暮らしのお悩み解決サイト

アパートのゴキブリ対策9つ!どこから侵入してくる?

アパートのゴキブリ対策9つ!どこから侵入してくる?

ゴキブリ嫌いの方にとって、安らげるはずのアパートの部屋やベランダにゴキブリが出たら緊急事態です。気持ち悪いゴキブリから開放されたい方は、今からでもできる「アパートのゴキブリ対策9つ」を実践しましょう。


ゴキブリがアパートの部屋にいたり、ベランダを這っていたらゾッとするはずです。

ゴキブリから遠ざかるために、ゴキブリと遭遇しないアパートへ引っ越そうと考えている方もいるでしょう。でも、ゴキブリから逃げるように別のアパートへ引っ越しても、新居のアパートでもゴキブリとバッタリ遭ってしまうパターンもあります。引越し先のアパートもゴキブリが出やすい物件なのかもしれません。

いずれにしても、アパートにゴキブリが出るため、今すぐにでも対策をしてどうにかしたいはずです。まずは、『アパートのゴキブリ対策』を実践しましょう。そして『ゴキブリの侵入経路』もチェックしてゴキブリストレスから開放されましょう!

アパートでゴキブリが発生する理由

Getty logo

アパートでゴキブリが発生する理由のほとんどは『アパートが古い』『アパートの1階に飲食店やコンビニが入っている』『木造』の3つです。築年数が古いアパートは外壁のヒビ割れや配管部分が劣化がしている等、様々な場所に不具合が生じている場合があります。不具合は密閉性が落ちるため、古いアパートはゴキブリが発生しやすい状態です。

アパートの1階に飲食店やコンビニが入っていると、食べ物の匂いや生ゴミにつられてゴキブリが集まり、ダンボールにはゴキブリの卵が付いていることがあります。すると、店舗内にいるゴキブリは繁殖し、ダンボールの卵が孵化すれば想像以上にゴキブリが大発生するでしょう。

木造アパートは鉄筋コンクリートよりも劣化が早く隙間ができやすいです。さらに、ネズミに天井裏をかじらたら隙間ができて、隙間からゴキブリが侵入してきます。ご紹介した内容がどれか1つでも当てはまっていれば、ゴキブリが発生しやすいアパートと思いましょう。

ゴキブリが発生しやすい部屋の特徴

Getty logo

ゴキブリが発生しやすい部屋の特徴も3つあります。『アパートの窓の近くに電柱や木がある』『部屋が1階』『上下左右の部屋が汚い』これらの条件に当てはまるアパートの部屋はゴキブリが発生しやすいです。

ゴキブリは垂直に登るのが得意でアパートの階数に関係なく、近くに電柱や木があれば足場にして窓から侵入します。また、クロゴキブリは木によくいるのと飛ぶこともできるため、窓が近くにあれば部屋の中に入るのは簡単です。

アパートの1階の部屋は共有のゴミ置き場があることから、他の階の部屋に比べてゴキブリが発生します。ゴミ置き場にいるゴキブリは、夜になるとエサを求めて1階の部屋に侵入して徘徊したり、部屋の中でゴキブリの巣を作ることもあると思いましょう。

そして、上下左右の部屋のどれかが汚けなければゴキブリは大発生して、他の部屋に侵入して繁殖することもあります。ゴキブリが発生しやすい部屋を借りないためにも、ご紹介した3つの条件は避けましょう。

アパートのゴキブリ対策9つ

Getty logo

ゴキブリが発生しにくいアパートや部屋を借りても安心はできません。アパートでゴキブリと遭遇しないで快適に暮らすなら、ゴキブリ対策をすることです。これからアパートに住む方や、すでに住んでいる方も9つのゴキブリ対策を実践しましょう。

①生ごみは毎日密閉して捨てる

三角コーナーや排水溝にある生ごみは袋に入れて、毎日密閉した状態で捨てます。生ゴミは食材だけでなく匂いもあるため、毎日捨てないとエサ欲しさにアパートの部屋の中にゴキブリがやってきます。

