暮らしのお悩み解決サイト

アブラムシの駆除対策10個!牛乳・ハーブ・はちみつなど無農薬対策は?

アブラムシの駆除対策10個!牛乳・ハーブ・はちみつなど無農薬対策は?

アブラムシの駆除対策をしたい方は多いでしょう。でも、いつの間にかくっ付いているのがアブラムシです。厄介者のアブラムシですが、実は無農薬で駆除対策ができるって知っていますか? 早速、10個ご紹介します。

 


野菜や植物を自宅の庭やベランダ・畑で栽培している方にとって厄介なのが『アブラムシ』ではないでしょうか? せっかく芽が出た苗にアブラムシが付いていたり、数日間で野菜や植物に気持ち悪いくらいビッシリ付いている等、アブラムシは知らない間に忍び寄って来ます。

薬品を使えばアブラムシの駆除や対策ができるとわかっていても、できれば薬品を使わないで、アブラムシをどうにかしたいと考えている方もいるでしょう。特に、野菜や果物は口に入れるため、安全面的にも薬品を避けたい方はいるはずです。でも「アブラムシをどうにかしたい」と思っている方のために、今回は『無農薬でアブラムシを駆除する方法や対策を10個』ご紹介します! 

アブラムシの生態と特徴

アブラムシの大きさは約2mm~4mmと小さく、虫眼鏡で見てみると触覚や形等がよくわかるでしょう。アブラムシには野菜を好む種類や草木を好む種類等、様々なアブラムシがいます。いずれにしても、アブラムシは植物に含まれている汁を吸うためにくっ付き、中でも新芽は大好きです。

野菜や草木の汁を吸うだけなら良いですが、アブラムシはウィルスを撒き散らすから厄介です。アブラムシが運んできたウィルスに植物が感染すると、病気になり、成長しにくくなったり枯れてしまいます。

また、植物に大量のアブラムシが付いているのを見た経験はありませんか?その現象の多くは『羽付きのアブラムシが飛んできて集団化したケース』です。アブラムシには元々羽がありませんが、数が増えると羽付きが誕生し、アブラムシがいる場所を目指して飛んで行きます。

そして、アブラムシは気温が低い環境が苦手です。そのため、春~夏はアブラムシの数が増えますが、ビニールハウスや空調が整っている室内は、季節に関係なく植物の汁を吸いにやって来ます。アブラムシの天敵はテントウムシ・カゲロウ・アブ等ですがアリとは共に暮らす間柄で、アリが増えたらアブラムシも増えていると思いましょう。

 

アブラムシが発生する原因

野菜や草木を栽培している方にとってアブラムシは憎き相手ですが、アブラムシが発生する理由は2つあります。1つ目の理由は『肥料』です。野菜や草木をよりよい状態に成長させるために、多くの方は肥料をあげているでしょう。

ただし、窒素を含んでいる肥料を与え過ぎると、アブラムシを寄せ付ける原因となってしまうため、あまりよくありません。窒素が多く含まれている肥料を植物にあげ過ぎるとアミノ酸が増えます。アミノ酸はアブラムシの大好物で、羽付きのアブラムシが飛んで来て数を増やすため、野菜や草木はあっという間にアブラムシだらけになるでしょう。

アブラムシが発生する2つ目の理由は『風通し』です。アブラムシは風通しが悪い環境にある植物を好みます。例えを挙げるなら、プランターにぎっしり草木が生えていたり、葉っぱがたくさん生い茂っている植物等はアブラムシが発生しやすい状況です。

また、日光にあまり当たらない植物もアブラムシのターゲットにされます。特に、直射日光に当ててはいけない植物や日陰で栽培する植物は、風通しが悪くなりがちです。日に当てることはできなくても、風通しを良くする対策をしてアブラムシを寄せ付けないようにしましょう。

