暮らしのお悩み解決サイト

家に出る蜘蛛の種類9つと見分け方!殺さない?対策は?【プロ監修】

家で黒っぽい蜘蛛・大きい蜘蛛等を見かけたことはありませんか? 蜘蛛の種類はとても多いですが、実は、家に出る蜘蛛は9種類しかいません。家に出る蜘蛛の種類・特徴・見分け方がわかれば、蜘蛛対策もできます! 


医学博士
白井 良和
医学博士。1994年京都大学農学部農林生物学科卒業、1996年京都大学大学院農学研究科修了、殺虫剤メーカー勤務を経て、2001年富山医科薬科大学大学院医学系研究科博士後期課程修了。
医学博士。1994年京都大学農学部農林生物学科卒業、1996年京都大学大学院農学研究科修了、殺虫剤メーカー勤務を経て、2001年富山医科薬科大学大学院医学系研究科博士後期課程修了。

世の中には蜘蛛をペットして飼育している方もいます。蜘蛛を愛してやまない方にとってはとても可愛い存在でしょう。しかし、蜘蛛が大嫌いな方もいます。蜘蛛嫌いの方にとって蜘蛛は天敵です。家の中・家の周りで見つけた時は、背筋が凍るくらいゾっとするのではないでしょうか? 

蜘蛛は数多く存在しています。例えば、手のひらサイズの大きい蜘蛛・黒くて小さい蜘蛛・おとなしい性格の蜘蛛・臆病な蜘蛛等、様々です。蜘蛛の種類は確かに多いですが、家にいる蜘蛛・家の外壁にいる蜘蛛のタイプは限られています。

そこで今回は、家に出る蜘蛛の種類をリサーチしました。家に出る蜘蛛の種類がわかれば、特徴・対策までわかります!

家に出る蜘蛛の生態

あらゆる場所に巣を張る蜘蛛を、家の中・家の周りで見たことがある方も多いでしょう。蜘蛛は8本足が特徴的ですが、昆虫の仲間だと思っていませんか?実は蜘蛛は昆虫ではなく、節足動物門クモ目に属します。また、蜘蛛が食べるのは昆虫のほか、種類によっては、小動物(哺乳類)を食べることもあり、『肉食』性です。

1年の中でも蜘蛛が最も好み、活動的に動き回る時期は6月~8月頃です。全ての蜘蛛に言えることではないですが、冬を越せる蜘蛛もいます。冬を越せる蜘蛛は極端に温度が変わる場所を嫌うため、家の中にいる蜘蛛は屋根裏・天袋の中・押入れの中にいることが多いです。

家で見る蜘蛛は毒蜘蛛ではない

「温暖化の影響により日本でも毒蜘蛛が発生している」とテレビや新聞で耳にした方も多いはずです。そのため赤・黄色・緑等、カラフルな色をした蜘蛛を家で見つけると、毒蜘蛛が出たと思う方もいるでしょう。

日本には約1,200種類もの蜘蛛がいますが、毒を持っている蜘蛛は実はあまりいません。そのため、家の中・家の周りで遭遇する可能性は低いです。毛嫌いされている蜘蛛ですが、ゴキブリ等の害虫を食べてくれるため、害虫駆除に一役買っています。

家に出る蜘蛛の種類9つ!大きい小さい毒蜘蛛はどれ?

蜘蛛と一口に言っても、その数は膨大です。中でも、家によく出る蜘蛛は9種類になります。

①ハエトリグモ (毒:無し)【安全】

ハエトリグモは家の中によくいる小さな蜘蛛で、毒はありません。また人を噛む事はなく、人に慣れる(残念ながら懐くとは違うようです)ためペットとして飼う事もできます。大きな目をしており、アニメキャラクターのモデルになるほどその姿は愛くるしくファンが非常に多いクモです。

サイズは1㎝以下と小さく、黒ベースに白い線が入っています。食べる昆虫はハエ・小さな虫です。普段はジャンプをしながら移動していて、巣を張りません。とは言っても、お尻から糸を出しています。ハエトリグモがお尻から糸を出す理由は、命綱の代わり・道を作るためです。

高いところからジャンプをして昆虫を捕獲する時、お尻から糸を出しておけば、落下して死ぬことはありません。また、道しるべを作っておく事で、自分がいた場所に迷うことなく戻ります。

②アダンソンハエトリ (毒:無し)【安全】

アダンソンハエトリも家の中によくいる蜘蛛です。名前の一部になっているハエですが、特にコバエを捕獲するのが上手で、一瞬で捕まえます。他にも、ダニ・ゴキブリの幼虫等、小さな昆虫を捕獲するのが得意です。

また、アダンソンハエトリも巣を張りません。跳ねながら家の中を移動して、エサとなる昆虫を探しています。サイズはメスで6㎜~9㎜・オスで5㎜~7㎜と、約1㎝以下です。毒は持っていないため不快に感じなければ放置しましょう。家の中の害虫を駆除してくれます。

③チャスジハエトリ (毒:無し)【安全】

チャスジハエトリは、別名jumping spider(ジャンピング スパイダー)と呼ばれている蜘蛛です。巣は作りませんが、常に糸を出しながら移動をしています。チャスジハエトリは名前の通り、ハエを捕獲するのが得意です。捕獲する時は糸をバネにして勢い良くジャンプし、ハエを捕まえます。