でも、ただ生ゴミを捨てるだけではアパートのゴキブリ対策は完璧とは言えません。生ゴミの匂いでゴキブリが寄ってくるため、蓋付きでロックできるタイプのゴミ箱に捨てて匂いを絶ちます。ゴキブリは雑食ですが、生ゴミは1位2位を争うくらいたまらないエサと言えるでしょう。

生ゴミは果物や野菜の皮や根の部分もあれば、食べ残しも捨てます。様々な食材の断片や果物や野菜には水分量も多く含まれているため、ゴキブリにとってはご馳走かもしれません。

②玉ねぎなど野菜は吊るして保存

アパートに住んでいる方は玉ねぎ等、冷蔵庫の野菜ケースに入れると良くない野菜は、吊るして保存をするとゴキブリ対策ができます。ゴキブリはジャガイモや玉ねぎ等の野菜が好きですが、中でも玉ねぎは大好きです。その証拠に、置き型タイプのゴキブリ駆除剤は玉ねぎの匂いや味がするように作られています。

ゴキブリは視力が悪く嗅覚でエサを探しますが、食べられそうなものがあると最初に匂いを確認してから、あごひげのような部分で食べ物や液体を味見します。アパートの部屋にある玉ねぎを床に置いた状態で保管していれば、ゴキブリは同じ流れで玉ねぎに近寄ると思いましょう。

アパートのゴキブリ対策をするなら、野菜は床に置かないで吊るして保管することです。

③寝る時は排水口に蓋

寝る時は排水口に蓋をして、アパート内にゴキブリを侵入させないように対策をします。具体的には、キッチン・洗面所・浴槽の排水口に蓋をしましょう。キッチンの排水口は専用の蓋が販売されているため、サイズに合うものを選びます。洗面所と浴槽の排水口は、水をためる時に使う備え付けの栓を使いましょう。

排水口に蓋をしてゴキブリ対策をする理由は、ゴキブリは下水から上がってくるからです。水や湿気がある場所を好むゴキブリは、屋内と屋外がつながっている排水パイプを通り道にして、エサを探すためにアパートの部屋に侵入します。

そのため、排水口はゴキブリにとって玄関のような存在です。ゴキブリ対策をしなければ侵入されるため、面倒でも排水口に蓋をしてから寝ましょう。

④ダンボールや新聞紙はためずに捨てる

アパートのゴキブリ対策をするなら、ダンボールや新聞紙はためずに捨てることです。ダンボールや新聞紙は保温性があり、寒さから身を守ることができます。つまり、ゴキブリにとっては快適な住まいとなり、快適な環境は巣を作る場所としても最適です。

特に、ダンボールはゴキブリの卵や子供のゴキブリが紛れていることがあります。そのまま、アパートの部屋の中やベランダにダンボールを置きっぱなしにしていると、ダンボールに巣を作られて数が増える原因です。

また、ダンボールや新聞紙を捨てるのが面倒等の理由で、押入れの中やベランダに保管していませんか? もし、保管しているなら全て処分してゴキブリに巣を作らせないようにしましょう。

⑤玄関や窓にまちぶせタイプの殺虫剤をまく

玄関や窓にまちぶせタイプの殺虫剤をまくと、簡単にアパートのゴキブリ対策ができます。まちぶせタイプの殺虫剤はゴキブリが嫌い成分が含まれているのが特徴で、ゴキブリを寄せ付けません。ゴキブリが近寄ってきたとしても、まちぶせタイプの殺虫剤が体に付着すれば殺虫成分は体内に浸透していき、やがて死にます。

ゴキブリは出入りの多い玄関からアパート内に侵入したり、ベランダに行く度に窓を開ければアパートの部屋の中に入ってくることもあるでしょう。でも、ゴキブリ対策にまちぶせタイプの殺虫剤を使うと侵入防止につながります。まちぶせタイプの殺虫剤でゴキブリ対策をする時は、2週間に1度を目安にしてまきましょう。

