暮らしのお悩み解決サイト

庭の雑草対策をおしゃれにする方法6個と材料10個!DIY事例集10選も

庭の雑草対策をおしゃれにする方法6個と材料10個!DIY事例集10選も

庭に生い茂った雑草をどうにかしたいと思っている人も多くいるのではないでしょうか。本記事では、庭に雑草が生えないようにする対策方法を細かく紹介しています。本記事を参考に、雑草対策をしっかりとして、理想の庭造りをしましょう。

 


庭をほったらかしにしておくといつの間にか生い茂った雑草に悩まされることは多々あります。しかしどのような雑草対策の方法があるか思いつかないという人も多くいるのではないでしょうか。少し工夫すれば雑草対策が素敵な庭作りに繋がります。

本記事では、雑草対策の方法やその材料から、実際に庭をリフォームしたらどのようになるかという点までを細かく紹介します。本記事を参考に生い茂った雑草対策をして素敵な庭造りを行いましょう。

DIYも活用!おしゃれに庭の雑草対策をしている事例集10選

①タイル

庭の一部にだけタイルを使用して特別な空間を演出することができます。タイルを全面に貼るのと違い、ガーデニングなどを強調する役目を担うので、庭の中にもメリハリを付けることができます。タイル部分とそうでない部分のコントラストも楽しむことができ、飽きない庭を作ることができるでしょう。全面に貼る場合と比べてコストも抑えることができるのでおすすめです。

②天然石

天然石を使用することで、タイルやレンガなどとはまた違った雰囲気の庭を作ることができます。自然な柔らかさもありながら頼りがいのある重厚感も持ち合わせているため、雰囲気が安定します。艶や色合いも天然石ならではのキラキラした見た目も特徴的です。天気によって見え方が変わるので、晴れた日や雨の日で気分を変えてみることもできます。

③人工芝

人工芝はメンテナンスの手軽さから普段あまり時間を取れないという人にピッタリの雑草対策です。庭を全面人工芝にするのも一つの方法ですが、他の雑草対策と併せて設置することでより庭が賑やかで楽しい空間になるでしょう。色合いとしてもタイルやコンクリートと半分ずつにするなどでそのコントラストも楽しむことができます。

④化粧砂利

砂利を敷くことで、木や植物をより映えさせることができます。砂利は安価で手間もあまり掛からないので低コストで庭全体の雑草対策をすることもできます。庭にコントラストが無く少しさびしいと感じている人にはおすすめの方法です。砂利とガーデニングなどを組み合わせるだけいっきに殺風景な庭がおしゃれに変わります。

⑤レンガ

レンガには時間と共に変化していく独特の味わいがあります。庭にレンガを敷き詰めてレンガの石畳のようにすると、その日から時間の経過とともにその見た目も変わっていきます。まるで自分と同じように歳を取っていくような経年変化は見ている人を飽きさせない魅力があります。ガーデニングなどとの色合いもマッチするため、自分だけのアレンジを探すのも楽しみになります。

⑥グランドカバー

ナチュラルな美しさが好きな人にはこのグランドカバーがおすすめです。庭一面が自然な雰囲気になり、その色鮮やかな草木に心を癒やされることでしょう。季節によっては小さな花が咲いたり、背の高い植物へ成長したりと、一年中飽きない庭造りが可能です。手入れも気分次第で好きな状態を保つことができます。生い茂っているグランドカバーも魅力の一つです。

⑦芝生

青々しい芝生は見ているだけで気持ちをリフレッシュしてくれる不思議な魅力があります。夏と冬では太陽の光を受ける量が変わって見た目も違って見えるのが芝生の良さでもあります。寒い冬は暖かみを感じさせてくれて、暑い夏には涼しい風をイメージさせてくれます。庭一面を芝生で覆うのも素敵ですが、ガーデニングなどを併せて設置することでより趣のある庭へ変身させることも可能です。

