暮らしのお悩み解決サイト

クラゲに刺された時の対処法!跡・症状・応急処置・一週間後

クラゲに刺された時の対処法!跡・症状・応急処置・一週間後

クラゲに刺されたら様々な症状を発症して、最悪の場合は死に至ることもあります。クラゲに刺された時は正しく対処してクラゲの毒から身を守りましょう。早速、「クラゲに刺された時の対処方法」などをご紹介します。

 


夏は海のレジャーを満喫する人も多いのではないでしょうか?夏の海と言えば、クラゲに刺された痛い思い出がある人もいるでしょう。

海水浴・サーフィン・シュノーケリングなどで海に入っていると、知らない間にクラゲに刺されたという人もいます。また、興味本位でクラゲに触れて刺される人も少なくありません。

クラゲは10憶年前から存在している生物で、海中だけではなく沿岸にも出没します。人を刺して人体に影響を及ぼすクラゲは約70種類おり、刺されたら命を落とす可能性もゼロではありません。

クラゲに刺された時のことを踏まえて対処方法を覚えておくと安心です。今回は、クラゲに刺された時の応急処置や症状などについて見ていきましょう。

クラゲが増える時期・刺される確率

クラゲが増える時期や刺される確率はどうなのでしょうか?結論から言うと、クラゲが増える時期は6月頃~9月頃です。クラゲは冬~春が繁殖時期で、6月頃~9月頃は成長のピークを迎えるため梅雨頃~秋はクラゲが増えます

また、クラゲの成長に欠かせないのがプランクトンです。6月頃~9月頃は海水温度の上昇などの理由によりプランクトンが増えて、クラゲの成長を促すことで数が増えます。

つまり、クラゲが増える時期に海に入れば刺される可能性は自ずと高くなります。ただ、6月頃は海に入る人が少ないためクラゲに刺される確率は低いと言えます。詳しい理由は以下の通りです。

・気温が低い日もある
・晴れの日が少ない
・夏休みではない
・海開きをしていない地域が多い

一方、夏休みは行楽シーズンで海のレジャーを楽しむ人が増えます。夏休みはクラゲが増える時期で、海水浴やサーフィンなどで海に入れば高確率でクラゲに刺されることになるでしょう。

 

クラゲに刺されたときの跡や症状

クラゲに刺された時の症状はクラゲの種類によって様々で、毒性が弱いクラゲと毒性が強いクラゲでは刺された時の症状が違います。では、クラゲに刺された時の症状や刺された痕について見ていきましょう。

【毒性が弱いクラゲ】
症状は軽症で無症状の人もおり、重篤になるケースはほぼありません。

・チクチクするような痛み
・静電気が走るようなピリピリした痛み
・しびれ
・かゆみ
・腫れ
・赤み

【毒性が強いクラゲ】
毒性が強いクラゲは猛毒を持つ種類もおり、重症化する場合がほとんどです。場合によってはアナフィラキシーショックで死亡することもあります。主な症状は次の通りです。

・筋肉痛
・倦怠感
・頭痛
・吐き気
・呼吸困難
・意識障害
・悪心
・脱力感
・心臓がどきどきする
・流涙
・鼻水
・せき
・大量発汗
・胸痛

【クラゲに刺された痕】
基本的にクラゲに刺された痕が残るケースはほぼありません。ただし、掻きむしると色素沈着を起こし肌が茶色くなることがあります。

クラゲに刺されたときに応急処置は必要?放置は危険?

クラゲに刺された時、あなたならすぐに応急処置をしますか?クラゲに刺された時は自覚症状の有無や毒性の強弱に関係なく、放置せずに応急処置をしましょう

毒性が弱いクラゲに刺された場合は症状がほとんどなく、応急処置をしない人もいますが放置するのは危険です。症状がない場合はみみず腫れを確認するといいかもしれません。なぜなら、クラゲの毒は触手にあり肌をなぞるように刺すため、線を書いたようなみみず腫れが現れる人もいるからです。

クラゲに刺されると約3分~4分で毒が体内に回り、応急処置をしないと命が危険にさらされることもあります。クラゲで死亡すると聞くと”毒性が強いクラゲに限ったこと”と思いがちですが、毒性が弱いクラゲに刺された時も油断はできません。

特に注意が必要なのは過去にクラゲに刺されたことがある人です。再びクラゲに刺されるとアレルギー反応(アナフィラキシーショック)を起こして、死に至ることがあります

クラゲに刺された時の対処法5ステップ

クラゲに刺された時は5つの流れで対処しましょう。クラゲに刺された時の対処法はやってはいけない方法もあります。正しい対処法と注意点をまとめました。

■すぐに海から出る
クラゲに刺された時はすぐに海から出ることです。痛みの強弱に関係なく、”クラゲに刺された!”と思ったらすぐに陸地へ上がりましょう。

【注意点】
クラゲに刺された後も海水にいると、アナフィラキシーショックで溺れたり溺死する可能性がありますので、すぐに海から出ることが大切です。


■素手以外の方法でクラゲの触手を抜く
海から出てクラゲの触手が残っていたら触手を抜きます。触手が残っていると、再びクラゲに刺される危険性があるため必ず抜きましょう。

