暮らしのお悩み解決サイト

引越のコツを全部まとめてみたら5つだった

引っ越しが決まったけど、どこから手を付ければ良いのかわからないものですよね。荷造りが億劫でなかなか進まない……と思っている方も、もっと効率良く作業を進めたいなあ……と思う方にも知って頂きたい引っ越しのコツをご紹介します!


引っ越しはやることが多くて、どこから手を付ければ良いのか……と途方に暮れてしまう方も多いと思います。仕事や家事の合間を縫って準備を進めるのはとても大変ですよね。
でも大丈夫!引っ越し準備には5つのコツがあるんです。ここでは、効率良く引っ越し準備を進めるために知っておきたい5つのコツをご紹介します。

引越し準備、5つのコツ

① 必要なものを揃える

引っ越し準備に必要なものを揃えましょう。家に備えてあるものも多いですが、途中で足りなくならないよう、多めに用意しておくことをおすすめします。

・滑り止めのついている軍手
・はさみ、カッターナイフ
・ガムテープ(丈夫な布テープがおすすめ!)
・プチプチ等の梱包材
・荷造りひも
・油性ペン
・大きめの付箋(メモを貼れるので便利)
・丈夫なビニール袋、ジップロック等
・ぞうきん等の掃除道具
・ドライバー

必要なものを揃えたら、かご等にひとまとめにしておきましょう。
引っ越し作業はいろいろな荷物が散乱しやすいので、必要なものはすぐに取り出せるようにしておくと良いですね。

② あると便利なもの

引っ越し作業をスムーズに進めるために、持っておくと便利なものをふたつご紹介します。
ひとつは「マスキングテープ」です。ラッピング等に使う可愛い柄がついているものでなく、本来の用途である建築用の安価なものでOK!剥がしやすいので、ケーブル等の仮止めやキャップのふたの補強に使えます。家具や家電のラベリングも、テープに書いて貼っておけば簡単に剥がすことが出来ますし、高価な家具等を汚すこともありません。
ふたつめのおすすめは、「梱包フィルム」です。ダンボール等をまとめるための大きなラップのようなもので、大きくてかさばるゴミを圧縮するのに効果を発揮します。他にもパンフレットやDVD等のばらけやすいものをまとめると、すっきりわかりやすく箱詰めできます。
どちらもホームセンターで購入できますので、買い出し予定がある方は検討してみても良いかもしれませんね。

③ ダンボールは一部屋にまとめる

徐々に増えていくダンボールは、入れる部屋を決めてまとめるようにしましょう。
各部屋にダンボールを積み上げると、生活の邪魔になるだけでなく、どこまで荷造りが終わっているのかがわかりにくくなってしまいます。
荷造りの終わったダンボールは、玄関から遠い部屋にまとめておくようにしましょう。一部屋にまとめておくことで、引っ越し当日の運び出しがスムーズになりますし、積み残しを防ぐことも出来ます。

④ 家電の水抜きは前日から

冷蔵庫やエアコンは中に冷媒が入っている関係上、電源を切った後の水抜きが必要です。
特に冷蔵庫は中身をカラにしなくてはいけないので、数日前から食べて減らせるように計画的に食材を使っていくようにしましょう。
特に冷凍食品は、冬でも凍ったままで持ち運ぶのは困難です。処分するなり食べるなりして、必ずカラにしておきましょう。製氷皿の氷も処分して、霜取りもしておくことをおすすめします。
引っ越しの前日までには水抜きを済ませて庫内を掃除しておきましょう。電源を切ったら、ドアは開けておくことをおすすめします。中にこもったニオイが抜けるので、転居先ではすっきりキレイな状態で使えますよ。

⑤ 各種契約の引っ越しも忘れずに

住む場所が変わるということは、さまざまな契約にも変更が必要になります。電気やガス等のインフラだけでなく、保険やインターネットの契約も住所変更や解約の手続きをしておくようにしましょう。
特に、色々な調べものに欠かせないインターネットはすぐに使いたいものですよね。空白期間が空かないためには、事前に調整しておくことが大切です。
また、郵便物の転送手続きも直前になると忘れてしまいがちです。できるだけ早めに手続きしておくようにしましょう。

引越し荷造りのコツ

引っ越しの荷造りは、荷物が破損しないだけでなく、荷解きのことも考えて進めたいものです。
ここでは、荷造りにワンステップ加えるだけで、格段に作業が進めやすくなるコツをご紹介しています。

荷物をグループ分けしよう

家の中をブロックに分けてみましょう。
「リビング・キッチン・水まわり・各自の部屋」といった感じで、用途別にブロッキングします。そして、各ブロックをさらにグループに分けて荷造りしていきます。
例えばキッチンであれば「リビング→食器棚→来客用」と、より用途を細分化していくと考えれば良いでしょう。それをダンボールにも記入することで、必要なものだけを手早く取り出すことができます。
また、ダンボールには引っ越し後の行先も書いておきましょう。どの部屋に運んでもらうかが明確になっていると、作業時間の短縮にもつながります。

