暮らしのお悩み解決サイト

バスタオルの干し方4つのコツ!あさイチやヒルナンデスで紹介された方法

バスタオルの干し方4つのコツ!あさイチやヒルナンデスで紹介された方法

梅雨時はジメジメして、洗濯物もなかなか乾きませんよね。この記事では、テレビでも紹介されたバスタオルを手早く乾燥させる方法を中心に、干し方のコツについてご紹介しています。毎日の洗濯にちょっとした工夫を加えてみませんか?


ジメジメした季節は洗濯物がなかなか乾きませんよね。中でも、分厚いバスタオルは生乾きで嫌なニオイが気になったりも。この記事ではテレビで紹介された方法を中心に、バスタオルをすっきり手早く乾燥させる4つのコツをご紹介します。この機会に、バスタオルの干し方を見直してみませんか?

最速で乾くバスタオルの干し方

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

毎日出てくる洗濯物。中でもバスタオルはなかなか乾かなくて困ってしまいますよね。でも、ちょっとしたコツでびっくりするくらい早く乾燥させることができるんです。ここでは、洗濯物を早く乾かすために知っておきたいことやテクニックについてご紹介しています。

乾燥の基本は「風の流れ」

バスタオル等の洗濯物を乾かすとき、絶対に気を付けなければならないことが3つあります。それは「湿度・温度・風通し」です。湿度の低いカラッとした気候、ある程度高めの気温、そして風の流れる環境が必要不可欠というわけです。確かに、風が気持ちの良い気候の日は、洗濯物もよく乾きますよね。

でも、季節によってはどうしても湿度が高い日や気温の低い日があります。この二つは気候の影響を受けやすいものですが、だからといって洗濯をしないわけにはいきませんね。そんな時にカギになるのが「風通し」です。洗濯物同士が密着せず、風通しの良い環境を作るのは季節に関係なくできることです。
また、風の流れを作ってやることで、湿度や気温の悪条件をある程度クリアできることも。乾燥に時間のかかる分厚いバスタオルを干すときこそ、この「風通し」を意識して干してみましょう。

干し方で乾燥時間が変わるって本当?

同じ量と気候の洗濯物。実は干し方で乾燥時間が変わるんです。早く乾かす基本は、洗濯物同士を密着させないことです。同じ量の洗濯物でも、空気が滞留した狭い場所にギュウギュウに詰め込んで干していては、なかなか乾きません。

狭い場所でもできるだけ空気を循環させるためには、真ん中に小さなものを干すのがポイントです。中心部分を空けることで、そこに空気の流れが生まれるというわけですね。両端にバスタオルやワンピースといった丈の長いものを干し、真ん中はTシャツ等の丈が短いものを干せばOK。
干し終わったときに、アーチを描くようなイメージで作業を進めていくのがポイントです。

ハンガーを2本使って干す

洗濯物、特に分厚いバスタオルを早く乾かすには風通しを良くすることが大切ですが、ここでハンガーを2本使った干し方をご紹介したいと思います。普通にハンガーに干している方も多いと思いますが、それではバスタオル同士が密着して乾くのに時間がかかりますね。そんな時は、ハンガーを2本使ってMの字状にするのがおすすめです。

真ん中を高くして小さなアーチを作ることで、風の流れを作ることも期待できます。洗濯物のあいだは拳ひとつ分程度のスペースを空けておくと、効果がよりアップします。特別な道具が必要ないので、今日からでもチャレンジできますね。

「囲み干し」で時短を狙う

もうひとつ、テレビでも紹介された効果的な干し方をご紹介します。この時に使うのは、靴下等を干すのに便利な角ハンガーです。バスタオルの長い辺で角ハンガーを囲むように留めていきます。外側のピンチを使うと、大きなバスタオルもきれいに留めることができますよ。
このとき、完全に囲ってしまわずに空気が通るすき間を空けておくのがポイントです。中のピンチに靴下等を干すこともできるので、省スペースにもつながりますね。

この方法で干すと、囲った内部に風がよく通るので靴下等もよく乾くのだそうです。角ハンガーは大きいほうが丈夫で使いやすいものですが、意外とスペースが余りやすいものですよね。この方法で有効活用&時短が期待できそうです。

省スペースならこんな干し方も

小さい角ハンガーしかない場合や、より省スペースでバスタオルを干したい場合には、普通のハンガーと洗濯ばさみを使ったこんな方法も。バスタオルをマントのようにかけて、首の部分を洗濯ばさみで留めるだけ。バスタオルを縦に干せる高さが必要ですが、これはかなりの省スペースにつながりますね。間隔を空けて干すことができるので、風通しもバッチリです。
重いバスタオルや風の強い日は、飛ばされないように肩の部分も洗濯ばさみ等で留めておきましょう。