【注意点】
クラゲの触手は素手で絶対に触れてはいけません。クラゲの触手は毒があり触れると指を刺されるか可能性があります。手袋・ピンセット・タオル・ハンカチなどでクラゲの触手を除去しましょう。

また、クラゲの触手を砂で擦って落とす行為も危険です。砂で肌を擦ると手や指の圧で触手を押し込む原因になる他、砂でクラゲの触手を落とすことはできません。


■クラゲに刺された部分を海水で洗い流す
クラゲに刺された部分は海水や食塩水で優しく洗い流して、刺胞(毒の袋)を刺激しないようにします。クラゲは刺胞がある種類もおり、触手を取り除いても肌に残っている場合もあるでしょう。

刺胞は刺激を察知すると絡み付いたり刺糸で刺すなどして、毒を対象物に浸透させるのが特徴です。クラゲに刺された部分を強くガシガシ擦るなどして洗い流すと、刺胞を刺激することになります。

【注意点】
真水ではなく海水や食塩水で洗い流しましょう特に刺胞があるクラゲは要注意で、真水で洗い流すと浸透圧の関係で毒が回るリスクが高まります


■刺された部分を温めたり冷やす
クラゲに刺された部分を温めたり冷やすなどして痛みを軽減させましょう。クラゲの毒の主成分はタンパク質で熱に弱いのが特徴です。

アメリカの研究ではクラゲに刺された部分を40度で20分間温めると、痛みが軽減することがわかっています。できれば先にクラゲに刺された部分を温めて、痛みが少し落ち着いた後に冷やすといいでしょう。


■症状によっては病院へ行く必要がある
基本的にクラゲの治療は対症療法で、病院では刺された部分にクリームなどを塗って触手を完全に除去します。

症状が軽い場合は無理に病院へ行く必要はありませんが、次の症状がある場合は病院へ行きましょう。

・刺された範囲が広い
・痛みが強くて引かない
・刺された部分が水ぶくれになっている
・皮膚がただれている

特に猛毒のクラゲに刺された時は命に関わる可能性があり、医師に処置をしてもらう必要があります

【注意点】
的確に処置をするために、『どこで・何時頃・クラゲの種類』を医師に伝えましょう。クラゲの種類がわからない場合は、刺された場所と時間だけでもかまいません。

クラゲに刺された一週間後はどうなる?

クラゲの種類によっては酷く腫れたり激痛に襲われ、完治するまで不安を感じる人もいるでしょう。では、クラゲに刺された1週間後の患部はどのような状態になっているのでしょうか?

クラゲに刺された1週間後の状態は個人差があり、症状の有無・症状の度合い・患部の見た目などは様々です。1つ言えることは、症状が軽い人ほど回復が早くクラゲに刺された痕もほとんどありません。

症状が軽い人の例を挙げると、湿疹や腫れは残っているもののかゆみは落ち着き、虫に刺さされた痕のような見た目になります。回復が早い人はクラゲに刺されてから数日で良くなり、1週間後にはキレイに治っているでしょう。

一方、猛毒のクラゲに刺された場合は症状が酷く、激痛やしつこいかゆみ以外にも様々な症状があります。症状の程度は個人差があり何とも言えませんが、症状が落ち着くまで約2週間~3週間要するケースは珍しくありません。

クラゲに刺されない予防方法

クラゲに刺されない予防方法は4つあります。海のレジャーを楽しむためにクラゲの予防方法を参考にしましょう。

【クラゲ予防のクリームや日焼け止めを塗る】
クラゲ予防のクリームや日焼け止めは肌に膜を作り、クラゲに仲間であることを認識させる成分が含まれています(クラゲは仲間を刺さないため)。

海へ入る前にクラゲ予防のクリームや日焼け止めを塗って予防しましょう。

【ウエットスーツやラッシュガードを着る】
肌の露出を控える方法もクラゲ対策には有効で、ウエットスーツやラッシュガードを着用するのもおすすめです。

【クラゲ対策をしている海に入る】
利用者がクラゲに刺されないために、海にネットを張りクラゲ対策をしている場所もあります。

何も対策をしていない海に比べるとクラゲに刺されるリスクは少ないため、クラゲ対策をしている海を選びましょう。

【クラゲに触れない】
クラゲは刺激を受けると刺すため触れてはいけません。

日本の海にいる危険なクラゲ4種類

毒性が強いクラゲは命を脅かす種類も存在しており、日本で特に危険なクラゲを4つ厳選しました。サイズは小さいですが毒性が強いクラゲや、見た目の美しさとは裏腹に猛毒なクラゲなどをご紹介します。

