暮らしのお悩み解決サイト

引越見積が安くなるコツ10つ。何月が一番値下げする?

引越見積が安くなるコツ10つ。何月が一番値下げする?

引っ越しは時期や曜日によって費用が著しく変わることがあります。しかし繁忙期の引っ越しでも、需要が少ない日を選べば料金を抑えることができます。新生活のスタートとなる引っ越しでは、その後の生活も気持ちよく過ごせるように引っ越し業者にもこだわりましょう。


春は出会いと別れの季節というように、子供の新生活に旦那さんの転勤で引っ越し業者は大忙しになります。そのため引っ越すときには出来るだけ需要の少ない時期や日程を選び、何かと物入りな新生活のために費用を抑えたいものです。

特に家族の引っ越しには家族全員の休みが取れやすい8月、単身のお引越しには引っ越しの需要の低い11月がおすすめです。その月の中でもさらに需要の低い日を狙って引っ越し料金を抑えられるようにするのもいかがでしょうか。

家族と単身一人の引越見積りでは最安時期が違う?

Getty logo

家族で引っ越すのであれば8月上旬、一人の単身引越であれば11月が最安です。

子供の夏休みやお盆休みといったまとまった休みには引っ越し業者も繁忙期になります。その結果8月も繁忙期(2~4月)に近い金額まで引き上げられるのです。8月の中でも特に20日以降の引越し料金は高くなる傾向があります。また、時期に限らず金土日は料金が高くなります。どうしても8月下旬に引っ越しをする人も「学割」等のプランを利用して料金を抑えましょう。

4月からは新生活が始まり子供は大学に進学して一人暮らし、大人は転勤で引っ越しの需要が増えます。その結果2月~4月は特に忙しい時期になるのです。すると引っ越しの基本料金にどんどん料金が加算されて料金も割高になってしまいます。

例えば荷物が少なく、引っ越し先までの距離も比較的短い50km未満の場合、通常期では3万円ちょっとで抑えられますが、繁忙期(2月~4月)は5万円弱に跳ね上がります。

一括見積のサイトでは同様に比較的安価な業者を選び、さらに業者と相談して引っ越しの日程や時間帯も考慮すれば引っ越しの費用を抑えることも期待できます。

引越の見積もりを安くするポイント10つ

Getty logo

引っ越しにはアパートの契約で敷金礼金、仲介手数料、前家賃に管理費や共益費、賃貸保証料、鍵交換費用、各種保険やクリーニングの支払い、他にも新生活に必要な家具や家電の購入で家賃6ヶ月分程の費用が必要になります。

その中でも引っ越しの費用では、引っ越し先が都道府県内でも15万円程かかってしまったりとお金のやりくりに苦労します。市内での引っ越しであれば50,000円程度で収まることもありますが、引っ越し先までの距離が延びるほど料金は加算されていくのです。

①引越の繁忙期と通常期を知って見積もりを

夏の繁忙期から年末の繁忙期との間の11月は、引っ越ししやすい時期になります。特に単身の場合は、引っ越しの段取りも手早く済むのでおすすめです。

しかし需要が少ない11月だからと言って適当に業者を決めれば、単身でも1~1.5万円、家族の引っ越しでは2万円以上も損をしてしまう場合があります。そのため通常期も安心せずに一括見積で自分に合った業者を選べるようにしましょう。

②単身の引っ越し料金相場を知っておく

一人暮らしの引っ越し料金の相場は30,000~60,000円となっています。しかし荷物が少ない場合は、よくCMで宣伝されている単身パックを利用することで15,000円程に抑えられます。

単身パックの場合は、運べる量が限られているので新生活を始める荷物の少ない人におすすめの方法です。これも荷物が多いからといって比較的安価な単身パックを2つ頼むと、時期によっては高くつくことがあります。

一人暮らしの引っ越し料金は5万円を目安に行えるように一括見積でリサーチしましょう。

③単身パックで引っ越すと安くなる場合も

都道府県内での引っ越しでは3万円程で運んでもらえることも多いです。これは単身パックを宅配便のように輸送することでトラックと人件費を抑えることができるからです。家具や家電を用意していない、これから新生活を始める(まだ何も用意していない)人向きの方法です。

しかし運ぶものによっては近くで購入した方が安く済んだり、宅配便で送る方が費用を抑えられることがあります。主さが10kg以下で縦横奥行きの長さが100cm以下のダンボールの配送料金は、同一県内でおよそ1200円前後です。

つまり段ボール10個程度で収まる引っ越しには、単身パックよりも宅配便の方が安く済むことがあります。引っ越しには必ず要るものやお気に入りのものを優先に運びましょう。軽くてかさばる荷物は、大きい段ボールに詰めて段ボールの数を減らすのもおすすめです。

④トラックチャーター便で引っ越すのは割高?

