暮らしのお悩み解決サイト

服のオキシ漬け洗濯方法!臭い・黄ばみは?色物は色移りする?

服のオキシ漬け洗濯方法!臭い・黄ばみは?色物は色移りする?

毎日着用する衣類は、黄ばみが気になったり、不快な臭いがしたりすることも多いです。そこで、オキシクリーンを使った服の洗濯方法を紹介します。汚れ別の洗濯方法と、色物は洗えるのかについてもチェックしましょう。


オキシクリーンは、洗濯のほかにも掃除で役立つアイテムとして使用している人も多いのではないでしょうか。こびりついた汚れもしっかり除去できることから、現在は衣類の洗濯、室内の掃除などで幅広く使用されています。

しかし、漂白剤のオキシクリーンには「洗浄力が強い」というイメージがあり、色柄物を洗濯できないのでは、衣類が傷むのではと不安を抱く人も多いでしょう。

そこで、オキシクリーンを使った汚れ別の洗濯方法と、色柄物は色移りするのかなど、オキシクリーンを使うときのポイントについても詳しく紹介します。

オキシクリーンの特徴

オキシクリーン(OXI CLEAN)は、アメリカで作られた粉末状の酸素系漂白剤です。お湯に溶かして使用するものであり、お湯と反応して酸素の泡が発生します。泡を使って汚れを落とす仕組みであり、洗浄力が高い塩素系漂白剤とは異なる種類の漂白剤です。

また、オキシクリーンはアメリカで発売されており、日本でも一部のスーパーで販売されている海外版と、日本版の2種類があります。海外版には界面活性剤が含まれているため、より洗浄力が高いことが特徴です。どちらも使用方法は同じですが、計量方法に若干の違いがあることに注意しましょう。

なお、オキシクリーンは掃除用アイテムとして活用する人も多いですが、本来洗濯に使用する漂白剤として発売されたものであり、服にこびりついた汚れを落としたいときに有効です。

 

オキシクリーンで洗える服の種類

オキシクリーンは基本的にどのような服でも洗えますが、場合によっては色落ちや色移りする可能性があるため注意が必要です。服の洗濯表示を確認し、手洗い表示と水洗い不可の表示がある服はオキシクリーンで洗わないようにしましょう

手洗い表示が付いている服は、洗濯機を使用した場合に水流が原因で生地が傷むものです。オキシクリーンといった漂白剤を使用することで生地が劣化したり、色落ち、色移りする場合があります。

また、水洗い不可の表示がある服は、自宅で洗濯できないほど繊細な生地を使用しているものであり、オキシクリーンは使用できません。例えば、シルクといった繊細な素材は、部分的にオキシクリーンを使用するだけでも劣化し、元の状態に戻せなくなるため十分に注意が必要です。

ほかにも、刺繍が施されている服、ビーズやストーン、スパンコールなど装飾が付いている服もオキシクリーンで洗うことで装飾パーツが劣化することがあります。装飾が施されている服については、装飾部分にオキシクリーンがかからないように注意して洗う必要があるでしょう。

服のオキシ漬け洗濯方法4ステップ

オキシクリーンを使った「オキシ液」を使用して、服をオキシ漬けする方法を紹介します。簡単な4つのステップで洗えるため、服が汚れた際には試してみましょう。

用意する物

服のオキシ漬けをする際には以下の物を用意します。

・服が入る容器
・オキシクリーン
・ゴム手袋

オキシクリーンとお湯を混ぜる際に、素手で作業をすると皮膚に炎症を起こす可能性があります。オキシクリーンは酸素系漂白剤であり、塩素系漂白剤と比較すると成分は優しいものの、肌に付いても安全というわけではありません。そのため、必ずゴム手袋を着用することが大切です。

①服が入る容器にお湯を溜める

オキシ漬けをするためのオキシ液を作ります。服が入る大きさの容器に、40~60度のお湯を入れましょう。お湯の温度が高いと服の素材に負担がかかり、反対に温度が低いと汚れをしっかり分解できないため、お湯の温度に注意が必要です。

