暮らしのお悩み解決サイト

一人暮らしの費用を計算するポイント4つ。内訳や引越料金相場一覧も!

一人暮らしをしてみたいけど、引っ越しや初期費用にいくら位かかるのか? 平均的な値段はどのくらいなのかを、「家賃」「引っ越し」「生活必需品」「生活費」の4点にポイントを絞って解説しています。また、なるべく安く一人暮らしをスタートさせるコツについても説明しています。


大学入学や、就職をきっかけに、実家を出たいと思っている人も多いことでしょう。誰にも束縛されない自由な時間の過ごし方は、誰もが一度は憧れます。
しかし、一人暮らしをすると貯金ができないとか、最初に費用がかかるからお金をためてからでないと一人暮らしは難しいとか、色々な話を聞いてしまうと、なかなか一人暮らしに踏み込む勇気が出て来ないかもしれません。

一人暮らしの費用を計算する4つのポイント

計画的に引っ越しの予定を立てれば、一人暮らしもあまり出費がかからずスタートすることができます。一人暮らしにかかるお金を計算するには、4つのポイントがあります。


1 家賃
2 引っ越し
3 最初に購入する生活必需品
4 毎月の生活費


それではそれぞれ見ていきましょう。

1 一人暮らしで家賃費用はいくらかかる?

一人暮らしといって最初に思いつくのが「家賃」です。20年ほど前までは、家賃は収入の三分の一程度が理想的と言われていましたが、現在では三分の一では苦しいようです。
昔と比べてインターネットなどの通信費もかかるようになりましたし、外食代、飲み会、趣味といった出費を考えると、なるべく低く抑えたいところです。

宅建協会のアンケート調査によると、家賃が収入の二割までに抑えられている人は、生活しやすいと感じているようです。快適とまでは言えないけれども、うまく暮らして行くことができるのは収入の25%でした。

《1部屋の家賃》
1部屋の家賃はデータ(全国賃貸管理ビジネス協会2017年2月調べ)によると、
全国平均は48,681円でした。
1番安い県は群馬県で38,311円。
1番高いのが東京都の67,016円です。

《2部屋の家賃》
2部屋の場合、全国平均は58,347円でした。
1番安い県は鳥取県で48,477円。
1番高いのが東京都の86,418円でした。

やはり東京都は1部屋の場合も2部屋の場合も、他の都道府県よりも1万円以上高いようです。


 敷金礼金について 
家を借りる時に必要なのが、敷金や礼金、仲介手数料といった費用です。
不動産会社や、地域によって異なりますが一般的には以下のような費用がかかります。

・敷金:家賃の1〜2ヶ月分
・礼金:家賃の1〜2ヶ月分
・家賃の前払:家賃の1〜2ヶ月分程度
・仲介手数料:家賃の1ヶ月分程度

また上記の他に、大家や不動産会社によっては以下の費用がかかる場合があります。
・火災保険:10,000円から15,000円程度
・家賃保証:家賃の1ヶ月分
・管理費、共益費:数千円〜2万円程度

一般的に関西では敷金が高めに設定されています。
また、最近人気の敷金や礼金が「ゼロ」の物件ですが、周囲の相場をよく調べてから借りるようにしましょう。

敷金や礼金が無いと得をしたように感じますが、家賃が高めに設定されている場合があります。周辺のアパートやマンションと比較すると家賃が割高な分、敷金や礼金が無いのです。

初期費用だけでなく、少なくとも半年から数年は住み続ける場所になるので、よく計算してから借りるようにしましょう。

2 一人暮らしの引っ越しを安い費用にするコツ4つ

①いつの時期ならお得に安い費用で一人暮らしの引越ができる?

引っ越しの費用は業者によって倍以上異なります。一般的に、早めに予約すればするほど値段は安くできます。もし引っ越す時期を選べるのであれば、3月前後の引っ越しシーズンは割高になるので避けたほうが良いでしょう。

また、2月から4月にかけては、引っ越し業者が一年間で一番忙しいシーズンになるので、自分が希望する引っ越し日に予約ができないかもしれません。見積もりだけでも早めにとっておきましょう。また、見積もりは最低でも3社からとるようにしましょう。

②引越業者による金額・費用の違い

一人暮らしの引っ越しの料金を業者別に見てみましょう。
2012年12月から2017年2月のデータを元に、同じ市町村の中で引っ越した、荷物の少ないケースの場合を想定してみましょう。

 業者名  金額(円)
 アーク引越しセンター  23,760〜32,000円
 アート引っ越しセンター  21,000〜27,000円
 アリさんマークの引越社   23,000〜29,200円
 サカイ引越センター  24,130〜27,125円 

