暮らしのお悩み解決サイト

引越しで家電を梱包する10のコツ♪ミスると故障することも

引越しで家電を梱包する10のコツ♪ミスると故障することも

引越しをするにあたって、運搬作業中の故障や破損が心配な荷物の代表である「家電」。家電を梱包する際は、家電ごとの特徴を理解した上で適切に作業を行うことが大切です。引越しで家電を梱包する10のコツや、梱包する上で用意しておきたいアイテムなどについて知り、安全に家電を引越しさせましょう。


引越しをするにあたって、運搬作業中の故障や破損が心配な荷物の代表である「家電」。引越し中に事故を起こさないために、しっかりと梱包しておきたいものです。

今回は、引越しで家電を梱包する10つのコツについて紹介していきます。梱包する上で用意しておきたいアイテムや移動、設置の際の注意点にも触れていきますので、家電の引越しを控えている方必見ですよ!

家電の梱包前にやっておくべき大型ゴミの処分

引越し準備で出やすいのが大型ゴミ。「粗大ゴミに出すのはもう間に合わない!」そんなときに頼りになるのが不用品回収業者。しかしできるだけ安くすませたいのが本音です。

「エコノバ」では無料で不用品回収業者を最大5社から一括見積り。めんどうな会員登録も不要です。また紹介先は厳しい審査基準をクリアした信頼のおける専門業者なので、安心して利用できますよね。

荷物自体が少なくなれば思いがけず引越費用が安くなる可能性もあるので、不用品は早めに処分しましょう。

無料見積り後は対応業者から連絡がくるので細かい内容を相談しましょう。「連絡がたくさん来てわずらわしい」と思うかもしれません。

しかし口コミでは「ほかの業者の見積もり額を伝えることでより安く依頼できた」という経験をお持ちの方もいます。

有料の不用品回収を賢くお安く利用するためには、めんどくさがらず相談することが重要。まずは以下のリンクから、お気軽に無料の一括見積りをしてみましょう。

引越しで家電を梱包する10のコツ

まず、家電を自分で梱包する場合のコツについて家電別に紹介していきます。梱包のコツを掴み、家電を安全に引越しさせましょう。

1.冷蔵庫

冷蔵庫の引越しが簡単ではないことは、その大きさや重さのことを考えただけで想像に容易いことでしょう。冷蔵庫の梱包方法についてみていきましょう。

① 冷蔵庫は梱包前に水抜きを!
冷蔵庫は、梱包をする前に水抜き作業済ませておく必要があります。水抜き作業を怠ってしまうと、運搬中に水が漏れ出してしまい、冷蔵庫本体の破損を引き起こしたり、ほかの荷物を濡らしてしまう原因となります。

② 冷蔵庫の水抜きの方法
冷蔵庫の水抜きの手順は、下記のとおりです。遅くても引越しの前日の午前中までに済ませましょう。

1 冷蔵庫の中身を空にして、ドアを開ける
2 冷蔵庫の電源を切り、コンセントを抜く
3 翌日、蒸発皿(水受けのトレイやタンク)に溜まった水を捨てる
4 水気を拭き取る

そのほか、霜がつくタイプの冷蔵庫は、霜取り作業も必要。蒸発皿がないタイプの冷蔵庫は、傾けて水を流し捨てる作業が必要です。取扱説明書を確認しながら正しい方法で行いましょう。

③ 冷蔵庫の梱包方法
冷蔵庫の前面をエアーキャップで覆います。さらに、その上からダンボールでしっかりと覆います。続いて、冷蔵庫の背面も同様に、エアーキャップとダンボールを使って覆います。最後に、巻きダンボールを使って全体を梱包していきます。天井部分と床部分も忘れずに巻きダンボールで梱包しましょう。

冷蔵庫や洗濯機だけの運搬なら「家具の輸送」を利用するのも手!

なるべくお金をかけずにワンボックスカーを借りて引っ越ししよう。でも思った以上に大型家電の運搬が大変すぎる…!そんな方におすすめなのが「くらしのマーケット」の「家具の輸送」サービス

素人での梱包・輸送が難しい大型家電や家具の輸送はプロの業者に、細々したアイテムは自分たちで引っ越しさせれば大手の引越し業者に頼むよりお安く、かつ簡単に引っ越しが終わります。

口コミ評価の高い業者なら事前の連絡も早くて丁寧!利用者の口コミが充実している「くらしのマーケット」なら安心して利用することができるでしょう。

家具輸送の料金相場は3辺の合計が~200cmの場合で8,000円~9,000円。業者により多少上下するので口コミ・料金表・作業内容をしっかり確認して、気になる業者にサイト内のメッセージ機能で連絡をとってみましょう。

