暮らしのお悩み解決サイト

引越しのゴミ処分方法7つ!粗大ごみ回収・間に合わない場合・どうする?

引越しのゴミ処分方法7つ!粗大ごみ回収・間に合わない場合・どうする?

引越しの際に出るゴミや不用品を処分する方法について、7つのポイントを紹介します。それぞれの具体的な処分方法や、処分する前の準備についてチェックして、引越し前にゴミを片づけましょう。また、不用品業者を利用する際の費用や選び方についても解説します。

 


不要になった家電や家具は、どのように処分すればよいのか分からないという人も多いのではないでしょうか。引っ越す前にしっかりとスケジュールを立てて準備をしなければ、不要な家電や家具を新居に運ばなければならず、効率が悪いです。

不要な物までトラックに積み込むと、引越しの費用もかかります。さらに、粗大ゴミを引き取ってもらう場合、電話やメールをすればすぐに引き取ってくれるものではありません。特に、3月の引越しの需要が高まる時期には業者も忙しく、スケジュール調整が難しい場合も多いです。

自分が引き取ってもらいたい日にゴミや不用品を引き取ってもらえない可能性や、スケジュールに余裕がないと料金が割増されるケースもあります。

引越しのゴミを処理する方法には、処分するだけではなくリサイクルショップに持ち込んだり自分で古いフリマアプリやオークションに出品したりといった方法も有効です。

インターネットオークションに出品する前にサイズを計測したり写真を準備したりと手間がかかりますが、リサイクルショップでは買取不可になるような壊れている物や古くなった物もジャンク品と表記することでは購入してもらえる場合があるでしょう。

引越しの時のゴミを処分する方法や、引越し前の準備、万が一処分が間に合わなかった場合の対処法について詳しく解説します。

引越しの時ゴミ処分する前の準備

引越しの時にゴミを処分する前の片付けは、引越し予定日の2週間~1ヶ月前に準備を始めます。引越しを依頼した業者に不用品回収サービスがあれば、サービスを利用する方法も良いでしょう。

粗大ゴミとして処分する場合、粗大ゴミのルールや回収の予定を確認し、大きな家電や家具の処分方法を決めることが大切です。ゴミを処分するための大きめのゴミ袋を用意し、粗大ゴミを回収するための予約をする必要があります。

引越しの予定日の1週間前には、冷蔵庫にある食品を使い切るためのスケジュールを決めることがポイントです。引越し前にゴミを処分する場合には、確実に片づけを終わらせるためにも、早い段階で準備を始めましょう。

1度に物を片付けたり処分したりするのではなく、少しずつ作業を進めることが重要です。リサイクルショップで買い取ってもらうのであれば、お店まで運ぶための車を準備しなければなりません。

 

引越しのゴミ処分方法7つ

引越しの時のゴミ処理の処分方法には、様々な種類があります。ゴミを処分する場合、ほとんど費用がかからない方法や、すぐに処分しなければならない場合の対処法、買い取ってもらうといった様々な方法から、自分の都合やゴミの種類に適した方法を選びましょう。

ペットボトルや紙といった資源ゴミなどゴミ収集所に出せる種類のゴミではなく、大きなサイズの家電や家具の処分について、7つの方法に分けて紹介します。

①自治体のルールに沿って粗大ゴミとして処分する

各自治体ごとに細かなルールは異なるものの、粗大ゴミの定義としては一辺の長さが30cm以上の物、木材やプラスチック金属でできた物といった条件を定めているケースが一般的です。粗大ゴミを処分する際には、それぞれの自治体ごとの「粗大ゴミ処理手数料」を支払わなければなりません。

自治体ごとの金融機関、コンビニ、郵便局で粗大ゴミ処理券を購入する形で支払います。粗大ゴミ処理券を扱っているコンビニ、金融機関では、該当するゴミがどの種類に区別されるのかまでは教えてもらえない点に注意が必要です。