⑥ゴミ捨て場にゴキブリの餌になるゴミを残さない

ゴミ捨て場には、ゴキブリのエサになるゴミを残さないことです。アパートに住んでいる方は共有のゴミ捨て場がありますが、ゴミが落ちていたら掃除をしてゴキブリ対策をしましょう。また、自分の部屋にあるゴミ箱も汚れていたら掃除をします。

特に、アパート内にある共有のゴミ捨て場は色々な方が使うため汚れやすく、ゴミ捨て場のスペース内や周辺に、ゴミのカスが散乱していることもあるでしょう。掃除をしないで汚れた状態のまま放置していると、アパートの部屋の中へゴキブリが侵入する原因になります。

自分の部屋にあるゴミ箱を掃除することは当たり前ですが、アパート内にある共有のゴミ捨て場を掃除する方は少ないのではないでしょうか? でも、ゴキブリ対策のために自らすすんで掃除をしましょう。

⑦定期的にゴキブリ用バルサンをたく

アパートのゴキブリ対策として知られているのが、定期的にゴキブリ用バルサンをたく方法です。アパートの部屋の中でゴキブリ用バルサンをたくと、殺虫成分入りの煙が隅々まで届き、物陰に隠れている幼虫のゴキブリ~大人のゴキブリまで駆除できます。

ただし、ゴキブリ用バルサンは効果が2週間と短く、ゴキブリの卵には効きません。卵をゴキブリ用バルサンで駆除することはできませんが、孵化したタイミングで再びバルサンをたけば、ゴキブリの赤ちゃんを駆除できます。最初のバルサンをたいてから2週間~3週間後がベストタイミングです。

また、アパートはベランダにゴミを置いている住民や、部屋を掃除しない方もいます。すると、上下左右の部屋へゴキブリが侵入する原因になるため、ゴキブリ用バルサンを定期的にたいて対策をしましょう。

⑧玄関やベランダにゴキブリ殺虫剤を置く

玄関やベランダにゴキブリ殺虫剤を置いてゴキブリ対策をします。置くタイプの殺虫剤は、ゴキブリホイホイ・ブラックキャップ・コンバット等が有名で、知っている方も多いのではないでしょうか? アパートのゴキブリ対策で使うなら、屋外用のブラックキャップやコンバットがおすすめです。

ブラックキャップやコンバットは毒エサと呼ばれている殺虫剤で、巣ごと崩壊させることができます。また、ゴキブリ対策の効果は6ヶ月と長く、卵から孵化したゴキブリも駆除できるのもメリットです。しかも、即効性があり置いた日からゴキブリ対策ができます。

一方、ゴキブリホイホイは粘着力でゴキブリを捕まえて駆除しますが、アパートのゴキブリ対策をしっかりできるとは言えません。ゴキブリホイホイの粘着力は弱っていき、大体1ヶ月で効果がなくなります。色々なことを踏まえると、アパートのゴキブリ対策をするならブラックキャップやコンバットが良いと言えます。

⑨アパート全部屋で同時にゴキブリ用ホウ酸団子を置く

アパートのゴキブリ対策を万全に行うなら、アパート全部屋で同時にゴキブリ用ホウ酸団子を置くのが良いです。でも、ホウ酸団子をアパート全部屋に置くなら、大家や自治会で話し合いをする必要があります。

大家や自治会にアパートのゴキブリ事情を相談すれば良い返事をもらえることもあるため、相談してみましょう。ホウ酸団子も毒エサでゴキブリが食べると、体内の水分を奪われ最後は脱水症状で死にます。即効性はありませんがゴキブリが食べれば確実に駆除できる殺虫剤で、アパート全部屋に置けば高い駆除効果を実感するでしょう。