もちろん、くらしのマーケット自体は無料で利用できます。実際にかかるお金は作業金額のみ。

引越し繁忙期になると希望の日時での予約はかなり取りにくくなります。高評価で人気の業者を選びたいなら以下リンク先の公式ページにて「引越し」カテゴリからさっそく検索してみましょう。

2.洗濯機

洗濯機の世帯普及率は冷蔵庫に次いで高く、こちらも98パーセント以上(総務省「平成26年 全国消費実態調査結果」より)にのぼります。

洗濯機は冷蔵庫に大きさこそ負けるものの、立派な大型家電。それなりに大きくて重量もあるため、簡単には運べません。洗濯機を安全に運搬するための梱包方法についてみていきましょう。

① 洗濯機は梱包前に水抜きを!
洗濯機は引越しの前日までに水抜き作業を済ませておきます。こちらも冷蔵庫と同様、水抜き作業を怠ることで洗濯機本体の故障や他の荷物を濡らしてしまう原因となりますので、しっかり済ませておきましょう。

② 洗濯機の水抜き方法
一般的な全自動洗濯機における水抜きの手順は下記のとおりです。

1 蛇口の給水栓を閉める
2 スタートボタンを押し、しばらくしたら電源を切る
3 給水ホースを外す
4 再びスタートボタンを押して、脱水ボタンを押す(時間は1番短い時間に設定してOK)
5 脱水が完了したら、洗濯槽内にある水気を拭き取る
6 最後に排水ホースを外す

以上で洗濯機の水抜き作業は完了です。取扱説明書をよく確認しながら作業を進めましょう。

③ 洗濯機の梱包方法
洗濯機全体をエアーキャップで全体を包み込むように覆います。その後、ダンボールでしっかりと包み込み、最後に巻きダンボールを使って全体を梱包しましょう。コンセントやホースなどは、洗濯機の中に入れておくと紛失しません。

3.炊飯器

炊飯器の梱包方法を見ていきましょう。


① 電気釜の中の釜の取り扱いに注意
炊飯器の内側の釜は、中に入れたまま運んでしまうと振動で動き、炊飯器本体を傷つけてしまいます。そのため、別々に梱包して運びましょう。もしくは、本体と釜を養生テープで固定しておけば中で動きませんので分けずに梱包することができます。

② 炊飯器の梱包方法
炊飯器の本体は、新聞紙を使って全体を包み込み、ダンボールに詰めましょう。炊飯器の内側の釜も新聞紙を使って包むか、養生テープを使って本体に固定しておきましょう。

4.エアコン

エアコンを運搬するための梱包方法です。

② エアコン室内機の梱包方法
エアコン室内機を梱包する際は、密封してしまわないことが大切です。エアコン室内機はカビが発生しやすく、引越しをする間の少ない時間であってもカビが発生してしまう恐れがあるためです。カビが発生してしまうと、新居でエアコンを使うときにカビを原因とする嫌なにおいがしてしまいます。

そのため、エアコンの室内機の梱包はゆったりと行うことが鉄則。通気性の悪いビニールやエアーキャップなどで梱包するのはおすすめできません。新聞紙や布、ダンボールなどを利用して空気の通り道をつくりながら、ゆったりと梱包しましょう。

① エアコンの取り外し・取り付けは業者へ
エアコンを運ぶには、まずエアコンを取り外す必要があります。エアコンの取り外し作業は複雑な工程になっていますので、プロに任せた方が安心。無理に自分でやろうとすると、エアコンの不具合や破損の原因となってしまいます。

また、新居での取り付け作業も業者にお任せした方が無難です。エアコンが壊れてしまっては元も子もありません。運搬作業を自分で行う場合でも、取り外し・取り付け作業は業者にお願いしましょう。

② エアコン室内機の梱包方法
エアコン室内機を梱包する際は、密封してしまわないことが大切です。エアコン室内機はカビが発生しやすく、引越しをする間の少ない時間であってもカビが発生してしまう恐れがあるためです。カビが発生してしまうと、新居でエアコンを使うときにカビを原因とする嫌なにおいがしてしまいます。

そのため、エアコンの室内機の梱包はゆったりと行うことが鉄則。通気性の悪いビニールやエアーキャップなどで梱包するのはおすすめできません。新聞紙や布、ダンボールなどを利用して空気の通り道をつくりながら、ゆったりと梱包しましょう。

③ エアコン室外機の梱包方法
エアコン室外機も水分が出てくる可能性があるため、水を吸い取ってくれる新聞紙や布、ダンボールなどを利用して梱包しましょう。ただし、室外機はかなり重いため、梱包することで持ちにくくなってしまいます。荷台にあらかじめ布を広げておき、その上まで室外機を運んでそのまま包み込む方法がおすすめです。