⑧ウッドデッキ

ウッドデッキを設置することで裸足のまま全窓から外へ出ることができます。そのおかげで普段は中々出ない庭にも簡単に出やすくなります。縁側のようにウッドデッキでくつろぐことも可能なので春先や秋などの涼しい季節には大変重宝します。夏は花火などをして楽しむのにも使用できるため、一年中ウッドデッキで家族との時間を過ごすことができるでしょう。

⑨土間コンクリート

庭先に車を駐車している人などは一面土間コンクリート舗装にすることで雑草対策をしている場合があります。何よりも施工が簡単で、コストも安いのが魅力です。またメンテナンスも必要無いので長期的に見ても大変経済的です。しかし土間コンクリート舗装はその見た目から殺風景になりがちなので、その周りを芝生やレンガで彩るなどの工夫が必要です。

⑩アプローチ

庭全体の色が単色であれば、アプローチで色を入れてアクセントを入れることができます。アプローチに使用するのはレンガやブロックだけでなく、タイルや自然石なども使用することができます。庭にどのような雰囲気を追加したいかで好きなものを使用できます。アプローチは庭を歩きやすくすることもできるので、土の庭には大変有効です。

 

庭の雑草対策をおしゃれにする方法6個

【グランドカバーを活用】
グランドカバーとは生命力の強い草花をまんべんなく庭へ植えることで、雑草が成長するためのエネルギーを雑草に与えないという方法になります。どのような草花でもよく、ハーブやクローバーなどの小さな花を咲かせるものなどが好まれます。季節を感じられるような草花や風が香りを運んでくれるようなものは年間を通して楽しめるので多用されます。

クローバー系のグランドカバーを使用すれば普段自生しているものではお目にかかれないような色鮮やかな色彩を楽しむことができます。ピンクやミックスカラーのものまで選ぶことが可能です。葉の数も五つ葉や七つ葉も人気があります。季節の変化にも対応できるので初心者にもおすすめです。クラピアやシバサクラのようにキレイな花を咲かせるものも庭の雰囲気を明るくしてくれます。

【アプローチ(園路)を作成】
アプローチを作成するのに適している庭は、細長くてあまりスペースがない場合です。もしくは玄関口から庭までの間にアプローチを作成することであまり手を加えにくい狭いスペースでもおしゃれに雑草対策をすることができます。アプローチを作ることで地面の露出が減り、雑草が生えても限りなく小さいスペースだけになります。雑草だけではなくゼニゴケ対策にもなるでしょう。

アプローチを作っても露出している土部分が気になるという人は隙間を埋めるために飛び石を敷き詰めると良いでしょう。露出している部分が減ることで雑草対策にもなりますし、見た目もよりおしゃれになります。雨の日に歩きやすく、汚れにくくなるでしょう。飛び石はホームセンターなどで園芸用のものが販売されているので購入すると良いでしょう。

【菜園や花壇】
雑草対策をするために庭に砂利やチップ敷きを庭全体に行うと、庭が殺風景になっていまいがちです。そのようにならないためには菜園や花壇を作ると良いでしょう。菜園や花壇部分を多く取ることで、雑草対策をする面積を少なくすることができます。庭のレイアウトも色鮮やかな花壇と庭を覆う砂利などでうまくコントラストを生み出すことも可能です。

また野菜を育てるのが趣味であるという人には菜園を広く取ることで庭の雑草対策をしながら趣味もできるので一石二鳥となります。おすすめは菜園や花壇は庭の中心に近い部分に作り、その周りを別の雑草対策などを施すというレイアウトです。華やかで人の目を集中させるものを中心に置いたほうがバランスも良くなります。

【テラスを設置】
庭にテラスを設置することも雑草対策の一つの手法となります。テラスを設置するためには床部分を敷石や平板で施工します。そのためその部分は雑草が生えてこなくなります。十分なスペースのある庭の場合、中心にテラスを作るか庭の隅にテラスを作るかで雑草対策をする場所を調整することもできます。菜園などのように手間がかからないので時間があまりないという人にもおすすめです。