【アンドンクラゲ】
四角い傘(約2cm~3cm)を持つアンドンクラゲは、4つの隅から触手(約20cm)が伸びています。触手の色は薄い桃色ですが四角い傘の部分は無色透明です。

アンドンクラゲは全国の海に生息しており、遊泳スピードが速く視覚があるクラゲとして有名です。特にお盆時期に刺されることが多く、刺されたら激痛やみみず腫れに耐えないといけません。症状が悪化すると意識障害や呼吸困難を発症し、アナフィラキシーショックで死亡することもあります。

【ハブクラゲ】
ハブクラゲはアンドンクラゲの仲間で非常に強い毒があり、沖縄や奄美地方に出没するクラゲです。ハブクラゲも四角い傘(約8cm)で、4つの隅から触手が7本~8本伸びています。

また、ハブクラゲに刺された時の症状もアンドンクラゲに刺された時とソックリです。激しい痛みやみみず腫れに襲われ、最悪の場合はアナフィラキシーショックで死亡する可能性もあります。

【カギノテクラゲ】
クラゲの中でも小ぶりな傘(約1cm~2cm)を持つクラゲで、傘はお皿のような形状をしているのが特徴です。

触手の長さは短く傘のフチから約90本出ており、触手の先はカギのように折れ曲がっています。カギノテクラゲは日本全国の海に生息していますが、東北や北海道で出没するクラゲです。

毒性は強いですが刺された時の症状は酷くなく、約1時間~2時間後に症状が現れます。例えば、筋肉痛のような痛みやしびれなどの他に、インフルエンザのような風邪に似た症状が現れる人もいるでしょう。

【カツオノエボシ】
猛毒なクラゲで有名なカツオノエボシは袋のような傘(約10cm)が特徴です。

袋は一酸化炭素などが含まれているため浮遊することができますが、常に膨らんでいるわけではありません。状況に合わせて袋をしぼませて海に沈むこともできます。触手の長さは個体によってバラつきがあり(約10cm~50m)、全体的に藍色で透き通っている美しいクラゲです。

カツオノエボシは日本近海に出没するクラゲで、刺されたら一気に腫れて強い電気に触れたかのような痛みに襲われます。

また、激痛は長時間続き、刺されてから約15分後にアナフィラキシーショックを起こすかもしれません。アナフィラキシーショックの症状は個人差があります。例えば、全身にじんましんが出たり悪心や脱力感など様々です。最悪の場合は死に至ることもあります。

【アカクラゲ】
プックリとした傘(約9cm~15cm)で褐色のシマ模様が特徴的なクラゲです。触手は約40本~56本で長く(2m~)、別名『ハクションクラゲ』とも言われています。

ハクションクラゲの呼び名を持つ理由はくしゃみが出るからです。アカクラゲは刺糸があるクラゲで、刺糸が乾燥すると舞い上がり鼻の中に入ります。アカクラゲに刺された時の症状はくしゃみだけではなく、強烈な痛みに襲われ患部はパンパンに腫れるのが特徴です。

生息地域は北海道~沖縄ですが地域によって出没しやすい時期が違います。日本南部は冬から春に刺されることが多いですが、日本海は春から夏で北海道は夏がメインです。

まとめ

クラゲは猛毒を持つ種類も存在するため、刺された時は海から出て応急処置を行うことが命を守ることにつながります

夏休みやお盆シーズンの海はライフセーバーがいることも多く、クラゲに刺された時はライフセーバーを頼るのも選択肢の1つです。ライフセーバーはクラゲに刺された時の対処法を知っており、的確な方法で応急処置をしてくれます。

【PR】害獣駆除ならお任せください。14,800円から

東証上場会社運営!屋根裏害獣のアライグマ・イタチ・ハクビシンの駆除撃退を14,800円からご依頼いただけます!年中無休・24時間365日対応・無料現地調査・全国対応で楽天リサーチ調べご利用シェアNO.1の害獣駆除110番がオススメです。

迅速・丁寧・確実に解決します! まずは無料お見積りから。害獣駆除のプロが丁寧・親切に対応してくれます。

害獣駆除110番

\清掃・消毒まで対応/

お客様満足度98%以上

 

  • ●24時間365日全国対応
  • ●累計問合せ135万件以上
  • ●無料現地調査
  • ●作業後の追加料金が不要

 