アブラムシを無農薬で駆除する対策10個

アブラムシは薬品を使えば確実に駆除できますが、大事に育ている植物のことを考えると薬品の影響が気になるところですが、無農薬でもアブラムシの駆除は可能です。

しかも、駆除方法によっては同時にアブラムシの予防対策もできるため、薬品を一切使わずアブラムシをどうにかしたい方にとっては、とっておきの情報でしょう。早速、アブラムシを無農薬で駆除する対策10個をご紹介します。

①粘着テープでアブラムシを取る

アブラムシの駆除方法や予防対策はいくつかありますが、無農薬で物理的にアブラムシを駆除するなら粘着テープを使いましょう。アブラムシがいる所を狙って、粘着テープでペタペタ取ってしまえば簡単に駆除できます。

使う粘着テープは何でも良いですが、アブラムシがくっ付いている場所や使いやすさで選ぶと良いでしょう。ガムテープや透明テープ・カーペットのホコリや髪の毛を取るコロコロは幅広のため、太い幹についているアブラムシや、大きな葉っぱにところどころ付いているアブラムシを取るのに便利です。
反対に、幅が細いセロハンテープは葉っぱや新芽等、柔らかくてデリケートな部分に使ったり、指先でクルリと撒いて数匹だけアブラムシを取りたい時に使います。

ただし、粘着テープでアブラムシの駆除をする方法は、アブラムシが少ない植物に使える方法です。アブラムシがあまりにも多い場合は、粘着テープだけで取りきれず逃してしまう可能性があるため向いていません。

②牛乳水をアブラムシにふりかける

アブラムシの数が少ない場合に向いている駆除や予防対策は、牛乳水を使った方法も向いています。牛乳水の作り方は、スプレーボトルの中に牛乳1と水1を入れてよく振れば完成です。スプレーボトルがない場合は、コップに入れても構いません。使い方は、アブラムシに向けて牛乳水をスプレーするか、牛乳水が入ったコップをふりかけます。そして、牛乳水が乾いたらしっかり水で洗い流しましょう。

牛乳水をアブラムシにスプレーすると駆除できる理由は、窒息死するからです。アブラムシの背中には呼吸をするための穴があり、牛乳水が乾くと穴を塞ぐように膜が張ります。牛乳水でアブラムシを駆除する方法はスプレー後にしっかり乾かすのがポイントになるため、晴れた日に行いましょう。

また、牛乳水を乾かした後はしっかり水で洗い流さないと、牛乳独特の匂いが残ってしまいます。牛乳の匂いは意外としつこく、水でしっかり洗い流さないとしばらく匂いが取れないため注意しましょう。

③木酢液や酢をアブラムシにふりかける

木酢液や酢を水で薄めてからアブラムシにスプレーすると効果的です。木酢液スプレーの作り方は、スプレーボトルの中に木酢液を入れたら50倍から100倍に水で薄めてよく振ります。使い方は、アブラムシが付いているところに木酢液スプレーをするだけです。

お酢スプレーの作り方は、スプレーボトルの中にお酢30ccを入れたら水1ℓで薄めます。使い方は木酢液と同じです。木酢液や酢を使った駆除対策の効果はどちらも大差はなく、自宅に木酢液がない方は酢を使っても構いません。

木酢液や酢を使った方法はアブラムシが苦手な匂いで駆除したり、同時に予防対策効果もあります。ただし、木酢液や酢は匂いが薄れてくるためできれば毎日スプレーしましょう。毎日できなくても1日おきにスプレーするなど、ある程度定期的に木酢液や酢をふきかけるとアブラムシの駆除や予防対策につながります。

注意点はもう1つあり、水の分量が少なく木酢液や酢の濃度が高い場合や、多くスプレーすると植物にダメージを与えることになるため注意しましょう。

④唐辛子液をアブラムシにふりかける

アブラムシは唐辛子に含まれているカプサイシンを嫌うため、唐辛子液を使うと駆除と同時に予防対策もできます。用意する物は、空き瓶やいらないペットボトル・唐辛子10本(輪切りでも良い)・度数の高いお酒や消毒用アルコール・スプレーボトルです。