そのため、自分が住んでいる場所の粗大ゴミの区分については、事前に自治体のホームページで確認しましょう。例えば、神奈川県の一部地域では、電子レンジは500円、扇風機は200円、1番長い辺が1 m以上の収納棚は1500円など、それぞれのゴミの区分ごとに手数料が定められています。

②リサイクルショップに持ち込む

新品同様であったり、壊れたり汚れたりしておらずまだ使用できる物については、処分するのはもったいない、買い取ってもらい引越しの資金に充てたいというケースもあるでしょう。

そのような場合には、リサイクルショップに持ち込んで買い取ってもらう方法が有効です。ただし、リサイクルショップのコンセプトはそれぞれの店舗によって異なります。

例えば、自転車であれば自転車を専門に扱うリサイクルショップ、衣服であれば衣服専門のリサイクルショップに持ち込んだ方が、適正な値段で買い取ってもらえる可能性が高いです。

ジャンルを問わず扱っているリサイクルショップも多く、すべての物を1度に持ち込めるので手間がかかりませんが、買取額は低くなる傾向にあります。

リサイクルショップに買い取ってもらいたいものの、持ち込めないほど大きな物や車がなくて持ち込めないといった事情がある場合には、出張買取を行っているお店に依頼しましょう。

③オークションサイトやフリマアプリで販売する

引越し前にゴミを処分する場合、使える物はリサイクルショップではなくインターネットで販売する方法も有効です。パソコンはなくスマートフォンやタブレットしか所有していない場合も、オークションアプリをダウンロードすれば出品できます。

オークションで販売する際には、汚れや傷の有無、ペットを飼っているか、自宅の中でタバコを吸う人がいるかといった情報を細かく記載することが大切です。

購入した人が、タバコやペットの臭いが気になったり、傷や汚れが気になったりする場合もあり、写真を閲覧するだけでは確認できない部分を丁寧に書くことでトラブルの予防につながります。

オークションサイトやフリマアプリによっては登録料を支払わなければならないケースもあり、安い値段で販売すると利益が出ない場合もあるため注意しましょう。落札相場や購入価格をしっかりとリサーチしてから出品することが大切です。

④引越し業者の不用品回収サービスを利用する

引越し業者によっては、不要になった家具や家電を買い取ったり処分したりするサービスを提供していることがあります。例えば、ヤマトホームコンビニエンスの場合、購入後6年以内の家具や、製造から6年以内の家電を買い取ってもらうことが可能です。

買取価格については見積もりを依頼し、買取が決定した場合には引越し代金から差し引きます。ただし、傷や汚れが目立ったり壊れていたりする場合には、買取不可となるケースもあるので注意しましょう。

また、トレジャーファクトリーでは、引越しの時に出るゴミや不用品を買い取るサービスを提供しています。買取可能な場合には、ヤマトホームコンビニエンス同様に引越し代金から差し引いてもらうことが可能であり、引越し代金を抑えることにもつながるでしょう。

不用品の買い取りではなく処分してもらう場合には、自治体ごとの粗大ゴミの処分料やリサイクル料を支払わなければなりません。

⑤不用品回収業者に依頼をする

急いでゴミを処分したい場合には、不用品回収業者に依頼する方法がおすすめです。不用品回収業者によっては依頼した当日に回収に来たり、夜間でも対応していたりするケースがあります。

交渉次第で自分のスケジュールに合わせて対応してもらえることが、不用品業者を利用するメリットだといえるでしょう。

不用品業者へ依頼する場合、基本的には冷蔵庫やテレビそれぞれ1台ずつといった方法ではなく、トラック1台分であればどのような量でも積み込めるといった料金設定になっているケースが多いです。

また、エレベーターがない場合は料金が高くなるケースもあるため、事前に確認する必要があります。不用品業者に依頼する際には、各自治体の粗大ゴミの処分料を確認し、処分費用の目安をチェックしておくことが大切です。

