暮らしのお悩み解決サイト

引越し準備のチェックリスト!7つの時期にまとめてみた

引越し準備のチェックリスト!7つの時期にまとめてみた

引越しをする時にやるべきことはたくさんあります。目についたことから闇雲に手をつけてしまっては、やるべきことが混乱状態に。引越しを決めたらまずやるべきことを書き出して、チェックリストを作成してみましょう。引越し作業がスムーズに進むこと間違いなしです。


引越しをする時に、まずやるべきこととして思い浮かぶことは、荷造りをすることだと思います。確かに荷造りはとても重要な作業ですが、引越しにはほかにもたくさんのやるべき事があります。公的な手続きだったり、不用品の処分だったり、電話回線やネット回線、ライフラインの契約解除(もしくは継続手続き)だったり…その膨大な量に思わず辟易してしまうことも。

そんな時こそチェックリストの出番です。目についたことから闇雲に手をつけていくよりも、やるべきことを書き出し、計画的に進めてみませんか? きっとうっかり忘れてしまうなんてこともなく、余裕をもって引越し作業に取り組むことができるはずです。

引越し準備にチェックリストが必要な理由

1.やるべきことの明確化・計画化

「引越し」とひと言で言っても、その作業内容は多岐にわたります。まず、住民票の異動などの公的な手続きをする必要があります。そして、電気・ガス・水道などの利用を停止するためにそれぞれの会社に連絡をいれる必要があります。また、荷物の梱包にも、最初に梱包をしておいた方が都合のいいものや、引っ越しの日の前日まで梱包をしないほうがいいものなど、それぞれの荷物に合わせて梱包をすべきタイミングがあります。

これらのやるべきことやその手順を頭の中では考えていても、あまりのやるべきことの多さに、ついうっかり忘れてしまったりするものです。この「ついうっかり忘れてしまう」状態を未然に防ぐために、チェックリストを作り、やるべきことの明確化・計画化を図ってみましょう。頭の中で複雑に詰め込まれていた「やるべきこと」がすっきりと整理され、引っ越し作業をスムーズに運んでくれることでしょう。

2.二度手間を防ぐ

前述の通り、引っ越しには様々な作業がありますが、その中でも公的な手続きに関しては特に計画的に進めていく必要があります。なぜなら、これらの手続きを計画的に進めていくことによって、何度も市区町村役場に行ったり来たりせずに、一度にまとめて手続きを済ませてしまうことができるためです。忙しい引っ越し作業の合間に行うことですから、なるべく一度で手続きを済ませておきたいですよね。

また、公的な手続きの中には、引越し前に住んでいる住所の市区町村役場で行わなければならない手続きが多々あります。引越してしまったあとにそれらの手続きを行おうとした場合(遠方に引越した場合は特に! )、大変な手間がかかってしまうのです。

引越しを決めたらすぐにやるチェックリスト

新居や引越しの日程が決まったらまずやることについて、チェックリストにしてみましょう。

引越しのやることチェックリスト|その1
①粗大ゴミや不用品の処分

今回の引越しを機に捨てていく粗大ゴミや不用品の処分を済ませておきます。粗大ゴミや不用品をいつまでも置いておくと、引越しをする上で作業スペースが狭くなってしまいます。これでは引越し作業がスムーズに行えません。

また荷物の量は見積もり額にも直結します。運ぶ荷物の量が少ないほど引越し費用も安くなるものです。

まずは大体でもいいので「新居に絶対持って行く物」と「引越し前に処分する物」で分けておきましょう。

不用品の処分方法は、自治体に依頼をして回収してもらう方法が一般的でしょう。ただし、自治体では引き取ってくれない家電もあるため、その場合は家電量販店やメーカーへ問い合わせてみる必要があります。

その他不用品回収会社にまとめて処分を依頼する方法や、リサイクルショップなどで売る方法などもありますので、検討してみましょう。

タスクルの不用品回収

タスクルの不用品回収

タスクルの不用品回収は独自の審査に合格した優良プロ店舗のみから最大5社の見積もりを徹底比較!チャットでのやり取りで不要な電話営業に悩まされることもありません。

荷物をできるだけ少なくして、引越し費用全体を抑えましょう!

引越しのやることチェックリスト|その2
②引越し業者を選ぶ

新居や引越しの日程が決まったら、まず引越し業者を選びましょう。安心、満足のできる引越しを行うために、業者選びはとても重要です。引越し日の約1カ月から2週間前までには業者選びを済ませておくと安心でしょう。引越し日が迫ってからバタバタと引越し業者を決めてしまうと、金額やサービスの面で納得のいく引越し業者を選ぶことが難しくなってしまいます。

また、引越し料金には決まった金額というものがなく、様々なシチュエーションに左右されます。たとえば、引越しをする時期や時間帯、荷物の量、荷物を運ぶ距離などです。引越し業者によってオプションも異なりますし、サービス内容も様々です。複数の業者に見積もりを依頼し、自分たちの要望に合った引越し業者を選ぶことが大切です。

