暮らしのお悩み解決サイト

服のオキシ漬け洗濯方法!臭い・黄ばみは?色物は色移りする?

服のオキシ漬け洗濯方法!臭い・黄ばみは?色物は色移りする?

毎日着用する衣類は、黄ばみが気になったり、不快な臭いがしたりすることも多いです。そこで、オキシクリーンを使った服の洗濯方法を紹介します。汚れ別の洗濯方法と、色物は洗えるのかについてもチェックしましょう。


オキシクリーンは、洗濯のほかにも掃除で役立つアイテムとして使用している人も多いのではないでしょうか。こびりついた汚れもしっかり除去できることから、現在は衣類の洗濯、室内の掃除などで幅広く使用されています。

しかし、漂白剤のオキシクリーンには「洗浄力が強い」というイメージがあり、色柄物を洗濯できないのでは、衣類が傷むのではと不安を抱く人も多いでしょう。

そこで、オキシクリーンを使った汚れ別の洗濯方法と、色柄物は色移りするのかなど、オキシクリーンを使うときのポイントについても詳しく紹介します。

オキシクリーンの特徴

オキシクリーン 1500g

¥969(2020/10/20時点)

オキシクリーン(OXI CLEAN)は、アメリカで作られた粉末状の酸素系漂白剤です。お湯に溶かして使用するものであり、お湯と反応して酸素の泡が発生します。泡を使って汚れを落とす仕組みであり、洗浄力が高い塩素系漂白剤とは異なる種類の漂白剤です。

また、オキシクリーンはアメリカで発売されており、日本でも一部のスーパーで販売されている海外版と、日本版の2種類があります。海外版には界面活性剤が含まれているため、より洗浄力が高いことが特徴です。どちらも使用方法は同じですが、計量方法に若干の違いがあることに注意しましょう。

なお、オキシクリーンは掃除用アイテムとして活用する人も多いですが、本来洗濯に使用する漂白剤として発売されたものであり、服にこびりついた汚れを落としたいときに有効です。

オキシクリーンで洗える服の種類

オキシクリーンは基本的にどのような服でも洗えますが、場合によっては色落ちや色移りする可能性があるため注意が必要です。服の洗濯表示を確認し、手洗い表示と水洗い不可の表示がある服はオキシクリーンで洗わないようにしましょう

手洗い表示が付いている服は、洗濯機を使用した場合に水流が原因で生地が傷むものです。オキシクリーンといった漂白剤を使用することで生地が劣化したり、色落ち、色移りする場合があります。

また、水洗い不可の表示がある服は、自宅で洗濯できないほど繊細な生地を使用しているものであり、オキシクリーンは使用できません。例えば、シルクといった繊細な素材は、部分的にオキシクリーンを使用するだけでも劣化し、元の状態に戻せなくなるため十分に注意が必要です。

ほかにも、刺繍が施されている服、ビーズやストーン、スパンコールなど装飾が付いている服もオキシクリーンで洗うことで装飾パーツが劣化することがあります。装飾が施されている服については、装飾部分にオキシクリーンがかからないように注意して洗う必要があるでしょう。

服のオキシ漬け洗濯方法4ステップ

オキシクリーンを使った「オキシ液」を使用して、服をオキシ漬けする方法を紹介します。簡単な4つのステップで洗えるため、服が汚れた際には試してみましょう。

用意する物

服のオキシ漬けをする際には以下の物を用意します。

・服が入る容器
・オキシクリーン
・ゴム手袋

オキシクリーンとお湯を混ぜる際に、素手で作業をすると皮膚に炎症を起こす可能性があります。オキシクリーンは酸素系漂白剤であり、塩素系漂白剤と比較すると成分は優しいものの、肌に付いても安全というわけではありません。そのため、必ずゴム手袋を着用することが大切です。

①服が入る容器にお湯を溜める

オキシ漬けをするためのオキシ液を作ります。服が入る大きさの容器に、40~60度のお湯を入れましょう。お湯の温度が高いと服の素材に負担がかかり、反対に温度が低いと汚れをしっかり分解できないため、お湯の温度に注意が必要です。

温度を測ったり設定したりするのは手間がかかりますが、お湯の温度は重要視しましょう。お湯の量は衣類1枚に4Lが目安です。

②オキシクリーンを溶かす

準備したお湯に30gほどのオキシクリーンを入れますが、オキシクリーンの量の測り方は海外版と日本版で異なることが特徴です。海外版のオキシクリーンはスプーンに1~4の番号が付いており、それぞれ線が付いています。衣服1枚であれば、1番の線まで(30g)入れましょう。