庭の表面を覆うタイプの雑草対策では砂利やチップ敷きが簡単で人気がありますが、それらの方法は庭の掃除などに影響がでます。それに比べてテラスを設置する際に行う敷石や平板の場合は掃除もしやすく、歩きやすいというメリットもあります。

【コンクリート舗装】
庭の雑草対策としては施工後の手間もかからず一番シンプルな仕上がりになるのがコンクリート舗装となります。例えば玄関口から裏庭への通路などを完全コンクリート舗装にしてしまえば、雨が降っても歩きやすく、隙間から雑草が生えることもないので大変楽になります。施工後に一切手間がかからないというのが人気の理由です。

最近はコンクリート舗装でも柄付きのものや、表面に色と模様を施すスタンプコンクリートなどを使用することでおしゃれな仕上がりにすることも可能です。見た目も華やかで、駐車場スペースなどに利用することもできます。インターロッキングと呼ばれる、まるで乱形石を敷き詰めたかのような加工をするのもおすすめです。

【防草土】
防草土はいわゆる固まる土で、砂やセメントを混ぜ合わせています。さらさらした砂のような形状で、敷き詰めた後に水をかけると固まります。固まった後は本物の土のような見た目になるので、見た目も庭の雰囲気に合うため違和感なく使えるでしょう。一度固まったらその部分からは雑草が生えてこないので、雑草対策としても大変優秀です。

メリットとしてはコンクリート舗装などと違って自分でDIYすることができます。15kgの防草土が1000円程度から販売されているので、材料費もとても安く済みます。また砂のような形状のため、狭い場所や隙間などにも使用することができます。他の雑草対策と併用しても良いでしょう。しかしコンクリートほど長く持たないため定期的なメンテナンスが必要です。

庭の雑草対策をおしゃれにするために使える材料10個 

タイル

オリジナリティのあるDIYをしたい場合はタイルがおすすめです。様々な色のタイルを自分好みにブロック感覚で組み立てられます。柄や素材もさまざまで、価格帯の幅も広いのが特徴です。予算に合わせたアレンジが可能です。高低差を利用したタイルデッキを作ってくつろげる空間を作るのもおすすめです。

経年劣化しにくいこともあり、庭の水平を維持することなどを目的に使用する人もいます。白いタイルなど、明るい色のものは太陽光をよく反射するので、室内に反射した光が入らないように工夫する必要があります。水を吸わないため広い範囲で施工する場合は雨水を逃がすことも考慮すると良いでしょう。

天然石

天然石の敷石は日本風家屋でも洋風のお家でもマッチします。ナチュラルなイメージに仕上がり、濡れて色が変わるのも天然石の特徴です。濡れて深い色合いになった天然石も情緒があって選ばれる理由となります。形もさまざまなため、購入の際にある程度のレイアウトを考えておく必要があり、通常の庭タイルを敷き詰めていくというのよりは難易度が高めになります。

日本家屋でよく使用される天然石は御影石で、上品で風情のある雰囲気を作り出すことができます。洋風の場合は石灰岩などがよく好まれて使用されます。天然石の敷石は高価なこともあり、白砂利や芝生など他の雑草対策と組み合わせて使われることも多くあります。

人工芝

一度施工したら手間も掛からず長く使えるのが人工芝のメリットです。色の鮮やかな人工芝は庭の景観をフレッシュで明るく彩ってくれます。草丈やカラーもさまざまなものが販売されているため、好みの色合いで選ぶことができます。庭で小さな子どもを遊ばせたいという家庭などでは最適な雑草対策になります。

人工芝を設置する際には下地をしっかりと安定させ、平らにする必要があります。砕石で下地を整え、防草シートを先に敷いてから敷設することでより確実に雑草対策ができるでしょう。下地作りが甘いと、年月とともに地面がへこんでしまったりなど後々手間がかかることもあるので、必ずしっかりと行う必要があります。

