暮らしのお悩み解決サイト

引っ越し手伝いのお礼金額は?家族・便利屋・業者・友人・会社関係

引っ越し手伝いのお礼金額は?家族・便利屋・業者・友人・会社関係

引越しのお手伝いをしてもらったら、そのお礼をするのがマナーです。引越しのお手伝いにおけるお礼の金額の相場や、人間関係を壊さないための注意点などについて知識をつけ、相手の方に気持ち良く引越しのお手伝いをしてもらいましょう。

 


お金を節約するために引越し業者を使わず、家族や知人に引越し作業のお手伝いをお願いしようと思っている方はいらっしゃいませんか? 引っ越しのお手伝いをしてもらったら、そのお礼をするのがマナーです。

引越しのお手伝いにおけるお礼の金額の相場や、人間関係を壊さないための3つの注意点などについて知識をつけ、相手の方に気持ち良く引越しのお手伝いをしてもらいましょう。

【家族・友人・会社関係別】引越しお手伝いの"お礼"金額の相場

家族や知人に引越しのお手伝いをしてもらった場合、そのお礼をする必要があります。これは何も法的に必要というわけではもちろんありません。しかし、その方とのその後の関係性や自分自身の評価のことを考えた上でしっかりと行っておくべきことと言えるでしょう。

家族や知人に引越しのお手伝いをしてもらった場合のお礼の金額の相場を人間関係別にまとめていきます。引越しのお手伝いを家族や知人にお願いしようと考えている方は参考にしてみてくださいね。

・引越しを手伝ってもらったお礼の相場金額

お礼の金額相場 一般的な金額
親か家族 5,000円~1万円
友達 3,000円~5,000円
後輩や部下 5,000円~1万円
上司 5,000円~1万円

親や家族に引越しのお手伝いをしてもらった場合

家族や親戚が引越しのお手伝いをしてくれることがあります。その場合、お礼の金額の相場は5,000円〜10,000円。社会人であれば10,000円が妥当と言えるでしょう。家族や親戚ですのでついつい甘えてしまいたくなる気持ちもわかりますが、ここは「親しき仲にも礼儀あり」。
お礼はしっかりとしておくべきです。

お礼の渡し方は、家族や親戚の場合は基本的には現金ではなくお食事会やプレゼントを贈るのが一般的。家族や親戚のように親しい間柄ですと、現金を渡しても、相手の方が受け取るのをいやらしく感じて受け取ってもらえないことがあるためです。
その点、お食事会やプレゼントであれば相手も気兼ねなく受け取ることができるでしょう。

友人に引越しのお手伝いをしてもらった場合

友人に引越しのお手伝いをしてもらった場合、3,000円〜5,000円がお礼の金額の相場です。社会人であれば5,000円が妥当でしょう。関係性にもよりますが、友人の場合は楽しくワイワイ集まることが目的で、謝礼など期待をしていないこともよくあることです。

友人に引越しのお手伝いをしてもらった場合も、お礼の渡し方は封筒に現金を包むというよりは、お食事会などでお返しするのが一般的です。親しい間柄ですと、現金は受け取りにくいと感じることがあるためです。
学生ならファミリーレストラン、社会人ならお寿司、焼肉などでご馳走するのが良いでしょう。

後輩や部下に引越しのお手伝いをしてもらった場合

後輩や部下に引越しの手伝いをしてもらった場合のお礼の金額としては、5,000円~1万円が目安です。お礼のお金を渡す際には現金もしくは商品券を封筒に入れる、または現金と合わせて食事をご馳走する方法も良いでしょう。

金額が少なかったり食事をご馳走しなかったりすると、自分への評価が下がってしまうため注意しなければなりません。短い距離の引越しであっても 、引越し作業には1日かかります。さらに、大きな家具を運び出したり新しい引越し先に搬入したりするためには労力も必要です。

引越しが終わった後には、手伝ってくれた後輩や部下に対してしっかりとお礼を伝え、どれほど年下であったり立場が下の相手でも、お礼をしないといったことはマナー違反であるため注意しましょう。

食事をご馳走する場合には、手伝ってくれた後輩や部下がメニューを注文しやすいようにビュッフェタイプのレストランに連れて行くのもおすすめです。引越し作業以外の出費を抑えたい場合にはホームパーティーを開くといった方法もあります。