温度を測ったり設定したりするのは手間がかかりますが、お湯の温度は重要視しましょう。お湯の量は衣類1枚に4Lが目安です。

②オキシクリーンを溶かす

準備したお湯に30gほどのオキシクリーンを入れますが、オキシクリーンの量の測り方は海外版と日本版で異なることが特徴です。海外版のオキシクリーンはスプーンに1~4の番号が付いており、それぞれ線が付いています。衣服1枚であれば、1番の線まで(30g)入れましょう。

日本版のオキシクリーンは500gと1500gが販売されており、500gタイプであればキャップ1杯(約28g)、1500gタイプはスプーン1杯(約28g)で計量します。

オキシクリーンは粉末状の漂白剤であり、しっかり混ぜなければ十分な効果が期待できません十分に混ぜて、泡が発生したら衣類を入れましょう

③衣類をオキシ浸けする

オキシクリーンに泡が発生してから服を入れますが、容器からオキシ液が出ないように丁寧に入れましょう。汚れが目立つ場所は、もむようにして洗います。脇、襟の部分は黄ばみ汚れが目立ちやすいため、丁寧にもみ洗いすることが大切です。

ただし、繊維が傷まないように優しく洗いましょう。オキシ液が服にしっかり染み込んだら、浸け置きをします。オキシクリーンで汚れを落とす際には、最低30分は浸けることが大切です

④洗濯機で洗濯をする

オキシクリーンに浸け置きした服は、最後に洗濯機で洗濯しましょう。洗濯方法は通常通りで問題ありません。洗濯をしたら干して乾かし、アイロンをかけて汚れが取れているかを確認します。

汚れがこびりついている場合、1回のオキシ漬けでは除去しきれない可能性が高いです。汚れが取れていない場合には、再度オキシ浸けをして汚れを落としましょう。

オキシ漬けの時間は一晩中?

服をオキシ漬けする時間は、最低30分、最長で6時間が目安であり、一晩中浸けないようにしましょう。最長6時間で良いのは、オキシクリーンの化学反応が起こる時間が6時間程度であるためです。

オキシクリーンと水が反応することで洗浄効果が期待できますが、洗剤の成分と水が反応するのは6時間程度であり、10時間、20時間と長時間漬け置きしても洗浄効果は期待できません。

オキシ漬けは、40~60度のお湯、オキシクリーンの量、オキシ漬けする時間の3つのポイントが揃うことで高い洗浄効果が期待できます

一晩中漬けても洗浄効果は期待できず、衣類の繊維が傷む原因になるため注意しましょう。どれほど汚れがこびりついていても6時間程度で1度洗い流し、様子を見てから再度オキシ漬けをすることが大切です。

服の臭いを取る方法

オキシクリーンを使用すると、服の汚れだけではなく不快な臭いも除去することができます。臭いを取る方法はオキシ漬けの洗濯方法とほぼ同じであり、最初にオキシクリーンをお湯に入れ、しっかりと溶かしたら2時間程度オキシ漬けにします

2時間オキシ漬けをすると、容器の中のお湯が濁っているのが確認できるでしょう。服に付着する臭いの原因は皮脂汚れであり、黄ばみの原因にもなるものです。オキシ漬けをすることで皮脂汚れが分解されて落ちるため、容器の中のお湯が濁って見えます。

オキシクリーンで服の臭いの元になる汚れを落としたら、お気に入りの柔軟剤を使用して洗濯機で洗いましょう。

臭いが発生している段階で柔軟剤を使用しても、柔軟剤と臭いが混ざることでより不快な臭いを発する可能性があります。そのため、オキシクリーンで臭いの元の皮脂汚れを洗い流すことが重要です。

服の黄ばみを落とす方法

服の襟に目立つ黄ばみ汚れは、最初に40~60度のお湯を容器に入れ、30gほどのオキシクリーンを入れてオキシ液を作ります。オキシクリーンとお湯が反応し、発泡している状態で服を入れてもみ洗いしましょう。