化粧砂利

元々庭先を彩るための役割が強かった化粧砂利も、今では雑草対策をメインとして行う人が多くなりました。基本的に化粧砂利を敷く前には防草シートを敷いて、その上を覆い隠すように砂利を敷き詰めます。防草シートが無いと時間の経過とともに砂利が土へ埋まっていき、土が露出することで雑草が生えやすい環境になってしまいます。

化粧砂利で一般的な洋風砂利は様々な色がありカラフルで、庭先を華やかにに彩ることができます。なめらかな質感で見た目も柔らかな印象を与えますが、その上を歩くと砂利が沈みやすく基本的に人が歩かない場所へ使用されることが多いです。人が通らない植栽ゾーンなどに使用することをおすすめします。

玉砂利

玉砂利は化粧砂利と呼ばれるものよりも、大きく丸みを帯びています。基本的には4cm以上のサイズのものを玉砂利と呼びます。白玉砂利や黒玉砂利などがあり、建物の色合いなどに合わせたトータルコーディネートをすることで庭の雰囲気を均整の取れたものにすることができるでしょう。玉砂利の上を歩くと音が鳴るため、防犯対策としても使用されます。

一番一般的な玉砂利は、白玉砂利です。白色の石灰岩を砕き、加工したもの呼び、和洋どのような家にもマッチします。国産の白玉砂利は割れにくく風化しにくいため長く使用することできます。また粉砕した場合も粉に成りにくいので扱いが大変簡単になります。

レンガ

レンガは敷き方次第で高級感のある景観から、風情の感じられる味のあるデザインまで多用な雰囲気を作り出せます。シンプルに揃えることもできるので、人によって仕上がりが大きく変わります。全面に敷き詰めたり、人が歩く場所に通路のように敷いたりと好みに合った敷き方ができます。

雨水を吸って色合いが変わったり、経年劣化によって見た目が変わっていく特徴があります。そのため全く同じ雰囲気ということが無く、個性を出すことができるでしょう。土汚れが付いていたり、苔が生えていたりするというのもレンガの魅力の一つになります。

インターロッキングブロック

インターロッキングブロックはレンガのような見た目ですがコンクリートでできた敷材になります。色やサイズも多様性があり、価格もレンガよりも安いため予算を抑えることができます。庭の面積が広かったり、全体に敷き詰めることをイメージしている人は予算に合わせてレンガと合わせたり、インターロッキングブロックにするなど検討することも可能です。

見た目はレンガのように暖かい風情のあるものから、暖かみのあるベージュなど少し高級感のある見た目のものまで幅広くあります。レンガと同じように経年劣化で色合いが変化したり、割れたりすることもありますので、そういったメンテナンスが必要であることも考慮していなくてはいけないでしょう。

防草シート

防草シートを設置することで雑草が光合成をすることができなくなって育ちにくく生えにくくすることができます。通常のビニール袋とは違い、水を通すため雨が降ってもシートの上に水たまりができてしまうことがありません。適度な厚みもあるため経年劣化もしにくく、数年間は手入れいらずで雑草の対策をすることが可能です。

メリットとしては、コンクリートなどの施工に比べて遥かに簡単で安価で行うことができます。土に手を加えることもなく、上からシートを張るだけなので、気が変わったりプランが変わったらすぐに外して別の用途でその部分を使用することも可能です。化粧砂利などと合わせて使用することで完璧な雑草対策と庭のアレンジもすることができます。

芝生

生きた芝を庭一面に植えることで雑草が生えてくることを防ぐことができます。芝生にもさまざまな種類があり、色合いも全て違ってきます。庭の雰囲気に合った芝を植えて緑溢れる爽やかな雰囲気を作りましょう。生の芝生には人工芝には無い暖かみと柔らかみがあります。小さな子どもを遊ばせるのに最適な庭造りを芝生ですることができます。

芝生を植えることは雑草対策として有効ではありますが、その美しい芝生を維持するためにはある意味雑草の管理と同等の手間をかける必要があります。芝生を定期的に刈り込んだり、隙間から生えてくる雑草を処理することは欠かせないので、芝生を植える際にはそういったメンテナンスに関しても考慮して行う必要があります。

