暮らしのお悩み解決サイト

蜂の巣の種類4つと特徴・見分け方!見つけた後の対処方法

蜂の巣は見分けがつきにくいですが、蜂の種類によって巣の特徴が全然違います。どの種類の蜂の巣かわかれば危険性や対処方法が変わるため、知っておいて損はありません。巣の種類や特徴・見分け方等をご紹介します。


蜂にとって春~夏は蜂の巣を作る季節、これまで蜂の巣がなかった場所で蜂の巣を見かけたという方もいるでしょう。巣が作られる場所は様々で、公園・街路樹・駐車場等に巣を作る種類の蜂もいれば、空き家の中に巣を作る種類の蜂もいます。

持ち家にお住まいの方は自己判断で業者に蜂の巣駆除を依頼することもできますが、公共の場・賃貸物件・空き家等に蜂の巣がある場合は、別の対処方法をとらないといけません。また、蜂の種類によって巣を作る場所や特徴が違いますが、蜂の巣の見分け方がわかれば"凶暴な種類の巣がある!"と、判断することも可能です。場合によっては自分で蜂の巣駆除ができます。

では早速、蜂の巣の種類や特徴・見分け方をチェックしましょう。

蜂の巣の種類4つと特徴・見分け方

蜂には様々な種類がいますが日本でよく見かける蜂の種類は、『スズメバチ』『アシナガバチ』『ミツバチ』『ドロバチ』の4種類です。蜂の巣は蜂の種類によっても形状や色が等が違い、蜂の巣の特徴がわかると"蜂の巣を早急に駆除しないといけないのか?"がわかります。

では、『4種類の蜂の巣の特徴や見分け方』をチェックしていきましょう。

①スズメバチ

日本に生息しているスズメバチは、キイロスズメバチやオオスズメバチ等を含むと16種類おり、体格は大きく性格も凶暴です。

蜂の巣の大きさはスズメバチの種類に関係なく、ほとんど同じで大差はありません。また、球体型の蜂の巣が特徴で外側にはビー玉のような模様があり、巣が大きくなるにつれて模様はどんどんハッキリしていきます。一方、働きバチの数が少ない場合は蜂の巣の形状は球体ではなく、長細い球体(フラスコ)のような形状になるのが特徴です。 


■蜂の巣は閉鎖的な場所に作ることが多い
蜂の巣を作る場所も種類に関係なく、屋根裏・物置・戸袋等、直射日光がほとんど当たらない閉鎖的な場所に作ります。その一方で、稀に植え込みや軒下など開放的な場所に蜂の巣を作るのが特徴です。スズメバチの種類の中でもオオスズメバチは非常に凶暴で、土の中に巣を作ります。

②アシナガバチ

日本に生息しているアシナガバチは11種類おり、キアシナガバチ・フタモンアシナガバチ・セグロアシナガバチは多くいるため、アシナガバチを見かけたら3種類のいずれかの可能性が高いです。見た目はどちらかと言うと小さめで、蜂の種類の中でも穏やかな性格と言えます。そのため、スズメバチのように闇雲に攻撃してくるようなことは、ほとんどありません。

蜂の巣は働きバチによって大きくなっていきますが、途中段階は扇形で、最終段階では茶碗を逆さまにしたような形状になります。アシナガバチの巣は最大でも15cm程度しか大きくならず、蜂の種類の中でも小さい方と言えるでしょう。蜂の巣の色はグレーや黄土色で、巣穴は覆われていないため幼虫等も丸見え状態です。


■低い場所に蜂の巣を作ることもある
蜂の巣は雨や日光が当たりにくい場所に作ることが多く、軒下・ベランダ・外壁・エアコンの室外機等でよく見かけます。アシナガバチは低い場所にも蜂の巣を作る種類の蜂で、背丈が低いお子さんは興味本位で触れてしまう場合もあるでしょう。

③ミツバチ

ミツバチの種類はいくつかありますが、日本に生息しているのは日本ミツバチと西洋ミツバチの2種類になります。2種類のミツバチは養蜂として飼育されていることが多く、蜂蜜やサプリメント・蜜蝋や蜂蜜クレヨン等、様々な種類の商品を販売している養蜂農家も少なくありません。

体の特徴は日本ミツバチの方が西洋ミツバチよりも小さく、黒い縞模様が太いため全体的に黒っぽく見えるでしょう。性格はおとなしく、何かをしない限り毒針で刺すことはありません。一方、西洋ミツバチにも黒い縞模様がありますが、黄色っぽく見えます。性格は日本ミツバチとは正反対で攻撃的です。