上司に引越しのお手伝いをしてもらった場合

少しレアなケースかもしれませんが、上司が引越しのお手伝いをしてくれるというケースもあるでしょう。この場合のお礼の金額の相場も、5000円〜10,000円が妥当でしょう。上司、部下などの関係性によって金額を変える必要はないようです。

引越しのお手伝いをしてくれた方が上司の場合は、お礼に金品を贈るのは失礼にあたりますので、食事会やプレゼントでお礼をするようにしましょう。

 

お礼をするタイミングは?ポイント3つ

次に、引越しのお手伝いのお礼をするタイミングについてみていきましょう。

1.前日までにお礼をする

引越しの前日までにお礼をするのは、めったにないケースと言えるでしょう。もしかすると、当日お手伝いをしていただく方が体調を崩すなどして、欠席になってしまうこともあるかもしれません。その場合、一度渡してしまったお礼を返してほしいとは言えませんよね。

手伝ってくれるという気持ち自体に感謝の気持ちを表して先にお礼を渡しておきたいというのであれば結構ですが、普通であれば引越しのお手伝いを実際にしてもらった後(当日、もしくは後日)にお礼をすることがほとんどのようです。

2.当日にお礼をする

引越し作業が終わる時間帯や、お手伝いをしてくれた方の疲労具合などにもよりますが、一般的には引越し作業が終わってから打ち上げといった形で食事会を設けることが多いようです。新居の近くでお店をさがしてみるのも良いですし、新居でお寿司などを注文してごちそうするのも良いでしょう。

食事会と併せてプレゼントや商品券などを準備している場合は、お手伝いをしてくれた方が帰られる際にスマートにお渡しすると良いでしょう。

3.後日お礼をする

引越し作業が終わる時間帯や、お手伝いをしてくれた方の疲労具合などにより引越しの当日にお礼をすることができなかった場合は、後日新居に招待してご馳走をすると喜ばれるでしょう。

もし事情があって新居に招待するのが難しい場合は、後日別の場所で食事会を設けるか、プレゼントや商品券をお渡ししましょう。プレゼントや商品券を渡す際は事務的になってしまわないよう、「当日はありがとうございました。とても助かりました。」と感謝の言葉を添えるのを忘れずに。

引越し手伝いのお礼以外の注意点5つ

友人や知人、家族に引越しの手伝いをしてもらった際に、お礼の現金を渡したり食事をご馳走したりするだけで良いというわけではないため注意が必要です。引越しの手伝いを依頼する場合には、お礼を渡す以外に主に5つの注意点を押さえておきましょう。

1つ目が、交通費や宿泊費も渡すことです。

家族や知人に引越しのお手伝いをお願いする場合、その方はわざわざ交通費をかけてお手伝いに来ていることもあるでしょう。電車やバス、場合によっては新幹線や飛行機を利用してお手伝いに来ていることもあります。

さらには、お手伝いのために宿泊をしている場合もあるでしょう。

例えば5,000円のお礼をしたいとき、相手の方が交通費に3,000円かけていたら、実質2,000円で作業をお手伝いしてもらったことになってしまいますよね。これでは、相手の方に失礼になってしまいます。家族や知人に引越しのお手伝いをお願いする場合、お礼とは別に交通費や宿泊費を渡すようにしましょう。

2つ目が、荷造りはしっかり済ませておくことです。

家族や知人に引越しの手伝いをお願いする場合、ついつい甘えが出てしまい、荷造りをしっかりと行っていなかったというケースがよくあります。そうなると、お手伝いをしてくれる方は荷造りからお手伝いをスタートさせなければいけないといった事態に。

荷造りまではお手伝いをするつもりはなかったのに…という声が聞こえてきそうですね。わざわざお手伝いをしに来てくださった方をガッカリさせないためにも、きちんと荷造りは済ませておいてくださいね。

3つ目が、作業量を減らす気遣いをすることです。

家族や知人に引越しのお手伝いをお願いする場合、あまりにも作業が多いと相手の方がうんざりしてしまいます。自分でできることはしっかりと済ませておき、作業量を減らすために努力をしておきましょう。