アパートにゴキブリが侵入する経路7つ

Getty logo

アパートの部屋の中やベランダに、ゴキブリを入れたくない方は多いはずです。特に、アパートの部屋の中でゴキブリと遭遇すると気になるのは、ゴキブリの侵入経路ではないでしょうか? では、アパートにゴキブリが侵入する7つの経路を見ていきましょう。

①窓

窓はゴキブリが侵入する場所で、2mmの隙間があればアパートの部屋の中へ侵入することができます。当然、網戸の状態にしないで、少しでも窓を開けっ放しにしていればゴキブリ対策はできません。また、網戸を右と左のどちらにして窓を開けるか?もゴキブリ対策のポイントです。網戸にする時はアパートの部屋から見て右にくるようにしましょう。

というのも、日本のサッシメーカーは網戸を右にして使うことを前提に作っていて、網戸を左にすると隙間ができる構造です。中には、網戸にした状態で少しだけ窓を開けてしまう方もいますが、網戸を右にしていても隙間ができるため窓はしっかり開けましょう。あとは、破れてる網戸は新しくして、念のために隙間テープで窓の隙間を埋めればゴキブリ対策は完璧です。

②玄関

玄関は出入りすることが多い場所なだけに、ゴキブリが侵入しやすい場所でもあります。道具を使わないで玄関のゴキブリ対策をするなら、できるだけ玄関を開ける時間を短くすることです。でも、事情によっては玄関のドアを開けっ放しにすることもあるでしょう。このような時は、玄関用の網戸を設置してゴキブリ対策をします。

また、玄関にもわずかながら隙間があるため、隙間テープで埋めてゴキブリ対策をするのもオススメです。あと、アパートによっては玄関扉に郵便受けが付いている物件もあります。玄関扉にある郵便受けは隙間があり、アパートの外から部屋の中にゴキブリが侵入する原因です。郵便受けはテープで塞ぐ等して別の郵便受けを使いましょう。

③排水口

排水口はゴキブリの侵入する場所として有名で、排水口を使わない時は穴を塞いだり、排水口周りの隙間は隙間テープ等で埋めてゴキブリ対策をします。アパートのキッチンの排水口は蓋で塞ぎ、洗面台と風呂場の浴槽は水をためる時に使う栓で穴を塞ぎましょう。風呂場の床にある排水口は、髪の毛が流れないようにするネットを被せて対策をします。

排水口はパイプで下水とつながっていますが、シンクや洗面台の下・洗濯機の排水口周りは見逃しやすい場所です。アパートの部屋にゴキブリを侵入させないためにもしっかりチェックして、隙間があれば埋めましょう。

④換気扇

アパートにも、キッチン・トイレ・風呂場に換気扇が設置されていますが、対策をしなければ隙間からゴキブリが入ってきます。アパートのゴキブリ対策をすることを考えるなら、換気扇は24時間つけっぱなしにするのが良いです。換気扇の羽が常に動いていれば、ゴキブリはアパートの部屋の中に侵入することはできません。

とは言っても、24時間全ての換気扇をフル稼働していると気になるのが電気代です。どうしても換気扇をつけっぱなしにすることができない方は、換気扇フィルターや不織布でゴキブリを対策をしましょう。

⑤植木や花

植木や花もゴキブリの侵入経路です。アパートの部屋の中に置くのはもちろん、玄関の外やベランダにあるとゴキブリが侵入します。ゴキブリは植木や花があると土の中に身を隠していたり、鉢植えやプランターの裏・受け皿に潜んでいることも珍しくありません。

また、お祝い等で鉢植えの植物をもらう方もいるでしょう。このような場合も、すでにゴキブリが潜んでいることもあり、気付かないでアパートの部屋に置くと知らない間にゴキブリを招き入れることになります。アパートのゴキブリ対策をするなら、部屋の中と屋外には植木鉢やプランターを置いたり、花を栽培するのはやめましょう。

