことをご紹介しています。

【廃棄推奨】食品のカビは基本的に取り除けない

賞味期限を忘れて、パンにカビが生えってしまったらどうしますか?カビの部分だけえぐり取れば大丈夫、と思っている方は意外と多いのではないでしょうか?残念ながら、目に見える形でカビが生えている食品は、中まで菌糸が入り込んでいることがほとんどです。少しでもカビが生えた食品は処分することをおすすめします。

カビから産生されるカビ毒は、肝臓や腎臓といった代謝系に大きなダメージを与えることが知られています。また、アフラトキシンというカビ毒は最も強い発がん性物質のひとつです。これらは、高温や油にも強く多少加熱しただけでは完全に分解されません。
油で揚げたり茹でても半分以上のカビ毒が残り、ゆで汁にもカビ毒が移ってしまうことが知られています。

少しだけのカビだともったいなく感じてしまいますが、ほとんどの食品は一度でもカビが生えたら廃棄するようにした方が良いでしょう。

カビキラーはどういうカビに効くか

カビとりの強い味方になるカビキラーですが、どういった種類のカビに効くのでしょうか?塩素系漂白剤のひとつであるカビキラーは、強い殺菌力と漂白力を持っています。主成分の次亜塩素酸がカビを分解して、黒い汚れのように見えるカビの代謝物を漂白します。
次亜塩素酸はほとんどのカビに対して有効なので、かびそのものに対してはかなり効果が高いと言えるでしょう。

ただし、液体である以上使う場所には注意が必要です。水分が浸透しやすい木材部分や壁紙に使うと、素材そのものの色や壁紙のプリントがはがれてしまうことがあります。そういった場合は別の方法を考えたほうが良いでしょう。
また、強い成分を含むので、子供やペットの手が届く部分も避けたほうが無難です。

エタノール等を使って根気よくカビを落としていく方法を取るか、専門の業者に依頼するのがおすすめです。また、微生物の力を使ったバイオ系のカビ取り剤を試してみるのも良いでしょう。

カビを取るときは、カビの生え方と素材の性質、耐久度等をよく考えてカビ取りの方法を選ぶことがポイントです。

乾いたところに生えたカビはどのように取るか

乾いたところに生える黄カビの除去は非常に厄介です。なぜなら、黄カビが生えるのは古本やアンティーク、刀剣、精密機器、カメラのレンズといったデリケートなものばかり。乱暴に取り扱うと、もとのアイテムにも甚大な被害を与えてしまいます。

また駆除にカビキラー等の洗剤を使うのはもってのほか。湿気を好むカビを取り除くための方法はほとんど使えません。その分野に精通している場合以外は、これらのアイテムのメンテナンスは専門家に依頼したほうが確実でしょう。

特に、カメラや精密機器にとってカビの問題は比較的よくある問題です。一般的なカメラ店でも分解清掃を受け付けているので、依頼してみると良いでしょう。良いレンズでも、カビが生えてしまうとパフォーマンスは落ちてしまいます。

日用品のカビ防止は『自宅の保管環境等にも気を配ること』や『定期的なメンテナンス』が非常に重要です。

まとめ

いかがでしたか?カビにはいろいろな種類があり、人間の生活にとって有効活用できるものがある一方、衛生や健康に被害を与えるものも多いということをご紹介しました。それぞれの特性を把握し、有害なカビが繁殖しづらい環境づくりに役立てたいですね。

関連する投稿


お風呂・浴槽の掃除方法8ヶ所!重曹が効果的?水垢・カビは?

お風呂・浴槽の掃除方法8ヶ所!重曹が効果的?水垢・カビは?

