暮らしのお悩み解決サイト

一人暮らしの引越し相場金額3タイプと初期費用をおさえる7つのコツ。

一人暮らしの引越し相場金額3タイプと初期費用をおさえる7つのコツ。

期待に胸が膨らむ一人暮らし。素敵な新生活を目前に、頭を悩ませるのが引越しにかかる諸費用です。引越しにかかる諸費用は、3つに分けることができます。費用の相場を知り、一人暮らしにかかる引越し費用を計算してみましょう。


入学や入社を機に憧れのひとり暮らしが決まり、期待に胸を膨らませている方も多いのではないでしょうか。しかし、希望に満ち溢れた新生活を目前に、わたしたちの頭を悩ませるのが、「一人暮らしをする上で発生する諸費用」です。

一人暮らしをする上で発生する費用には大きく分けて「引越し費用」「賃貸契約にかかる費用」「家具や家電などの購入費用」の3つの費用があります。これらの費用の相場を知り、一人暮らしにかかる費用を計算してみましょう。

"一人暮らし"引越し費用の金額相場3タイプ


それでは早速、一人暮らしの引越し費用の相場がどれくらいなのかみていきましょう。

まず、引越しの最もスタンダードな手段とも言える、引越し業者を利用した場合の相場についてみていきいます。

①引越し業者を利用して引越しをする場合【単身向けパック利用】の相場金額

一人暮らしの引越しで引越し業者を利用する場合、単身パックを利用する方法、もしくは単身向けプランを利用する方法の2つに分けることができます。

・単身向けパックとは
業者によって名称は様々ですが、ほとんどの引越し業者で取り扱われている一人暮らしの方向けのプランです。専用のコンテナに荷物を詰め込み、引越し先まで運びます。 宅急便と同じように、ほかの依頼者の荷物と一緒に輸送をする仕組みのですので、トラックをチャーターする必要もなければ、作業員の人件費もかかりません。そのため、価格が安く設定されています。

・一人暮らし用単身パックの金額相場
単身パックの相場は大体10,000円~20,000円ほどになることが多いでしょう。単身パックの引越し費用は、距離や荷物量によって左右されることもありますので、詳細については引越し業者へ問い合わせをしてみましょう。

・一人暮らし用単身パックのメリットは?
単身パックのメリットは、荷物の量がそれほど多くない場合に限りますが、なんと言っても引越し費用が格安になることでしょう。単身向けプランも比べると半額以下になることが多いでしょう。繁忙期に金額が上がることもありませんし、荷物が少なくてお手軽な引越しを希望している人にはとてもおすすめのサービスと言えます。

・一人暮らし用単身パックのデメリットは?
単身パックは安価で便利なサービスですが、その性質上、利用可能なエリアが限られていることがあります。そのため、引越し先によってはプランが適応できないこともあるでしょう。また、ダンボールなどの梱包資材は自分で準備をしなければならず、引越し業者へ依頼する場合は有料となります。さらに、訪問見積もりを行なっていないため、引越し当日にコンテナに全て入りきらずにコンテナ追加料金が発生し、単身向けプランより高額になってしまうケースもありますので注意が必要です。

②引越し業者を利用して引越しをする場合【単身向けプラン利用】

・一人暮らし用単身向けプランとは
単身向けプランとは、単身パックで用意されているコンテナに荷物が収まりきらない一人暮らしの人向けの引っ越しサービスです。

・一人暮らし用単身向けプランの相場金額
単身向けプランを利用する場合の料金は、「移動する距離」と「荷物量」、そして「引越しをする時期」によって金額が大きく左右します。

① 移動距離が近距離(約20km~50km)の場合
オフシーズンであれば30,000円~45,000円程度、繁忙期であれば50,000円~60,000円程度となります。

② 異動距離が中距離(約100km)の場合
オフシーズンであれば55,000円~60,000円程度、繁忙期であれば70,000円~80,000円程度が相場となります。

③ 異動距離が長距離(約200km~300km)の場合
オフシーズンであれば60,000円~80,000円程度、繁忙期であれば80,000円~100,000円程度が相場となります。

・一人暮らし用単身向けプランのメリット
単身者向けプランでは、どのエリアであっても全ての荷物をまとめて運んでもらうことができます。また、ダンボールなどの梱包資材を無料で提供してもらえますし、サービスも充実しているため、安心して引越しをすることができます。

・一人暮らし用単身向けプランのデメリット
単身者向けプランのデメリットは、単身者向けパックと比べて費用が2倍以上になってしまうことです。また、繁忙期の引越しや、大安の日や休日に引越しをする場合などは料金がさらに割高になってしまいます。

③自力で引越しをする場合

次に、引越し業者を利用せずに自力で引越しをする場合の相場についてみていきましょう。

・自力で引越しをする方法
自力で引越しをするには、まず荷物を運ぶトラックと、手伝ってくれる人を手配する必要となります。トラックを知人に借りるか、もしくはレンタルをして、家族や友人に作業を手伝ってもらいましょう。

・自力で引っ越しをする場合の相場金額

「引越し業者に依頼するよりも自力で引越しをした方が安い」と考えて自力の引越しに挑戦をしたはずが、引越し業者を利用するよりも高額になってしまうことがまれに見受けられます。

まず、トラックのレンタル料金が大体15,000円程度かかります。さらにガソリンを満タンにして返却をする必要があるため、その分の料金も発生してしまいます。また、友人や家族に手伝ってもらっておいてそのまま帰すわけにはいきませんよね。お礼にお食事をごちそうしてあげるのが一般的でしょう。これらのことを考えると、自力で行う引越しは30,000円~40,000円が相場といったところでしょうか。もちろん、トラックを所有していたり、無料で借りる伝手があったりする場合はもっと安く済みます。