ウッドデッキ

ウッドデッキは庭で家族団らんを過ごすために最適なアイデアであり、同時に雑草対策をすることが可能です。ウッドデッキは高さの調節が可能なので、全窓などから庭へアクセスがしやすくなります。今まで雑草だらけになっていた庭の一部をウッドデッキにしたり、あまり広くない庭であれば全面ウッドデッキにするのも人気があります。

ウッドデッキは雑草が生えていても隠すことができることもありますが、一番良いのはウッドデッキの下を化粧砂利などで覆ってしまうことになります。そうすることで見えない部分も雑草で生い茂ってしまうことを防ぎます。ウッドデッキを活用して庭先にテラスを作るなどして生活を充実させると良いでしょう。

庭の雑草対策を失敗しないためのポイント

【耐久性・経年劣化】
一番やってしまいがちの失敗は、雑草対策の施工を安価で済ませようとして簡単で安価な対策を行うと経年劣化をしてしまって長い期間使用できなくなってしまいます。耐久性が高く、長期間継続して使用可能なものを選びましょう。

【掃除のしやすさ】
庭の雑草対策を行っても、その後掃除がしにくくて汚れや枯れ葉などを掃除できずに汚れ果ててしまっては本末転倒になります。庭の手入れのしやすさも考慮して施工を行う必要があります。実際に施工後にどのように庭の手入れをしていけるかということをしっかり考えて自分の状況に最適な雑草対策を行いましょう。

【撥水性】
庭での撥水性は大変重要になります。例えばBBQやプール遊びを庭でした場合、撥水性がないと不衛生で良くありません。そのため上記のようなアクティビティを庭で行う場合にはタイルなどの撥水性が高い雑草対策をするようにしましょう。

庭の雑草対策をおしゃれにする時の費用相場

ある程度の広さがある庭をリフォームしようとした場合、業者に頼むのが一番確実です。その場合、どのような対策をするかで大きく費用相場が変わってきます。

【費用:50万円以内】
50万円以内で可能な雑草対策といえば、庭の広さにもよりますが砂利敷きや芝生貼り付けリフォームなどになります。これらは下地もしっかりと施工する必要がありますが、大体1平米3000円程度から費用がかかります。人工芝を貼り付ける場合は芝生の二倍程度費用がかかりますので注意が必要です。レンガやタイルなどの施工費用もこの程度です。

【費用:50万円以上100万円以内】
50万円以上100万円以内に収まる程度の雑草対策としては、ウッドデッキの取り付けや庭全体を庭園のように整備する施工を行った場合になります。大掛かりな施工が必要なことに加え、沢山の材料と下地などの準備が必要になります。その分仕上がりは美しくおしゃれになるでしょう。

まとめ

雑草対策はただ雑草が生えないように予防するだけではなく、庭を自分好みのデザインにすることができます。本記事では雑草対策で使用可能な方法と、実際におしゃれに仕上げた庭を紹介しました。本記事の雑草対策のアイデアを参考に自分だけの素敵な庭造りをしてみましょう。

【PR】満足度98%!お庭のお手入れお任せください!<日本全国対応>

お庭のお手入れでお困りですか?お庭の剪定・伐採・草刈などのお困りごとにはこちらのサービスがオススメです。

お見積り無料で、あらゆるお庭のお手入れの悩みに対応してくれます。請負賠償責任保険加入で、もしもの時も安心です。お庭に関する悩みを解決しませんか?

“お庭110番"

\日本全国 対応可能/

お庭のお悩み解決します!

