暮らしのお悩み解決サイト

引っ越しの見積もりを早い時期に取った場合のメリット3つ

引越し会社に見積もりを取る時期が早いと、お得になるメリットについて解説しています。また、一般的に引越しの見積もりを取るのは何日前なのか、引越しが一般的に安くなる月や日時はいつなのか、見積もりはどうやって取るのか、といったことについても説明しています。


飛行機や新幹線を予約する時に、早く予約すればするほど安くなる早割サービスがありますよね。引越しの料金も、公式ページなどには書かれていませんが、早ければ早いほど安くすることができるんですよ。

あまり早いとダンボールで、どれ位の荷物の量になるのかわからないと思っていませんか?引っ越す自分達はわからなくても、引越し業者は毎日引っ越し荷物を見ているプロです。
そのため、引越し業者に家に入って各部屋の家具や押入れを見てもらうだけで、だいたいの荷物の量を頭で計算することができるのです。

引っ越し荷物がわかれば、何トンのトラックで移動するかも把握できます。引越しする家が決まったら、すぐに引越し屋さんに見積もりを取りに来てもらいましょう。ここでは、引越しする時の見積もりの取り方と、安くする方法について調べてみました。

一般的な見積もりを取る時期

他の人は引越しをする時に、どのタイミングで引越しの見積を取っているのでしょうか?
他の人よりも先に見積もりを取れば、引越しの日にちや時間も選択肢が広がりますし、値下げ交渉もしやすくなります。

単身で引っ越す場合、4月から12月の間では、引越しする日から一週間前までに見積もりを取る人が全体の3割でした。
引越しの一週間前から二週間前の間に見積もりを取った人も、全体の約3割います。
引っ越す日から半月前程度では、まだまだ値下げ交渉は難しいかもしれませんし、希望の日がすでに埋まってしまっている場合があります。
引っ越す日から二週間前から三週間前だと、全体の二割弱になります。
また、引っ越す日から三週間前から四週間前になると、全体の一割五分になります。
これらから、引っ越す三週間以上前であれば、比較的まだ予約もとりやすく値下げ交渉もし易いことがわかります。
ベストは引っ越す一ヶ月以上前に見積もりを取るようにすれば、強気で交渉できそうですね。

単身で引っ越す場合の、1月から3月の間では、引っ越す三週間前までに予約をとっている人が2割6分いました。
引っ越す四週間前までに予約を取っている人も二割いるので、繁忙期の場合は引っ越す一ヶ月以上前でも日にちによっては既に埋まってしまっている可能性があります。
繁忙期に有利に交渉したい場合は、引っ越す一ヶ月以上前でないと難しいかもしれません。

家族で引越しをする場合は、単身で引っ越す場合よりも早めに予定を建てている人が多く見られます。
4月から12月の通常期でも、1月から3月の繁忙期でも、引っ越す一ヶ月前に見積もりを取っている人は3割見られます。
引越し業者のインターネットサイトでは、何ヶ月の前から引っ越し予約ができる所もあります。
もしインターネットの引っ越し予約のページに、2、3ヶ月先しか入力できないようになっていても、電話で予約すればかなり先の予約も可能です。

引越し費用が安くなる時期と曜日

引越しは何かとお金が必要になるので、なるべく引越し料金を安くしたいものです。
何月に引っ越せば安くなるのか、同じ月でも月の上旬、中旬、下旬のいつが高くなってしまうのか、一週間のうち何曜日であれば安くできるのか、といったことについて調べてみました。

繁忙月と通常月はいつ?

引越し料金が一番高くなるのは、やはり転勤や就職、入学が決まる3月です。
3月で単身で引っ越した場合、全体の相場として4万円近くかかってしまいます。
その月が4月で2万円台後半、2月や8月は2万円台半ばといった料金になります。
安くなるのは梅雨時から夏にかけての時期で、雨が多くなるので誰もが引越しを避けたくなるシーズンになります。
梅雨時の場合は、相場として単身引越だと2万円台前半になります。
一番忙しい3月下旬と梅雨時を比較すると、倍近く値段の差があります。
もしも引っ越しする時期を選べるのであれば、安い時期を選んだほうがお得です。

安くなるのは月の上旬?下旬?

家賃を月の下旬で支払うシステムの借家が多いため、なるべく損をしないように家賃ギリギリまで今の家にいる人が多くみられます。
そのため、引越し作業は月の下旬が多くなるのです。
特に25日過ぎから月末までは、引越しの予約は何月でも取りにくいのが実状です。
何月に引っ越す場合でも、月の下旬になるほど予約はとりにくくなりますから、20日過ぎの土日に引越したいのであれば、1ヶ月以上前に予約しないと難しいでしょう。

月の上旬から中旬に引っ越せば、日にちや時間帯も予約しやすくなりますし、値下げ交渉もしやすくなります。
早く引っ越すことでムダになってしまう家賃のほうが金額が大きいのか、早く引越して引っ越し代金が安くなるメリットのほうが大きいのか、見積もりを取って計算してみましょう。

安くなる曜日はいつ?

