暮らしのお悩み解決サイト

ネックレスのサビ取り術6選!重曹やお酢・中性洗剤を使い分けよう

ネックレスのサビ取り術6選!重曹やお酢・中性洗剤を使い分けよう

本記事では、ネックレスのサビ取りの方法を解説しています。おすすめの市販クリーナー紹介もありますよ。


ネックレスは汗・皮脂や化粧品の付着、空気による酸化が原因でサビることがあるのが悩みの種。本記事では、そんなネックレスのサビを落とす方法を解説していきます。

【ネックレスのサビ取りの方法】
・重曹+熱湯+アルミホイルで落とす
・重曹+水で落とす
・塩+水+アルミホイルでサビを落とす
・お酢+お湯でサビを落とす
・中性洗剤とぬるま湯でサビを落とす
・歯磨き粉でサビを削る
・専用クリーナーでサビを落とす

【ネックレスのサビ防止のお手入れ方法】
・ネックレスのサビを予防する方法
・ネックレスの使用後にはふき取る
・お風呂・キッチンでは外す
・保管場所に気を使う

サビを防止する方法も解説しているので、ぜひご覧ください。

ネックレスのサビ取りの注意点
ネックレスの素材別のサビ取り注意点

サビができるネックレスの素材は、ゴールド・シルバー・銅・プラチナ・チタン・ステンレスに分類できます。

ゴールド自体はサビに強いのですが、ネックレスにはシルバーや銅も混じっているので、サビることがあります。

ステンレスはサビにくいので、お手入れがしやすいです。

【素材別のおすすめのサビ取りアイテム】
ゴールド・プラチナ・メッキ:中性洗剤
シルバー:重曹・塩
銅:重曹・お酢
ステンレス:重曹・お酢・歯磨き粉

サビ以外の汚れにも強いのは、中性洗剤。優しく洗う分には、どの素材にもおすすめできます。

お酢もサビ取りに効果的ですが、くすみもとってしまうのでアンティークなアイテムには不向きです。

歯磨き粉で研磨することでもサビが落ちますが、ゴールドやメッキは傷つきやすいのでNG。歯ブラシの毛先は柔らかいものを使うのがポイントです。

重曹も汚れやサビが良く落ちますが、研磨作用があるので、歯磨き粉と同じくデリケートな素材には使わないでください。

ネックレスのサビ取り方法1
重曹でサビを落とす

万能クリーナーとして有名な重曹は、サビ取りにも使えます。

研磨作用があるので、傷に弱いゴールドやメッキなどにはおすすめしません。いぶし加工されたシルバーもNGです。

肌が弱い方は、ゴム手袋で作業しましょう。

重曹でのサビ取りの手順1
重曹+熱湯+アルミホイルでサビを落とす

重曹は熱を加えると洗浄力がアップするので、熱湯と組み合わせるのがおすすめ。

アルミホイルと組み合わせると、還元反応という仕組みでよくサビが落ちます。

【重曹+熱湯でサビを落とす手順】
1:耐熱容器に切り取ったアルミホイルを敷く
2:アルミホイルの上にネックレスを置く
3:ネックレスの上に重曹をふりかける(大さじ1が目安)
4:熱湯を入れて5分ほど放置
5:水で重曹を洗い流す
6:柔らかい布で水気をふき取る

アクセサリーがサビで黒ずんでしまった時に効果的な方法です。

ステンレス・シルバー(いぶし加工有はNG)・銅などにおすすめです。

重曹でのサビ取りの手順2
重曹+水でサビを落とす

銅や真鍮製のネックレスにできやすい青いサビ・黒ずみは重曹で磨くとよく落ちます。

重曹2:水1の割合で重曹ペーストを作り、サビをぬぐい取りましょう。

【重曹・水でサビを落とす手順】
1:重曹2:水1をかきまぜて重曹ペーストを作る
2:綿棒に重曹ペースをつけてネックレスを磨く
3:ネックレスについた重曹を水で流す
4:柔らかい布で水気をふき取る

この方法は重曹の研磨作用を利用しています。

ステンレスやシルバー(いぶし加工有はNG)は問題がないですが、ゴールドやメッキは傷がつきやすいのでやめておきましょう。

ネックレスのサビ取り方法2
塩+水+アルミホイルでサビを落とす

どの家庭でもある塩も、サビを落とすのに有効です。アルミホイルと組み合わせるとよく落ちます。

【塩+水でサビを落とす手順】
1:耐熱容器に切り取ったアルミホイルを敷く
2:アルミホイルの上にネックレスを置く
3:ネックレスが浸る程度の水を入れる
4:水5:塩1の割合になるように塩を入れる
5:水が沸騰してから1分程度煮込む
6:水で塩を洗い流す
7:柔らかい布で水気をふき取る

ステンレスシルバーにおすすめの方法です。ただし、いぶし加工がある素材やメッキは剥げやすいので、この方法はやめましょう。

ネックレスのサビ取り方法3
お酢+お湯でサビを落とす

ステンレスのネックレスなら、お湯で薄めたお酢につけておくのがおすすめ。

くすみまですっきりととれてしまうので、アンティークな質感のアクセサリーには不向きです。

真珠やサンゴ、天然石を使ったアクセサリーも酸性に弱いのでやめましょう。

【お酢+お湯でサビを落とす手順】
1:沸騰したお湯にお酢を入れてかきまぜる(1リットルに対してお酢を100g)
2:サビがとれるまでネックレスを入れて放置する
3:中性洗剤で酢を洗い流す
4:柔らかい布で水気をふき取る

