暮らしのお悩み解決サイト

カメムシの予防対策14個!家のベランダや窓など場所別【プロ監修】

強烈にクサイ虫で知られているカメムシを嫌いな方も多いでしょう。カメムシの被害に遭わないようにするなら「14個の予防対策」がおすすめです。家のベランダや窓など場所別に紹介していますので、カメムシの予防対策を実践して臭い攻撃から身を守りましょう!


医学博士
白井 良和
医学博士。1994年京都大学農学部農林生物学科卒業、1996年京都大学大学院農学研究科修了、殺虫剤メーカー勤務を経て、2001年富山医科薬科大学大学院医学系研究科博士後期課程修了。
医学博士。1994年京都大学農学部農林生物学科卒業、1996年京都大学大学院農学研究科修了、殺虫剤メーカー勤務を経て、2001年富山医科薬科大学大学院医学系研究科博士後期課程修了。

暖かい季節になるとカメムシをちらほら見かけるようになりますが、できれば遭遇したくない方は多いはずです。カメムシは物凄く臭いニオイが武器で、敵と判断すると鼻につく臭いを放ちます。しかも、カメムシの臭いが手についたら最悪です。

手にカメムシの臭いがつくとなかなか取れないため、カメムシ臭がプンプンします。カメムシはゴキブリのように見た目が気持ち悪いわけではないですが、臭いが強烈なため不快度満点の虫と言えるでしょう。

カメムシの臭い攻撃に遭わないようにするなら、予防対策することをおすすめします。カメムシの予防対策をすれば不快な臭いを嗅ぐこともありません。早速『カメムシの予防対策14個』などをご紹介します!

カメムシの生態と特徴

臭いことで有名なカメムシは日本にもたくさんいます。カメムシが強烈な臭いを放つ理由は、敵から身を守ったり他の仲間に危険を知らせるためです。カメムシの武器とも言える臭いはカメムシ達にとってもダメージが強く、仲間の1匹が臭いを放つととっさに逃げます。

カメムシは巣を作らず草木が生い茂っている場所など、自然が多い場所を徘徊するのが特徴です。エサはカメムシの種類によって違い、『植物や果実の汁』『哺乳類の血液』『昆虫』などになります。カメムシの口はストローのような細い器官があり、液体を吸うカメムシは対象物に刺して吸い上げるのが特徴です。また、哺乳類の血液を吸うカメムシは、日本では有害となる種類は生息していません。

暖かい季節になるとカメムシは活発になり産卵もします。でも、寒いのが苦手なカメムシは秋~冬になると越冬するために暖かい家の中へ侵入し、仲間達と一緒に隙間へ身を潜めていることも珍しくありません。

カメムシが大量に発生しやすい時期

カメムシが大量発生しやすい時期は『秋頃』です。カメムシの繁殖期は4月~5月で、5月の終わり頃~8月の中頃に産卵期を迎えます。カメムシの卵の数は種類にもよりますが約20個~100個ほどで、葉っぱの裏・軒下・室内など、雨に濡れにくい場所や天敵に襲われにくい場所に産みつけます。

そして、カメムシの卵は約1週間~10日ほどで孵化するため、短期間で数が増えることがわかるでしょう。例えば、5月の終わり頃に産みつけた卵の場合、6月の初めには孵化する計算です。このように、カメムシが大量発生しやすい秋頃に向って、カメムシの卵は梅雨頃から少しづつ孵化していきます。

カメムシの予防対策4個【部屋編】

カメムシの侵入を許してしまうと室内で飛び回ったり、何より強烈な臭いを放つため部屋の中に入れたくない方も多いはずです。でも、何も対策をしなければカメムシは部屋の中に入ってくるため、4つの予防対策を実践してカメムシの侵入を阻止しましょう。

①部屋の中の隙間を塞いでカメムシの予防対策をする

部屋のカメムシ対策をするなら隙間をふさぐことです。部屋の隙間の例をいくつか挙げると、エアコンの排水パイプ・通気口・換気扇・室内の壁のヒビ割れなどがあります。虫はわずかな隙間から室内に侵入しますが、カメムシも例外ではありません。

カメムシの場合は『2mmの隙間』があれば室内へ侵入することができるため、部屋の中の隙間をふさげばカメムシ対策ができます。

エアコンの排水パイプ周りにわずかな隙間があれば、パテで隙間をふさぎましょう。室内の壁のヒビ割れもパテで埋めることができます。一方、通気口や換気扇は空気を通しながら隙間をふさぐ必要があるため、換気扇カバーや不織布などで覆いましょう。

カメムシは隙間を通って部屋に侵入してしまいますが、少なくとも網戸や窓を開けたままにしていないかも確認しましょう。

開ける必要がある場合は、短時間にするよう注意しましょう。
カメムシが発生しやすい秋は窓を開けがちだけど注意が必要だね!