たとえば、冷蔵庫や洗濯機の水抜き作業など、前日までに行っておくべき作業はしっかりと済ませておくこと。そして、誰がどの作業をするのか役割を決め、ひとりひとりの作業量が多くなってしまわないよう手際よく進められるように計画を立てておくことも大切です。

小さな気遣いを忘れず、相手の方に気持ち良く引越しのお手伝いをしてもらえるような環境づくりを心がけましょう。

4つ目は、物が壊れた場合でも引越しを手伝ってくれた相手に責任を問わないことです。

引越しの作業中、大きめの家具や家電、大切なデータが保存されているパソコンといった物を運ぶ際に物が壊れてしまうケースは珍しくありません。

引越しの作業をしている際に物が壊れた場合でも、善意で引越しの手伝いをしてくれている友人や知人に責任を問うことは非常識だといえます。物が壊れるリスクを理解したうえで、壊れる恐れがある物は自分で運ぶことが大切です。また、パソコンといった機械に関しては、バックアップを取ることを忘れないようにしましょう。

5つ目に認識しておかなければならないことは、引越し業者に依頼をした場合と比較して時間がかかることです。

大きい家電や家具、重いダンボールを運ぶ引越し作業は、引越し業者に依頼をしてプロに作業をしてもらっても数時間かかります。

引越し作業を素人が行う場合には、丸1日程度の時間がかかる可能性が高いです。比較的荷物が少ない場合であっても丸1日、荷物が多いと2日に分けて作業をすることになるなど、作業には時間がかかることを想定しなければなりません。1日時間がかかことを覚悟して、スケジュールを組みましょう。

引っ越し手伝いを依頼されたときの服装・持ち物

引越しの業者に全てを依頼する場合であっても、掃除をしたり最後に荷解きをしたりと引越し当日は動き回ることになるため、洋服については動きやすいもの、汚れても問題がないものを着用することが大切です。靴はスニーカーを準備しましょう。

また、洋服の上からポケットが付いたエプロンを着用すると、引越し作業に必要な物を入れて持ち運べるため便利です。

引越し作業当日の持ち物としては、運搬をする際に使用する軍手や、荷解きをする際に必要なカッターやはさみ、ダンボールにメモをするためのマジック、ダンボールを補強する際に必要使うガムテープ、荷物やダンボールといったゴミをまとめる際のビニール紐などが挙げられます。

マジックやガムテープ、軍手などポケットに入れても安全なアイテムやポケットに入るサイズの物は、身につけておくとスムーズに作業を行えるでしょう。

手伝いを引越し業者に頼んだ場合のメリット

通常通り引越し業者に引越し作業を依頼した場合、主に4つのメリットが挙げられます。

1つ目が、引越し作業を効率よく進められることです。

友人や知人、家族に引越しの手伝いを依頼した場合、引越し作業に慣れていないことが一般的だといえます。引越しは、仕事の都合といった特殊な事情がない限り、一生のうちに何度も行うものではありません。

しかし、引越し業者はほぼ毎日引越し作業を行っているため、荷物を運ぶ方法や荷物の扱い方、梱包の方法などに非常に慣れており、動きもマニュアル化されているのでスピーディーに荷物の運び出しや搬入を行えます。

さらに、重い荷物を持っても落としたりぶつけたりといった心配もなく、安心して任せられることもメリットです。

2つ目が、引越し業者であれば余計な気遣いが必要ないことが挙げられます。

友人や知人、家族に引越しを作業を依頼する場合には、相手に気を使うため無理な要求はできず、希望通りに作業をしてもらえなかったとしても指摘できません。

また、重い荷物や大きい荷物はの運搬を依頼しにくいといったケースもあるでしょう。引越し業者が相手であれば、お金を払って契約をしているため、気を使わず希望を伝えられます。

3つ目が、作業中にトラブルが起こっても対応してもらえることです。

引越しをしている際に大きな荷物を搬出し、新しい家に搬入している際に大切な家具や家電に傷がついたり、自宅の壁やドアに傷がついたりといったトラブルが起こるケースがあります。

友人や知人に引越しを依頼してトラブルが起こると、手伝いを依頼した立場上、また、引越し後の関係性を考えて指摘できないといったケースもあるでしょう。本来であれば補修作業をしてほしい、弁償してもらいたいほどの汚損でも、責任を問えないことが一般的です。