不用品回収については料金が明確に定められていないため、3社程度に見積もりを依頼したり、料金を比較したりしながら、お得な業者を選びましょう。

⑥インターネットやアプリの地域情報掲示板を使う

近所のスーパーやコミュニティスペースの掲示板では、物を販売したり譲ったりといった案内を掲示することが可能な場合があります。

掲示板で呼びかける場合には、値段・物の名称・製造年月日・色・素材・何年程度使っていた物なのか・汚れや傷はあるのか・どのタイミングで引き渡すのかなどを詳細を記載しましょう。

地域の情報掲示板、インターネットの情報掲示板は無料で会員登録できるため、すぐに呼びかけることが可能です。ただし、なかには情報を呼びかける際に料金が発生するサービスもあるので、事前に料金を確認しましょう。

⑦友人や知人・親族にあげる

一人暮らしを予定している人に譲ったり、友人・知人・親族に譲るといった方法もおすすめです。例えば、会社の寮に住んでいた場合、物をそのまま置いて引っ越すことで後輩に譲るといった方法もあります。譲る方も受け取る方も、時間とお金もかからないのでメリットが大きいでしょう。

ただし、譲る場合にはきれいにした状態にしておくことと、事前に譲る旨を伝え、物を押し付けるようにして譲らないように注意が必要です。

粗大ゴミで回収処分する時の注意点

粗大ゴミで処分するのには費用がかかるため、小さくして一般のゴミとして処分しようと考える人も多いでしょう。しかし、自治体によっては小さくして普通ゴミとして処分する場合であっても、物によっては粗大ゴミの手数料を支払わなければならない場合があります。

そのため、壊して普通ゴミとして捨てられるのかどうか、それぞれの自治体のホームページで確認しましょう。エアコンやテレビ、冷蔵庫、冷凍庫、洗濯機や乾燥機は、家電メーカーや小売店に回収してもらわなければならないため注意が必要です。

家電を処分する際には、運搬料とリサイクル料がかかります。リサイクル料は全国で一律ですが運搬料はお店によって異なるため、安いお店に回収を依頼することが重要です。

なお、家電のなかでも、パソコンについては粗大ごみとして処分できないので注意しなければなりません。小型家電は、リサイクル業者や製造メーカーに依頼を回収を依頼します。

他にも、粗大ゴミや一般ゴミとして処分できないものがあるため、どのような物でも粗大ゴミとして処分できるわけではない点を認識しておきましょう。

処分する時に注意が必要なゴミ7つ

処分する際に注意しなければならないゴミについて、種類と処分方法を紹介します。

ガスコンロを処分する際の注意点

ガスコンロは、普通ゴミではなく粗大ゴミとして処分する必要があります。ゴミ処理券の料金はガスコンロの大きさによって異なりますが、およそ500~1000円が目安です。ゴミ処理券を貼る際には、回収する作業員が確認しやすいよう、表面に貼りましょう。

さらに、グリルの部分は中身が出ないよう養生テープで留めることが重要です。粗大ゴミの回収スケジュールにと引越し予定日がのスケジュールが合わないのであれば、回収窓口に連絡をして引き取ってもらいましょう。

包丁を処分する際の注意点

包丁は各自治体ごとに処分方法が定められており、基本的には「危険ゴミの日」に処分する必要があります。チラシや新聞紙を折り畳んで包丁の刃の部分を包み、上から紙テープやガムテープを巻きつけてビニール袋に入れたうえで、一目でわかるように大きな字で「危険」と書きましょう。

危険ゴミの処分方法は自治体ごとに異なるため詳細は、自治体のウェブサイトやゴミの日が書かれた案内をチェックする必要があります。また、自治体の回収実際に電話を入れて、回収してもらうといった方法も有効です。

傘を処分する際の注意点

傘の処分方法は、金属ゴミや不燃ゴミで処分できる所、分解したうえで処分する所、粗大ゴミとして処分する所など、自治体ごとに大きな違いがあります。

傘の持ち手がはみ出した状態でも問題はないため、金属ゴミや不燃ゴミとして処分する際には自治体が指定するゴミ袋に入れて、口の部分をしっかりと縛って処分しましょう。粗大ゴミとして処分する際には、傘に粗大ゴミ処理券を貼って処分します。