蜂の巣の特徴はミツバチの種類に関係なく、平らな板状を何枚か作ります。これは巣板と呼ばれていて、大きくなると大体1m程度のまで成長するのが特徴です。蜂の巣の色ですが最初は白く、蜜が増えてくるとオレンジになっていきます。


■壁の中に蜂の巣を作ることもある
蜂の巣は閉鎖的な場所に作ることが多く、屋根裏・床下・壁の中・穴が開いている木の幹等に作るのが特徴です。でも、木の枝や植え込み等の開放的な場所に作るのもミツバチもいます。

④ドロバチ

ドロバチも様々な種類がいますが日本でよく見られるのはミカドドロバチで、見たことがある方もいらっしゃるかもしれません。体のサイズはわりと小さく、ベースは黒で少しだけ黄色いカラーが入っています。性格は穏やかで危険を察知しない限り刺してくることはないため、蜂の種類中でも危険性はほとんどないと言えます。

蜂の巣は泥や土で作るため黄土色で、形状はまるで壷のようです。ドロバチは数ある蜂の種類の中でも珍しく、1つの蜂の巣を集団で作ることはせず、単独で蜂の巣を作ります。蜂の巣内には1匹~2匹しかおらず、巣の大きさは小さめです。


■蜂の巣内に青虫を入れて巣穴を塞ぐ
ドロバチは肉食で幼虫期は青虫等の昆虫を食べます。親のドロバチは秋になると、蜂の巣の中に青虫等の昆虫を入れて産卵をして、最後に泥で蜂の巣の穴を塞ぐのが特徴です。蜂の巣の中にいる青虫は麻酔で眠っているような状態で、幼虫が孵化すると、蜂の巣の中で青虫を食べて大きくなります。

そして、翌年の春にはさなぎになり、蜂の巣から巣立って行くのが通常の流れです。でも、ドロバチによっては夏に蜂の巣を作り、秋に羽化する場合もあります。


■家具等に蜂の巣を作る場合もある
蜂の巣を作る場所は様々で、軒下・床下・ベランダ・天井裏・竹筒等の場合もあれば、空き家の柱や家具等に蜂の巣を作ることもあるそうです。また、穴が開いている木の幹や枯れた木の枝にも蜂の巣を作ります。

蜂の巣を見つけた後の対処方法5つ

蜂の巣は山や森だけでなく、私達の生活圏の中にもあることから身近な存在と言えるでしょう。とは言え、蜂の巣があると刺される危険性があるため、できれば遭遇したくないはずです。しかも、蜂の巣は蜂の種類によって様々な場所に作ることから、必ずしも自宅の敷地内に巣を作るとは限りません。

蜂の巣を見つけた場合は、発見した場所に合わせて『適切な対処方法』をとりましょう。

①持ち家の自宅にある蜂の巣

持ち家の自宅に蜂の巣がある場合は、棒等で蜂の巣を突いたり近寄ったりしてはいけません。蜂の巣を突く行為は種類に関係なく蜂を刺激する行為になります。そして、どの種類の蜂も蜂の巣に近づく者は敵とみなし、巣を守るために攻撃してくるため危険です。

スズメバチのように凶暴な性格の種類の蜂の場合は群れで一斉に攻撃してくるため、一度にとんでもない数の蜂達に針で刺される可能性があります。また、普段はおとなしい性格の日本ミツバチ・アシハガバチ・ドロミツバチも蜂の巣を刺激されると攻撃してくるため、刺激するようなことは避けましょう。

自分で蜂の巣駆除したい方は15cm以下の小さい巣までに留めましょう。しかし、蜂は種類に関係なく針を持っており、刺される危険性はゼロではありません。そのため、蜂の巣駆除を自分で行うことはリスクを伴います。自分で駆除をするのは不安に感じたら無理をしないで、業者に頼んみましょう。

②賃貸の自宅にある蜂の巣

賃貸物件にお住まいの方は蜂の巣があっても自己判断で蜂の巣を駆除はせず、まず管理会社や大家に相談します。そもそも、賃貸物件の持ち主は大家で住民は借りている側の立場です。蜂の巣駆除や修繕判断等は大家や管理会社が実施を判断します。

とは言え、ベランダや住宅の敷地内に蜂の巣があると気になるはずです。でも、個人的に蜂の巣を駆除すると怪我やトラブルの原因の元になることもあるため、蜂の巣を見つけたら早急に管理会社や大家に相談しましょう。