サイズですが、メスは約1㎝~1.2㎝と大きく、オスは約7㎜~1.1㎝と少し小さめです。見た目も特徴的で、太い足・単眼が大きい・こげ茶色のボディーで背中の真ん中に白い縦線があります。毒は持っていないため、家の中・家の周りで見つけても不快に感じなければ殺す必要はありません。

④アシダカグモ (毒:無し)

アシダカグモは日本に生息している蜘蛛の中でも、最も大きい蜘蛛です。身体のサイズは、メスで2㎝~3㎝・オスで1㎝~2.5㎝と小さいですが、足を含めると約10㎝~13㎝と大きくなります。ビッグサイズのため、毒がありそうなイメージがありますが、無毒の蜘蛛です。

アシダカグモは巣を張りません。家の中を徘徊しながら、ゴキブリ・蛾を捕獲して食べています。

見た目が大きいため、家で遭遇すると驚くでしょう。蜘蛛嫌いの人にとって、アシダカグモは家で遭遇したくない蜘蛛かもしれません。このように不快に感じる方も多いですが、アシダカグモはゴキブリ等の害虫を食べてくれます。

⑤ジョロウグモ (毒:有り)【危険】

ジョウロウグモは家の外灯・家の庭等に巣を作る蜘蛛です。捕獲する昆虫は、トンボ・セミ・クワガタ・ハチ等の大きい昆虫から、蛾・コバエ等の小さな虫まで幅広いです。サイズはメスで約1.7㎝~3㎝ですが、オスは約6㎜~1.3㎝しかありません。比較すると、メスの方が倍近く大きいです。

毒蜘蛛が少ない日本ですが、ジョロウグモは毒があるため注意しましょう。毒の成分はリアミントキシンで、噛まれると激痛に襲われます。最悪、アナフィラキーショックに陥る場合もある危険な蜘蛛です。家の敷地内で発見しても、決して素手で触れてはいけません。蜘蛛用の殺虫剤を使う、物で叩き潰す等して駆除しましょう。

ジョロウグモなど毒性のある蜘蛛を駆除した後の処理方法を教えてください。
死骸を割りばしでつかんだり、スコップ(シャベル)などですくった後、燃えるゴミに入れて廃棄すれば良いでしょう。

⑥コガネグモ (毒:有るが人に無害)【安全】

コガネグモは巣を張る蜘蛛で、家の敷地内に草木があればそこに巣を張ります。円形の巣を作り、真ん中に居座り、昆虫を待ち構えているのが特徴です。そして、頭を下にして、8本の足を2本づつ束ねて、Xのような状態で身体を支えています。

コガネグモは昆虫を捕獲する時、麻痺させて捕まえています。この時、毒を出していますが、人間には害がありません。サイズはメスの方が圧倒的に大きく約2㎝あります。それに比べてオスは、メスの約1/5しかありません。全体的なボディーカラーは茶色で、足に黄色と黒色の縞模様があります。

【PR】今すぐ害虫駆除をしたいなら!日本全国に対応

緊急を要する害虫駆除にはムシ・プロテックがオススメです。最短即日対応、迅速な駆除が可能です。素早い解決に向けて対応してくれます。害虫駆除は虫のプロにお任せ!

害虫トラブル最短即日解決

\最短期間で駆除/

年間3000件の実績

 

  • ◇現地見積、出張費用無料
  • ◇全国各地に完全対応
  • ◇速い、安い、信頼。

関連するキーワード


害虫駆除 蜘蛛駆除

関連する投稿


ゴキブリはトイレに流して大丈夫?その他の捨て方・処分方法も

ゴキブリはトイレに流して大丈夫?その他の捨て方・処分方法も

ゴキブリを見つけたら確実に駆除したい方は多いでしょう。トイレに流すと駆除できるかもしれませんが問題はないのでしょうか?今回は、ゴキブリをトイレに流すことは可能なのか、処分方法について見ていきましょう。


しいたけの白い虫の取り方・除去方法!食べても大丈夫?

しいたけの白い虫の取り方・除去方法!食べても大丈夫?

しいたけは虫が付きやすい野菜で、大量に付いている光景を見たことがある方もいるでしょう。虫が苦手だと処分する方もいますが、取り除く方法があります。しいたけに付く虫の種類や対処方法などを見ていきましょう。


コバエが大量発生する原因と対策・対処方法7個!秋冬でも発生?

コバエが大量発生する原因と対策・対処方法7個!秋冬でも発生?

あなたの家にコバエが飛び回っていませんか?コバエは部屋の中だけでなく家の外やベランダでも大量発生する可能性があります。本記事ではコバエが大量発生する原因と対策・対処方法を説明します。また、秋や冬でも大量発生するのでしょうか。


桜の木や枝につく虫・害虫3つと駆除方法!つかないための対策も

桜の木や枝につく虫・害虫3つと駆除方法!つかないための対策も

桜に元気がない、花が咲かない、枯れている部分がある場合は、虫の可能性が高いです。虫は良くも悪くも植物の健康状態を左右する存在で、桜も例外ではありません。桜につく虫の駆除方法や予防策などをまとめました。


ヤスデの駆除対策方法5つ!石灰や木酢酢は効果的?【プロ監修】

ヤスデの駆除対策方法5つ!石灰や木酢酢は効果的?【プロ監修】

夏の不快な害虫の上位といえばヤスデではないでしょうか。集団で集まっている姿を見るだけで耐えられないという方も多いと思います。この記事では、ヤスデを退治・駆除する方法や対策方法についてまとめてみました。ヤスデの活動が活発になる前に効果的な対策を取りましょう!


 

ビジネスパートナー募集