 

  • ◆実績多数の上場企業
  • ◆現地ご相談・お見積り無料!
  • ◆お見積り後のキャンセルOK
  • ◆24時間365日受付中

 

 

関連するキーワード


DIY

関連する投稿


台風の時の窓ガラス対策7個!ダンボールやネットを使って窓を守る

台風の時の窓ガラス対策7個!ダンボールやネットを使って窓を守る

台風の強い雨風の影響で、窓ガラスが割れる被害が起こることがあるため注意が必要です。そこで、台風の窓ガラス対策方法を紹介します。窓ガラスが割れると室内に雨風が入り自宅内の物や建物に影響を及ぼすうえに、怪我をする危険もあるため窓を守る対策をしましょう。


隙間風の効果的な対策方法7個!おすすめグッズもご紹介

隙間風の効果的な対策方法7個!おすすめグッズもご紹介

寒い冬に隙間風が気になってなかなか落ち着けないという人も多くいるのではないでしょうか。隙間風対策は方法が分かればとても簡単に実行が可能です。本記事では隙間風の原因から対策方法までを詳しく紹介します。本記事を参考に自分にピッタリな対策を実行に移しましょう。


剥がれた壁紙の補修する方法6ステップ!予防法やおすすめアイテムも

剥がれた壁紙の補修する方法6ステップ!予防法やおすすめアイテムも

剥がれた壁紙を放置していると、状態が悪化してコストがかかり、補修作業も大変になります。剥がれた壁紙は早く補修するのが1番です。今回は、壁紙の補修方法や、のりやボンドなどのオススメの補修アイテムなどをチェックしましょう。


賃貸の壁紙を変えたい!おすすめDIY方法4個・はがせる壁紙?

賃貸の壁紙を変えたい!おすすめDIY方法4個・はがせる壁紙?

賃貸に住んでいる人は壁紙の張り替えができないと思っている人は多くいるのではないでしょうか。本記事では賃貸で壁紙を張り替えるために必要な条件から、実際に可能な壁紙変更の方法を丁寧に紹介します。本記事を参考に自分の部屋を楽しく模様替えしましょう。


最新の投稿


靴の臭い消し方法10個。スプレーや重曹や粉を使って消臭しよう!

靴の臭い消し方法10個。スプレーや重曹や粉を使って消臭しよう!

靴の臭い消しスプレーなどを使っていますか?靴が臭うことを自覚している方は、様々な方法の臭い消しを実践している方も少なくありません。靴が臭う原因や臭いの消し方を知って、靴の臭いを根本から改善しましょう。


墨汁の落とし方を詳しく解説。服・上履き・壁床タイル・手に有効な方法

墨汁の落とし方を詳しく解説。服・上履き・壁床タイル・手に有効な方法

お子さんの服や上履き、壁や床などに付いた墨汁は落ちないと諦めていませんか?墨汁の落とし方がわかれば自分でもキレイにすることができます。墨汁が付いた時の落とし方をチェックして、黒いシミを攻略しましょう。


ベタつくフローリングの掃除方法!原因は?洗剤はセスキ・重曹など

ベタつくフローリングの掃除方法!原因は?洗剤はセスキ・重曹など

ベタベタしたフローリングは不快に感じる方も思いでしょう。フローリングのベタつきは、正しいやり方で落とすとサラサラの床になります。今回は、フローリングのベタベタを解消する掃除方法などをみていきましょう。


東京都内の解体工事業者おすすめ10選  口コミと料金相場一覧比較

東京都内の解体工事業者おすすめ10選 口コミと料金相場一覧比較

解体工事業者の選び方を悩むかは必見。選ぶ際に何を気をつければ良いか、どのように選べばいいのか、そして実際におすすめな東京の解体工事業者を10社紹介します。人生で何度も依頼するわけでは無いので、しっかりと慎重に選べるよう準備しましょう。


東京都の不用品回収業者おすすめ25選!料金比較一覧付き

東京都の不用品回収業者おすすめ25選!料金比較一覧付き

東京都でわたしたちが普通に生活を送っていれば、必ず出てくる「不用品」。不用品の処分に困ったら、不用品回収業者に依頼をしてみてはいかがでしょうか。あなたのニーズにぴったり合う不用品回収業者を選ぶことで、不用品を便利でお得に処分をすることができますよ。


 

 

ビジネスパートナー募集