暮らしのお悩み解決サイト

ムートンの洗濯方法!洗剤はエマール?洗濯機で洗える?

ムートンやフェイクムートンは、自宅で洗濯できることをご存知でしょうか?洗濯方法がわかればシミや汚れが気になった時、自宅でいつでも洗うことができます。今回は、お手入れ方法などをチェックしていきましょう。


ムートンを使ったアイテムと言えば、UGGのブーツが有名で持っている方もいるでしょう。街中でUGGのムートンブーツを履いている方を見ると、シミや汚れが目立つ方もいます。ムートンを使ったアイテムはいくつかありますが、特にブーツは汚れやすいです。

ムートンはクリーニングに出すもので、自分で洗濯することができないと思っていませんか?実はムートンは自分で洗濯することができます!ムートンの本場オーストラリアでは1年中使っている家庭が多く、自分で洗濯することは当たり前です。

そこで今回は、ムートンの洗濯方法や日頃のお手入れ方法などをご紹介していきます。ムートンを洗濯してシミや汚れを落とし、本来の姿を取り戻しましょう。

ムートンの特徴

ムートンとは羊の毛皮のことで使えば使うほど馴染んでいきます。では、ムートンの特徴を4つ見ていきましょう。

1.【湿気を吸って逃がす】
湿気を吸収して空気の力で湿気を逃がすため、サラサラしているのが特徴です。

2.【フワフワ触感】
毛の繊維はスプリング状でフワフワしています。

3.【水が染み込みにくく燃え広がらない】
水分が染み込みにくく火も燃え広がることはありません。表皮は水が触れると弾き、羊の毛は燃えたとしても黒いコブができるだけです。

4.【保温効果に優れている】
保温効果があり冬でも快適に過ごすことができます。ムートンが温かい理由は、毛の間に空気の層を作り外気が触れにくいからです。

ムートンを洗濯するときに使える洗剤と道具

基本的にムートンは、エマール(衣類用の中性洗剤)で洗濯をしましょう。エマールは、ムートンの汚れを優しく落とし風合いを損ねる心配がありません。手洗いでムートンを洗濯する時や水溶性の汚れを落とす時は、頭髪用のシャンプーを使うこともできます。

【必ず必要な道具】
・スリッカーブラシ(犬用やムートン用など)、洋服ブラシ、馬毛ブラシなど
・洗濯ネット

ムートンは洗濯の前後、ブラッシングが必要でアイテムに合わせてブラシを使い分けましょう。また、シミを落とす時は馬毛ブラシを使います。洗濯ネットは型崩れを防ぎ、排水溝にムートンの毛が詰まらないようにするためです。

【乾かす時に使う道具】
・洗濯ばさみ(手袋、ラグ、シーツに使う)
・平干しネット(ジャケットに使う)
・洗濯カゴやイス(なくてもOK)

【シミを落とす時は用意する】
・バケツやタライなど
・スポンジやタオル

【ブーツを洗濯する時は用意する】
・色移りしてもいいバスタオル
・新聞紙やキッチンペーパー

ブーツは洗濯をすると色落ちするため、汚れてもいいバスタオルを使います。また、型崩れを防ぎながらできるだけ早く乾かすために、新聞紙やキッチンペーパーを使いましょう。

ムートンの洗濯方法【洗濯機】

ムートンやフェイクムートンを洗濯機で洗うやり方を、アイテム別に見ていきましょう。なお、フェイクムートンの洗濯方法はムートンと同じです。

手袋

1.)手袋を手ではたくか、洋服ブラシでホコリやゴミを取り除きましょう(毛足はスリッカーブラシ)。シミは予洗いするため、ぬるま湯で薄めたエマールをスポンジやタオルに染み込ませて、シミ部分を軽く叩きましょう。


2.)手袋を洗濯ネットに入れて、おしゃれ着洗いコースや手洗いコースで洗濯をします。脱水後はすぐに取り出して手で絞りましょう。次に、形を整えてから洗濯ピンチでとめて、風通しがいい場所で陰干しします。完全に乾かしてからブラッシングして毛並みを整えてください。

ラグ・シーツ

1.)スリッカーブラシでホコリやゴミを取り除きます。シミはぬるま湯で薄めたエマールをスポンジやタオルに染み込ませて、シミ部分を軽く叩きましょう。次に、ラグを洗濯ネットへ入れて、おしゃれ着コースや手洗いコースで洗濯します。


2.)脱水後はすぐに取り出して手で絞り、形を整えてから洗濯竿にかけて洗濯ピンチでとめましょう(洗濯カゴやイスにかけてもOKです)。風通しがいい場所で陰干しして、時々裏と表をひっくり返し、完全に乾いたらブラシで毛並みを整えます。