浴槽掃除などをしばらくしていない方もいるでしょう。しかし、浴槽掃除などをしないと様々な汚れやカビが生えお風呂は汚れる一方です。今回は、汚れやカビが生えたお風呂をキレイにする掃除方法をご紹介します。


水垢の簡単掃除方法8選!風呂・キッチンシンク・加湿器などの汚れも綺麗に

水垢の簡単掃除方法8選!風呂・キッチンシンク・加湿器などの汚れも綺麗に

掃除の中でも、"水回りの掃除をするのが嫌い!"と答える方は多いでしょう。しかし、水回りの掃除を怠ると水垢汚れがたまっていきます。今回は、水垢掃除が嫌いな方でも「簡単にできる掃除方法」をまとめました。


鏡の掃除方法4ステップでウロコ状汚れを綺麗に!必要な道具や洗剤は?

鏡の掃除方法4ステップでウロコ状汚れを綺麗に!必要な道具や洗剤は?

鏡は汚れが付着しやすく、白いウロコ汚れが目立ちます。鏡に付着する汚れの種類や、鏡を簡単に掃除する方法、また、毎日の掃除が面倒だという人のために可能な限り鏡が汚れないようにするための予防方法も解説します。


シンクの掃除方法5ステップ!必要な道具は?頻度は毎日がおすすめ?

シンクの掃除方法5ステップ!必要な道具は?頻度は毎日がおすすめ?

食材を扱う場所であるキッチンは可能な限り清潔な状態にしておきたいものです。シンクは汚れが付着しやすく、蓄積しやすい場所でもあります。シンクの基本的な掃除方法やサビの除去方法や汚れを予防するための注意点を解説します。


中性洗剤の商品種類10個と掃除のときの使い方

中性洗剤の商品種類10個と掃除のときの使い方

住宅を掃除する際に欠かせない洗剤は、酸性、中性、アルカリ性などいくつかの種類に分類されることが特徴です。特に使用されるケースが多い中性洗剤について成分や特徴を解説し、掃除する場所ごとに最適な洗剤も紹介します。


最新の投稿


お風呂・浴槽の掃除方法8ヶ所!重曹が効果的?水垢・カビは?

お風呂・浴槽の掃除方法8ヶ所!重曹が効果的?水垢・カビは?

浴槽掃除などをしばらくしていない方もいるでしょう。しかし、浴槽掃除などをしないと様々な汚れやカビが生えお風呂は汚れる一方です。今回は、汚れやカビが生えたお風呂をキレイにする掃除方法をご紹介します。


水垢の簡単掃除方法8選!風呂・キッチンシンク・加湿器などの汚れも綺麗に

水垢の簡単掃除方法8選!風呂・キッチンシンク・加湿器などの汚れも綺麗に

掃除の中でも、"水回りの掃除をするのが嫌い!"と答える方は多いでしょう。しかし、水回りの掃除を怠ると水垢汚れがたまっていきます。今回は、水垢掃除が嫌いな方でも「簡単にできる掃除方法」をまとめました。


鏡の掃除方法4ステップでウロコ状汚れを綺麗に!必要な道具や洗剤は?

鏡の掃除方法4ステップでウロコ状汚れを綺麗に!必要な道具や洗剤は?

鏡は汚れが付着しやすく、白いウロコ汚れが目立ちます。鏡に付着する汚れの種類や、鏡を簡単に掃除する方法、また、毎日の掃除が面倒だという人のために可能な限り鏡が汚れないようにするための予防方法も解説します。


シンクの掃除方法5ステップ!必要な道具は?頻度は毎日がおすすめ?

シンクの掃除方法5ステップ!必要な道具は?頻度は毎日がおすすめ?

食材を扱う場所であるキッチンは可能な限り清潔な状態にしておきたいものです。シンクは汚れが付着しやすく、蓄積しやすい場所でもあります。シンクの基本的な掃除方法やサビの除去方法や汚れを予防するための注意点を解説します。


網戸掃除の簡単な方法5ステップ!洗剤やカビ取りは?おすすめ頻度

網戸掃除の簡単な方法5ステップ!洗剤やカビ取りは?おすすめ頻度

網戸掃除はハードルが高いと考えがちですが、実際には簡単に掃除をする方法もあるのです。簡単な網戸掃除の方法や必要な道具、さらにカビや窓枠の掃除方法について紹介します。また、網戸の汚れを防止するための方法やコツについても解説します。


ビジネスパートナー募集