暮らしのお悩み解決サイト

ゴキブリの寿命を種類別に解説!冬は?水なし餌なしでも生きられる?

ゴキブリの寿命を種類別に解説!冬は?水なし餌なしでも生きられる?

あなたはゴキブリの寿命を知っていますか? 実はゴキブリの種類によって寿命が全然違います。ゴキブリの駆除方法は知っていても、意外と知られていないのがゴキブリの寿命です。寿命が短い残念なゴキブリもいます。


1年中、家のどこかでゴキブリを見る方もいるでしょう。

特に、身体が黒光りしているクロゴキブリは、身体も大きいため気持ち悪さは満点です。しかも、クロゴキブリは飛んでくることもあります。他にも、小さくて、黄褐色のチャバネゴキブリと遭遇する機会も多いでしょう。

ゴキブリを見たくなくても、バッタリ遭ってしまうのがゴキブリです。嫌われ者のゴキブリですが、寿命を知っていますか? ゴキブリは種類によって、寿命が違います。殺しそびれたゴキブリは、数ヶ月後、寿命を迎えて自然死しているかもしれません。

ゴキブリの駆除方法は知っていても、意外と知らないのがゴキブリの寿命です。ゴキブリの寿命を知って、豆知識を増やしましょう。

ゴキブリ4種類の寿命

日本には52種類ものゴキブリが生息しています。特に、クロゴキブリ・チャバネゴキブリは、家の中で見たことがある方も多いでしょう。

実は、ゴキブリの種類によって寿命が違うことを知っていますか? 当然、寿命が長いゴキブリもいれば、寿命が短いゴキブリもいます。

ゴキブリの寿命|その1
①クロゴキブリの寿命

クロゴキブリの寿命は約2年です。クロゴキブリの寿命は、数あるゴキブリの種類の中でも、長く生きる方だと言えます。ただし、クロゴキブリの場合は約2年もの寿命がありながら、成虫期間は約7ヶ月しかありません。

クロゴキブリの寿命は、一生の半分以上が幼虫期間です。クロゴキブリは卵鞘~孵化するまでに約1ヶ月かかり、その後は、約1年ちょっとを幼虫として生きます。そして、数ヶ月間だけ成虫として生きるのがクロゴキブリです。

■室内なら約2年の寿命を全うすることが多い
クロゴキブリは日本各地に生息しているゴキブリのため、室内で遭遇する確率はとても高いです。生息数はチャバネゴキブリと同じくらいと、考えて良いでしょう。

また、クロゴキブリの成虫のサイズは約3cm~4cmもあり、日本にいるゴキブリの中でも大きい方です。

室内で見かけることの多いクロゴキブリですが、本来、野外に生息しているため寒さに強いです。とは言っても、ゴキブリは温暖な気候・温かい場所を好みます。そのため、ゴキブリが最も活発に動く時期は5~10月です。

でも、室内にいるクロゴキブリは、1年を通して過ごしやすい環境にいます。室内で繁殖を繰り返し、極端に寒い・暑い環境でなければ約2年の寿命を全うできるでしょう。

ゴキブリの寿命|その2
②チャバネゴキブリの寿命

チャバネゴキブリの寿命は約5ヶ月~7ヶ月です。

チャバネゴキブリの卵鞘が孵化するまでに要する日数は、約20日~27日のため1ヶ月もかかりません(室内温度が25度前後の場合)。通常、ゴキブリの卵鞘はダンボール等に産み落としますが、チャバネゴキブリは違います。卵鞘が孵化するまで身体にくっつけたまま生活するのが特徴です。

孵化した後は、何度も脱皮をして約1ヶ月かけて成虫になります。つまり、チャバネゴキブリは卵鞘~成虫になるまでは約2ヶ月かかる計算です。

成虫後のチャバネゴキブリは、性別によって寿命に差があります。『オスの寿命は約3ヶ月』ですが、『メスの寿命は約5ヶ月』です。

■寿命が短いため凄まじい勢いで増える
チャバネゴキブリは隙間(5mm程度)が大好きで、日本に多く生息しています。チャバネゴキブリは寒さに弱いゴキブリのため、室内を好みます。家・飲食店・空調が完備されているビルに生息しているのが特徴です。そのため、室内で目にする機会は多いでしょう。

チャバネゴキブリの成虫のサイズは約1cm~1.5㎝と、そこまで大きくありません。色は黄褐色で、背中に黒い斑点があります。

チャバネゴキブリは寿命が短いですが、卵鞘を産む回数は4回~5回と少ないです。ですが、1個の卵鞘をから産まれるチャバネゴキブリの数は、約40匹~50匹ものゴキブリが誕生します。チャバネゴキブリは寿命を全うするまでの間、約200匹~250匹のゴキブリを産む計算です。