冬は室内干しがベスト

冬は湿度こそ低いですが、気温が低いので分厚いバスタオル等はなかなか乾きませんね。また、寒い屋外で濡れた洗濯物を触るのは嫌なものです。そんな時は、いっそ室内に干してしまいましょう。冬は風邪予防や美容のために加湿器を使っている方も多いと思います。

室内干しすることで、部屋の湿度を保つこともできるので省エネ効果も期待できます。バスタオルも早く乾くので、部屋干しの嫌なニオイがつきにくいのがうれしいですね。冷たい洗濯物を取り込む手間も省くことができます。

バスタオルを早く乾かすための4つのコツ

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

バスタオルを早く乾かすためには、干し方以外にも気を付けておきたいことがあります。ジメジメした季節も、工夫次第で洗濯物を早く乾かすことができます。早く乾かすために必要なポイントを抑えておくようにしましょう。

1 脱水を2回かける

洗濯物を早く乾かすには、衣類の水分をできる限り取り除いておくことが大前提です。通常の洗濯で脱水まで終わったあとに、乾きにくいバスタオルだけもういちど脱水にかけてみましょう。特に、洗濯物が多い時は、絡まって脱水が不十分なことがあります。
傷みやすい衣類だけ取り出して、よく手でほぐしてから脱水しましょう。水分を減らすことで、より短い時間で乾燥することができます。

また、洗濯機に衣類を詰め込みすぎずに洗うのも、きちんと脱水するコツのひとつです。量が多い時は、最初から2回に分けて洗濯するのもひとつの手です。

2 生乾きの時にアイロンをかける

どんなに干し方に気を配っても、湿度の高いジメジメした日が続くと、なかなか洗濯物が乾きませんよね。そんな時は、生乾きのままでアイロンをかけて乾かしてしまいましょう。生乾きなのにアイロンなんてかけて大丈夫?と思われるかもしれませんが、シワも伸びて生乾きのニオイも一気に解消されるという便利な裏技なんですよ。

生乾きの洗濯物にアイロンをかける時は、スチームは必要ありません。衣類に残った水分だけで充分にしわを伸ばすことができます。ただし、バスタオルにアイロンをかける時は注意が必要です。バスタオルのふんわりした触感は長いパイルによるものです。
アイロンで押さえつけてしまうと、パイルが寝てしまい触感が失われてしまうことも。バスタオルにアイロンをかけたあとは、バサバサと両手ではたいてパイルを起こしてやるようにしましょう。

3 扇風機で風を当てる

洗濯物の乾燥には風通しがポイントになるということをご紹介してきました。でも、風のない日はどうしたら良いでしょう?そんな時は、扇風機やサーキュレーターで風を作ってやれば良いのです。
扇風機ならば「中」で充分です。洗濯物の下から空気を含ませるように、全体に風をあててやりましょう。風をあてることで早く乾燥するだけでなく、生乾きの嫌なニオイも防ぐことができます。

窓や扉の位置をよく見て、部屋全体に風が流れるように扇風機を置けば、部屋干しにも対応できます。きちんと置けば外に干すよりも早く乾かすこともできるので、ぜひ試してみて下さいね。

4 間隔をあけて干す

洗濯物の風通しを良くするには、間隔を空けて干すのが一番です。洗濯は一気に済ませたくなりますが、湿度の高い時ほど少量ずつこまめに干しましょう。そのほうが、結果的にはきちんと乾かすことができます。
また、できるだけ間隔を空けて干すために、専用の便利なアイテムを活用することも非常に効果的です。特に、バスタオルを干せるくらいの大きな角ハンガーは揃えておくと良いですね。また、できるだけ太めのハンガーを使うのも効果的です。ハンガーの間に風が通りやすくなって乾きやすくなります。バスタオル用に何本か持っておきましょう。

まとめ

いかがでしたか?ふかふかに乾燥したバスタオルはとても気持ちの良いものですよね。家族の快適な生活のために、どんな季節もすっきり乾燥させるコツを抑えておくようにしましょう!