作り方は、空き瓶かいらないペットボトルの中に唐辛子を入れたら、お酒か消毒用アルコールを唐辛子が浸るくらいまで注いで蓋をし、2〜3週間唐辛子の成分が染み出るのを待ちましょう。そして、2週間以上経った唐辛子液を150倍~300倍の水で薄めて、スプレーボトルに入れて使います。

唐辛子液の濃度を濃くし過ぎたり唐辛子液スプレーを使う頻度が多いと、植物によっては枯れてしまうこともあるため注意しましょう。唐辛子液スプレーの使う頻度は週1回だけでも効果があります。また、唐辛子が目や口の中に入るとヒリヒリするため、唐辛子液を作ったりや使う時は、マスク・ゴーグル・ゴム手袋をしてからアブラムシの駆除対策を行うと安心です。

⑤でんぷんを混ぜた水をアブラムシにかける

牛乳水で"アブラムシの背中には空気を吸う穴がある"と説明しました。でんぷんを混ぜた水も同じで、アブラムシにかけると窒息死させることができます。作り方は、鍋の中に水1ℓと、コーンでんぷんや片栗粉を大さじ1杯~2杯入れて約3分間沸騰させましょう。でんぷん水が冷めたら霧吹きやスプレーボトルに移し変えます。

使い方は、アブラムシにふりかける前によく振り、霧吹きやスプレーボトルでアブラムシがでんぷん水まみれになるまで、しっかりふりかけましょう。アブラムシの駆除効果は遅くても約3日でわかるでしょう。また、牛乳水でアブラムシ駆除をする時は最後に水で洗い流しますが、でんぷん水は洗い流す必要はありません。

注意点ですが、冷たい水ででんぷんを溶かすより、沸騰させた方がでんぷんはよく溶けるため必ず沸騰させることです。さらにもう1つ、使う噴霧器やスプレーボトルによってはでんぷんが目詰まりすることがあり、コーンでんぷんや片栗粉を入れる分量は多くなり過ぎないようにしましょう。

⑥はちみつ水をアブラムシにかける

牛乳水とでんぷん水はアブラムシを窒息死させますが、はちみつ水も同じです。牛乳水やでんぷんは膜でアブラムシが呼吸する穴を覆いますが、はちみつ水の場合は、はちみつ独特のねっとり感で穴を埋めてアブラムシを窒息死させます。作り方は、コップやボールにはちみつと水を入れますが、ねっとり感が出るように水の分量を調整しましょう。

使い方は、はちみつ水でアブラムシをしっかり覆うのがポイントで、スプーンではちみつ水をすくって垂らすか、ハケで塗ります。はちみつ水を使うとアブラムシの駆除対策はできますが、甘い物が大好きなアリが寄ってくるかもしれません。

元々、アリとアブラムシは共存関係にありますが、できるだけアリを寄せ付けたくない場合は、地面やプランター等に垂れたはちみつ水は拭き取ることです。完全にアリが来ないとは言い切れませんが、できる範囲でアリ対策をしましょう。

⑦黄色の害虫捕獲粘着シートでおびき寄せる

アブラムシは黄色い物にそそられる昆虫のため、黄色の害虫捕獲粘着シートでおびき寄せて駆除対策をするのもおすすめです。黄色の害虫捕獲粘着シートは2種類あり、ガムテープのようにロール状になっているタイプと、短冊のような形状をしている吊り下げタイプがあります。

ロール状タイプのテープは、アブラムシが付いている野菜や草木の周りに支柱を立てて、テープで囲うようにしましょう。また、ビニールハウスの室内や屋外にに張ると、アブラムシを含む様々な昆虫の侵入を防ぐこともできます。