関連するキーワード


害虫駆除

関連する投稿


小麦粉とダニの見分け方と対策!未開封は?保存方法

小麦粉とダニの見分け方と対策!未開封は?保存方法

使いかけの小麦粉にダニが混入してしまったけどどうすれば良いか分からないという人も多くいるのではないでしょうか。本記事ではそのような場合にどうすれば良いか、また小麦粉にダニを発生させないための予防方法をを詳しくご紹介します。ぜひ本記事を参考にして下さい。


赤いクモみたいな虫「タカラダニ」の特徴6つ!小さくても毒はある?【プロ監修】

赤いクモみたいな虫「タカラダニ」の特徴6つ!小さくても毒はある?【プロ監修】

小さなクモのような、ダニ。体が赤く、大量に発生することから見た目が気持ち悪く、不安に襲われる方もいるでしょう。実はこれ、タカラダニというダニの一種であり、クモとは全く別の生物です。しかし、だからといって放置しておくわけにはいきません。ここでは、タカラダニの生態などについて解説しています。


簡単にハエを退治する方法14選。ペットボトルやめんつゆを使う方法も紹介【プロ監修】

簡単にハエを退治する方法14選。ペットボトルやめんつゆを使う方法も紹介【プロ監修】

ハエを簡単に自分で駆除する方法を紹介します。めんつゆやペットボトルを使った手作りの退治方法や、ハエが来ないようにする予防対策、殺虫剤を使わない駆除や捕獲方法などを解説しているほか、絶滅させる日数も説明しています。


ボウフラを退治する8つの方法。殺虫剤を使わないで駆除できる? 【プロ監修】

ボウフラを退治する8つの方法。殺虫剤を使わないで駆除できる? 【プロ監修】

「ボウフラ」は水をきれいにしてくれる益虫ですが、ボウフラはあっという間にあのやっかいな害虫「蚊」に成長してしまいます。そのため、ボウフラを見つけたら、蚊に成長してしまう前に速やかにボウフラを退治しておくことがとても大切です。ボウフラを退治する8つの方法やボウフラの発生時期、発生を防止する方法について紹介していきます。


ヤスデの駆除対策方法5つ!石灰や木酢酢は効果がある?【プロ監修】

ヤスデの駆除対策方法5つ!石灰や木酢酢は効果がある?【プロ監修】

夏の不快な害虫の上位といえばヤスデではないでしょうか。集団で集まっている姿を見るだけで耐えられないという方も多いと思います。この記事では、ヤスデを退治する方法や知っておきたい習性についてまとめてみました。ヤスデの活動が活発になる前に対策を取りましょう!


最新の投稿


表札デザインの選び方とおしゃれな具体例20個!木・北欧・アメリカン

表札デザインの選び方とおしゃれな具体例20個!木・北欧・アメリカン

表札は玄関先の顔となる大事な家の一部です。そんな表札にはどのようなデザインが可能なのでしょうか。本記事では、表札デザインの選び方から実際におすすめな表札デザインを写真と共に紹介しています。本記事を参考に自分に合った表札デザインを選びましょう。


ツツジの剪定方法とコツ13個!剪定時期・道具・自然樹形・刈り込み【プロ監修】

ツツジの剪定方法とコツ13個!剪定時期・道具・自然樹形・刈り込み【プロ監修】

ツツジは自宅で育てている人も多く、他の花と比べると育てやすいことが特徴です。ツツジの花や、美しい樹形を維持するために剪定作業をしなければなりません。ツツジを剪定する時期や剪定方法について詳しく紹介します。


シールの剥がし方13個!簡単裏ワザで古いのもベタベタしない

シールの剥がし方13個!簡単裏ワザで古いのもベタベタしない

シールがキレイに剥がれなくて汚くなってしまった人もいるでしょう。シールを上手く剥がすことができない理由は剥がし方が間違っていたのかもしれません。シールの剥がし方をチェックして、キレイに剥がしましょう。


雑草の種類10パターンと見分け方を解説!庭や畑の雑草はどれ?【プロ監修】

雑草の種類10パターンと見分け方を解説!庭や畑の雑草はどれ?【プロ監修】

よく見る雑草を、写真入りで種類別に紹介しています。春に芽を出す雑草と秋に芽を出す雑草の駆除方法の違いや、粒タイプと液体タイプの2種類の除草剤の違いについて解説している他、防草シートについても説明しています。


ノズルが汚すぎる?トイレのノズルを掃除する5STEP【プロ監修】

ノズルが汚すぎる?トイレのノズルを掃除する5STEP【プロ監修】

今やわたしたちの生活で欠かせないもののひとつとも言える温水洗浄便座。実はこの温水洗浄便座の温水が出てくるノズルの部分、ちょっと見ないうちに黒ずみ汚れが…トイレのノズルを掃除する5ステップを知り、いつでも気持ち良く使える温水洗浄便座を目指しましょう!


 

 

ビジネスパートナー募集