③公園や街路樹など公共の場所にある蜂の巣

スズメバチの種類によっては公園や街路樹等、公共の場所に蜂の巣を作ることがあります。公共の場所は多くの方が利用することから、蜂の巣がある状態は危険ですが、公園や街路樹等は自分の敷地ではないため、蜂の巣があっても勝手に取ってはいけません。蜂の巣を見つけたら役所に連絡しましょう。

ただし、役所に連絡をしたからと言って、蜂の巣を必ず駆除してくれるとは言い切れません。蜂の種類によっては、人間がちょっかいを出さない限り刺さない蜂や危険度が低い蜂の巣もあります。そのため、役所が"蜂の巣を駆除しなくても大丈夫"と判断すれば駆除されない場合や、対応が遅れる場合があります。

④店舗や駐車場、施設などの建物にある蜂の巣

店舗や駐車場・商業施設等といった建物で蜂の巣を見つけた場合も、自分の敷地ではないため勝手に蜂の巣を取ってはいけません。所有者や管理人・管理会社に連絡しましょう。

特に、駐車場は店舗や商業施設と違い無人の場合があります。とは言っても、自動精算をする駐車場は定期的に駐車場代を回収しに来るため、所有者や管理会社が蜂の巣を発見する場合もあるでしょう。

でも、駐車場が広いケースや蜂の巣が小さければ、発見されないこともあります。他にも、蜂の種類によって閉鎖的な場所に蜂の巣を作ることもあるため、木の枝や植え込み等にある場合は気付かないこともあるようです。

【PR】今すぐ害虫駆除をしたいなら!日本全国に対応

緊急を要する害虫駆除にはムシ・プロテックがオススメです。最短即日対応、迅速な駆除が可能です。素早い解決に向けて対応してくれます。害虫駆除は虫のプロにお任せ!

害虫トラブル最短即日解決

\最短期間で駆除/

年間3000件の実績

 

  • ◇現地見積、出張費用無料
  • ◇全国各地に完全対応
  • ◇速い、安い、信頼。

関連する投稿


スズメバチの天敵10種類!駆除に利用できる?効果的な対策法も

スズメバチの天敵10種類!駆除に利用できる?効果的な対策法も

家の近所にスズメバチが巣を作ってしまうと大変危険です。そんなスズメバチの効果的な対策から、自然界に存在するスズメバチの天敵を10種類紹介します。本記事を参考にスズメバチの適切な対策方法を身に付けましょう。


スズメバチの蜂の巣を自分で安全に駆除する方法6ステップ!【プロ監修】

スズメバチの蜂の巣を自分で安全に駆除する方法6ステップ!【プロ監修】

スズメバチの巣の駆除に効果的な殺虫剤や、刺されないための服装、安全に作業するための時間帯、蜂の巣のごみとしての捨て方について解説しています。蜂の巣が作られやすい場所や、蜂の巣の駆除業者に頼んだ時の費用相場についてもご紹介します。


蜂の巣の駆除方法5ステップと業者にたのんだ時の相場【プロ監修】

蜂の巣の駆除方法5ステップと業者にたのんだ時の相場【プロ監修】

蜂の巣の具体的な駆除方法や、巣を駆除するために必要な道具やグッズ、蜂の巣がスズメバチなのかアシナガバチなのかミツバチなのかを見分けるポイント、そしてプロに蜂の巣の駆除を頼んだ場合にかかる費用の相場について解説しています。


【プロ監修】アシナガバチの巣を作らせない!駆除方法7ステップ【業者料金比較付き】

【プロ監修】アシナガバチの巣を作らせない!駆除方法7ステップ【業者料金比較付き】

アシナガバチの巣の駆除方法について解説しています。アシナガバチが巣を作る場所や、種類、スズメバチとアシナガバチの巣の見分け方のほか、具体的な巣の駆除方法や口コミで良いと言われている殺虫剤についてもまとめています。


アシナガバチの特徴と駆除方法10ステップ!プロの料金相場比較表つき

アシナガバチの特徴と駆除方法10ステップ!プロの料金相場比較表つき

ハチの巣の駆除は、女性でも自力でできます。アシナガバチの巣の場合はスズメバチと違って市町村で駆除してもらえません。蜂の巣を駆除するのに必要な道具や最適な時間帯、効果的な殺虫剤のスプレー方法や安全に身を守るグッズをご紹介します。


 

ビジネスパートナー募集