分解しなければならない場合には、傘のビニールの部分と持ち手の部分、金属の部分に分解したうえで、金属ゴミは不燃ゴミとして処分しましょう。

ガラスを処分する際の注意点

ガラスを処分する際には、ゴミ袋にそのまま入れるとゴミ袋が破れてしまう可能性が高いです。そのため、グラスを捨てる処分する際にはゴミ袋を二重にして、袋が破れないようにします。

また、ガラステーブルといった、いくつかの素材が付いている場合は、普通ゴミとして捨てるのではなく粗大ゴミとして処分しましょう。

調味料を処分する際の注意点

調味料が残っている場合は、普通ゴミとして処分することが可能です。液体を排水溝に流さないように注意して、キッチンペーパーや新聞紙など入った不要な紙に吸わせたうえで、ビニール袋に入れて処分しましょう。

油は凝固剤を使用して固め、普通ゴミとして処分する事が可能です。調味料が入っていた容器は、それぞれの容器の素材ごとに分けてゴミに出します。

使い捨てライターのを処分する際の注意点

使い捨てライターは、ガスが残っていなければ不燃ゴミとして処分できるケースが一般的です。金属ゴミの日に処分する場合や危険ゴミの日に処分しなければならない所もあるので、自治体のホームページで確認しましょう。

除光液やマニキュアを処分する際の注意点

除光液やマニキュアといったコスメについては、一般的に普通ゴミとして捨てることが可能です。コスメに使用される液体は水に溶けにくい性質であるため、調味料と同じようにキッチンペーパーや新聞紙に吸収させたうえで処分します。

除光液やマニキュアは、捨てるのがもったいない場合には引越しのスケジュールに合わせて使えるようにしましょう。

引越し時の家具のゴミ処分方法と料金目安

引越しの際に家具を処分したいと考えていても、どの程度の料金がかかるのか分からないという人も多いのではないでしょうか。

引越しの時に不要な家具を処分する方法について、自治体の粗大ゴミとして処分した場合と不用品回収業者に処分を依頼した場合の料金の違いについてチェックしておきましょう。

・料金の違い
ベッド:粗大ゴミ/1,000円~1,800円、回収業者/3,600円~5,200円
テレビ:粗大ゴミ/1,700円~3,000円、回収業者/3,100円~7,800円
タンス:粗大ゴミ/300円~2500円、回収業者/3,000~
食器棚:粗大ゴミ/300円~2500円、回収業者/3,500円~
エアコン:粗大ゴミ/1,300円~9,000円、回収業者/3,100円~5,700円
ソファー:粗大ゴミ/1,800円、回収業者/3,100円~7,300円
テーブル:粗大ゴミ/300円~1,000円、回収業者/2,000円~

引越し時の家電のゴミ処分方法と料金目安

家電のゴミを処分する際に、家電リサイクル法で決められている4種類についてはリサイクル料金がかかります。対象の4品目は、プラズマ・液晶・ブラウン管テレビ、エアコン、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・乾燥機です。

回収費用は、収集と運搬費用とにリサイクル料金が加算され、リサイクル料金についてはメーカーごと、運搬や収集料金は業者ごとに違いがあります。

・リサイクル料金目安
エアコン:900円~
テレビ ブラウン管(15型以下):1,200円~
テレビ 液晶・プラズマ(15型以下):1,800円~
冷蔵庫・冷凍庫 170L以下:3,600円~
冷蔵庫・冷凍庫 171L以上:4,600円~
洗濯機・衣類乾燥機:2,400円~