吊り下げタイプも植物の周りに設置しましょう。吊り下げタイプの多くは紙でできていますが、水に濡れても乾けば粘着力が復活するため場所を問わず使えます。アブラムシの駆除対策効果は約1ヶ月で、使用後は燃えるゴミに出せるため後処理も楽です。

⑧地面にアルミホイルや乱反射フィルムを敷く

アブラムシはキラキラした物が苦手な昆虫で、アルミホイルや乱反射フィルムを野菜や草木が植えてある地面に敷くと駆除対策ができます。アブラムシは下から反射されると上下感覚がわからなくなり、恐怖心をあおることができるため、キラキラした物は駆除対策に最適と言えるでしょう。

アルミホイルでアブラムシ対策をする場合は、アルミホイルに何ヶ所か切り込みを入れて、野菜や植物の根元部分を囲うように敷きましょう。乱反射フィルムはシルバーマルチとも言われていて、元々穴が開いている商品もあれば穴が開いていないタイプもあります。

どちらもアブラムシの駆除対策に向いていますが、プランターや鉢植え等、狭い範囲にいるアブラムシの駆除対策をするならアルミホイルを使いましょう。乱反射フィルムはビニールハウス等、広い範囲に向いています。

⑨防虫ネットでアブラムシから植物を保護

アブラムシを無農薬で駆除対策をする方法として、よく知られているのが防虫ネットです。防虫ネットには様々な種類がありますが、アブラムシ対策に向いている網目の大きさは0.6mm~0.8mm・ネットの色は白や銀が向いています。設置方法は、アブラムシを寄せ付けたくない野菜や草木の周りを防虫ネットで覆えば対策完了です。

防虫ネットはアブラムシ対策に効果的ですが、アブラムシが付く前に設置しないと意味がありません。そのため、アブラムシが活動的になり数が増える春~夏は避けて、秋~冬に設置します。また、新芽が出たタイミングや、苗を植え替えたタイミングでも設置しましょう。

防虫ネットの網目の大きさはとても細かいタイプもありますが、風通しが悪くなったり防虫ネット内の温度や湿度が変化するため、植物に悪影響を及ぼす可能性があります。植物の生育のことも考えてアブラムシ対策をするなら、0.6mm~0.8mmの網目で十分です。また、防虫ネットの色は白が一般的ですが、光る物が苦手なアブラムシの習性を利用するなら銀糸入りを選びましょう。

⑩アブラムシ対策でハーブを育てる

ハーブは虫除け効果があることで有名ですが、アブラムシ対策でもハーブが使えます。とは言っても、ただ単にハーブを植えるのではなく、あえてハーブにアブラムシを寄せ付けて野菜や草木をアブラムシから守る作戦です。これはバンカープランツと言って、ハーブがアブラムシのおとり用植物になってくれます。

バンカープランツにおすすめのハーブは、『セイタカアワダチソウ』『ヨモギ』『ミント』です。この3種類のハーブはアブラムシが付きやすく、栽培すればすぐにでもアブラムシが集まって来るでしょう。3種類のハーブ全てを栽培しても良いですし、1種類だけたくさん栽培しても構いません。

アブラムシがおとり用植物にたくさんくっ付けば、大事に育てている野菜や草木にアブラムシが付きにくくなります。さらに、アブラムシの天敵であるテントウムシやカゲロウ等も増えるため、自然とアブラムシが減っていくのも期待できます。

殺虫剤のアブラムシ駆除方法2つ

無農薬でアブラムシの駆除対策をしても、手に負えない場合もあります。しかも、アブラムシを駆除できなければ数が増え続け、野菜や草木はアブラムシだらけです。どうしても、無農薬でアブラムシの駆除対策ができなかった場合は殺虫剤を使って対処しましょう。では、殺虫剤でアブラムシを駆除対策する方法を2つご紹介します。

