暮らしのお悩み解決サイト

赤いクモみたいな虫「タカラダニ」の特徴6つ!小さくても毒はある?【プロ監修】

赤いクモみたいな虫「タカラダニ」の特徴6つ!小さくても毒はある?【プロ監修】

小さなクモのような、ダニ。体が赤く、大量に発生することから見た目が気持ち悪く、不安に襲われる方もいるでしょう。実はこれ、タカラダニというダニの一種であり、クモとは全く別の生物です。しかし、だからといって放置しておくわけにはいきません。ここでは、タカラダニの生態などについて解説しています。


医学博士
白井 良和
医学博士。1994年京都大学農学部農林生物学科卒業、1996年京都大学大学院農学研究科修了、殺虫剤メーカー勤務を経て、2001年富山医科薬科大学大学院医学系研究科博士後期課程修了。
医学博士。1994年京都大学農学部農林生物学科卒業、1996年京都大学大学院農学研究科修了、殺虫剤メーカー勤務を経て、2001年富山医科薬科大学大学院医学系研究科博士後期課程修了。

私たちが害虫と呼んでいるさまざまな生物はその名の通り、私たちの生活に何かしらの危害を加えるものもあります。さて、そんな害虫のひとつである赤いクモのような小さな生物。一見「クモの赤ちゃんかな」と思われがちですが、この生き物はダニです。

ここでは、赤い小さなクモのような虫、「タカラダニ」についてお伝えしていきましょう。

赤く小さなクモのような虫の正体は?

自宅などで見る赤いクモのような生物は、実はダニの仲間「タカラダニ」です。屋外から歩いてきて、洗濯物などについたり、そのまま部屋内に侵入してきたり、侵入経路も把握しきれません。
タカラダニは、決して珍しいダニではなく、多くの人が目にすることから保健所の相談件数の1割がこのタカラダニだ、というデータもあるようです。

赤く、素早く動くタカラダニは、見た目にも不快感が有り「何らかの害を与えるのではないか」と私たちを不安にさせます。一体、このタカラダニはどんな生態をしているのでしょうか。

正式名称は『ダニ目前気門亜目タカラダニ科アナタカラダニ属 カベアナタカラダニ』で、非常に長いです。日本にはさまざまなダニが存在しているのですが、ウルヌラと呼ばれる穴を持っているアナタカラダニに由来する生物として知られています。

タカラダニの特徴6つ

ここからは、タカラダニの特徴をいくつか紹介していきます。タカラダニを見かけた時の参考にしてみてください。

①タカラダニの大きさ

赤く、クモのような形状をしているタカラダニ。本物のクモであれば、比較的大きなサイズなのですぐに見つけられるのですが、なかなかタカラダニは小さいため、目視できず見逃してしまうことがあります。

それもそのはず、タカラダニの大きさは1~2.7mmと言われており、見えなくはないですが、見過ごしてしまう可能性があります。小さな体のため狭い隙間にも侵入しやすく、自宅の中にもどんどん入ってきてしまう、ということなのです。

②タカラダニが好きな場所

タカラダニの目撃情報が増加するのは5〜7月頃、春が終わり夏に向かって気温と湿度共に徐々に高まって行く頃です。

外でタカラダニが多く出没する場所は、日当りの良いエアコン室外機や階段、自動車の上、コンクリートの割れ目、ドアの表面などです。

また、自宅ではベランダに出没しやすいです。比較的日当りが良い場所が好きです。もちろん、タカラダニは移動しますので見かけるところはさまざま。暑過ぎる時、寒過ぎる時はあまり見かけないため、晴れて暖かい日に活動します。

③タカラダニは人を刺す?

保健所に寄せられている苦情の1割を占めるのがタカラダニです。ダニ、というくらいですので、人体に悪影響を及ぼす何かをしてくると思い、恐怖で相談をするのかもしれません。

さて、そもそもタカラダニは私たちのような人間を刺すのでしょうか。実は、タカラダニの生態にはまだまだ不明な点が多く、人を刺すのか否か、というところでも未だ不明点が多いとされています。

日本国内では確実に人を刺したという報告は無いようです。アメリカでは報告があるようですが、その理由もハッキリとしておらず、真偽も定かでないという声もあります。ストロータイプの口を食物に差し込む、というのがダニの補食の仕方ですので、偶発的に人を刺すことはなく、心配が無いと行政もホームページ等で報告しています。

ただし、絶対に刺さず、害が無いとは言い切れないので、無闇に触ったりするのはよくありません。さらに、潰したタカラダニを人間の皮膚に接触させた実験では、かゆみを伴う発疹も現れたという報告があるため、無理矢理潰すとその体液で何らかの影響が起こるかもしれません。