⑥ダンボール

ダンボールもゴキブリをアパートへ侵入させるアイテムです。アパートのゴキブリ対策をするなら、ダンボールはすぐに捨てましょう。例えば、通販を注文するとダンボールに梱包されてアパートに届くことがありますが、ダンボールにゴキブリや卵がくっついていることがよくあります。この他にも、電化製品を梱包しているダンボールやみかんが入っているダンボールも要注意です。

また、ゴキブリはダンボールもエサにして、ダンボールに含まれているわずかな水分でも生き延びることができます。たとえ、目に見えるゴキブリや卵がなかったとしても、ダンボール内部に潜んでいる可能性は高いです。ゴキブリ対策をするならダンボールを放置してはいけません。

⑦人やペット

人やペットを介してゴキブリがアパートに侵入することがあります。具体的には、洋服や洋服のポケット・カバンの中にゴキブリが入ると、アパートへ入れることになることがわかるでしょう。また、ゴキブリは暗くて湿気のある場所を好むため、下駄箱の中や履かない靴の中に卵を産むことがあります。そして、ゴキブリの卵に気付かないで靴を履けば、靴や足に卵がつくのは確実です。

一方、犬を飼っている方は、犬の散歩に行った時に毛の中へゴキブリがくっつくことがあります。屋外と屋内を行き来している猫を飼っている場合も同じ理由です。アパートの中へゴキブリを入れない対策をするなら、洋服やカバン・靴の中・ペットの毛をチェックしてから部屋の中へ入るようにしましょう。

ゴキブリ駆除業者に依頼した場合の費用相場

アパートの部屋の中・ベランダ・玄関で、やたらとゴキブリを見る方は相当な数のゴキブリが発生している可能性があります。場合によっては自分でゴキブリ対策をするのは難しいかもしれません。ゴキブリ対策ができない方は業者に依頼しましょう。

ゴキブリ駆除業者に依頼した場合の費用相場ですが、アパートの場合は18,000円~30,000円が相場です(薬剤のみ)。アパートのゴキブリ駆除を業者に依頼すると、燻煙剤やベイト剤等の薬剤で駆除することが多いですが、市販のものとは成分が違うためしっかり駆除できます。

業者にアパートのゴキブリ駆除を依頼すると、薬剤以外にもゴキブリを侵入させないための対策もあるため、アパートのオーナーに相談してみるのも良いかもしれません。業者に依頼した時の費用相場は30,000円~50,000円です。

まとめ

ゴキブリ嫌いな方でアパートの物件をまだ探しをしていない方は、ゴキブリが発生しにくい物件を選ぶところから始めましょう。そして、アパートに住み始めたら9つのゴキブリ対策を実践します。すでに、アパートに住んでいる方も今からゴキブリ対策をしても遅くはありません。どうしてもゴキブリ対策がでいない場合は、業者に依頼してゴキブリ駆除や対策をお願いしましょう。

【PR】今すぐ害虫駆除をしたいなら!

緊急を要する害虫駆除にはこちらの会社がオススメです。最短即日対応、迅速な駆除が可能です。素早い解決に向けて対応してくれます。

害虫トラブル最短即日解決

\最短期間で駆除/

年間3000件の実績
  • ◇現地見積、出張費用無料
  • ◇全国各地に完全対応
  • ◇速い、安い、信頼。

関連するキーワード


害虫駆除 ゴキブリ駆除

関連する投稿


アシナガバチの特徴と駆除方法10ステップ!プロの料金相場比較表つき

アシナガバチの特徴と駆除方法10ステップ!プロの料金相場比較表つき

ハチの巣の駆除は、女性でも自力でできます。アシナガバチの巣の場合はスズメバチと違って市町村で駆除してもらえません。蜂の巣を駆除するのに必要な道具や最適な時間帯、効果的な殺虫剤のスプレー方法や安全に身を守るグッズをご紹介します。