お酢につける時間が長すぎるとネックレスが痛むので、サビが落ちているかどうか観察しておきましょう。

お酢が残ったままだと金属が痛むので、中性洗剤で洗い流すことも大切です。

ネックレスのサビ取り方法4
中性洗剤とぬるま湯でサビを落とす

ゴールドプラチナメッキなどの傷つきやすい素材は中性洗剤でサビを落とすのがおすすめ。

皮脂や汗の汚れなどもよく落ちます。

【中性洗剤とぬるま湯でサビを落とす手順】
1:ぬるま湯と中性洗剤を容器の中で混ぜる
2:ネックレスを入れて20分ほど放置する
3:水で中性洗剤を洗い流す
4:柔らかい布で水気をふき取る

薄めた中性洗剤につけただけではサビが取れない場合は、水ですすぐ前に綿棒でサビをこすってください。

歯ブラシの方がよく落ちますが、メッキが剥げるリスクもあります。使い古した柔らかい歯ブラシを使いましょう。

ネックレスのサビ取り方法5
歯磨き粉でサビを削る

ステンレスのネックレスについたサビなら、歯磨き粉で落とすのもおすすめ。塩が入っていると傷つきやすいので、成分を確認してから使ってください。

歯磨き粉には研磨作用があるので、ゴールドやメッキ加工などのデリケートなものには不向きです。

【歯磨き粉でサビを落とす手順】
1:サビ部分に歯磨き粉を少量塗る
2:サビ部分をティッシュ・古歯ブラシで磨く
3:歯磨き粉を拭き取る
4:水で洗い流す
5:柔らかい布で水気をふき取る

歯磨き粉は金属を傷つけやすい成分も入っているので、やさしく柔らかいものでこすりましょう。

チェーン部分など見えにくい場所で試してから使うと安心です。

ネックレスのサビ取り方法6
クリーナーでサビを落とす

ネックレスに傷がつくのが心配ならば、専用のクリーナーがおすすめ。

磨いてサビを落とすクロスとつけ置き洗いに使う液剤タイプがあります。

「硫酸なし」と表記があるものなら、アクセサリーにつかっても安心です。

ここでは、ネットで評価が高い商品を紹介していきます。

ネックレスにおすすめのサビ取りクリーナー1
Town Talk シルバースパークル・ミニ

ブラシとピンセットもついたシルバークリーナーです。専用のクロスで拭き取れば、ネックレスがキレイになります。

商品詳細はこちら

ネックレスにおすすめのサビ取りクリーナー2
ジュエリークリーナー液 【ゴールド用 】

【PR】ハウスクリーニングやエアコン掃除はプロに依頼しませんか

清潔な住まいで健康で快適な暮らしを!キッチンの頑固な油汚れ、時間と労力を費やす水回りの清掃、エアコンのクリーニングなど普段なかなか手がつけられない掃除なら、掃除のプロが見つかるこちらのサービスがオススメです。

ハウスクリーニング業者登録数、日本最大級!かんたん・お得な見積もり体験を、ミツモアで。

ミツモア_クリーニング

\依頼者430,000人突破/

24時間依頼可能!0円で依頼し放題

 

  • ▼カンタン2分の操作で依頼完了!
  • ▼最大5名のプロから見積もりが届く。
  • ▼無料チャットで条件や料金を調整!
  • ※依頼完了後、いつでもキャンセル可能です
  • ※しつこい営業はありません

関連するキーワード


掃除テクニック

関連する投稿


シンクの傷を目立たなくする方法&傷防止グッズ5選|人造大理石シンクの傷消し研磨も

シンクの傷を目立たなくする方法&傷防止グッズ5選|人造大理石シンクの傷消し研磨も

シンクの傷を目立たなくする方法を紹介!ステンレスシンクの場合のほか、人造大理石シンクの傷を研磨して消す方法も見ていきます。傷防止のおすすめグッズもチェックできるのでぜひ参考にしてください。


洗濯機の黒いカスがなくならない!自分でできるカビが出続けるときの対処法2つ

洗濯機の黒いカスがなくならない!自分でできるカビが出続けるときの対処法2つ

「市販のクリーナーを使っても洗濯機の黒いカスがなくならない」という方必見!業者に槽洗浄を頼む前に試したい自分でできる対処法を2つ紹介します。


ステンレスに使える漂白剤の使い方や注意点を商品別で紹介!錆びへの対処法も

ステンレスに使える漂白剤の使い方や注意点を商品別で紹介!錆びへの対処法も

ステンレスに使える漂白剤を、商品別に紹介!使い方や注意点もお伝えします。また、強めの漂白剤の代用となるアイテムやステンレスが錆びたときの対処法も解説!


苛性ソーダとはどう使える?注意点・購入方法を解説

苛性ソーダとはどう使える?注意点・購入方法を解説

苛性ソーダとは、取り扱いが危険な劇薬です。しかし、注意して扱えば掃除・石けん作りに便利なアイテムでもあります。本記事では、その使い方や注意点、購入方法を解説していきます。


階段掃除に時間はかけない!3ステップでできる掃除方法とおすすめグッズを紹介

階段掃除に時間はかけない!3ステップでできる掃除方法とおすすめグッズを紹介

階段は、皮脂やホコリで意外と汚れています。今回は、段差や角が多い階段でも3ステップでできる楽掃除の方法を解説!おすすめお掃除アイテムも紹介します。


 

ビジネスパートナー募集