日本版のオキシクリーンは500gと1500gが販売されており、500gタイプであればキャップ1杯(約28g)、1500gタイプはスプーン1杯(約28g)で計量します。

オキシクリーンは粉末状の漂白剤であり、しっかり混ぜなければ十分な効果が期待できません十分に混ぜて、泡が発生したら衣類を入れましょう

③衣類をオキシ浸けする

オキシクリーンに泡が発生してから服を入れますが、容器からオキシ液が出ないように丁寧に入れましょう。汚れが目立つ場所は、もむようにして洗います。脇、襟の部分は黄ばみ汚れが目立ちやすいため、丁寧にもみ洗いすることが大切です。

ただし、繊維が傷まないように優しく洗いましょう。オキシ液が服にしっかり染み込んだら、浸け置きをします。オキシクリーンで汚れを落とす際には、最低30分は浸けることが大切です

④洗濯機で洗濯をする

オキシクリーンに浸け置きした服は、最後に洗濯機で洗濯しましょう。洗濯方法は通常通りで問題ありません。洗濯をしたら干して乾かし、アイロンをかけて汚れが取れているかを確認します。

汚れがこびりついている場合、1回のオキシ漬けでは除去しきれない可能性が高いです。汚れが取れていない場合には、再度オキシ浸けをして汚れを落としましょう。

オキシクリーン 1500g

¥969(2020/10/20時点)

オキシ漬けの時間は一晩中?

【PR】ハウスクリーニングやエアコン掃除はプロに依頼しませんか

清潔な住まいで健康で快適な暮らしを!キッチンの頑固な油汚れ、時間と労力を費やす水回りの清掃、エアコンのクリーニングなど普段なかなか手がつけられない掃除なら、掃除のプロが見つかるこちらのサービスがオススメです。

ハウスクリーニング業者登録数、日本最大級!かんたん・お得な見積もり体験を、ミツモアで。

ミツモア_クリーニング

\依頼者430,000人突破/

24時間依頼可能!0円で依頼し放題

 

  • ▼カンタン2分の操作で依頼完了!
  • ▼最大5名のプロから見積もりが届く。
  • ▼無料チャットで条件や料金を調整!
  • ※依頼完了後、いつでもキャンセル可能です
  • ※しつこい営業はありません

関連する投稿


【場所別】ペンキの落とし方が一瞬で分かる!身近なアイテムで落とせます

【場所別】ペンキの落とし方が一瞬で分かる!身近なアイテムで落とせます

うっかりペンキが付いてしまった!誰しもが焦る瞬間ですよね。身近なものを使ったペンキの落とし方を、体の部位・場所別にご紹介します。


足袋の洗い方どうしてる?汚れを落とす&防ぐみんなの工夫やおすすめグッズも紹介

足袋の洗い方どうしてる?汚れを落とす&防ぐみんなの工夫やおすすめグッズも紹介

足袋の洗い方を特集!「洗濯機で洗っていい?」「汚れがキレイに落ちる洗い方は?」「地下足袋の場合は?」など気になる疑問に答えていきます。


作業着におすすめの洗剤12選!汚れ別に洗濯方法・洗剤を使い分けよう

作業着におすすめの洗剤12選!汚れ別に洗濯方法・洗剤を使い分けよう

作業着は機械油・泥・皮脂・鉄粉類で汚れています。そのまま洗濯機で洗うと、他の衣服に汚れが移ってしまうリスクがあるので、部分洗いや漬けおき洗いで汚れを落としておきましょう。 本記事では、作業着の汚れにおすすめの洗剤を紹介していきます。汚れの種類別に適切な洗い方も解説しているので、ぜひご覧ください。


エンジンオイルの汚れを落とすコツを解説!おすすめの日用品・洗剤も紹介

エンジンオイルの汚れを落とすコツを解説!おすすめの日用品・洗剤も紹介

車やバイクを整備しているとついてしまう、エンジンオイル。本記事では、エンジンオイルが服や皮膚についてしまった時の対処法を解説しています。おすすめの洗剤も紹介しているので、ぜひご覧ください。


オキシクリーンのカビ取り!風呂・壁紙・洗濯機・窓・カーテン

オキシクリーンのカビ取り!風呂・壁紙・洗濯機・窓・カーテン

オキシクリーンをご存知の方も多いでしょう。オキシクリーンは様々な汚れを落とすことで有名ですが、カビ落としの洗剤として使うこともできます。早速、「オキシクリーンでカビを落とす方法」をチェックしましょう。


 

ビジネスパートナー募集