箱詰めするときのポイント

引っ越しで一番時間がかかる作業は、なんといってもダンボールに荷物を詰めていく作業です。
できるだけ効率よく進めたいものですよね。でも、目についたところから箱詰めしていくのは厳禁です。
スムーズに箱詰めをしていくには「使用頻度の少ないものから詰めていく」ということを念頭に置くのがポイントです。
例えば、季節に合わない衣類や寝具、アウトドア用品、来客用の食器や布団等、引っ越しまで使う予定のないものは、早々に箱詰めしてしまいましょう。
他にも日持ちする食品のストックやタオルの洗い替え等、「必要なものだけど、すぐには使わない」というものは意外と多いはず。2週間を目安にして考えてみましょう。

ダンボールの組み立て方

安全に荷物を運んでもらうために気を付けたいのが、ダンボールの組み立て方です。
底面を交互に組み込むのは絶対にNGです。底が抜ける可能性が高いですし、たとえガムテープで補強しても積み込むときに安定が悪いので、とても危険です。
丈夫な布テープを使って、きっちり十字に貼り込みましょう。使用済みのダンボールを使う場合は、元々貼られていたテープは剥がしてから使うことをおすすめします。
引っ越し当日に余計な手間が増えることのないよう、ダンボールは正しく組み立てることが大切です。

http://www.0003.co.jp

【PR】単身引越しやオフィス移転も信頼できる業者に依頼しませんか

店舗移転から自宅の引越し、大きな家具の移動など引越し業者を探しましょう。「引越しの準備から相談に乗ってくれる業者が見つかるかしら?」「ピアノの移動にはいくらくらかかるの?」そんなときこそ、信頼できる引越し業者が見つかるこちらのサービスがオススメです。

引越し業者登録数、日本最大級!かんたん・お得な見積もり体験を、ミツモアで。

ミツモア_引越し

\依頼者430,000人突破/

24時間依頼可能!0円で依頼し放題

 

  • ▼カンタン2分の操作で依頼完了!
  • ▼最大5名のプロから見積もりが届く。
  • ▼無料チャットで条件や料金を調整!
  • ※依頼完了後、いつでもキャンセル可能です
  • ※しつこい営業はありません

関連するキーワード


引越し準備

関連する投稿


引っ越し手伝いのお礼金額は?家族・便利屋・業者・友人・会社関係

引っ越し手伝いのお礼金額は?家族・便利屋・業者・友人・会社関係

引越しのお手伝いをしてもらったら、そのお礼をするのがマナーです。引越しのお手伝いにおけるお礼の金額の相場や、人間関係を壊さないための注意点などについて知識をつけ、相手の方に気持ち良く引越しのお手伝いをしてもらいましょう。


引越しの食器の梱包方法・プチプチ・ダンボールの詰め方

引越しの食器の梱包方法・プチプチ・ダンボールの詰め方

引越しの荷造りの中でも特に難しい「食器」「割れ物」を梱包するコツを解説しています。ワイングラスやきゅうす、ビンなどの梱包方法や、新聞が無い時の梱包方法、便利な梱包グッズなどの説明や、やってはいけない梱包方法もアドバイスしています。


エアコンは引越し先に持っていく?取り外しトラブルは?自分でできる?

エアコンは引越し先に持っていく?取り外しトラブルは?自分でできる?

エアコンの引越し作業は専門的な知識や技術が必要です。そのため、エアコンの引越しはプロの業者へ依頼をするのが得策と言えます。エアコンを引越しさせるための5つの手順や注意点を知り、エアコンを上手に引越しさせましょう。


引越しのゴミ処分方法7つ!粗大ごみ回収・間に合わない場合・どうする?

引越しのゴミ処分方法7つ!粗大ごみ回収・間に合わない場合・どうする?

引越しの際に出るゴミや不用品を処分する方法について、7つのポイントを紹介します。それぞれの具体的な処分方法や、処分する前の準備についてチェックして、引越し前にゴミを片づけましょう。また、不用品業者を利用する際の費用や選び方についても解説します。


転出届・転入届・転居届の手続きと書き方・提出期限は?期限が切れたら?

転出届・転入届・転居届の手続きと書き方・提出期限は?期限が切れたら?

現在住んでいる場所から引越しをする際、役所で転出届・転入届・転居届の手続きを行う必要があります。しかし、書き方や提出期限について詳しく知らないという人も多いでしょう。そこで、書類の書き方や期限が切れたらどうなるのかを紹介します。


 

ビジネスパートナー募集