ゴキブリの寿命|その3
③ワモンゴキブリの寿命

ワモンゴキブリの寿命は短くて約2年、長いと約3年も生きます。ワモンゴキブリは、クロゴキブリと同じくらいの寿命があるのが特徴です。また、生命力が強い個体・沖縄に生息しているワモンゴキブリは約3年も生きるため、寿命が長いゴキブリと言えます。

ワモンゴキブリは卵鞘~成虫するまでに要する日数は、約6ヶ月~1年です。成虫後のワモンゴキブリの寿命は、約1年あります。

■寿命が長くて産卵ペースが早い
ワモンゴキブリはアフリカ原産です。現在は日本各地に生息していますが、特に、暖かい気候の土地(九州地方・沖縄)に多く生息しています。ワモンゴキブリのサイズは約4㎝~5cmです。日本最大級のゴキブリと呼ばれています。

原則、寒さに強いゴキブリではありません。ですが、ワモンゴキブリはチャバネゴキブリよりも寒さに強いため、家の中・空調設備が整っている建物(ビル・病院)等だけでなく、ゴミ置き場・公衆トイレにもいます。

そして、ワモンゴキブリは寿命が長いだけでなく、卵鞘を産むペースがとても早いです。

約4日~10日に卵鞘を産み、一生で産卵する回数は50回以上になります。寿命が長いワモンゴキブリは、子孫をを残す本能も凄まじいです。1匹のワモンゴキブリのメスから、約700匹以上のゴキブリが誕生します。

ゴキブリの寿命|その4
④ヤマトゴキブリの寿命

ヤマトゴキブリの寿命は約2年半です。クロゴキブリ・ワモンゴキブリ並みに寿命が長いと思うでしょう。ヤマトゴキブリはゴキブリの中では珍しく、幼虫期間に休眠します。そのため、寿命が長いと思われることが多いです。

ゴキブリは暖かい時期(5月~10月)になると活発に動きますが、ヤマトゴキブリの活動時期は4月~9月になります。活動時期が過ぎたヤマトゴキブリの幼虫は、休眠期に突入するため、ほとんど活動しません。休眠期をいれると、約2年近く幼虫のままです。

休眠期を終えて、ようやく成虫になったヤマトゴキブリの寿命は、約3ヶ月~半年しかありません。

■休眠するが寿命は短い
ヤマトゴキブリは木に生息しているゴキブリで、樹液もエサにします。でも、森林が減りエサとなる樹液が減ったため、自然が少ない都会では数を減らしています。

また、野外に生息しているゴキブリのため、寒さには強いです。ヤマトゴキブリは寒さに強いクロゴキブリ以上に、耐寒があると言えるでしょう。

ヤマトゴキブリのサイズは約2.5cm~3.5㎝です。身体は細長く色は黒いですが、クロゴキブリのように黒光りはしていません。

説明した通り、ヤマトゴキブリは成虫になってからの寿命は短いです。でも、卵鞘を産むペースは約4日~6日で、1個の卵鞘から約16匹ものヤマトゴキブリが誕生します。寿命が短いゴキブリのため、一生のうちに産卵する数は約25回と、産卵回数が多いのも特徴です。

ゴキブリの寿命に冬は関係なし

"冬になればゴキブリは活動しない"と、思っていませんか? 実は、そんなことありません。冬でもゴキブリは活動します。ゴキブリは寿命がある限り、1年中活動していると思っても良いです。

確かに、春・夏・秋に比べるとゴキブリの目撃回数は減るでしょう。冬でも関係なく、寿命を迎えていないゴキブリは、どこかでひっそり生きています。

例えば、寒さに強いクロゴキブリでも冬は寒いです。野外にいるクロゴキブリは、植木鉢の中や下・マンホールの中・暖かい蒸気が出る場所にて、寒さから身を守っています。室内のクロゴキブリは家電製品の裏や下・家具の隙間・ダンボール・押入れの中・天井裏等にいることが多いです。

【快適な温度環境であれば冬でも繁殖している】
ゴキブリは種類によって寿命の差はあります。でも、少しでも長く生きようとする生命力・繁殖力は冬でも関係ありません。

日本は温暖化の影響により、以前に比べると、ゴキブリも越冬しやすくなっています。その証拠に、ゴキブリが少ないと言われていた北海道でさえ、冬でも目撃されるようになりました。寿命を迎える前に繁殖をし、ゴキブリの子孫を残しているため、北海道でも数を増やしています。

特に、ゴキブリは25度~30度を好む昆虫です。ゴキブリが快適に暮らせる環境は、冬でも寿命を全うしやすいと言えます。空調設備が整っているビル・家に生息しているゴキブリは、1年中、繁殖をしていると思いましょう。

水なし・餌なしでのゴキブリの寿命は?