予約がとりやすいのは、何といってもあまり引っ越す人がいない平日です。
土曜日や日曜日は、仕事が休みの場合が多いので、どうしても引越しをする希望者が多くなってしまいます。
また、有給休暇をとって金曜日や祝日の前日に引越し作業を行って、祝日や土日にダンボールを開けて開梱作業をしたいという人も多くみられます。
また、土日に引越し作業をして、月曜日に有給休暇をとって開梱作業をする人もいます。
そのため、週の真ん中あたりの平日、水曜日頃が狙い目と言えます。

引っ越しの見積もりを早い時期に取った場合のメリット3つ

1 安くできる

引越しの見積もりを早くとるほど、お得に引越しができます。
見積もりを早くとるということは、他社からの見積もりも取ることが各業者ともわかっているので、安くしたりオプション料金を値下げしたりできるのです。
また、安くするだけでなく、無料でつけるダンボールの数を、さらに無料で多めにプラスしてもらうことも可能になります。
ダンボールだけでなく、ガムテープも無料でくれる場合があります。
ダンボールを自分でスーパーマーケットに行ったり、ドラッグストアに行ったりして集めるのも一苦労ですし、必ず使用済みのダンボールがあるとは限りません。
早く予約して、お得に引越しをしましょう。

2 日にちや時間が選べる

引越しの見積もりを早くとるほど、自分の希望の日時に予約することができます。
ライバルがいない時期であれば、希望の日にちも時間も自分が自由に選ぶことができます。
日にちや時間が選べる早い時期に予約する場合、もっと安くしたい時には午前中ではなく午後にしてみましょう。
午前中は誰もが引越しをしたい時間帯です。
午前に荷持を移動して、午後に開梱したいからです。
午後も1時、2時というように時間指定してしまうと、あまり安くできません。
午前の引越しが長引く場合もあるので、引越し会社としては午後は時間の確約ができないのです。
午後の、時間指定無しの予約にすると、より安くすることができますよ。

3 ダンボールが早くもらえる

梱包がきちんと終わるかわからない、まだ引っ越すことを今の家の大家さんに言っていないなど、やらなくてはいけないことや、不安なことがたくさんあることでしょう。
引越しに関わる梱包作業は、単身引越しの場合は5日前後、家族の場合でも1週間から10日程で終了できています。
ダンボールを引越し会社からもらうのが早いほど、ゆとりを持った引越し作業ができます。
引っ越す家が決まったら、すぐに引越し会社に見積もりを取るのが良さそうですよね。

見積もりの取り方

【PR】単身引越しやオフィス移転も信頼できる業者に依頼しませんか

店舗移転から自宅の引越し、大きな家具の移動など引越し業者を探しましょう。「引越しの準備から相談に乗ってくれる業者が見つかるかしら?」「ピアノの移動にはいくらくらかかるの?」そんなときこそ、信頼できる引越し業者が見つかるこちらのサービスがオススメです。

引越し業者登録数、日本最大級!かんたん・お得な見積もり体験を、ミツモアで。

ミツモア_引越し

\依頼者430,000人突破/

24時間依頼可能!0円で依頼し放題

 

  • ▼カンタン2分の操作で依頼完了!
  • ▼最大5名のプロから見積もりが届く。
  • ▼無料チャットで条件や料金を調整!
  • ※依頼完了後、いつでもキャンセル可能です
  • ※しつこい営業はありません

関連するキーワード


引越し費用

関連する投稿


引っ越し手伝いのお礼金額は?家族・便利屋・業者・友人・会社関係

引っ越し手伝いのお礼金額は?家族・便利屋・業者・友人・会社関係

引越しのお手伝いをしてもらったら、そのお礼をするのがマナーです。引越しのお手伝いにおけるお礼の金額の相場や、人間関係を壊さないための注意点などについて知識をつけ、相手の方に気持ち良く引越しのお手伝いをしてもらいましょう。


引越し前の掃除のやり方を場所別6ヶ所!タイミング・敷金・ベランダ

引越し前の掃除のやり方を場所別6ヶ所!タイミング・敷金・ベランダ

引越しをする際には、必ず大掃除をしなければなりません。引越しの前の掃除方法によって、敷金の返金額も左右されるためです。そこで、引越しの掃除のやり方を場所別に6個紹介します。また、敷金の返金に関してもチェックしておきましょう。


引越しが安いのは何月?安くする6つのコツ

引越しが安いのは何月?安くする6つのコツ

引越しが安くなるのは何月なのかを調査しています。曜日や時間帯を変えれば、値下げができるのかどうかも調べてみました。繁忙期と通常期では引越しの金額は倍近く違うので、費用を1円でも安くするコツもアドバイスしています。


仏壇の引っ越しが自分で安くできる7ステップ

仏壇の引っ越しが自分で安くできる7ステップ

仏壇の引越し方法や金額について、まとめています。必ず行わなくてはいけない「魂抜き」「魂入れ」の費用、仏壇全体を処分する「お焚上げ」についても説明しているほか、移動を自分であるいは引越し業者、仏具業者に頼む方法なども解説しています。


引越し祝いのお返し6選と返礼品のポイント8つ。のしは必要?

引越し祝いのお返し6選と返礼品のポイント8つ。のしは必要?

引越し祝いのお返しは、引越し作業がひと段落ついたらやっておきたいことのひとつ。引越し祝いのお返しには適したタイミングとマナーがあります。気にかけてくださった周囲の方々に感謝の気持ちを込めて、相手の方に喜ばれる引越し祝いのお返しをしてみませんか?


 

ビジネスパートナー募集