しかし、引越し業者が起こしたトラブルであれば、保証サービスを受けられます。大切な家具や家電を運び出運び出す際や、高級な物を運び出す際には、引越し業者に依頼した方が良いでしょう。

4つ目が、色々なプランがあるので費用を抑えられることです。

荷物の量が少ない場合、引越し業者に依頼した際の運搬費用や人件費、オプションなども節約できるため、複数人の友人や知人、家族に引越し作業を手伝ってもらい、お礼としてお金を渡すよりも安い費用で引越しをできる可能性もあります。

手伝いを引越し業者に頼んだ場合のデメリット

引越し業者に頼むケースでは、主に4つのデメリットが挙げられます。

1つ目が、引越し業者に依頼をした場合、友人や知人、家族に手伝ってもらった場合と比較して、引越しにかかる費用が高くなる可能性があることです。

引越し業者に支払う料金の内訳としては、荷物の汚損や破損に関する補償や引越し作業に係る人件費、養生といった事前準備などに支払う費用であり、保証やサービスを受けるための費用がかかります。

そのため、荷物の量が多かったり長距離の移動であったりする場合、費用が高いことがデメリットです。

2つ目が、柔軟にスケジュールを健康で着ないことが挙げられます。

知人や友人、家族に引越しの手伝いを依頼した場合には、梱包作業が間に合わないため他の日に変更してほしい、引越し前の自宅に忘れ物をしたため取りに戻りたいといった時も、比較的自由に動けることが特徴です。

引越し業者に依頼をする場合、引越し業者はプランに搬出・搬入作業のみを行うため、自由に動けません。そのため、スケジュール通りに引越し作業が作業を行うために、事前に準備を行う必要があります。

3つ目が、早い段階で引越しのスケジュールを決めなければ予約が取れないケースがあることです。

複数の引越し予定日を確保できる人や平日に引越し作業を行える人は良いですが、土日祝日のみ引越し作業をできるという場合には早い段階で予約をしなければ予約が埋まってしまい、希望している日に引越し作業を行えないことがあります。

特に、3月は引越しをする人が多く、引越し業者の需要が高くなるため、自分のスケジュールに合わせて引越し業者に依頼できないことも多いです。

4つ目が、引越し業者選びを誤るとトラブルが起こる可能性があることです。

例えば、料金の安さのみで引越し業者を選択して、当日引越し作業中にトラブルが起こったというケースは少なくありません。

午後に引越しを依頼し、実際に引越し業者が来たのは夜であったといったトラブルも挙げられます。「午後」という枠で引越しを依頼した場合、自分よりも前の時間帯に予約をしていた人達の引越し作業が終わり次第作業をするということになるため時間指定はできません。

しかし、夜に引越し作業をすると近所にも迷惑がかかります。品質の良いサービスよりもコストを抑えることを重視した業者には、大切な荷物を安心して預けられないでしょう。

さらに、電話見積もりのみで訪問見積もりを行わず、当日に追加費用を請求されたというケースもあります。そのため、引越し業者選びは慎重に行うことが大切です。

引越し手伝いを便利屋に頼んだ場合のメリット

便利屋は時間制で料金が発生することが一般的であるため、荷物の量が少なかったり新しい引越し先が近かったりする場合には、便利屋に頼むと費用を抑えられる可能性があります。

また、便利屋は24時間対応しているケースが多いため、夜間であっても引越し作業を行えることがメリットです。

例えば、引越し業者に予約が取れなかった場合や友人や知人のスケジュールが合わないなど、急な依頼であっても対応してもらえる可能性があります。

ただし、急いで依頼したい場合でも便利屋の口コミを確認し、悪質な業者ではないか、過去にトラブルを起こしていないかなどをチェックしましょう。

便利屋に依頼する最大のメリットは、依頼できる作業の範囲が非常に広いことだといえます。引越し業者に依頼をした場合には、荷物をすべて撤去した部屋のクリーニングまでは依頼できないケースが、荷物を搬入した後の荷解きの手伝いは行っていないことが多いです。

