暮らしのお悩み解決サイト

ヤスデの駆除対策方法5つ!石灰や木酢酢は効果的?【プロ監修】

ヤスデの駆除対策方法5つ!石灰や木酢酢は効果的?【プロ監修】


ヤスデとムカデとゲジゲジの違い

ヤスデとムカデとゲジゲジ。どれも脚がたくさんあって気持ち悪い虫ですね。でも、それぞれに特徴があるのをご存知でしょうか?

まず、ヤスデとゲジゲジは自分から攻撃してくることはありません。比較的おとなしい性質で、腐った樹木やゴキブリ等を食料としています。
ヤスデはミミズ等と同じく「土壌生物」と呼ばれ、腐った植物を分解して土壌環境を良くする役割を担っています。有機農業や林業になくてはならない存在なのです。
また、ゲジゲジはゴキブリや小さな虫を捕食します。つまり、ゴキブリの天敵とも言える存在です。
どちらも外見から嫌われがちですが、人間にとって有益な虫だと言えるでしょう。

一方、ムカデは非常に攻撃的で強い毒性があります。人間にも平気で噛みつき、場合によっては重症になってしまうことも。特に、ムカデの毒はハチ毒と似た物質が含まれており、アナフィラキシーショックを引き起こす危険もあります。

どれも気持ち悪い虫、でひとくくりにしてしまう3種類の虫ですが、その性質等は大きな違いがあります。特に、人間にとって有益な働きをしてくれるヤスデとゲジゲジは、やみくもに全て駆除するのではなく、人間のエリアに入ってこないような対策を取って、うまく共存していけるようにしたいですね。

ヤスデとムカデの見分け方を教えてください。
ヤスデは足が短くゆっくりと動きます。ムカデは脚が長く、ヤスデより大型で速く動きます。胴体もヤスデよりずっと太いです。

ヤスデが大量発生する時期

ヤスデの気持ち悪さを倍増させるポイント。それは、集団で発生するという点ではないでしょうか。ギッシリ集まっている様子はぞっとしますよね。
なぜ大量発生しているかを知るには、ヤスデの習性を把握する必要があります。ここでは、大量に発生する理由を、ヤスデの習性を交えて解説しています。

梅雨と秋雨の時期は要注意

ヤスデが発生する時期は主に年2回、梅雨と秋口です。具体的には6月~7月前半の梅雨時期と、9月~11月までの秋雨の時期、どちらも長雨の続くジメジメした時期ですね。雨が止んでも地面には雨水がたっぷり染みこんで、なかなかカラッとしません。ヤスデの活動が活発になるのはそんな時期です。
出てくる時期を把握しておくことで、先回りして対策を取ることができます。
「梅雨と秋口にはヤスデに注意」と覚えておきましょう。

ヤスデの繁殖時期

ヤスデが大量発生するのは梅雨時と秋口であるとご紹介しましたが、これはヤスデの繁殖時期が関係しています。

ヤスデは、一般的に8月~10月頃が繁殖時期だと言われています。産卵を終えた成体は間もなく死んでしまい、その後孵化した幼体はそれぞれに越冬します。そして、ふ化した大量のヤスデが成長し梅雨時期の6月頃に成体となって地上に出てくるのです。

ちょうど「梅雨時」と「秋口」に当てはまりますよね。寒い時期に姿を見かけないのは、個体数が減っているからでもあるというわけです。

なぜ大量発生する原因は?

ヤスデが大量発生する背景には、その習性が関係しています。ヤスデは一つの場所に集まって集団を形成する習性があります
梅雨や台風などで大量の雨が降り続けると、土中のヤスデのすみかが多量の水を吸い込んで溢れてしまうため、集団で安全な場所を探して一斉に地上に出てくるのがヤスデが大量発生する原因
とされています。

これは外敵から身を守るための習性と言われており、移動する時にも上下に2~3匹重なって集団移動します。とは言っても、他の動物のように意識的に群れを作っているわけでなく、行動様式が同じなので自然と集団になるという程度のもののようです。

ヤスデを家に寄せ付けない対策方法は?

見た目だけでさほど害のないヤスデですが、それでも家の中に侵入してくるのは論外です。でも、むやみに殺すのは気が引けますよね。
ここでは、ヤスデが家に入ってこないようにできることを考えてみました。すぐに実践できることばかりなので、ぜひお試しくださいね!

