暮らしのお悩み解決サイト

洗濯機で靴を洗う方法7ステップと3つの注意点。臭いも取れる!

洗濯機で靴を洗う方法7ステップと3つの注意点。臭いも取れる!

靴の汚れや臭いが気になった時は、洗濯機で洗いましょう。自宅やコインラインドリーで靴専用の洗濯機で靴を洗うと、汚れがキレイに落ちて臭いも取れます。早速、洗濯機で靴を洗う方法等を詳しくチェックしましょう!


洋服は洗濯機で洗いますが靴はどうでしょうか? 洗濯機で靴を洗っている方はいますか? 中には洗濯機で靴を洗う概念がない方もいるかもしれませんが、実は洗濯機で靴が洗えます!

海外では靴も洗濯機で洗う習慣がありますが、日本では靴を洗濯機で洗う習慣はありません。近年日本でも、海外のように洗濯機で靴を洗う方が少しづつ増えています。

洗濯機で靴を洗うと汚れが落ちて衛生的です。また臭いもなくなるため、靴を脱いだ時の嫌な臭いも気になりません。

そこで今回は、「洗濯機で靴を洗う方法7ステップ」「自分で靴を洗う時に必要なグッズ」「靴を自分で洗う場合の3つの注意点」「コインランドリーで靴を洗う方法」等をご紹介します!

洗濯機で靴を洗う方法7ステップ

あなたは靴を手で洗っていますか? 実は靴も洋服と同じように洗濯機で洗えます。以前に比べて靴を洗濯機で洗う方は増えてきましたが、洗濯機で靴を洗うことに不安を感じる方もいるでしょう。

洗濯機で靴を洗う時はポイントを守れば、洗濯機や靴を傷めないでキレイに洗うことができます。洗濯機は手で洗うより隅々まで汚れが落ちる、手が疲れにくい等のメリットがあるため便利です。

では早速、洗濯機で靴を洗う方法7ステップをご紹介します。

1 靴の紐を外す

靴を洗濯機に入れて洗う前に靴紐を外します。でも靴紐を外して洗濯するのが、面倒な方もいるのではないでしょうか? 特に星型等、特殊でおしゃれな紐の結び方をしている場合は面倒に感じるかもしれません。

靴をキレイに洗濯するためにも、必ず靴紐は外しましょう。靴紐を外す理由は4つあります。

1つ目は「左右の靴の靴紐が絡みやすい」、2つ目は「靴紐の素材によっては縮む恐れがある」、3つ目は「紐が付いている部分や靴紐周辺が乾きにくい」、4つ目は「靴が濡れると紐が外しにくくなる」からです。

2 靴の中敷きを外す

靴を快適に履くために、中敷を使っている方も多いのではないでしょうか? 中敷を外さないで靴を洗うと洗剤が隅々まで行き届かないため、汚れが落としきれない場合があります。中敷も靴紐と同じく、洗える中敷は靴を洗濯する前に必ず外しましょう。

中敷の素材はウール、ウレタン、炭配合の繊維素材、紙等があります。靴を洗濯する時は中敷を外して洗濯するのが基本ですが、紙の中敷だけは例外です。洗濯すると紙が溶けて靴等に溶けた紙のカスがつくため、洗わないようにしましょう。

3 靴底の石や土をブラシで取りのぞく

靴紐と中敷を外したら靴底を見ましょう。靴底の溝に石が詰まっていたり、土等がこびり付いている等、酷く汚れていませんか? 靴底の溝に石がある場合は取り除き、汚れが酷い場合は使用済みの歯ブラシ等を使って、汚れを落としましょう。

特に石は要注意です。靴底に石が詰まった状態で洗濯機を使うと、洗濯機が壊れる可能性があります。

4 汚れがひどい部分は先に洗剤をつけておく

靴の中でも部分的に汚れがひどい場合もあるでしょう。洗濯機でキレイに汚れを落とすために、汚れがひどい部分のみ洗剤をつけておきます。洗剤は靴専用や衣料用洗剤でも構いません。洗剤を直接、汚れがひどい部分につけたら、しばらく置きましょう。

5 靴と紐、中敷きを別の洗濯ネットに入れる

洗濯機に靴を入れて洗う時は靴、靴紐、中敷をそれぞれ3つの洗濯ネットに入れます。洗濯ネットに靴等を入れて洗う理由は、衝撃等から洗濯機や靴を守るためです。

最近では靴専用の洗濯ネットも販売されています。靴専用の洗濯ネットは、ウレタン素材等が内臓されているものが多いです。ウレタン素材等は通常の洗濯ネットと比較すると衝撃を吸収してくれます。靴のみ、靴専用の洗濯ネットを使ってもいいでしょう。

6 靴を普通コースで洗う

洗濯機で靴を洗う時は通常よりも水と洗剤の量を多く入れて、普通コースで洗います。ポイントは水と洗剤の量です。靴が水の中で浮遊するくらい、水は多めに入れましょう。水を多くすると洗濯機を守りながら靴を洗うことができます。