しかし、便利屋は引越し専門の業者ではないため、あたらかじめ依頼をしておけば引越し作業以外の掃除や片付けもサポートしてくれます。

ほかにも、引越しをすることを近所の人に知られたくない場合に利用する方法も有効です。夜に引越し作業をしたいといった依頼にも柔軟に対応してくれるでしょう。

引越し作業に依頼すると、ユニフォームやトラックなどで引越しをすることが周囲に知られます。

便利屋は、「周囲に知られずに引越しをしたい」と依頼すれば、ユニフォームや運搬用の車について、引越し作業中であるとは分からないように工夫してくれるため、特別な事情があり、引越しをすることは隠したい場合にはメリットが大きいです。

便利屋には、引越し業者といった長い時間を要する依頼ばかりではないため、スケジュールが空いていることが多いうえに、基本的に24時間対応していることが多いです。

引越し手伝いを便利屋に頼んだ場合のデメリット

便利屋の料金は時間制で計算されるため、引越し作業が長引くと料金が高くつく可能性があります。さらに、個人で行っているケースが多いので、損害保険に加入している可能性は非常に低いです。

そのため、引越し作業中に物が壊れたり新居の部屋の床や壁が傷ついたりした場合は、依頼した人が補修費用を支払わなければなりません。

便利屋は、引越しの手伝いをするケースがあっても引越し作業のプロではないので、効率よく作業を進められるケースは少ないといえます。荷物の運搬についても技術やスキルがある人は少ないため、物や床や壁を傷つけてしまったり壊してしまったりするリスクを理解しておく必要があるのです。

また、短距離の引越しのみで、長距離の引越しは受け付けていないことがあります。進学や転勤で他県に行く場合や、同じ都道府県内でも距離がある場合には断られることがあるでしょう。

引越し作業の予約が取れなかった場合に利用しようと考えている人は、どの程度の距離を移動するのかを確認し、長距離の場合は依頼できない可能性が高いことを認識しておく必要があります。

まとめ

家族や知人に引越しのお手伝いをしてもらったときのお礼の金額の相場を「意外と高い!」と感じた方も多いのではないでしょうか。結果として引越し業者に依頼をする料金に近い料金になってしまうこともあるでしょう。

しかし、引越しのお手伝いのお礼は、今後の関係性を壊さないためにもしっかりと行っておくべき、大切なこと。そして、相手の方に気持ち良くお手伝いをしてもらえるような環境づくりを心がけることも忘れないでくださいね。

引越しの初期費用を安くするためにやっておきたい5つのこと

https://taskle.jp/media/articles/364

初期費用を節約できる5つの裏技をご紹介しています。引っ越しを考えている方必見ですよ!

【保存版】引越しに必要な書類手続き38

https://taskle.jp/media/articles/235

引越しをする時に必要になってくる、住所変更手続きについてまとめました。

引っ越しの資金の相場はいくら?費用を安くするコツ6ステップ

https://taskle.jp/media/articles/201

家を借りるのに必要な予算や、最低限、家電や家具を購入するにはいくら位かかるのかなど、金額とポイントをまとめました。

決定版!引越し祝いのお返し6選

https://taskle.jp/media/articles/378

引越し祝いのお返しには適したタイミングとマナーがあります。

引越しの挨拶回りで必須の粗品、喜ばれるもの10選と喜ばれないもの

https://taskle.jp/media/articles/200

気遣いを感じられるこだわりの粗品を贈って、印象アップを狙いましょう! 

引越しにかかる時間はどれくらい?当日に押さえておくべき10つのポイント

https://taskle.jp/media/articles/415

引っ越し作業時間の目安や、時間を有効に使って作業時間を短縮するコツをご紹介。

【PR】10万円キャッシュバック!引っ越し予約/一括見積りで料金比較

一番安い引越し業者がその場でわかり、業者選びがネットで完結。一括見積りなら最大10社に見積り依頼。かんたん比較にはこちらのサービスがオススメです。

見積り比較で引越し料金が安くなる!今すぐ料金比較しましょう。

\引越し見積り比較なら/

全国200社以上の業者から

 

  • ◆引越料金がかえってくる!
  •  最大10万円キャッシュバック
  • ◆引越し手続きも安心!
  •  ガイドブックプレゼント

 

 

関連する投稿


引越しの食器の梱包方法・プチプチ・ダンボールの詰め方

引越しの食器の梱包方法・プチプチ・ダンボールの詰め方

引越しの荷造りの中でも特に難しい「食器」「割れ物」を梱包するコツを解説しています。ワイングラスやきゅうす、ビンなどの梱包方法や、新聞が無い時の梱包方法、便利な梱包グッズなどの説明や、やってはいけない梱包方法もアドバイスしています。


エアコンは引越し先に持っていく?取り外しトラブルは?自分でできる?