タミヤ メイクアップ材 エポキシ造形パテ 速硬化タイプ 100g 87143

¥ 1,0 55(2021/2/20時点)

②ミントなどのアロマの香りでカメムシの予防対策をする

アロマの香りを活用するとカメムシ対策ができます。とは言っても、アロマなら何でも良いわけではなく、カメムシが嫌いな香りを部屋で使わないと予防対策ができません。ではカメムシが嫌いなアロマの香りを5種類ご紹介します。

・ティートリー
・ゼラニウム
・ローズ
・レモングラス
・ミント

アロマの香りでカメムシ対策をする方法は、『アロマランプ』と『アロマの原液を染みこませた物を置く』2パターンです。アロマランプは部屋中に香りを漂わせることができたり、気分に合わせて香りを変えながらカメムシ対策ができるのがメリットです。

一方、アロマの原液を染みこませた物を置く場合は、『コットン』や『小さな布』にアロマオイルを数滴垂らし、穴が開いている蓋付きの容器などに入れて風に飛ばされないようにしましょう。置く場所は、カメムシが侵入してくる可能性がある『玄関』や『窓の近く』が良いです。

アロマの香りでカメムシ対策をする場合は、『匂いを継続して放つ必要』があります。特にアロマの原液を染みこませた方法は時間が経つと香りが飛ぶため、定期的にアロマオイルを垂らさないといけません。

生活の木 エッセンシャルオイル ティートゥリー 10ml

¥ 1,429(2021/2/20時点)

③ハッカやミントの芳香剤を部屋に置いてカメムシの予防対策をする

アロマの香りでカメムシ対策をするのも良いですが、ハッカやミントの芳香剤を部屋に置くのもおすすめです。ハッカやミントは爽快感がありスースーした香りが特徴ですが、カメムシにとっては不快でたまりません。

ハッカやミントの芳香剤の良いところは、封を開けて部屋に置くだけでカメムシ対策ができることです。匂いの持続期間は使用状況や商品にもよりますが、約1ヶ月~2ヵ月は持つでしょう。

ハッカやミントの芳香剤を使ったカメムシ対策は、アロマオイルのように定期的にオイルを垂らして香りを補充する手間がありません。好きな香りを選んだり気分に合わせて香りを使い分けることはできませんが、簡単にカメムシ対策ができます。

ピレパラアース 防虫力おくだけ ハーブミントの香り [置き型 1個入]

¥ 359(2021/2/20時点)

④カメムシの予防対策をするなら部屋の中に植物は置かない

あなたは部屋の中に鉢植えを置いていませんか?植物によっては日中は外に出して、夕方に部屋の中に取り込むこともあるでしょう。外に置いてあった植物を部屋の中に入れると、植物の葉っぱや茎にカメムシがくっついている可能性があります。そのため、カメムシ対策をするなら部屋の中に植物を置くのは避けた方が良いでしょう。

また、カメムシの存在に気付かないまま鉢植えを部屋の中に入れると、植物の葉っぱに卵を産みつける可能性があり大量発生するかもしれません。他にも、カメムシが部屋の中を徘徊し隙間に入り込むこともあるでしょう。植物好きの方にとっては少し残念な話ですが、カメムシ対策を優先に考えるなら部屋の中に植物を置くことはおすすめしません。

【PR】今すぐ害虫駆除をしたいなら!日本全国に対応

緊急を要する害虫駆除にはムシ・プロテックがオススメです。最短即日対応、迅速な駆除が可能です。素早い解決に向けて対応してくれます。害虫駆除は虫のプロにお任せ!

害虫トラブル最短即日解決

\最短期間で駆除/

年間3000件の実績

 

  • ◇現地見積、出張費用無料
  • ◇全国各地に完全対応
  • ◇速い、安い、信頼。

関連するキーワード


害虫駆除 カメムシ対策

関連する投稿


小麦粉とダニの見分け方と対策!未開封は?正しい保存方法も

小麦粉とダニの見分け方と対策!未開封は?正しい保存方法も

使いかけの小麦粉にダニが混入してしまったけどどうすれば良いか分からないという人も多くいるのではないでしょうか。本記事ではそのような場合にどうすれば良いか、また小麦粉にダニを発生させないための予防方法をを詳しくご紹介します。


ダニ退治に使える?バルサンの効果的な使い方と注意点5つ

ダニ退治に使える?バルサンの効果的な使い方と注意点5つ

梅雨から夏をピークにわたしたちを悩ます「ダニ」。ダニは梅雨の時期を迎える前に駆除しておくのがおすすめです。害虫駆除に効果的な「バルサン」なら、お部屋まるごと駆除することができます。バルサンはなんだか面倒くさそう…と思っているあなたも、今年こそはバルサンでダニときっぱり決別し、ダニゼロの快適ライフを目指しましょう!


どんぐりの中にいる虫の名前とは?殺し方・処理方法5個!見分け方も

どんぐりの中にいる虫の名前とは?殺し方・処理方法5個!見分け方も

大量のどんぐりから虫が表れてくる姿が苦手であるという人も多くいるでしょう。本記事ではどんぐりの中にいる虫の正体と、その処理方法を詳しく紹介しています。どんぐり集めが楽しい季節を十分に満喫できるように本記事を参考にして、正しくどんぐり拾いしましょう。


コナダニ駆除の方法7選!おすすめの駆除グッズや予防対策も紹介

コナダニ駆除の方法7選!おすすめの駆除グッズや予防対策も紹介

白っぽい見た目で小麦粉などの食品や畳などに発生する「コナダニ」。今回はコナダニの駆除方法やおすすめの駆除グッズ、予防方法を見ていきます。


黒い小さい虫の正体と駆除方法!長細い・飛ばないなどの特徴も

黒い小さい虫の正体と駆除方法!長細い・飛ばないなどの特徴も

アパートやマンション、戸建て住宅で、黒い小さい虫が発生していることに悩んでいる人も多いでしょう。小さい虫でも、大量発生すれば非常に不快なものです。そこで、黒い小さい虫の種類、適切な駆除方法と、虫の発生を予防するポイントをご紹介します。


 

ビジネスパートナー募集