暮らしのお悩み解決サイト

引越しに必須?転出届の必要書類をまとめてみた

引越しに必須?転出届の必要書類をまとめてみた

引越しをするときに最も重要な手続きと言うことができる「住民票の住所異動手続き」。住民票の住所を異動するためには、今お住まいの市区町村役場へ「転出届」を提出する必要があります。転出届を提出する際に必要な書類や注意点についてまとめていきます。


引越しをするときに最も重要な手続きと言えるが、住民票の住所異動手続き。住民票(住民基本台帳)には氏名や生年月日、性別、住所などが記載され、国民健康保険や国民年金、児童手当などの行政サービスの基礎となっています。住所が変わったら速やかにこの住民票の住所異動を申請する必要があるわけです。

さて、住民票の住所を異動するためには、今お住まいの市区町村役場へ提出すべきものがあります。それが、「転出届」です。今回は転出届を提出する際に必要な書類や注意点についてまとめていきます。

転出届とは?

まずはじめに、転出届とは何か、どのタイミングで必要で、どのように申請するのかなど、「転出届」そのものについて知識をつけておきましょう。

1.旧住所から転出(住所変更)するための届出

転出届とは、旧住所から転出(住所変更)するための届出のことです。「今住んでいる市区町村を出ていきますよ」という届出ですので、引越しをするときには必ず行うべき手続きです。転出届を申請すると、「転出証明書」というものを発行してもらえます。実はこの「転出証明書」は、引越し先の市区町村に転入を申請する際に必要なもの。つまり、旧住所の市区町村に転出する旨をきちんと申請しておかないと、引越し先の市区町村へ住所をうつすことができない仕組みになっているわけです。

2.「転居届」との違い

引越しの際に旧住所に申請する手続きとして、「転出届」のほかに「転居届」というものがあります。「転出届」とは、前述の通り、旧住所の市区町村を出ていくための届出のこと。これに対し、「転居届」とは、同じ市区町村内での住所変更をするために行う届出のことです。転居届の場合、手続きは引越し前ではなく、引越し後に一度きり。新住所に住み始めてから14日以内に行います。同じ市区町村へ住所をうつすため、転入の申請をする必要もありません。

3.申請方法

① 市区町村役場へ出向いて手続き

転出届の申請方法として最もポピュラーな方法は、旧住所の市区町村役場へ直接出向いて手続きを行う方法でしょう。必要書類を持参したうえで備え付けの「転出届」の用紙に必要事項を記入。窓口へ提出すると、「転出証明書」を発行してもらうことができます。あわせて市区町村役場で済ませておきたい手続きも済ませておきましょう。

② 郵送で手続き

直接市区町村役場へ出向くことが難しい場合は、郵送で手続きを行うこともできます。市区町村役場のホームページをのぞいてみると、郵送での転出届の手続き方法が記載されています。市区町村によって手続き方法に少し違いがありますので、記載されている方法に則って手続きを行いましょう。

ホームページからダウンロードした申請書や必要事項を記入した用紙に、本人確認書類の写しなどの必要書類、切手を貼付した返信用封筒を添えることで対応してもらえる場合がほとんどでしょう。転出証明書が届くまでは、3~7日程度が目安です。

③ 代理人による手続

転出届は、代理人による申請も可能です。委任状などの必要書類を用意したうえで市区町村役場へ出向き、備え付けの転出届に必要事項を記入し、窓口へ提出します。代理人による手続きの場合は、代理人の本人確認書類が必要となりますので忘れずに。

④ 申請する時期について

転出届を申請できる時期は役所によってさまざまです。引越しが決まればいつでも申請ができる役所もあれば、引越しの日の14日前からしか受け付けてもらえない役所もあります。引越しが決まった時点で市区町村役場へ確認しておくと安心でしょう。

もし転出届の手続きを行わずに引越しを済ませてしまったら、引越し後14日以内であれば転出証明書を発行してもらうことが可能です。ただし、引越し先で行う「転入届」の手続きは、新住所に引っ越したあと14日以内に行うよう義務付けられています。遠方に引越しをする場合などは特に時間に余裕を持って手続きをしておくのをおすすめします。