黄ばみ汚れが目立つ場所を重点的にもみ洗いしたら、30分~6時間漬け置きします。黄ばみ汚れの程度に合わせて、漬け置き時間は調整しましょう。

オキシクリーンで汚れをもみ洗いし、漬け置きした後はお湯で洗い流して洗濯機で洗います。黄ばみ汚れを長期間放置していた場合は、1度のオキシ漬けでは落としきれない可能性が高いです。6時間オキシ漬けをしても黄ばみ汚れが落ちない場合、再度オキシ漬けをしてもみ洗いをしましょう。

服のシミを落とす方法

オキシクリーンは油分を含んだシミ、色素によるシミ、汗による皮脂のシミなど、いずれのシミにも効果が期待できます。最初に40~60度程度のお湯を容器に入れ、お湯4Lに対して30gのオキシクリーンを入れて混ぜましょう。

オキシクリーンを溶かす際には、必ずゴム手袋を着用することが大切です。シミが付いている部分がオキシ液に浸かるようにして1時間程度オキシ漬けをします

シミが付いた状態で放置していた、シミがこびりついているという場合は、漬け置き時間を調整することがポイントです。オキシクリーンは6時間で洗浄効果がなくなる点を加味して、時間を決めなければなりません。

オキシ漬けした後は、洗濯機で洗濯します。容器に入っているオキシ液ごと洗濯機に入れても問題はありませんが、抵抗がある場合はお湯でオキシクリーンを洗い流してから洗濯機に入れて洗いましょう。

色物の服は色移りする?

漂白剤であるオキシクリーンを使用すると、色物は色移りするのでは、色落ちするのではと不安を抱く人も多いですが、オキシクリーンであれば汚れだけを除去できます。理由は、オキシクリーンの主成分が過炭酸ナトリウムであるためです。

過炭酸ナトリウムは水に溶かすことで酸素の泡が発生し、泡を使用して汚れを落とします。酸素の泡は、衣類の色を落とすことなく汚れだけを除去するため、基本的には色物が色移りすることはありません

汚れを白くする塩素系漂白剤とは異なり、色素を抜くわけではないのです。そのため、洗濯をする際に他の衣類と一緒に洗っても色移りせず、汚れだけを洗い流せます。

オキシクリーンは漂白剤ではありますが、塩素系漂白剤ではなく酸素系漂白剤であることから、色物や柄物でも安心して使用できることが魅力です。

まとめ

オキシクリーンの特徴を理解していれば、色物の色落ち、色移りするを気にせず活用できます。オキシクリーンは酸素系漂白剤のため、汚れを泡で分解して洗い流すことが特徴です。

オキシ漬けをする場合には漬け置き時間に注意しなければなりませんが、6時間程度までの漬け置きであれば衣類の生地そのものに影響ははく、様々な服の洗濯に使用できます。オキシクリーンを使って洗濯し、衣類をきれいな状態に保ちましょう。

【PR】満足度94%!自分でやるのに疲れたらプロのお掃除

自宅のエアコンやキッチン、店舗のガラスやトイレまで。プロの力でキレイによみがえる!なかなか落ちない頑固な汚れにはこちらのサービスがオススメです。

無料の見積り相談であらゆるハウスクリーニングに対応してくれます。諦めている長年の汚れを落としてませんか?

お掃除マスター

\家全体すべてに対応/

年間3000件の実績

 

  • ◆掃除のプロにお任せ  
  • ◆黄ばみやカビ取りも  
  • ◆全国各地に完全対応  
  • ◆最短即日 待たせません

 

関連する投稿


オキシクリーンの五徳・ガスコンロの掃除方法!油汚れや焦げ付きは?

オキシクリーンの五徳・ガスコンロの掃除方法!油汚れや焦げ付きは?

五徳にたまった焦げ付きや、コンロ周りの油汚れをきれいにするためにはオキシクリーンが大変有効です。今回はオキシクリーンを使用して五徳を掃除する方法をステップ毎に詳しく紹介します。こちらの記事を参考に自宅の五徳をオキシクリーンを使用してきれいにしましょう。


オキシクリーンのカビ取り!風呂・壁紙・洗濯機・窓・カーテン

オキシクリーンのカビ取り!風呂・壁紙・洗濯機・窓・カーテン

オキシクリーンをご存知の方も多いでしょう。オキシクリーンは様々な汚れを落とすことで有名ですが、カビ落としの洗剤として使うこともできます。早速、「オキシクリーンでカビを落とす方法」をチェックしましょう。


タオルのオキシ漬けのやり方!臭い・黄ばみ・カビを取るには?時間は?