ブーツ

1.)馬毛ブラシでホコリやゴミを取り除きます。シミがある場合は、ぬるま湯で薄めたエマールをバケツやタライなどに作ってから、ブーツを入れて全体的に濡らしましょう。


2.)シミを馬ブラシで優しく擦りできる限り落とします。ブーツを洗濯ネットに入れて、おしゃれ着コースや手洗いコースで洗濯しましょう。


3.)脱水後はすぐに取り出して手で絞り、バスタオルで包みながら水分を吸収させます。ブーツの形を整えて丸めた新聞紙やキッチンペーパーを入れましょう。風通しがいい場所で陰干しして、完全に乾いたら馬毛ブラシで毛並みを整えてください。

ジャケット

1.)毛足はスリッカーブラシ、他の部分は洋服ブラシでホコリやゴミを取り除きます。シミはぬるま湯で薄めたエマールを、スポンジやタオルに染み込ませてシミ部分を軽く叩きましょう。ジャケットを洗濯ネットに入れて、おしゃれ着洗いコースや手洗いコースで洗濯をします。


2.)脱水後はすぐに取り出して手で絞り、形を整えたら平干しネットに置いて風通しがいい場所で陰干ししましょう。時々裏と表を変えながら完全に乾かし、ブラッシングして毛並みを整えます。

ムートンの洗濯方法【手洗い】

ムートンを手洗いする方法を見ていきましょう。できるだけムートンに負担をかけないで洗濯したい方や、ムートンを丁寧に洗濯したい方は手洗いがおすすめです。ただし、色ムラを防いで早く乾かすために、すすぎと脱水は洗濯機を使います。

1.)毛足はスリッカーブラシ、他の部分は洋服ブラシか馬毛ブラシでホコリやゴミを取り除きましょう。バケツやタライなどに、ぬるま湯とエマールを入れてエマール液を作ります。


2.)エマール液にムートンをしずめて洗剤を浸透させたら、馬毛ブラシで優しく擦りましょう。シミもブラシで擦りできる限り落としていきます。汚れやシミがひどい場合は、約10分浸け置きしてから馬毛ブラシで擦ってください。


3.)泡がなくるまでよくすすいだら洗濯機へ入れて数分すすぎます。脱水は洗濯機で1分だけ行い、水分が気になる方は手で絞った後にタオルドライしましょう。形を整えたら、風通しがいい場所で陰干しして完全に乾かします。

ムートンの日頃のお手入れ方法

【PR】ハウスクリーニングやエアコン掃除はプロに依頼しませんか

清潔な住まいで健康で快適な暮らしを!キッチンの頑固な油汚れ、時間と労力を費やす水回りの清掃、エアコンのクリーニングなど普段なかなか手がつけられない掃除なら、掃除のプロが見つかるこちらのサービスがオススメです。

ハウスクリーニング業者登録数、日本最大級!かんたん・お得な見積もり体験を、ミツモアで。

ミツモア_クリーニング

\依頼者430,000人突破/

24時間依頼可能!0円で依頼し放題

 

  • ▼カンタン2分の操作で依頼完了!
  • ▼最大5名のプロから見積もりが届く。
  • ▼無料チャットで条件や料金を調整!
  • ※依頼完了後、いつでもキャンセル可能です
  • ※しつこい営業はありません

関連するキーワード


洗濯テクニック

関連する投稿


野球のユニフォームは石鹸&洗剤のダブル使いがおすすめ!人気洗剤も紹介

野球のユニフォームは石鹸&洗剤のダブル使いがおすすめ!人気洗剤も紹介

野球のユニフォームは泥や汗が落ちにくいもの。本記事では、おすすめの洗濯方法や洗剤を解説していきます。


服についた油性ペン汚れの落とし方!最強の塗布放置洗浄についても解説

服についた油性ペン汚れの落とし方!最強の塗布放置洗浄についても解説

服に油性ペン汚れが付いてしまったという経験がある人も多くいるでしょう。こちらの記事では油性ペン汚れの最適な落とし方を詳しく紹介します。


バスタオルの臭い取り簡単な方法ランキング5選!面倒くさがりなズボラさん必見

バスタオルの臭い取り簡単な方法ランキング5選!面倒くさがりなズボラさん必見

バスタオルのイヤな臭いを取る簡単な方法をランキング形式でご紹介します。手軽に臭いを取る方法を知りたい方はぜひご覧ください。


服のチョコの落とし方は?洗剤・クレンジングオイル・ベンジンなどでOK!

服のチョコの落とし方は?洗剤・クレンジングオイル・ベンジンなどでOK!

服についたチョコは、油汚れの一種なので落としづらいです。本記事では、日用品を使った落とし方やおすすめの洗剤を解説していきます。


羽毛布団をコインランドリーで洗う手順&失敗しないための7つのコツを紹介

羽毛布団をコインランドリーで洗う手順&失敗しないための7つのコツを紹介

羽毛布団の洗濯にはコインランドリーが便利です。本記事では、コインランドリーでの洗濯の方法や失敗しないための7つのコツについて解説します。


 

ビジネスパートナー募集