4.発行してもらった「転出証明書」の使い方

転出届の手続きを行うことで「転出証明書」を発行してもらえるわけですが、この証明書は単に「転出の手続きを済ませましたよ」という証明のためにわたしたちに渡されるわけではありません。引越し先の市区町村役場へ転入届と一緒に提出する必要があります。しかも、前にも述べましたが、その転入の手続きは引越してから14日以内行う必要がありましたよね。引越しの荷物にまぎれてどこかにいってしまった、なんてことにならないよう、しっかりと管理しておきましょう。

5.転出届の手続きを行わないと…

転出届の手続きを行わないと、次の住民がその住所への転入の届出をしようとしたときにあなたが住んでいるという間違った情報を削除することになります。すると、あなたは住民票がどこにもない「住所不定」といった状態になり、社会人としての信用を大きく落とすことになるでしょう。

さらに、転出証明書がないと転入届の手続きを行うことができません。転入届は引越しをしてから14日以内にきちんと行わないと、5万円以下の過料(前科が付かない法令違反)を科せられる場合があります。転出届の手続きはどんなにいそがしくても必ず済ませるようにしておきましょう。

申請に必要な書類一覧

【PR】単身引越しやオフィス移転も信頼できる業者に依頼しませんか

店舗移転から自宅の引越し、大きな家具の移動など引越し業者を探しましょう。「引越しの準備から相談に乗ってくれる業者が見つかるかしら?」「ピアノの移動にはいくらくらかかるの?」そんなときこそ、信頼できる引越し業者が見つかるこちらのサービスがオススメです。

引越し業者登録数、日本最大級!かんたん・お得な見積もり体験を、ミツモアで。

ミツモア_引越し

\依頼者430,000人突破/

24時間依頼可能!0円で依頼し放題

 

  • ▼カンタン2分の操作で依頼完了!
  • ▼最大5名のプロから見積もりが届く。
  • ▼無料チャットで条件や料金を調整!
  • ※依頼完了後、いつでもキャンセル可能です
  • ※しつこい営業はありません

関連するキーワード


引越し準備

関連する投稿


引越し挨拶の粗品で喜ばれるもの10選!喜ばれないものやマナーも紹介

引越し挨拶の粗品で喜ばれるもの10選!喜ばれないものやマナーも紹介

あなたの第一印象を決める引越しの挨拶回りは粗品選びも重要です。記事では引越しの挨拶回りに喜ばれる粗品と喜ばれないもの、引越し挨拶のマナーを紹介していきます。気遣いを感じられるこだわりの粗品で印象アップを狙いましょう! 


引越し準備のチェックリスト!7つの時期にまとめてみた

引越し準備のチェックリスト!7つの時期にまとめてみた

引越しをする時にやるべきことはたくさんあります。目についたことから闇雲に手をつけてしまっては、やるべきことが混乱状態に。引越しを決めたらまずやるべきことを書き出して、チェックリストを作成してみましょう。引越し作業がスムーズに進むこと間違いなしです。


引越のコツを全部まとめてみたら5つだった

引越のコツを全部まとめてみたら5つだった

引っ越しが決まったけど、どこから手を付ければ良いのかわからないものですよね。荷造りが億劫でなかなか進まない……と思っている方も、もっと効率良く作業を進めたいなあ……と思う方にも知って頂きたい引っ越しのコツをご紹介します!


引越で冷蔵庫を準備する7つの方法。電源は前日?水抜きや運び方は?

引越で冷蔵庫を準備する7つの方法。電源は前日?水抜きや運び方は?

冷蔵庫の引越しをするとき、単純にコンセントを抜いてそのまま運んでしまえばOK!…というわけではもちろんありません。複雑な構造でその機能を保っている冷蔵庫だからこそ、必要な準備があります。冷蔵庫を引越しするために準備しておくべき7つの方法や注意点について紹介していきます。


引越しの段取り6ステップを徹底研究!

引越しの段取り6ステップを徹底研究!

引越しはやることが多すぎて、何から手をつけて良いのかわからなくなりがち。スムーズな引越しを行うためには、引越し前から引越し当日、そして引越し後と、正しい段取りで計画的に進めていくのが正解です。 引越しの段取り6ステップを徹底研究し、スムーズで効率的な引越しを実現してみませんか?


 

ビジネスパートナー募集