ヤスデの侵入経路を塞ぐ

家の中でヤスデがもぞもぞ動いていたら、ゾッとしますよね。こういった事態を防ぐ第一歩は、ヤスデが侵入してくる経路をキチンと塞ぐことです。

・網戸のまわり
・通風口
・排水口
・エアコンのパイプ穴
・キッチンのシンク下
・小窓

こういった部分は小さなすき間や穴が開きやすいものです。
家中をくまなくチェックして、すき間を全て塞ぐようにしましょう。ヤスデは壁を伝って2階にも侵入します。2階以上も油断せずに侵入経路を断つことが非常に大切です。

粉状の殺虫剤を活用する

ヤスデは土壌改良に貢献してくれる益虫であることは先にご紹介しました。むやみに殺すことはしたくないけれど、家に入られては困りますよね。侵入経路を塞ぐのはもちろんですが、家の周囲を粉状殺虫剤で囲むのも非常に効果的です。
ヤスデは壁を伝って登ってくるので、家の基礎部分と土の境目を重点的に対策するのが効果的です。
家をぐるりと囲むだけでなく、網戸やベランダ、玄関まわりにも定期的に撒いておきましょう。

庭の水はけを良くする

ヤスデが毎年大量発生する家は、どこかに必ずヤスデの好むジメジメした場所があります。落ち葉がずっと堆積していたり、草がボウボウで日光の届かないような場所はありませんか?ヤスデが出てこないようにするには、まずヤスデの好むような場所を撤去しなくてはいけません。
庭木や雑草は定期的に剪定して、土に日の光が射すようにしましょう。また、落ち葉もまめに掃いて溜まらないようにすることが必要です。
広い庭はなかなか手が回らないものですが、家の周りだけでも水はけを良くしてスッキリ保つことができれば、次の年のヤスデ発生率を下げることができるでしょう。

ヤスデによく効く殺虫剤は?

【PR】今すぐ害虫駆除をしたいなら!日本全国に対応

緊急を要する害虫駆除にはムシ・プロテックがオススメです。最短即日対応、迅速な駆除が可能です。素早い解決に向けて対応してくれます。害虫駆除は虫のプロにお任せ!

害虫トラブル最短即日解決

\最短期間で駆除/

年間3000件の実績

 

  • ◇現地見積、出張費用無料
  • ◇全国各地に完全対応
  • ◇速い、安い、信頼。

関連するキーワード


害虫駆除 ムカデ駆除

関連する投稿


イラガの発生時期・駆除対策6つと刺されたときの対処方法6つ

イラガの発生時期・駆除対策6つと刺されたときの対処方法6つ

夏の美しい緑や秋口の落ち着いた緑は見ているだけで気持ちの良いものですが、実はその裏には厄介な「イラガ」が潜んでいるかもしれません。この記事では、イラガの生態や退治の方法、刺された時の対処法を紹介しています。冬が来るまでは油断せず、イラガ対策を怠らないようにしましょう。


ダニ退治に使える?バルサンの効果的な使い方と注意点5つ

ダニ退治に使える?バルサンの効果的な使い方と注意点5つ

梅雨から夏をピークにわたしたちを悩ます「ダニ」。しかし梅雨前だけでなくダニは定期的に駆除して生きたダニの数を減らすことが最重要です。害虫駆除に効果的な「バルサン」ならお部屋まるごと駆除!バルサンはなんだか面倒くさそう…と思っているあなたも、今年こそはバルサンでダニときっぱり決別しダニゼロの快適ライフを目指しましょう!


日本と世界のムカデの種類33つ!毒や危険度は?

日本と世界のムカデの種類33つ!毒や危険度は?

ムカデ嫌いな方もいれば、ムカデを飼育するくらい大好きな方もいるでしょう。 ムカデは尋常ではない数の種類がいて、毒があることで有名です。そこで今回は、「日本と世界にいる33種類のムカデ」をご紹介します!


カツオブシムシの駆除方法4つ!殺虫剤以外の効果的な方法で大量発生を防ぐ!

カツオブシムシの駆除方法4つ!殺虫剤以外の効果的な方法で大量発生を防ぐ!

大量発生してしまうと非常にやっかりなカツオブシムシ。どんな殺虫剤を選べばいいのかや、薬を使いたくないという方向けに殺虫剤を使わない駆除方法も紹介しています。すでに服に虫が食べたような穴が空いていたら、カツオブシムシが部屋に大量発生している可能性もあります。本記事を読んで駆除・予防して被害拡大を防ぎましょう。


虫食い栗の見分け方・出し方・処理方法・予防対策!食べられる?

虫食い栗の見分け方・出し方・処理方法・予防対策!食べられる?

栗を拾ったり購入したりした際に、虫食いの栗が混ざっていることがあるため注意が必要です。虫食い栗を見分ける方法と処理方法、予防方法を紹介します。虫食い栗と食べられる栗を選別し、正しい方法で保存しましょう。


 

ビジネスパートナー募集