①スプレータイプのアブラムシ駆除剤

スプレータイプのアブラムシ駆除剤は手が汚れにくく、簡単に使えるため1本あると便利でしょう。また、スプレータイプのアブラムシ駆除剤は大きくわけると、『じゃがいもや水あめから作られている自然派タイプ』と『薬品が含まれているタイプ』があります。

自然派タイプのアブラムシ駆除剤は薬品を使っていない分、効果を実感するまでは時間がかかりますが、人や土に優しく安全性が高く、家庭菜園を楽しんでいる方も安心して使えるのがメリットです。アブラムシの駆除対策に時間がかかっても、薬品を使いたくない方は自然派タイプを選びましょう。

一方、薬品タイプのアブラムシ駆除剤は即効性があるため、使えばすぐに駆除対策ができるのがメリットです。特に、アブラムシが野菜や草木に大量に付いている場合は、薬品タイプをスプレーしてアブラムシを一気に撃沈しましょう。

②オルトランなど粒タイプのアブラムシ駆除剤

粒タイプのアブラムシ駆除剤にはオルトラン等がありますが、アブラムシがいる植物の土の上に撒くだけで簡単に駆除できます。また、苗を植え変える時に土の中に粒タイプの駆除剤を入れれば、予防対策もできるためアブラムシを寄せ付けません。

粒タイプのアブラムシ駆除剤はゆっくり土の中に成分が浸透し、少しづつ茎や葉っぱに成分が届く仕組みです。即効性はありませんが、オルトランの場合はアブラムシの駆除対策効果は約1週間でわかり、効果の持続期間は約1ヶ月あります。

ただし、使用量や使用回数を守って使いましょう。駆除剤は簡単にアブラムシを殺すことができたり予防対策もできますが、薬品が含まれているため、過剰な量や使用頻度が多いと野菜や草木が枯れてしまいます。
そして、気になるのは野菜や果物に、粒タイプのアブラムシ駆除剤を使った場合の影響ではないでしょうか? 正しく使えば人体に大きな影響を及ぼすことはありませんが、使い方を間違えれば何かしらの影響があるでしょう。

まとめ

アブラムシはガーデニングや家庭菜園を楽しんでいる方にとって、かなり厄介な昆虫です。しかも、アブラムシはとても小さく気付けばあっという間に増えてしまうため、早めに駆除にしたり予防対策をしないといけません。

アブラムシの駆除対策は無農薬でもできますが、限界を感じたら殺虫剤で対処するのも1つの方法です。アブラムシを駆除しつつ対策もして大切な植物を守りましょう。

【PR】害虫駆除ならお任せください。最短即日解決!

東証上場会社運営!あらゆる害虫駆除に対応致します!年中無休・24時間365日対応・無料現地調査・さらに駆除後も1年間保証で安心の害虫駆除110番がオススメです。

害虫トラブルに迅速に対応致します! まずは無料お見積りから。害虫の種類を問わずお気軽にご相談ください。害虫駆除のプロが丁寧に対応致します。

害虫駆除110番

\駆除後も1年間保証/

害虫駆除はプロにお任せ

 

  • ●24時間365日全国対応
  • ●ご相談・お見積無料
  • ●無料現地調査
  • ●低価格な料金設定

 

関連するキーワード


害虫駆除

関連する投稿


茶色い小さい虫が家に発生したらシバンムシかも?種類や駆除方法

茶色い小さい虫が家に発生したらシバンムシかも?種類や駆除方法

家で茶色い小さい虫を目にした方は、シバンムシが発生しているかもしれません。茶色い小さい虫はシバンムシ以外にもおり、私たちの生活を脅かす種類もいます。早速、種類や駆除方法などをチェックしていきましょう。


ムカデの毒成分・症状は?噛まれたときの毒抜き対処方法【プロ監修】

ムカデの毒成分・症状は?噛まれたときの毒抜き対処方法【プロ監修】

ムカデに噛まれる事故が増えるのは5月~10月のため、都会に住んでいても他人事ではありません。ムカデに噛まれれば毒のせいでツライ思いをするでしょう。そこで今回は、毒による症状や対処方法等をまとめました。