一人暮らしの引越しでもトラックチャーター便を利用すれば5万円以上はかかってしまいます。

引っ越し料金にはトラック代から、搬出・搬入のための人件費、ガソリン代や高速代が割り当てられていて、これらの基本料金に時期や日程等を考慮した価格を上乗せしていきます。特に3月、4月の繁忙期には、上乗せ価格が顕著になります。

トラックチャーター便であればその価格の上がり方もより顕著になるので、引っ越しの方法には荷物の量も鑑みて選ぶようにしましょう。

⑤引越荷物を自分達で運ぶほうが引越し業者よりも割高?

都道府県内の引っ越しで車を所有している場合は、自分達で運ぶことで人件費を抑えることができます。ただし荷物が多すぎる場合や距離が遠すぎる場合はガソリン代や高速代でかえって高くつくことがあります。

車をレンタルして運ぶときには1日15,000円程かかり、その上ガソリンも満タンにして返すのであれば引っ越し業者に頼んだ方が安く済むことも多いのです。

また友人に手伝ってもらった場合には、謝礼としてご馳走することで合計40,000円程かかることがあります。安全の面でも、重たい家具の運び出しでは怪我をすることも考えられるので、業者にお願いする方がトータルでも安心です。

⑥引越の荷物を減らすと格段に安くなる場合も

運ぶ荷物が大量にあることで運び出しに時間も労力も料金も増えてしまうときには、不要なものを予めリサイクルショップに売るのもおすすめです。部屋の中をすっきりさせて引っ越しの費用も抑えられて、わずかですがお金も手元に入ります。

リサイクルショップで売るときには買取価格はあまり料金は期待できないものの、すぐに処分できる点で好まれています。売買単価を上げたいときには、オークションやフリーマーケット・サイトに出品してみるのもおすすめです。

⑦引越のオプションが本当に必要かチェックする

引っ越しの費用では、引越しの距離や人件費(作業時間)によって決まる「基本運賃(国土交通省である程度定められている)」と、作業員の人件費や梱包資材費、高速代等の交通費が上乗せされています。

他にも引っ越しには付帯サービスと呼ばれるエアコンの取り外しや取り付け作業、特殊な家具や家電の運送料やハウスクリーニング、不用品処分等のオプションを付けることでまた料金が上乗せされるのです。引っ越しには付帯サービスのオプションを控えることで、引っ越しの費用も抑えることが期待できます。

⑧引越の一括見積サイトで見積りが高すぎないかチェックする

 一括請求のメリット 
引越しの見積もりの一括請求サイトでは、多くの引っ越し業者の料金が分かることで、その時期の引っ越し料金の相場も分かり他社との比較も手軽に行う事ができます。

また料金の比較では倍以上の料金の差が出ることもあるのです。例えば同じ時期でも県内の移動で10万と言う業者が居れば、3万で抑えてくれる業者もあります。

引っ越し業者を決める時にもその時期の平均的な価格を知ることは大切です。その上で引っ越し業者の口コミを見ながら2~3社に絞り、後は直接相談して自分に合った業者を選びます。もしも料金の値下げが難しい場合でも特典を増やしてくれたり、サービス面を手厚くしてくれたりする場合もあるので要チェックです。

各引っ越し業者の料金の算出方法には、建物タイプの間取り、引越しの時期や時期、時間帯等があります。これに引っ越し先までの距離や荷物の量も計算されるのです。

大手の引っ越し業者には以下のような会社があります。
・日通

・クロネコヤマト

・アート引越しセンター

・アリさんマークの引越社

・アーク引越しセンター

・ハトのマークの引越しセンター

・引越しのサカイ
引っ越しには一括サイトで料金の目安を算出して、お手頃な引っ越し業者を見つけられるようにしましょう。

⑨平日は引越し料金が安くなる?