関連するキーワード


洗濯テクニック 衣類洗濯

関連する投稿


洗濯物を夜に外で干すメリットとデメリット総まとめ

洗濯物を夜に外で干すメリットとデメリット総まとめ

洗濯物を夜に外干しするとどのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか。ここではメリットとデメリットをわかりやすくご紹介するだけでなく、本当に夜の外干しのほうがいいのか、そして夜に外干しをするときの注意点についてもお伝えしています。


アクリルが伸びたり縮んだりしない洗濯方法11ステップ

アクリルが伸びたり縮んだりしない洗濯方法11ステップ

アクリルのセーターやマフラー、手袋、靴下などを簡単に洗濯できる方法について11ステップで解説しています。また、自宅で洗えるアクリルの見分け方や、水温、洗剤、アクリルを干す時の道具、アイロンの温度についても説明しています。


布団の湿気の原因3つと湿気対策8つ!湿気取りシートで取れる?

布団の湿気の原因3つと湿気対策8つ!湿気取りシートで取れる?

毎日使っている布団。寝苦しい夜の寝汗だけでなく、日常的に私たちは多くの汗をかいて湿らせてしまっている、ということご存知だったでしょうか。汗や垢などがたっぷりと染み込んだ布団を放置しておけば、当然カビが生えたりダニが発生したり、健康問題に繋がっていきます。ここでは、布団に湿気がたまる理由や湿気対策について解説しています。


マットレスの掃除方法6つ!シミやカビは取れる?

マットレスの掃除方法6つ!シミやカビは取れる?

毎日ベッドで就寝している方であれば、マットレスを利用されていることでしょう。布団は干したり、掃除したりしても、案外マットレスを掃除している方は少ないかもしれません。しかし、マットレスを掃除せずに放置しておくとさまざまな汚れが溜まっていき、大変不衛生な状態になってしまいます。ココでは、マットレスの掃除の方法や汚れや染みなどの除去方法についてを紹介しています。


一人暮らしの洗濯機サイズは?コインランドリーのほうがお得?

一人暮らしの洗濯機サイズは?コインランドリーのほうがお得?

憧れの一人暮らしをスタートするとき、さまざまな家電を揃える必要があります。中でもサイズ選びに迷うのが、「洗濯機」ではないでしょうか。洗濯機のサイズは、単純に「一人暮らしだから小さくてOK」というわけではありません。一人暮らしにおける洗濯機のサイズ選びのヒントや、一人暮らしの洗濯を効率よく行う方法など、一人暮らしの洗濯に役立つ情報をまとめていきます。


最新の投稿


窓の結露対策グッズ14選。100均で買える防止シートも!

窓の結露対策グッズ14選。100均で買える防止シートも!

窓の結露。朝起きると、たっぷりと水滴が窓についており、ビックリした、という方は少なくないでしょう。この結露を放置していると、カビや腐食など、さまざまな悪影響が訪れてしまいます。ここでは、そんな結露を防止する方法をいくつか紹介しています。ぜひ、参考にしてみてください。


トイレのつまり簡単に直せる6つの方法と13の原因

トイレのつまり簡単に直せる6つの方法と13の原因

トイレのつまる原因と、手軽に直せる方法を徹底解説します。つまりの原因や、自分で簡単に直す方法、つまりを直すために必要なグッズなど、これさえ読めば、トイレのつまりも怖くありません。プロの業者の選び方や、値段の相場についても説明しています。


お風呂の床の黒ずみを取る9つの方法。重曹とクエン酸で取れる?

お風呂の床の黒ずみを取る9つの方法。重曹とクエン酸で取れる?

お風呂の床の黒ずみ。見て見ぬ振りをし続けていたら、あっという間に黒ずみが増殖してしまった…という方も少なくはないでしょう。実は、お風呂の床の黒ずみにはいくつかの原因があり、それらを知ることでキレイに簡単に掃除をすることができるのです。ここでは、お風呂の床に発生してしまった黒ずみの掃除方法などについて解説しています。


ムカデに噛まれたらどうする?応急処置や6つの重要ポイント

ムカデに噛まれたらどうする?応急処置や6つの重要ポイント

ムカデに噛まれた時の応急処置についてまとめました。また、ムヒやオイラックスといった市販薬でムカデに噛まれた時に有効な薬や、ムカデに噛まれた場合にしてはいけないことと、するべきことについても解説しています。


カバンの洗濯方法9種類。ナイロンリュックや革製バッグは洗濯機で洗える?

カバンの洗濯方法9種類。ナイロンリュックや革製バッグは洗濯機で洗える?

カバンが汚れた時、あなたはどうしていますか? 実はカバンは家で洗濯できます。汚れたまま放置していると劣化の原因になるため、汚れたら早めに洗濯をしましょう。今回はカバンの詳しい洗濯方法をご紹介します! 


ビジネスパートナー募集