これは一例ですのでかならずしも同じとは限りませんが、大手の業者さんでもこの程度の開きがあります。早めに見積もりをとるのが安く上げるコツです。最初に1社で決めてしまわないで、必ず数社から値段を聞くようにしましょう。


 無理に契約をせまるケース 
また色々な方の体験談を見る限り、有名でない業者の中には”無理やり契約をせまるケース”もあるようです。そういった場合はこちらも通常の半値以下の額でないと契約しない等、簡単には契約しない姿勢を見せることが大切です。

③引越荷物の多さによっても値段・費用が違う

一人暮らしの引っ越しにかかる料金ですが、運ぶ荷物の量によっても変わってきます。

5月から2月上旬までの引っ越しオフシーズンの場合、一人暮らしの引っ越しの費用は全国平均で、荷物の少ない人で27,000円、荷物の多い人で32,480円です。

2月中旬から3月、4月の引っ越しの繁忙期は、全国平均で荷物の少ない人の場合36,000円、荷物の多い人で50,000円というデータが出ています。

④引越は運ぶ距離で値段・費用が変わる

また、距離によっても値段が変わります。また時期をずらす事でやはり金額に差がある事もわかります。

 移動距離  繁忙期(3月前後)  繁忙期以外
 20km以内   57,610円  37,805円
 50km以内   59,774円  43,545円
 100km以内   78,000円  56,775円
 200km以内   82,177円  60,542円

3 一人暮らしの生活必需品11つ!費用は?

一人暮らしで最初に必要な家具や電化製品の総額は、平均で15〜25万円程度と言われています。家を借りたら、次は家具や電化製品の計画を立てましょう。

①ベッドの費用

【PR】単身引越しやオフィス移転も信頼できる業者に依頼しませんか

店舗移転から自宅の引越し、大きな家具の移動など引越し業者を探しましょう。「引越しの準備から相談に乗ってくれる業者が見つかるかしら?」「ピアノの移動にはいくらくらかかるの?」そんなときこそ、信頼できる引越し業者が見つかるこちらのサービスがオススメです。

引越し業者登録数、日本最大級!かんたん・お得な見積もり体験を、ミツモアで。

ミツモア_引越し

\依頼者430,000人突破/

24時間依頼可能!0円で依頼し放題

 

  • ▼カンタン2分の操作で依頼完了!
  • ▼最大5名のプロから見積もりが届く。
  • ▼無料チャットで条件や料金を調整!
  • ※依頼完了後、いつでもキャンセル可能です
  • ※しつこい営業はありません

関連するキーワード


引越し費用 単身引越し

関連する投稿


引っ越し手伝いのお礼金額は?家族・便利屋・業者・友人・会社関係

引っ越し手伝いのお礼金額は?家族・便利屋・業者・友人・会社関係

引越しのお手伝いをしてもらったら、そのお礼をするのがマナーです。引越しのお手伝いにおけるお礼の金額の相場や、人間関係を壊さないための注意点などについて知識をつけ、相手の方に気持ち良く引越しのお手伝いをしてもらいましょう。


引越し前の掃除のやり方を場所別6ヶ所!タイミング・敷金・ベランダ

引越し前の掃除のやり方を場所別6ヶ所!タイミング・敷金・ベランダ

引越しをする際には、必ず大掃除をしなければなりません。引越しの前の掃除方法によって、敷金の返金額も左右されるためです。そこで、引越しの掃除のやり方を場所別に6個紹介します。また、敷金の返金に関してもチェックしておきましょう。


引越しが安いのは何月?安くする6つのコツ

引越しが安いのは何月?安くする6つのコツ

引越しが安くなるのは何月なのかを調査しています。曜日や時間帯を変えれば、値下げができるのかどうかも調べてみました。繁忙期と通常期では引越しの金額は倍近く違うので、費用を1円でも安くするコツもアドバイスしています。


仏壇の引っ越しが自分で安くできる7ステップ

仏壇の引っ越しが自分で安くできる7ステップ

仏壇の引越し方法や金額について、まとめています。必ず行わなくてはいけない「魂抜き」「魂入れ」の費用、仏壇全体を処分する「お焚上げ」についても説明しているほか、移動を自分であるいは引越し業者、仏具業者に頼む方法なども解説しています。


引越し祝いのお返し6選と返礼品のポイント8つ。のしは必要?

引越し祝いのお返し6選と返礼品のポイント8つ。のしは必要?

引越し祝いのお返しは、引越し作業がひと段落ついたらやっておきたいことのひとつ。引越し祝いのお返しには適したタイミングとマナーがあります。気にかけてくださった周囲の方々に感謝の気持ちを込めて、相手の方に喜ばれる引越し祝いのお返しをしてみませんか?


 

ビジネスパートナー募集