・自力で引っ越すメリット
自力で引越しをする場合、トラックの手配さえ済ませてしまえば、時期や時間を気にすることなく自由に動くことができます。引越し繁忙期であろうとも関係ありません。また、自分の荷物を他人ではなく家族や友人が扱うため、安心感もあるでしょう。

・自力で引っ越すデメリット
自力で引越しをする場合のデメリットとして、自力で重い荷物の運搬をすることが困難であることがあげられます。重い荷物の運搬に不安がある場合、それらの荷物のみ宅急便を利用するという手段もありますが、その分費用もかかるため、引越し業者に依頼をした方が結果的にお得といったこともあるでしょう。

引越し時期別!一人暮らし費用

引越し料金はその時期によって大きく左右され、場合によっては金額に1.5倍近くの差がついてしまうこともあります。引越し時期ごとの一人暮らしにかかる引越し費用についてみていきましょう。

・オフシーズン(5月~2月)
オフシーズンで荷物が少ない場合の一人暮らしにかかる引越し費用の相場は、平均して27,000円程度、同じ条件で荷物が多い場合の相場は、平均して32,000円程度となります。ただし、移動距離が遠くなればなるほど金額が上がりますので注意が必要です。また、オフシーズンの引越しは、サービスが充実していることが多い傾向があります。この時期は引越し業者も1件でも多く依頼を受けたいのです。

・繁忙期(3月~4月)
3月~4月は引越し業者にとって最も受注が増える期間です。そのため、引越し料金も跳ね上がります。繁忙期で荷物が少ない場合の一人暮らしにかかる引越し費用の相場は、平均して36,000円程度、荷物が多い場合の相場は平均して50,000円程度となります。移動距離が遠い場合は100,000円を超えることも。

3月の最終週の土日と4月の前半の土日は特に混雑するため、避けた方が無難でしょう。また、この時期の引越しは引越し業者が人手不足となっており、希望日時に引越しをすることが難しいかもしれません。

賃貸物件に引越しをする際の初期費用10つ

一人暮らしをする上で発生する費用は、引越し費用だけではありません。続いて賃貸物件に引越しをする際にかかる初期費用についてみていきましょう。

【PR】単身引越しやオフィス移転も信頼できる業者に依頼しませんか

店舗移転から自宅の引越し、大きな家具の移動など引越し業者を探しましょう。「引越しの準備から相談に乗ってくれる業者が見つかるかしら?」「ピアノの移動にはいくらくらかかるの?」そんなときこそ、信頼できる引越し業者が見つかるこちらのサービスがオススメです。

引越し業者登録数、日本最大級!かんたん・お得な見積もり体験を、ミツモアで。

ミツモア_引越し

\依頼者430,000人突破/

24時間依頼可能!0円で依頼し放題

 

  • ▼カンタン2分の操作で依頼完了!
  • ▼最大5名のプロから見積もりが届く。
  • ▼無料チャットで条件や料金を調整!
  • ※依頼完了後、いつでもキャンセル可能です
  • ※しつこい営業はありません

関連するキーワード


引越し費用 単身引越し

関連する投稿


引っ越し祝いのお返しマナーは?【のし対応】おすすめ10商品を紹介

引っ越し祝いのお返しマナーは?【のし対応】おすすめ10商品を紹介

引っ越し祝いをいただいたら気になるのが「お返し」のこと。のしをどうするかや金額相場、どんな商品にするかなど悩みますよね。記事では引っ越し祝いのお返しに関するマナー&通販で買えるのし対応のおすすめ10商品を紹介します。


引っ越しにかかる費用はどんなもの?総額を安くする方法とともに解説

引っ越しにかかる費用はどんなもの?総額を安くする方法とともに解説

引っ越しを考えたとき「いくらくらいかかるの?」と気になりますよね。記事では引っ越しにかかる16の費用項目について解説しています。総額を安くする方法も交えて見ていくので、引っ越し費用を考える際の参考にしてください。


引っ越し手伝いのお礼金額は?家族・友人・会社関係別|プロに頼むメリット・デメリットも

引っ越し手伝いのお礼金額は?家族・友人・会社関係別|プロに頼むメリット・デメリットも

引越しのお手伝いをしてもらったら、お礼をするのがマナーです。記事では、家族・友人・会社関係別にお礼金額の相場を解説。お礼を渡すタイミングやお礼以外の注意点も見ていきます。


ベッド引越解体のコツ5つ!6サイズ別相場料金一覧付。4つの処分方法も!

ベッド引越解体のコツ5つ!6サイズ別相場料金一覧付。4つの処分方法も!

近年では、ベッドの利用者は年々増加傾向にあります。ベッドの引越しは、その大きさや重さ故に、ただ単に搬出して搬入すればよいといった簡単なものではありません。ベッドの引越しの手順や注意点、引越しにかかる費用などについてまとめていきます。


引越し前の掃除のやり方を場所別6ヶ所!タイミング・敷金・ベランダ

引越し前の掃除のやり方を場所別6ヶ所!タイミング・敷金・ベランダ

引越しをする際には、必ず大掃除をしなければなりません。引越しの前の掃除方法によって、敷金の返金額も左右されるためです。そこで、引越しの掃除のやり方を場所別に6個紹介します。また、敷金の返金に関してもチェックしておきましょう。


 

ビジネスパートナー募集