ゴミの処理が引っ越しに間に合わない時の対処法

ゴミの処分が引越しに間に合わない場合には、新居に持ち込む方法がおすすめです。引越しの荷物と同時にトラックに詰め込めるので、不用品回収業者や自治体ごとのルールに沿って処分するのとは異なり、面倒な手間がかかりません。しかし、引越し業者には「荷物」と判断されるため、引越し料金が上乗せされる可能性があります。

新居にゴミを持ち込みたくない場合には、不用品回収業者を利用する方法も有効です。不用品回収業者は、自治体では処分できないゴミでも引き取って処分してくれる可能性があります。

24時間365日対応している不用品回収業者も多いので、ゴミの処分が引越しに間に合わない場合には、柔軟にスケジュールを調整してくれる不用品回収業者に依頼しましょう。

不用品回収業者を選ぶ時のポイント

不用品回収業者のなかには、許可を取らずに家具や家電を引き取り、処分しているケースもあります。許可を得ていない業者の場合は、不法投棄をする可能性も高いためトラブルに巻き込まれるリスクがある点に注意が必要です。

さらに、「無料で引き取る」としておきながら、実際に引き取った際に追加料金を請求する不用品業者もいるので注意しましょう。不用品業者を選ぶときには、一般廃棄物の許可を得ているかどうかをチェックしてから依頼することが大切です。

業界最安値水準!不用品回収なら【オールサポート】

引越しの時にゴミを置いていくのは?

仕事、家事、育児など、引越しの作業以外にも集中しなければならないことがあると、引越し作業が進まない場合もあります。

しかし、どれほど忙しく、ゴミの処分が間に合わなかったとしても、ゴミの収集日以外にゴミ捨て場に置いたり、自治体のルールに反した方法で処分したりすることは厳禁です。一般的に、衛生面と防犯面のからゴミの収集日が定められています。

ゴミの収集日以外にゴミを出すと、カラスが荒らしたり、放火犯がゴミに火をつけたりといった放火事件が起こるリスクがあるのです。そのため、ゴミ捨て場にゴミを放置することはもちろん、住んでいた部屋に無断で置いていったりしないように、スケジュールを立てて片付けましょう。

まとめ

引越しをする際には、様々な準備をしなければなりません。引越しの費用を節約するためには、不要な家電や家具、大きな荷物を少なくすることがポイントです。

引越し業者に引き取ってもらう、オークションやフリマアプリに出品する、地元の掲示板に掲載するなど、スケジュールに余裕を持って作業をする必要があります。

さらに、引越しシーズンにはレンタカーを利用することも難しいため注意が必要です。自分で粗大ゴミを処分したりリサイクルショップに持ち込んだりする予定がある場合で、自宅に車がないのであれば、レンタカーの予約も済ませておく必要があります。

不用品業者といった、スケジュールを柔軟に対応してくれる業者に依頼したい、買い取ってもらって利益を得たいなど、自分の希望に合う方法でゴミを処分しましょう

【PR】10万円キャッシュバック!引っ越し予約/一括見積りで料金比較

一番安い引越し業者がその場でわかり、業者選びがネットで完結。一括見積りなら最大10社に見積り依頼。かんたん比較にはこちらのサービスがオススメです。

見積り比較で引越し料金が安くなる!今すぐ料金比較しましょう。

\引越し見積り比較なら/

全国200社以上の業者から

 

  • ◆引越料金がかえってくる!
  •  最大10万円キャッシュバック
  • ◆引越し手続きも安心!
  •  ガイドブックプレゼント

 

 

関連する投稿


エアコンの取り外し方法12ステップ!必要な道具は?自分でできる?

エアコンの取り外し方法12ステップ!必要な道具は?自分でできる?

エアコンは専門家でなくても、自分でも取り外すことができます。ここでは、取り外し方法を12段階に分けて説明します。また、取り外し作業を行う時の失敗例や、必要な道具、取り外しを専門業者に依頼する時のポイントなども解説します。


布団の処分方法9個!持ち込み・ニトリ・イオン・注意点や料金

布団の処分方法9個!持ち込み・ニトリ・イオン・注意点や料金

長年使用していて、新しい布団の買い替えや引っ越しに伴い布団を処分しようとする時はどのような方法で処分すると良いのでしょう。使わないまま色褪せてしまった布団の処分はただ捨てるだけではもったいないです。そこで今回は、布団の処分方法と再利用の方法についてまとめました。


自転車の処分方法8つと費用!防犯登録抹消方法。あさひで処分?

