暮らしのお悩み解決サイト

【初心者向け】梅の剪定方法とコツ6つを紹介!ベストな時期を知れば来年も満開!

【初心者向け】梅の剪定方法とコツ6つを紹介!ベストな時期を知れば来年も満開!

「初めて梅の剪定に挑戦する」という方向けに、来年もしっかり花を咲かせるための梅の剪定方法とコツを解説!剪定時期を間違えると梅の成長が止まることもあるため、ベストな時期と方法を習得しましょう。本記事を読んで正しい時期に正しい方法で剪定すれば、また来年も立派な梅の花を楽しむことができますよ。


春が来たことを知らせてくれる梅は、桜の花とは違った魅力がありますね。ほんのりと漂ってくる梅の香りも上品ですし、白と赤の色も見事です。梅は花が咲いた時だけではなく、6月頃に実がなると甘酸っぱい香りがしてきます。鳥のメジロが来る姿も可愛らしいですよね。

来年も綺麗に梅の花を咲かせるためには、どのように剪定したら良いのでしょうか。大きくて良い実をつけるには、何月頃に剪定するべきなのでしょう。ここでは梅の剪定方法について調べてみました。剪定する時期を正しく知るだけで、花も実も大きく違ってきますよ。

梅の剪定時期

梅の剪定は、10月から花芽がつく頃までの時期に行います。剪定は葉や枝が生い茂ってきた夏にする方が多いのですが、夏に枝葉を切ってしまうとせっかくの太陽からの光の恵が受けられなくなってしまいます。葉がついている時期に梅を剪定するのは、梅の成長をストップさせてしまうことにもなりかねませんので止めましょう。

また、盆栽や鉢植えの梅以外は、花が咲いた後に切ってはいけません。来年の花芽も減ってしまいますから、剪定時期は気をつけてください。梅の剪定は、梅の休眠期である秋から花芽が出るまで、と覚えておきましょう。夏に切りたくなっても、我慢して10月まで待ってくださいね。

まだ葉が元気に出ているうちは枝ぶりも見にくく、どこの枝を切れば良いのかわかりません。冬になって葉がすっかり落ちた時に剪定をするのが、良い枝ぶりにするコツです。

梅の剪定後は肥料も重要

梅の剪定は梅が活動をストップさせている休眠時期に行いますが、休眠時期のもう一つ大切な作業は肥料をやることです。休眠時期にやる肥料なので即効性のあるものではなく、ゆっくりと溶け出すタイプのものがオススメです。

土に打ち込むタイプの肥料や、骨粉入りの発酵油かすの固形肥料、菜種油を搾り取ったナタネカス、鶏ふんやピートモスなど、入手しやすい肥料でかまいません。化学肥料であれば、<チッソ8、リン酸8、カリウム8>の割合のものを選べば良いでしょう。

梅の剪定で最重要【梅の特徴】

梅は、去年の枝には花をつけません。新しく成長した枝にしか、梅は花芽をつけないのです。梅は今年の花が咲き終わると、枝ができはじめます。夏に枝がぐんぐん伸びて花芽がつき、2月頃に花が咲きます。梅の芽には「花芽」と「葉芽」があります。

梅の中では夏の間に「花芽」にするものと「葉芽」にするものを仕分けます。梅の中で、まだ「花芽」にしようか「葉芽」にしようか迷っている時に剪定してしまうと、「花芽」を減らして「葉芽」を多くしてしまいます。枝を切られたことで、梅の木が危機感を覚えて枝葉を伸ばそうとするからです。夏は梅の枝が四方八方に伸びて一番邪魔な時期になりますが、ここは我慢をして10月になるまでそのままにしておきましょう。

梅の剪定では花芽と葉芽を見分けよう
「花芽」と「葉芽」の見分け方

「花芽」と「葉芽」は、花が咲かないと違いがわからないと思っている方も多いかもしれません。しかし、よく見ると芽の時期に違いがあるのがわかります。「花芽」は丸く、ふくらんでいます。「葉芽」は細くてとがっています。じっくりと観察してみましょう。

しだれ梅の剪定は方法が異なる
梅の種類

梅の種類は大きく分けると「梅の実を食べるための梅」と「梅の花を鑑賞するための梅」の2種類に分かれます。「梅の実を食べるための梅」というと高級梅干しの南高梅がよく知られていますが、それ以外にも梅ジャム用に使われる橙高(とうこう)や、梅酒用の橙高、梅酒や梅シロップに使わえるパープル南高(なんこう)など、様々な種類があります。

「梅の花を鑑賞するための梅」も多くの種類があり、大きく分けると「通常の種類の梅」と「枝垂れ梅(しだれ梅)」があります。普通の梅の木は、下に枝を伸ばしても枝垂れ梅にはなりません。枝ぶりが元から違う種類ですので、剪定方法も異なりますので注意してください。