通常期の引っ越しでは平日にすることでより引っ越しの費用を抑えることが可能になります。また金土日は家族の引っ越しに最適なので、特に単身の人のお引越しには平日にすることでスムーズな運び出しも可能になります。

引っ越しでは吉日とされる「大安」の他にも「一粒万倍日」「天赦日」が良いとされています。つまり吉日には、普段よりも少し需要が高くなることを理解しておきましょう。

⑩引越見積が安くなる時間帯は?

引っ越しの時間帯は運ぶ量でも変わってきますが、午前よりも午後、午後からよりも夕方からのお引越しであれば料金も2~3千円以上変わってきます。また時間指定が全くない「フリー便」であれば夜遅くになってしまうものの、午前の引っ越し料金から20~40%オフで利用できることがあります。

ただしフリー便は1日の最後のお仕事になるので、何時に開始できるのか等のはっきりとした情報を得ることはできません。他にも引っ越し先には予め断っておかないと引っ越し初日から住民トラブルを引き起こしてしまうことがあります。また作業員さんは体力的に疲れ切っていることも理解してあげる必要がありそうです。

見積を引越し業者に依頼する時のコツ

Getty logo

一括見積で2~3社に絞ったら後は業者と相談しましょう。引っ越しの日程から引っ越し先までの距離、荷物の量や梱包も相談して自分に合ったプランも選べるようにしましょう。

エアコンの取り外し等では、付帯サービスも無理のない範囲で活用して安全に運ぶのが1番大切です。口コミでは、評価の高い引っ越し業者さんを選んで新生活をより良いものにできるようにしましょう。

まとめ

引っ越しの費用には引っ越しの時期や曜日以外にも、業者の繁忙期の度合いや基準によって左右されることが分かりました。一括見積サイトでは料金が安いと思って選んでも、実際の運ぶ距離や荷物の量、梱包方法等から再計算されるので必ず相談することが大切です。

引っ越しの料金は最安値の業者が1番魅力的ですが、その結果引っ越しの質が下がらないように口コミや評判もしっかりと考慮して選べるようにしましょう。

引越し手伝いのお礼金額相場は?親にも必要?気をつけたい注意点3つ

https://taskle.jp/media/articles/388

家族や知人に引越し作業のお手伝いをお願いしようと思っている方はいらっしゃいませんか? 引越しのお手伝いをしてもらったら、そのお礼をするのがマナーです。引越しのお手伝いにおけるお礼の金額の相場や、人間関係を壊さないための注意点などについて知識をつけ、相手の方に気持ち良く引越しのお手伝いをしてもらいましょう。

引越し祝いのお返し6選と返礼品のポイント8つ。のしは必要?

https://taskle.jp/media/articles/378

引越し祝いのお返しは、引越し作業がひと段落ついたらやっておきたいことのひとつ。引越し祝いのお返しには適したタイミングとマナーがあります。気にかけてくださった周囲の方々に感謝の気持ちを込めて、相手の方に喜ばれる引越し祝いのお返しをしてみませんか?

引越し費用の相場金額は?総額の計算方法のポイント4つ

https://taskle.jp/media/articles/104

なるべく安くおさえたいのが引越し費用です。ここでは引越し費用の計算方法や、一人で引っ越す場合の平均的な相場、3人家族で引っ越す場合の平均的な相場、そして引越し費用の差はどこから来るのか? 安くするにはどうしたら良いのか? などについて解説していきます。

一人暮らしの費用を計算するポイント4つ。内訳や引越料金相場一覧も!

https://taskle.jp/media/articles/103

一人暮らしをしてみたいけど、引っ越しや初期費用にいくら位かかるのか? 平均的な値段はどのくらいなのかを、「家賃」「引っ越し」「生活必需品」「生活費」の4点にポイントを絞って解説しています。また、なるべく安く一人暮らしをスタートさせるコツについても説明しています。

仏壇の引っ越しが自分で安くできる7ステップ

https://taskle.jp/media/articles/255

仏壇の引越し方法や金額について、まとめています。必ず行わなくてはいけない「魂抜き」「魂入れ」の費用、仏壇全体を処分する「お焚上げ」についても説明しているほか、移動を自分であるいは引越し業者、仏具業者に頼む方法なども解説しています。

関連するキーワード


引越し費用

関連する投稿


一人暮しの引越初期費用のポイント6つ。家賃以外にかかる資金は9つ!

一人暮しの引越初期費用のポイント6つ。家賃以外にかかる資金は9つ!