自転車の処分方法8つと費用!防犯登録抹消方法。あさひで処分?

自転車は生活ゴミとして処分することはできません。また自転車の多くはリサイクル可能なため、ただ処分するだけでは勿体無い場合もあります。そこで今回、自転車の状態毎の処分方法について詳しくまとめました。処分の際の防犯登録シールの扱いについてもご説明致します。


洗濯機の処分方法7つ!安いのは?リサイクル料金・回収・注意点

洗濯機の処分方法7つ!安いのは?リサイクル料金・回収・注意点

洗濯機は家電量販店や街の電気屋での買い替えで引き取ってもらったり、不用品回収業者に回収してもらったり、自分で引取場所に持ち込んだりして処分します。ここでは、洗濯機を適正に処分するために知っておきたいポイントを紹介します。


引っ越し手伝いのお礼金額は?家族・便利屋・業者・友人・会社関係

引っ越し手伝いのお礼金額は?家族・便利屋・業者・友人・会社関係

引越しのお手伝いをしてもらったら、そのお礼をするのがマナーです。引越しのお手伝いにおけるお礼の金額の相場や、人間関係を壊さないための注意点などについて知識をつけ、相手の方に気持ち良く引越しのお手伝いをしてもらいましょう。


最新の投稿


ヤブガラシの駆除方法!生態・地下茎や根を枯らせる方法も解説

ヤブガラシの駆除方法!生態・地下茎や根を枯らせる方法も解説

駐車場のフェンスなどにツルが巻き付いていたらヤブガラシを疑いましょう。ヤブガラシは数ある雑草の中でもしぶとく、駆除しないで放置していると弊害があります。今回は、ヤブガラシの駆除方法を見ていきましょう。


オリーブの剪定方法8ステップとコツ8つ!ひょろひょろ・挿し木【プロ監修】

オリーブの剪定方法8ステップとコツ8つ!ひょろひょろ・挿し木【プロ監修】

オリーブの木の剪定方法や剪定時期について、わかりやすく解説しています。良い実をつけるための樹形や、切るべき枝の種類について解説しているほか、剪定に必要な道具や薬剤、おいしい実をつけるための剪定のコツについても調査しました。


布団のダニの種類と退治する駆除対策6つ!予防方法は?【プロ監修】

布団のダニの種類と退治する駆除対策6つ!予防方法は?【プロ監修】

布団には無数のダニがいます。でも「自分の布団は大丈夫!」「ダニがいても気にしない!」等と思っていませんか? ダニを放置するのは身体によくありません。今回はダニの駆除や予防方法をチェックしましょう!


蚊の駆除方法10個!屋外・庭・屋内・部屋など【プロ監修】

蚊の駆除方法10個!屋外・庭・屋内・部屋など【プロ監修】

蚊に刺されるとかゆみに襲われるため、「蚊に刺される前に駆除したい」と思いませんか? 不快な蚊を駆除するなら屋外や屋内にいる時等、自分がいる場所に合わせて蚊の駆除方法を実践し、蚊から身を守りましょう。


スズメバチの蜂の巣を自分で安全に駆除する方法6ステップ!【プロ監修】

スズメバチの蜂の巣を自分で安全に駆除する方法6ステップ!【プロ監修】

スズメバチの巣の駆除に効果的な殺虫剤や、刺されないための服装、安全に作業するための時間帯、蜂の巣のごみとしての捨て方について解説しています。蜂の巣が作られやすい場所や、蜂の巣の駆除業者に頼んだ時の費用相場についてもご紹介します。


 

 

ビジネスパートナー募集