チャドクガの発生時期・駆除対策5つと刺されたときの対処方法5つ【プロ監修】

チャドクガの発生時期・駆除対策5つと刺されたときの対処方法5つ【プロ監修】

近年大量に発生して恐れられている「チャドクガ」。チャドクガに刺されると激しいかゆみに襲われ、最悪のケースではアナフィラキシーショックを引き起こす危険性もあります。チャドクガの生態や特徴、発生時期、さらに駆除対策や刺された時の対処法について説明していきます。


コガネムシの駆除方法8個!幼虫にも注意!大量発生させないためには?

コガネムシの駆除方法8個!幼虫にも注意!大量発生させないためには?

緑色や茶色の虫が葉についている、土に乳白色の幼虫がいたらコガネムシ(黄金虫)を疑いましょう。コガネムシは生かしておいてもいいことはないため駆除すべき虫です。今回は、コガネムシの駆除方法や予防対策をご紹介します。


ブユ(ブヨ)に刺された跡の特徴と対処法!痛みや腫れは?放置は?【プロ監修】

ブユ(ブヨ)に刺された跡の特徴と対処法!痛みや腫れは?放置は?【プロ監修】

ブユ(ブヨ)に刺されるとアレルギー性の腫れを引き起こすとても厄介な虫です。そんなブヨに刺されてしまった場合に有効な対処法や、ブヨに遭遇しないための対策を紹介します。こちらの記事を参考にキャンプなどのアウトドアの際にブヨに刺されないようにしっかりと対策をしましょう。


最新の投稿


猿対策7個!ヘビや犬で猿を追い払うことができるのか?

猿対策7個!ヘビや犬で猿を追い払うことができるのか?

地方では、住宅地に猿が下りてきて作物を荒らすといった被害が問題視されています。都心部でも猿が目撃される事件が起こっていますが、田畑が多い地方は猿の被害を受けやすいでしょう。そこで、猿による主に被害や対策方法を紹介します。


刺す(咬む)虫の種類別対処法と刺されないための予防法

刺す(咬む)虫の種類別対処法と刺されないための予防法

人に被害をもたらす虫として、蚊やハチなどが挙げられます。しかし、実際には刺したり噛んだりする虫には様々な種類がおり、刺されたときの症状にも違いがあります。そこで、刺す虫の種類と、刺されたときの対処法を紹介します。


茶色い小さい虫が家に発生したらシバンムシかも?種類や駆除方法

茶色い小さい虫が家に発生したらシバンムシかも?種類や駆除方法

家で茶色い小さい虫を目にした方は、シバンムシが発生しているかもしれません。茶色い小さい虫はシバンムシ以外にもおり、私たちの生活を脅かす種類もいます。早速、種類や駆除方法などをチェックしていきましょう。


子供部屋の壁紙・クロスおすすめ実例24選!男女別・色別・選び方

子供部屋の壁紙・クロスおすすめ実例24選!男女別・色別・選び方

子供部屋の壁紙をどのようなものにすれば良いか頭を悩ませている人は多くいるのではないでしょうか。子供用の壁紙で失敗はしたくないと思うのが通常です。本記事ではおすすめの実例を写真付きで紹介します。本記事を参考に最適な壁紙選びをしましょう。


5畳の子供部屋を2人で使うレイアウト5パターン!男女別注意点も

5畳の子供部屋を2人で使うレイアウト5パターン!男女別注意点も

5畳の部屋を子供二人が使っているご家庭は、狭いことを理由にしてレイアウトを諦めていませんか?実は5畳の子供部屋でもレイアウト次第でスッキリ見えます。子供二人が使っているレイアウトを方法をまとめました。


 

 

ビジネスパートナー募集