引っ越しの初期費用にかかるお金はどれ位なのか、どのようなものがあるのかを解説しています。家を借りるのに必要な予算や、最低限、家電や家具を購入するにはいくら位かかるのかなど、金額とポイントをまとめました。


引越し前の掃除のコツ7つ。どのくらいする?しない?敷金礼金は?

引越し前の掃除のコツ7つ。どのくらいする?しない?敷金礼金は?

引っ越しにつきものの大掃除。引越前の掃除の仕方で敷金礼金の返還に差がつくかもしれないということをご存知でしたか?この記事では、知ってるようで知らない引っ越し掃除と敷金礼金の関係についてご紹介しています。


一人暮らしの費用を計算するポイント4つ。内訳や引越料金相場一覧も!

一人暮らしの費用を計算するポイント4つ。内訳や引越料金相場一覧も!

一人暮らしをしてみたいけど、引っ越しや初期費用にいくら位かかるのか? 平均的な値段はどのくらいなのかを、「家賃」「引っ越し」「生活必需品」「生活費」の4点にポイントを絞って解説しています。また、なるべく安く一人暮らしをスタートさせるコツについても説明しています。


引越し費用の相場金額は?総額の計算方法のポイント4つ

引越し費用の相場金額は?総額の計算方法のポイント4つ

なるべく安くおさえたいのが引越し費用です。ここでは引越し費用の計算方法や、一人で引っ越す場合の平均的な相場、3人家族で引っ越す場合の平均的な相場、そして引越し費用の差はどこから来るのか? 安くするにはどうしたら良いのか? などについて解説していきます。


引越しの初期費用は借りられる?相場金額と5つの節約術

引越しの初期費用は借りられる?相場金額と5つの節約術

新生活は何かとお金がかかるものです。その中でも引っ越しの初期費用はできれば安く抑えたいですよね。ここでは、初期費用を節約できる5つの裏技をご紹介しています。引っ越しを考えている方必見ですよ!


最新の投稿


夏は必須のコバエ対策!今すぐ駆除できる6つのポイント

夏は必須のコバエ対策!今すぐ駆除できる6つのポイント

すばしっこくてなかなか捕まえられず、うっとうしい「コバエ」。徹底的に駆除するためには、コバエの種類や習性を知り、適切な方法で対策をしていくことが重要です。コバエを駆除するための6つのポイントや今すぐはじめられる対策についてまとめていきます。


蜂の種類4つの見分け方!特徴と危険度を徹底的にまとめてみた

蜂の種類4つの見分け方!特徴と危険度を徹底的にまとめてみた

ニュースでもよく目にする機会がある蜂による刺傷被害。蜂を見かけたら慌てて逃げ出してしまいたくなる方も多いのではないでしょうか。でもその蜂、本当にそんなに危険ですか? むしろ怖がってパニックになってしまうことの方が危険かも…。日本でよく見かける4種類の蜂の特徴と危険度について徹底的にまとめていきます。


簡単にハエを退治する方法14選。ペットボトルやめんつゆを使う方法も紹介

簡単にハエを退治する方法14選。ペットボトルやめんつゆを使う方法も紹介

ハエを簡単に自分で駆除する方法を紹介します。めんつゆやペットボトルを使った手作りの退治方法や、ハエが来ないようにする予防対策、殺虫剤を使わない駆除や捕獲方法などを解説しているほか、絶滅させる日数も説明しています。


ハエ取り紙の成分・効果とおすすめハエ取り紙ランキングTOP10

ハエ取り紙の成分・効果とおすすめハエ取り紙ランキングTOP10

ハエ取り紙は、薬品を使わない安全安心な害虫駆除製品として再び見直されています。ハエ取り紙の成分や、どのような効果があるのかを解説しているほか、リボン式や両面粘着式、ロールタイプ、ライト併用式など、最新の売れ筋ハエ取り紙もご紹介します。


鳩の効果的な撃退方法15個とおすすめ鳩撃退グッズ20

鳩の効果的な撃退方法15個とおすすめ鳩撃退グッズ20

自分でできる鳩の駆除方法と、あると便利な鳩よけグッズをまとめています。ニコチン水やトウガラシなど、身の回りにあるもので作れる鳩よけや、天然成分で作られた鳩用忌避剤、鳩よけネットやベランダの手すり用テグスなどをご紹介します。


ビジネスパートナー募集