洗濯終了後、靴の中に水が溜まっている時は脱水のみを再度行い、水気を飛ばしましょう。

7 靴用ハンガーで乾かす

洗濯した靴を直射日光に当てながら干すと傷み、縮み、変色等の原因になります。靴を干す時は必ず陰干しをしながら、靴の中の風通りを良くしましょう。

靴用ハンガーを使うと風の通りが良くなるため、とても便利です。また靴用ハンガーは100円ショップでも購入できます。

生地が厚い靴等は脱水をしても乾きにくい場合があるため、タオルやキッチンペーパー等で水気を吸い取ってから、陰干しをしましょう。

自分で靴を洗う時に必要なグッズ

自分で靴を洗う時は、これからご紹介するグッズを用意しましょう。

・「歯ブラシや靴用ブラシ(大、小あると便利)」…… 靴底の溝にある石や土汚れを落とすために使います。

・「洗濯ネット3つ(靴専用ネットを使う時は洗濯ネットは2つ)」…… 洗濯機で洗う時に洗濯機や靴を守ります。

・「洗剤(靴用、衣料用洗剤等)」…… 粉末よりも固形タイプや液体タイプの方が水に溶けやすいです。

・「靴用ハンガー」…… 靴を干す時に通気性を良くしながら乾かします。

・「タオルやキッチンペーパー」…… 厚手の生地の靴をできるだけ早く乾かす時に使います。

靴を自分で洗う場合の3つの注意点

【PR】ハウスクリーニングやエアコン掃除はプロに依頼しませんか

清潔な住まいで健康で快適な暮らしを!キッチンの頑固な油汚れ、時間と労力を費やす水回りの清掃、エアコンのクリーニングなど普段なかなか手がつけられない掃除なら、掃除のプロが見つかるこちらのサービスがオススメです。

ハウスクリーニング業者登録数、日本最大級!かんたん・お得な見積もり体験を、ミツモアで。

ミツモア_クリーニング

\依頼者430,000人突破/

24時間依頼可能!0円で依頼し放題

 

  • ▼カンタン2分の操作で依頼完了!
  • ▼最大5名のプロから見積もりが届く。
  • ▼無料チャットで条件や料金を調整!
  • ※依頼完了後、いつでもキャンセル可能です
  • ※しつこい営業はありません

関連する投稿


オキシクリーンは黄ばみ落としに使える?落ちない?頑固汚れはつけおき?

オキシクリーンは黄ばみ落としに使える?落ちない?頑固汚れはつけおき?

なかなか落とせない頑固な黄ばみや汚れ。イライラしますよね。そんな時、活躍してくれるのがオキシクリーンです。酸素系漂白剤と呼ばれるこの漂白剤は、ワイシャツの黄ばみなどをしっかりとキレイにしてくれる優れもの。ここでは、そんなオキシクリーンについてまとめています。興味がある方はぜひチェックしてみてください。


靴下の汚れ落としがラクになる5つの方法!簡単な落とし方&裏ワザも

靴下の汚れ落としがラクになる5つの方法!簡単な落とし方&裏ワザも

靴下の汚れ落としってたいへんですよね。簡単で負担にならない汚れ落としの方法や汚れに悩まないための裏ワザをおすすめ商品とともに紹介します。


しまっておいた服についた茶色いシミの正体は?シミの原因・落とし方・予防策まで

しまっておいた服についた茶色いシミの正体は?シミの原因・落とし方・予防策まで

衣替えなどで久しぶりにクローゼットやタンスから洋服を引っ張り出したら、「身に覚えのない茶色いシミがついていた」という経験がある方も多いのではないでしょうか?原因不明の茶色いシミは、どうやって対処したら良いのかもわからず困ってしまいますよね。この茶色いシミの正体とは何なのでしょうか?しまっておいた服についた茶色いシミの原因から、シミの落とし方、シミができないための予防策まで、詳しく解説します。


カビの種類6つと特徴と違い一覧!食品や住宅のカビはどれ?[画像付き]

カビの種類6つと特徴と違い一覧!食品や住宅のカビはどれ?[画像付き]

壁や水周り、食品等、カビは人が生活しているどんな場所にも生えてきます。この記事では、カビを大きく6種類に分けて、特徴と違い等について解説しています。有害なカビを発生させないために、まずはカビそのものについて知るところから始めてみましょう。


洗濯物が臭い7つの原因とその対策。タオルがアンモニア臭い?

洗濯物が臭い7つの原因とその対策。タオルがアンモニア臭い?

洗濯物がなんだか臭いような気がする……なんてことありませんか?この記事では、臭いの原因とその対策、臭いを抑える効果が期待できる洗濯洗剤についてご紹介しています。ぜひスッキリきれいに洗濯する参考にしてくださいね。


 

ビジネスパートナー募集