タオルのオキシ漬けのやり方!臭い・黄ばみ・カビを取るには?時間は?

近頃しつこい汚れも簡単に落とせることで有名なオキシ漬けという清掃方法が人気を集めています。使い古したタオルをオキシ漬けで漬け置き洗いすることで黄ばみやカビなどの汚れまで落とすことが可能です。こちらの記事ではそのオキシ漬けのやり方を詳しく紹介します。


オキシクリーンのスニーカー洗い方!オキシ漬けで失敗しないコツは?

オキシクリーンのスニーカー洗い方!オキシ漬けで失敗しないコツは?

オキシクリーンでスニーカーをオキシ漬けをする洗い方について解説します。特にスニーカーは、汚れないように履いていても必ず汚れが付着します。例えば、想定外の悪天候で汚れてしまうというケースも多いです。そこで、オキシクリーンを使ったスニーカーの簡単な洗い方を紹介します。


布団のダニの種類と退治する駆除対策6つ!予防方法は?【プロ監修】

布団のダニの種類と退治する駆除対策6つ!予防方法は?【プロ監修】

布団には無数のダニがいます。でも「自分の布団は大丈夫!」「ダニがいても気にしない!」等と思っていませんか? ダニを放置するのは身体によくありません。今回はダニの駆除や予防方法をチェックしましょう!


最新の投稿


表札デザインの選び方とおしゃれな具体例20個!木・北欧・アメリカン

表札デザインの選び方とおしゃれな具体例20個!木・北欧・アメリカン

表札は玄関先の顔となる大事な家の一部です。そんな表札にはどのようなデザインが可能なのでしょうか。本記事では、表札デザインの選び方から実際におすすめな表札デザインを写真と共に紹介しています。本記事を参考に自分に合った表札デザインを選びましょう。


ツツジの剪定方法とコツ13個!剪定時期・道具・自然樹形・刈り込み【プロ監修】

ツツジの剪定方法とコツ13個!剪定時期・道具・自然樹形・刈り込み【プロ監修】

ツツジは自宅で育てている人も多く、他の花と比べると育てやすいことが特徴です。ツツジの花や、美しい樹形を維持するために剪定作業をしなければなりません。ツツジを剪定する時期や剪定方法について詳しく紹介します。


シールの剥がし方13個!簡単裏ワザで古いのもベタベタしない

シールの剥がし方13個!簡単裏ワザで古いのもベタベタしない

シールがキレイに剥がれなくて汚くなってしまった人もいるでしょう。シールを上手く剥がすことができない理由は剥がし方が間違っていたのかもしれません。シールの剥がし方をチェックして、キレイに剥がしましょう。


雑草の種類10パターンと見分け方を解説!庭や畑の雑草はどれ?【プロ監修】

雑草の種類10パターンと見分け方を解説!庭や畑の雑草はどれ?【プロ監修】

よく見る雑草を、写真入りで種類別に紹介しています。春に芽を出す雑草と秋に芽を出す雑草の駆除方法の違いや、粒タイプと液体タイプの2種類の除草剤の違いについて解説している他、防草シートについても説明しています。


ノズルが汚すぎる?トイレのノズルを掃除する5STEP【プロ監修】

ノズルが汚すぎる?トイレのノズルを掃除する5STEP【プロ監修】

今やわたしたちの生活で欠かせないもののひとつとも言える温水洗浄便座。実はこの温水洗浄便座の温水が出てくるノズルの部分、ちょっと見ないうちに黒ずみ汚れが…トイレのノズルを掃除する5ステップを知り、いつでも気持ち良く使える温水洗浄便座を目指しましょう!


 

 

ビジネスパートナー募集