引越しのやることチェックリスト|その3
③今住んでいる家の退去申告

賃貸契約で家を借りている場合は、賃貸借契約書の「退去」について記載されている部分をよく
確認してみましょう。そこに定められた方法に則って、退去をする旨や退去日について申告します。退去日は、引越し費用や、新居の家賃が発生する日などをよく考慮した上で、上手に調整をすることによって、引越し料金を少しでも安く抑えることができます。

また、駐車場を借りている場合は、同時に駐車場の解約手続きも行っておくと良いでしょう。何かと出費が嵩む引越しです。申告が遅れてしまうと余計な賃料が発生してしまう可能性がありますので、必ず早めに済ませておきましょう。

引越しのやることチェックリスト|その4
④ダンボールや梱包材の準備

荷造りをする際に、大体の持ち物をダンボールに詰め込んでいくことになると思います。わたしたちの持ち物をダンボールに詰め込んでいくと、1人あたり大体20個のダンボールが必要と言われています。

ダンボールは、スーパーなどの食料品店でお金をかけずに調達をすることも可能です。しかし、その耐久性はまちまちで、運んでいる間に破損してしまうこともあります。家族が多ければ枚数もたくさん必要ですし、集めるのも大変です。

その点、引越し業者で用意しているものであれば耐久性に優れていて破損の心配も少ないですし、必要な枚数分用意してもらえますので、安心です。また、業者によってはダンボールの上面や側面に、番号や中身の詳細が書き込めるようになっており、新居へ運び入れる際や、荷ほどきの際にもとても便利です。

引越しのやることチェックリスト|その5
⑤ 幼稚園、保育園の手続き

5-1.幼稚園を転園する場合

幼稚園を転園する場合は、入園する時と同様に親子の面談をしたり、入学金や必要書類を準備しておく必要があります。幼稚園によって手続きが異なりますので、入園先に確認し、手続きを済ませておきましょう。

【PR】単身引越しやオフィス移転も信頼できる業者に依頼しませんか

店舗移転から自宅の引越し、大きな家具の移動など引越し業者を探しましょう。「引越しの準備から相談に乗ってくれる業者が見つかるかしら?」「ピアノの移動にはいくらくらかかるの?」そんなときこそ、信頼できる引越し業者が見つかるこちらのサービスがオススメです。

引越し業者登録数、日本最大級!かんたん・お得な見積もり体験を、ミツモアで。

ミツモア_引越し

\依頼者430,000人突破/

24時間依頼可能!0円で依頼し放題

 

  • ▼カンタン2分の操作で依頼完了!
  • ▼最大5名のプロから見積もりが届く。
  • ▼無料チャットで条件や料金を調整!
  • ※依頼完了後、いつでもキャンセル可能です
  • ※しつこい営業はありません

関連するキーワード


引越し準備

関連する投稿


引越し挨拶の粗品で喜ばれるもの10選!喜ばれないものやマナーも紹介

引越し挨拶の粗品で喜ばれるもの10選!喜ばれないものやマナーも紹介

あなたの第一印象を決める引越しの挨拶回りは粗品選びも重要です。記事では引越しの挨拶回りに喜ばれる粗品と喜ばれないもの、引越し挨拶のマナーを紹介していきます。気遣いを感じられるこだわりの粗品で印象アップを狙いましょう! 


引越のコツを全部まとめてみたら5つだった

引越のコツを全部まとめてみたら5つだった

引っ越しが決まったけど、どこから手を付ければ良いのかわからないものですよね。荷造りが億劫でなかなか進まない……と思っている方も、もっと効率良く作業を進めたいなあ……と思う方にも知って頂きたい引っ越しのコツをご紹介します!


引越で冷蔵庫を準備する7つの方法。電源は前日?水抜きや運び方は?

引越で冷蔵庫を準備する7つの方法。電源は前日?水抜きや運び方は?

冷蔵庫の引越しをするとき、単純にコンセントを抜いてそのまま運んでしまえばOK!…というわけではもちろんありません。複雑な構造でその機能を保っている冷蔵庫だからこそ、必要な準備があります。冷蔵庫を引越しするために準備しておくべき7つの方法や注意点について紹介していきます。


引越しの段取り6ステップを徹底研究!

引越しの段取り6ステップを徹底研究!

引越しはやることが多すぎて、何から手をつけて良いのかわからなくなりがち。スムーズな引越しを行うためには、引越し前から引越し当日、そして引越し後と、正しい段取りで計画的に進めていくのが正解です。 引越しの段取り6ステップを徹底研究し、スムーズで効率的な引越しを実現してみませんか?


エアコンは引越し先に持っていく?取り外しトラブルは?自分でできる?

エアコンは引越し先に持っていく?取り外しトラブルは?自分でできる?

エアコンの引越し作業は専門的な知識や技術が必要です。そのため、エアコンの引越しはプロの業者へ依頼をするのが得策と言えます。エアコンを引越しさせるための5つの手順や注意点を知り、エアコンを上手に引越しさせましょう。


 

ビジネスパートナー募集