ゴキブリは、水・エサがない状態で約2週間~3週間は生きていられます。つまり、ゴキブリは水・エサにありつくことができなれば、寿命よりも早く死ぬことになるでしょう。

ゴキブリは雑食性の昆虫です。水・食品・生ゴミ・髪の毛・フケ・唾液・ホコリ等を食べています。原則、ゴキブリは何でも食べるため、他の昆虫よりも長生きするイメージを抱いてる方もいるかもしれません。

確かに、ゴキブリは生命力が強い昆虫ですが、水・エサがなければ、寿命を貫くことができません。たとえ、生命力がズバ抜けて強い固体であっても、生命を維持することは難しいです。

【身体の大きさも関係している】
ゴキブリは、水・エサがない状態で約2週間~3週間生きますが、種類によって寿命の差はあります。

チャバネゴキブリは約2週間で死を迎えますが、ワモンゴキブリは約3週間は生き抜くことができるそうです。さらに、ワモンゴキブリの場合は、個体によっては1ヶ月以上生きる場合もあります。

チャバネゴキブリは身体が小さいですが、ワモンゴキブリは大きいです。ゴキブリは、水・エサがない状態でどれだけ生きていられるのか? は、身体の大きさと関係があると言えるでしょう。

ゴキブリの寿命|まとめ

今回、ゴキブリの寿命について、初めて知った方もいたでしょう。ゴキブリの種類によって寿命の差はあります。でも、水・エサがなくても2週間~3週間は生きていられるのがゴキブリです。また、ゴキブリにとって過ごしやすい環境であれば、寿命を全うできるでしょう。

ゴキブリに関する豆知識として、寿命について覚えておいてはいかがでしょうか? 

【PR】今すぐ害虫駆除をしたいなら!日本全国に対応

緊急を要する害虫駆除にはムシ・プロテックがオススメです。最短即日対応、迅速な駆除が可能です。素早い解決に向けて対応してくれます。害虫駆除は虫のプロにお任せ!

害虫トラブル最短即日解決

\最短期間で駆除/

年間3000件の実績

 

  • ◇現地見積、出張費用無料
  • ◇全国各地に完全対応
  • ◇速い、安い、信頼。

関連するキーワード


害虫駆除 ゴキブリ駆除

関連する投稿


車に虫が寄ってくる原因と対策7つ!車用のおすすめ虫除けとDIY方法も!

車に虫が寄ってくる原因と対策7つ!車用のおすすめ虫除けとDIY方法も!

本記事では、車に虫が寄ってくる原因や7つの対策とおすすめ虫除けグッズを紹介します。また、自作虫除けネットのDIY方法もお伝えするので、自分に合った対策を見つけてくださいね。


ココア虫の正体はナニ?ココア虫の対策と発生しやすい食材も紹介

ココア虫の正体はナニ?ココア虫の対策と発生しやすい食材も紹介

ココアパウダーの中に小さな虫がいることがあります。ココア虫は開封済みのココアに侵入する厄介な害虫です。この記事ではココア虫の正体について詳しく解説しています。ココア虫が発生しやすい食品についても紹介していますので、この記事を参考にココア虫対策をしっかりとしましょう。


ヤマトシロアリの駆除方法6つ!業者の費用相場は?

ヤマトシロアリの駆除方法6つ!業者の費用相場は?

ヤマトシロアリは日本の家をダメにすることで有名なシロアリで、見つけたら徹底的に駆除しないといけません。コストを抑えて駆除したい方は「ヤマトシロアリを自分で駆除する方法6つ」を実践して、駆除しましょう。


アブ対策5個!種類や生態、おすすめグッズなどをご紹介

アブ対策5個!種類や生態、おすすめグッズなどをご紹介

アブに刺されると、腫れたり強い痒みを伴ったり、命にかかわる毒を持っている可能性もあったりと危険な害虫です。しっかりと虫除けを行わなければなりません。そこで、アウトドアシーンで活用できるアブ対策グッズや、アブの被害について紹介します。


ゴキブリが嫌いな匂い3パターン!アロマ忌避剤の作り方を初級編~上級編で紹介

ゴキブリが嫌いな匂い3パターン!アロマ忌避剤の作り方を初級編~上級編で紹介

ゴキブリが嫌いな匂い3パターンを解説。アロマやハーブを使った忌避剤や対策方法・おすすめのアロマなど商品も紹介します。


 

ビジネスパートナー募集