5.パソコン

パソコンは大変デリケート。少しの衝撃で破損したり、中のデータが消えてしまったりすることもありますので、運搬には注意が必要です。

① まずはパソコンのデータをバックアップ!
パソコンを梱包する前に、パソコン内のデータをしっかりバックアップしておきましょう。パソコンのデータをバックアップするには、外付けハードディスクやUSBメモリなどの記録メディア、クラウドストレージなどを利用してデータを移動する方法があります。

大切なデータが消えてしまっては大変ですので、データは自分でしっかり守りましょう。

② ノートパソコンの梱包方法
ノートパソコンの梱包方法は下記の手順で行います。

1 ノートパソコンとケーブル、付属品をエアーキャップで包み、テープで固定する
2 ノートパソコンより少し大きめのダンボールにノートパソコンとケーブル、付属品を入れる
3 ダンボールに新聞紙を隙間なく敷き詰める
4 フタを閉める

③ デスクトップパソコンの梱包方法
デスクトップパソコンの梱包方法は下記の手順で行います。

1 ケーブルや付属品をエアーキャップで包み、テープで固定する
2 デスクトップパソコン本体をエアーキャップで包み、テープで固定する
3 パソコンモニターの液晶画面にタオルをあて、小さく切ったダンボールを使って固定する
4 エアーキャップでモニター全体を包み、テープで固定する
5 ケーブルや付属品、パソコン本体、パソコンモニターをダンボールに入れる
6 新聞紙を隙間なく敷き詰める
7 小さく切ったダンボールを上に被せてガムテープで固定する
8 フタを閉める

箱詰めが完了したら、パソコンとわかるように赤字で注意書きを添えておくと安心でしょう。

6.掃除機

【PR】単身引越しやオフィス移転も信頼できる業者に依頼しませんか

店舗移転から自宅の引越し、大きな家具の移動など引越し業者を探しましょう。「引越しの準備から相談に乗ってくれる業者が見つかるかしら?」「ピアノの移動にはいくらくらかかるの?」そんなときこそ、信頼できる引越し業者が見つかるこちらのサービスがオススメです。

引越し業者登録数、日本最大級!かんたん・お得な見積もり体験を、ミツモアで。

ミツモア_引越し

\依頼者430,000人突破/

24時間依頼可能!0円で依頼し放題

 

  • ▼カンタン2分の操作で依頼完了!
  • ▼最大5名のプロから見積もりが届く。
  • ▼無料チャットで条件や料金を調整!
  • ※依頼完了後、いつでもキャンセル可能です
  • ※しつこい営業はありません

関連するキーワード


引越し準備 家電引越し

関連する投稿


引越しダンボールの安い入手方法!業者にもらえるサイズやほかの調達方法は?

引越しダンボールの安い入手方法!業者にもらえるサイズやほかの調達方法は?

引っ越しにダンボールは欠かせませんが、できればお金はかけたくないもの。記事では引っ越し業者別に無料でもらえるダンボールのサイズや上限枚数、引越し業者以外からタダまたは格安で調達する方法について解説しています。


引越し準備はいつから?一人暮らしの場合は?準備期間中にやる25のこと

引越し準備はいつから?一人暮らしの場合は?準備期間中にやる25のこと

引っ越し準備はいつからスタートすればいいのでしょうか?記事では準備にかかる期間をひとり暮らし、家族別に解説。準備期間中にやる25のことについてもまとめています。引っ越し準備で慌てないための参考にしてください。


引越しでやることチェックリスト27項目!最初の手続きからタイムスケジュール別に

引越しでやることチェックリスト27項目!最初の手続きからタイムスケジュール別に

やることがたくさんある引っ越し準備にはチェックリストがあると便利。記事では引越しでやること27項目をチェックリストにまとめて紹介しています。引っ越しが決まったら最初にやることからタイムスケジュール別に確認できるのでぜひスムーズな引っ越し準備に役立ててください。


引っ越し手伝いのお礼金額は?家族・友人・会社関係別|プロに頼むメリット・デメリットも

引っ越し手伝いのお礼金額は?家族・友人・会社関係別|プロに頼むメリット・デメリットも

引越しのお手伝いをしてもらったら、お礼をするのがマナーです。記事では、家族・友人・会社関係別にお礼金額の相場を解説。お礼を渡すタイミングやお礼以外の注意点も見ていきます。


引越し作業にかかる時間は?当日がラクになる押さえておくべき10のポイント

引越し作業にかかる時間は?当日がラクになる押さえておくべき10のポイント

引っ越しにかかる時間って気になりますよね。この記事では、引っ越し作業時間の目安や、当日の作業時間を短縮して引っ越しがラクになるコツをご紹介しています。ちょっとしたひと手間でできることばかりなので、引っ越しが決まったらぜひチェックしてくださいね。


 

ビジネスパートナー募集