暮らしのお悩み解決サイト

単身の引っ越し費用の相場と安くするコツ5つ

単身の引っ越し費用の相場と安くするコツ5つ

単身で引越しする場合に必要な経費と、安くおさえるコツについて説明しています。一人暮らしを始めるのに必要な家賃、家具や家電の生活必需品、引越し業者に支払う費用など、最低限これだけは必要という項目をまとめています。


実家を出て、憧れの一人暮らしがしたい!でも、一人暮らしはお金がかかるイメージがありますよね。漠然とお金をためたらいつか独立したいと考えているよりも、例えば50万円貯金できたら一人暮らししよう、というように目標額を決めたほうが貯金も早くたまります。

自分が考えている一人暮らしは、いくら費用がかかるのでしょうか。どうしたら少しでも安く値段をおさえて一人暮らしができるのでしょう?

ここでは、引越し費用や家賃、生活必需品など、一人暮らしの引っ越しに必要なお金について調べてみました。

単身の引っ越しにかかる費用の項目

家賃

家を借りる初期費用は、毎月の家賃の半年分とよく言われます。
家賃をチェックする時には、毎月の家賃だけでなく、毎月の管理費や共益費も見る必要があります。
管理費や共益費も毎月支払わなくてはいけないものなので、家賃にプラスして考える必要があるからです。
ちなみに、東京の一人暮らしの家賃は7万円程度、地方の一人暮らしの家賃は4万円程度となっています。
それぞれ、何にいくら位かかるのか見ていきましょう。

敷金

一人暮らしの場合は家賃1ヶ月分が平均的ですが、大きめの部屋や借りると2ヶ月分、3ヶ月分というケースもあります。
敷金は、これから借りる部屋を、将来自分が出ていく時に修繕するためのお金です。
まだ住んでいないのに、出ていくことを考えるなんて変に想うかもしれませんが、いざ出ていく時に請求しても支払えない人が出てくるので、このようなシステムになっています。
不動産会社と交渉して、一番値下げしてもらいやすい部分でもあるので、ダメ元で「値下げできませんか?」と聞いてみましょう。
その一言で数万円が浮くかもしれませんよ。

礼金

こちらも家賃一ヶ月分が平均的です。
大家さんやオーナー、もしくは家を管理会社が持っている場合は会社に払うものです。「お礼」のためのお金なので、敷金のように、先々その家を出ることになっても自分のためには利用されないお金です。

仲介手数料

不動産を売買する時に、不動産会社が得る手数料です。
家賃1ヶ月分の所が多く、最近では無料もしくは0.5ヶ月というケースも見られます。
近隣の土地に建てられているマンションが仲介手数料1ヶ月なのに、無料にしているなど安くなっている部屋は要注意です。
単なるキャンペーンの場合もありますが、見ただけではわからないけれども夜になるとうるさい場所だったり、冬に寒かったり夏に暑かったりと理由があるので気をつけましょう。

前家賃

前家賃は、次の月の家賃のことで、家を借りる時に前もって払うことになっています。

日割り家賃

自分が入居する月の家賃を、日数で割って払うものです。
例えば4月20日から家賃が発生するとしたら、4月は20日から月末の30日までの家賃を支払うことになります。
家賃のスタート日を、契約した日からにするのか、引っ越してきて入居した日からにするのか、きちんと話し合っておきましょう。

管理費・共益費

マンションやアパートの廊下など共用部分の電気代や、掃除の費用などを指します。
1万円程度が平均的です。古い建物になるほど、値段が高くなる傾向にあります。
初回だけでなく、家賃と一緒に毎月支払うことになるお金です。

鍵交換費用

家のドアの鍵を交換する費用です。
2万円から3万円程度になります。
スペアキーの数によっては高くなることもあります。
交換したと言いながら、本当は交換していなかったということが無いように、交換する時は立ち会うようにしましょう。
前に住んでた人から合鍵をもらった人物が、いつ訪れないとも限りません。

火災保険料

1年間で4000円から8000円程度が平均的です。
2年分まとめて払うこともあります。

引っ越し業者に払う費用

一人分の引越し費用は、距離にもよりますが荷物が少なければ2万円台から3万円台前半が平均的です。
荷物が多い人になると全国平均で、3万円から5万円が相場になります。

【PR】単身引越しやオフィス移転も信頼できる業者に依頼しませんか

店舗移転から自宅の引越し、大きな家具の移動など引越し業者を探しましょう。「引越しの準備から相談に乗ってくれる業者が見つかるかしら?」「ピアノの移動にはいくらくらかかるの?」そんなときこそ、信頼できる引越し業者が見つかるこちらのサービスがオススメです。

引越し業者登録数、日本最大級!かんたん・お得な見積もり体験を、ミツモアで。

ミツモア_引越し

\依頼者430,000人突破/

24時間依頼可能!0円で依頼し放題

 

  • ▼カンタン2分の操作で依頼完了!
  • ▼最大5名のプロから見積もりが届く。
  • ▼無料チャットで条件や料金を調整!
  • ※依頼完了後、いつでもキャンセル可能です
  • ※しつこい営業はありません

関連するキーワード


引越し費用 単身引越し

関連する投稿


引っ越し祝いのお返しマナーは?【のし対応】おすすめ10商品を紹介

引っ越し祝いのお返しマナーは?【のし対応】おすすめ10商品を紹介

引っ越し祝いをいただいたら気になるのが「お返し」のこと。のしをどうするかや金額相場、どんな商品にするかなど悩みますよね。記事では引っ越し祝いのお返しに関するマナー&通販で買えるのし対応のおすすめ10商品を紹介します。


引っ越しにかかる費用はどんなもの?総額を安くする方法とともに解説

引っ越しにかかる費用はどんなもの?総額を安くする方法とともに解説

引っ越しを考えたとき「いくらくらいかかるの?」と気になりますよね。記事では引っ越しにかかる16の費用項目について解説しています。総額を安くする方法も交えて見ていくので、引っ越し費用を考える際の参考にしてください。


引っ越し手伝いのお礼金額は?家族・友人・会社関係別|プロに頼むメリット・デメリットも

引っ越し手伝いのお礼金額は?家族・友人・会社関係別|プロに頼むメリット・デメリットも

引越しのお手伝いをしてもらったら、お礼をするのがマナーです。記事では、家族・友人・会社関係別にお礼金額の相場を解説。お礼を渡すタイミングやお礼以外の注意点も見ていきます。


ベッド引越解体のコツ5つ!6サイズ別相場料金一覧付。4つの処分方法も!

ベッド引越解体のコツ5つ!6サイズ別相場料金一覧付。4つの処分方法も!

近年では、ベッドの利用者は年々増加傾向にあります。ベッドの引越しは、その大きさや重さ故に、ただ単に搬出して搬入すればよいといった簡単なものではありません。ベッドの引越しの手順や注意点、引越しにかかる費用などについてまとめていきます。


引越し前の掃除のやり方を場所別6ヶ所!タイミング・敷金・ベランダ

引越し前の掃除のやり方を場所別6ヶ所!タイミング・敷金・ベランダ

引越しをする際には、必ず大掃除をしなければなりません。引越しの前の掃除方法によって、敷金の返金額も左右されるためです。そこで、引越しの掃除のやり方を場所別に6個紹介します。また、敷金の返金に関してもチェックしておきましょう。


 

ビジネスパートナー募集