梅の剪定方法と剪定のコツ6つ

梅の枝は、細い割にとても硬くできています。剪定バサミで無理して切ろうとすると、手の肉のほうを切ってしまったりケガをしたりします。剪定バサミで切ろうとしてダメだと思ったら、剪定ノコギリを使いましょう。一気にバッサリ切ってしまうと樹形の修正がききませんので、少しずつ切りながら遠くから樹形を見て剪定してください。

梅の剪定方法とコツその1
①幹から出ている枝を3本残す

剪定する梅の樹齢にもよりますが、まだ梅が1メートルにも満たない高さであれば、50センチ前後に幹を剪定してください。梅は横に伸びる枝ぶりを楽しむものなので、あまり高く伸びてしまうと樹形が貧相になってしまいます。

1メートルから人間の背の高さほどの梅であれば、幹から出ている枝ぶりの良いものを3本だけ残して後は剪定してしまいましょう。どの枝を残すかで迷いますが、空に向かって伸びているものを残すと良いでしょう。

また、枝を残す時には「かんぬき枝」にならないようにしてください。「かんぬき枝」とは、同じ箇所から左右対称に出ている枝のことです。左右の枝で栄養を取り合ってしまい、花付きが悪くなりますので生育の良いほうを残して剪定してください。

梅の剪定方法とコツその2
②枝から3本ほど細い枝を残す

残す3本の主枝を選んだら、それぞれの主枝から小枝を3本選びましょう。選んだ小枝以外は剪定してしまいます。残す枝ですが、上を向いている枝を残してください。内側を向いている枝や、下を向いている枝はカットしてしまいましょう。

梅の剪定方法とコツその3
③細い枝は3分の1くらいにカット

主枝から伸びている3本の小枝を選んだら、次は小枝の形を整えます。選んだ3本の小枝は、三分の一ほどの長さに剪定しましょう。そこから新しい枝が生えますので、他の枝に邪魔にならないような枝を残してください。

梅剪定における最大のコツ!
「徒長枝(とちょうし)」は必ずカット

【PR】満足度98%!お庭のお手入れお任せください!<日本全国対応>

お庭のお手入れでお困りですか?お庭の剪定・伐採・草刈などのお困りごとにはこちらのサービスがオススメです。

お見積り無料で、あらゆるお庭のお手入れの悩みに対応してくれます。請負賠償責任保険加入で、もしもの時も安心です。お庭に関する悩みを解決しませんか?

“お庭110番"

\日本全国 対応可能/

お庭のお悩み解決します!

 

  • ◆実績多数の上場企業
  • ◆現地ご相談・お見積り無料!
  • ◆お見積り後のキャンセルOK
  • ◆24時間365日受付中

関連するキーワード


剪定

関連する投稿


サツキは剪定時期を間違えると花が咲かない!庭植え・盆栽での剪定方法を紹介!

サツキは剪定時期を間違えると花が咲かない!庭植え・盆栽での剪定方法を紹介!

サツキの剪定方法を「庭植え」「盆栽」に分けて紹介。手順は動画を交えてお伝えします。また、日々のお手入れや病害虫についても解説するので見てくださいね。


さくらんぼの木の剪定方法!苗木を正しく植える方法も解説

さくらんぼの木の剪定方法!苗木を正しく植える方法も解説

さくらんぼの木を剪定したいけどどのようにしたらよいか分からないという人も多くいるのではないでしょうか。この記事ではさくらんぼの木の剪定時期や剪定方法などを詳しく解説しています。さくらんぼの苗木を植える方法も紹介しているのでぜひ参考にしてください。


失敗しないレモンの木の剪定!何年目のレモンかで変わる【正しい剪定方法】を徹底解説

失敗しないレモンの木の剪定!何年目のレモンかで変わる【正しい剪定方法】を徹底解説

上級者向けと思われがちなレモンの木の剪定方法をレモンの年代別に解説。レモンの木の剪定に適している時期や正しい剪定方法を知れば初心者でも失敗なくレモンの木を剪定できます。本記事を読んでレモンの木の剪定をすれば、来年もみずみずしく実をつけるレモンの木を育てあげることができるでしょう!


みかんの剪定方法は?時期・樹齢に合わせて解説

みかんの剪定方法は?時期・樹齢に合わせて解説

みかんは年に1度。新芽の出る2~3月に剪定するのがおすすめ。樹齢によって方法も変わります。切りすぎに注意して行いましょう。


もみじ剪定の適正時期とは?正しいもみじの剪定方法も紹介

もみじ剪定の適正時期とは?正しいもみじの剪定方法も紹介

自分でもみじの剪定をするのって難しそうと考えている人も多くいるのではないでしょうか。しかし正しい方法を理解していれば実は誰でもできてしまいます。こちらの記事ではもみじ剪定のベストシーズンから、実際にどのように剪定すれば良いかまで詳しく解説しています。こちらの記事を参考にもみじを自分で剪定できるようになりましょう!


 

ビジネスパートナー募集