エアコンは引越し先に持っていく?取り外しトラブルは?自分でできる?

エアコンの引越し作業は専門的な知識や技術が必要です。そのため、エアコンの引越しはプロの業者へ依頼をするのが得策と言えます。エアコンを引越しさせるための5つの手順や注意点を知り、エアコンを上手に引越しさせましょう。


引越し前の掃除のやり方を場所別6ヶ所!タイミング・敷金・ベランダ

引越し前の掃除のやり方を場所別6ヶ所!タイミング・敷金・ベランダ

引越しをする際には、必ず大掃除をしなければなりません。引越しの前の掃除方法によって、敷金の返金額も左右されるためです。そこで、引越しの掃除のやり方を場所別に6個紹介します。また、敷金の返金に関してもチェックしておきましょう。


引越しのゴミ処分方法7つ!粗大ごみ回収・間に合わない場合・どうする?

引越しのゴミ処分方法7つ!粗大ごみ回収・間に合わない場合・どうする?

引越しの際に出るゴミや不用品を処分する方法について、7つのポイントを紹介します。それぞれの具体的な処分方法や、処分する前の準備についてチェックして、引越し前にゴミを片づけましょう。また、不用品業者を利用する際の費用や選び方についても解説します。


転出届・転入届・転居届の手続きと書き方・提出期限は?期限が切れたら?

転出届・転入届・転居届の手続きと書き方・提出期限は?期限が切れたら?

現在住んでいる場所から引越しをする際、役所で転出届・転入届・転居届の手続きを行う必要があります。しかし、書き方や提出期限について詳しく知らないという人も多いでしょう。そこで、書類の書き方や期限が切れたらどうなるのかを紹介します。


最新の投稿


表札デザインの選び方とおしゃれな具体例20個!木・北欧・アメリカン

表札デザインの選び方とおしゃれな具体例20個!木・北欧・アメリカン

表札は玄関先の顔となる大事な家の一部です。そんな表札にはどのようなデザインが可能なのでしょうか。本記事では、表札デザインの選び方から実際におすすめな表札デザインを写真と共に紹介しています。本記事を参考に自分に合った表札デザインを選びましょう。


ツツジの剪定方法とコツ13個!剪定時期・道具・自然樹形・刈り込み【プロ監修】

ツツジの剪定方法とコツ13個!剪定時期・道具・自然樹形・刈り込み【プロ監修】

ツツジは自宅で育てている人も多く、他の花と比べると育てやすいことが特徴です。ツツジの花や、美しい樹形を維持するために剪定作業をしなければなりません。ツツジを剪定する時期や剪定方法について詳しく紹介します。


シールの剥がし方13個!簡単裏ワザで古いのもベタベタしない

シールの剥がし方13個!簡単裏ワザで古いのもベタベタしない

シールがキレイに剥がれなくて汚くなってしまった人もいるでしょう。シールを上手く剥がすことができない理由は剥がし方が間違っていたのかもしれません。シールの剥がし方をチェックして、キレイに剥がしましょう。


雑草の種類10パターンと見分け方を解説!庭や畑の雑草はどれ?【プロ監修】

雑草の種類10パターンと見分け方を解説!庭や畑の雑草はどれ?【プロ監修】

よく見る雑草を、写真入りで種類別に紹介しています。春に芽を出す雑草と秋に芽を出す雑草の駆除方法の違いや、粒タイプと液体タイプの2種類の除草剤の違いについて解説している他、防草シートについても説明しています。


ノズルが汚すぎる?トイレのノズルを掃除する5STEP【プロ監修】

ノズルが汚すぎる?トイレのノズルを掃除する5STEP【プロ監修】

今やわたしたちの生活で欠かせないもののひとつとも言える温水洗浄便座。実はこの温水洗浄便座の温水が出てくるノズルの部分、ちょっと見ないうちに黒ずみ汚れが…トイレのノズルを掃除する5ステップを知り、いつでも気持ち良く使える温水洗浄便座を目指しましょう!


 

 

ビジネスパートナー募集