ちなみに、タカラダニが苦情として報告されているのは、多くのタカラダニがうごめいていて気持ち悪い、不安、というようなもので、刺されたという被害報告ではないようです。

タカラダニはペットや赤ちゃんにも害はないですか?
特殊な場合(アレルギー反応が特に強い場合や、まれに体内に入って問題を起こす可能性がある場合など)を除いて、ほとんどの場合、害はありません。

④タカラダニの寿命

タカラダニが活動するのは、5〜7月頃とお伝えしましたが、そもそもタカラダニの寿命はどの程度なのでしょうか。

実は、これもハッキリと分かっていないのですが、活動をしていない時期は卵であり、実際に地上で活動をするのは2ヶ月程度と言われています。
5〜7月に活動して卵を産み、そのまますぐに死んでしまう、という報告が多くなされています。

また、タカラダニの生態として、オスが存在しないというところも興味深いところです。性転換をするのか、それともメスしか存在しない種なのか、まだまだ研究が進められている、不思議な生き物であることは間違いありません。

⑤タカラダニの活動時期

何度かここでお伝えしていますが、タカラダニが活動するのは、主に5〜7月です。この時期に、コンクリート上などで活動し、7月までの2ヶ月間に様々な場所へ移り、卵を産んだ後はおよそ24時間以内に死んでしまいます。

⑥タカラダニの餌

先述の通り、まだ謎の多いタカラダニですが、基本的に地面の苔など『地衣類』を主な餌としていると考えられています。また、また、5〜7月は花粉が多く、地面に付着した花粉も餌にしているようです。
その他に「アリの死骸などを運んでいた」という報告もあり、肉食である可能性もあるようです。基本的な食生活もまだまだ謎に包まれています。

タカラダニを室内に侵入させないための予防策を教えてください。
ドアや窓を開けたままにしないこと、外で干しておいたものを屋内に持ち込む時に、タカラダニがくっついていないかよく確認することです。

タカラダニの駆除方法4つ

【PR】今すぐ害虫駆除をしたいなら!日本全国に対応

緊急を要する害虫駆除にはムシ・プロテックがオススメです。最短即日対応、迅速な駆除が可能です。素早い解決に向けて対応してくれます。害虫駆除は虫のプロにお任せ!

害虫トラブル最短即日解決

\最短期間で駆除/

年間3000件の実績

 

  • ◇現地見積、出張費用無料
  • ◇全国各地に完全対応
  • ◇速い、安い、信頼。

関連するキーワード


害虫駆除

関連する投稿


ゴキブリはトイレに流して大丈夫?その他の捨て方・処分方法も

ゴキブリはトイレに流して大丈夫?その他の捨て方・処分方法も

ゴキブリを見つけたら確実に駆除したい方は多いでしょう。トイレに流すと駆除できるかもしれませんが問題はないのでしょうか?今回は、ゴキブリをトイレに流すことは可能なのか、処分方法について見ていきましょう。


しいたけの白い虫の取り方・除去方法!食べても大丈夫?

しいたけの白い虫の取り方・除去方法!食べても大丈夫?

しいたけは虫が付きやすい野菜で、大量に付いている光景を見たことがある方もいるでしょう。虫が苦手だと処分する方もいますが、取り除く方法があります。しいたけに付く虫の種類や対処方法などを見ていきましょう。


コバエが大量発生する原因と対策・対処方法7個!秋冬でも発生?

コバエが大量発生する原因と対策・対処方法7個!秋冬でも発生?

あなたの家にコバエが飛び回っていませんか?コバエは部屋の中だけでなく家の外やベランダでも大量発生する可能性があります。本記事ではコバエが大量発生する原因と対策・対処方法を説明します。また、秋や冬でも大量発生するのでしょうか。


桜の木や枝につく虫・害虫3つと駆除方法!つかないための対策も

桜の木や枝につく虫・害虫3つと駆除方法!つかないための対策も

桜に元気がない、花が咲かない、枯れている部分がある場合は、虫の可能性が高いです。虫は良くも悪くも植物の健康状態を左右する存在で、桜も例外ではありません。桜につく虫の駆除方法や予防策などをまとめました。


ヤスデの駆除対策方法5つ!石灰や木酢酢は効果的?【プロ監修】

ヤスデの駆除対策方法5つ!石灰や木酢酢は効果的?【プロ監修】

夏の不快な害虫の上位といえばヤスデではないでしょうか。集団で集まっている姿を見るだけで耐えられないという方も多いと思います。この記事では、ヤスデを退治・駆除する方法や対策方法についてまとめてみました。ヤスデの活動が活発になる前に効果的な対策を取りましょう!


 

ビジネスパートナー募集