ムカデに噛まれたらどうする?応急処置や6つの重要ポイント【プロ監修】

ムカデに噛まれたらどうする?応急処置や6つの重要ポイント【プロ監修】

ムカデに噛まれた時の応急処置についてまとめました。また、ムヒやオイラックスといった市販薬でムカデに噛まれた時に有効な薬や、ムカデに噛まれた場合にしてはいけないことと、するべきことについても解説しています。


毛虫の効果的な駆除方法6つとおすすめ殺虫剤TOP10

毛虫の効果的な駆除方法6つとおすすめ殺虫剤TOP10

殺虫剤スプレーや農薬を使ってた毛虫の駆除方法について説明しています。チャドクガのように毒で刺す毛虫や、アメリカシロヒトリのように葉を食べる毛虫を安全に駆除する方法を解説しているほか、毛虫によく効く殺虫剤も紹介しています。


ノミを駆除する5ステップ

ノミを駆除する5ステップ

ノミの駆除方法について解説しています。ノミの生態や、刺されやすい場所、ノミを発見した時の注意事項や、ペットについたノミの駆除方法などを説明しています。また、駆除に役立つ殺虫剤や殺虫器具の紹介もしています。


ダンゴムシの効果的な駆除方法9つとおすすめ殺虫剤TOP10

ダンゴムシの効果的な駆除方法9つとおすすめ殺虫剤TOP10

ダンゴムシは黒くて丸まって可愛いですが、枯れ葉だけでなく新芽や花を食べる害虫でもあります。ダンゴムシが好きなものや苦手なものを利用した駆除方法や、ダンゴムシを駆除する殺虫際にはどのようなものがあるかご紹介します。


最新の投稿


洗濯物を夜に外で干すメリットとデメリット総まとめ

洗濯物を夜に外で干すメリットとデメリット総まとめ

洗濯物を夜に外干しするとどのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか。ここではメリットとデメリットをわかりやすくご紹介するだけでなく、本当に夜の外干しのほうがいいのか、そして夜に外干しをするときの注意点についてもお伝えしています。


フリースをふわふわにする洗濯方法7ステップ!ほこりを取るには?

フリースをふわふわにする洗濯方法7ステップ!ほこりを取るには?

フリースは家の洗濯機で洗え、ふわふわに仕上げることができます! またフリースについたゴミも『ある方法を使えば簡単に取れる』んで。是非参考にして下さい。「フリースの洗濯方法」を早速、チェックしましょう!


窓のカビ掃除方法4つと予防対策3つ!カビキラーや重曹が有効?

窓のカビ掃除方法4つと予防対策3つ!カビキラーや重曹が有効?

気がついたら、窓ガラスやゴムパッキン、サッシや木枠が、真っ黒にカビている。こんな状況に、驚いてしまった経験を持つ方は少なくないはずです。何も悪いことをしていないのに、なぜ窓がカビてしまうのか。ここでは、窓がカビてしまう原因や、その対処法、予防策などを解説しています。


カバンの洗濯方法9種類。ナイロンリュックや革製バッグは洗濯機で洗える?

カバンの洗濯方法9種類。ナイロンリュックや革製バッグは洗濯機で洗える?

カバンが汚れた時、あなたはどうしていますか? 実はカバンは家で洗濯できます。汚れたまま放置していると劣化の原因になるため、汚れたら早めに洗濯をしましょう。今回はカバンの詳しい洗濯方法をご紹介します! 


お風呂の床の黒ずみを取る9つの方法。重曹とクエン酸で取れる?

お風呂の床の黒ずみを取る9つの方法。重曹とクエン酸で取れる?

お風呂の床の黒ずみ。見て見ぬ振りをし続けていたら、あっという間に黒ずみが増殖してしまった…という方も少なくはないでしょう。実は、お風呂の床の黒ずみにはいくつかの原因があり、それらを知ることでキレイに簡単に掃除をすることができるのです。ここでは、お風呂の床に発生してしまった黒ずみの掃除方法などについて解説しています。


ビジネスパートナー募集