暮らしのお悩み解決サイト

洗濯機の黒いカスがなくならない!自分でできるカビが出続けるときの対処法2つ

洗濯機の黒いカスがなくならない!自分でできるカビが出続けるときの対処法2つ

「市販のクリーナーを使っても洗濯機の黒いカスがなくならない」という方必見!業者に槽洗浄を頼む前に試したい自分でできる対処法を2つ紹介します。


洗濯したはずの衣類やタオルに付くワカメのような黒いカスは、洗濯槽の裏にこびりついた黒カビが原因です。市販のクリーナーで槽洗浄したけれど洗濯機の黒いカスがなくならないというとき、自分でできる対処法には以下の2つがあります。

【自分でできる出続ける洗濯機の黒カビ対処法】
①洗濯槽クリーナーの種類を変えてみる
(縦型洗濯機の場合)
②純正クリーナーで槽洗浄を行なう
(縦型・ドラム式洗濯機共通)

業者に洗濯槽の掃除を依頼したときの費用相場や洗濯機のカビで悩まないための予防策についても見ていくのでぜひ参考にしてくださいね。

洗濯機から黒いカスがなくならない理由
黒いカスが出続けるのはカビ残っているから

洗濯機のなかは湿度が高く、黒カビにとっては絶好の繁殖スポット。服に付着した皮脂や汚れ、溶け残った洗剤などを餌にして見えない洗濯槽の裏でどんどんと増殖していきます。

そして、増殖した黒カビの一部が洗濯時の振動ではがされ、黒いカスが衣類やタオルに付着する原因に。洗濯槽の裏で黒カビが大量発生しているような場合、一度市販の洗濯槽クリーナーで洗浄した程度では落としきれないことがあります

まだ黒いカスが出続けるようであれば、黒カビがこびりついて残ってしまっている証拠です。洗濯槽の裏に残る黒カビをなんとかしないと、黒いカスはなくなりません。

洗濯機の黒いカスがなくならないときの対処法1(縦型洗濯機の場合)
対処法1:洗濯槽クリーナーの種類を変えてみる

洗濯槽クリーナーには大きく分けると「酸素系」と「塩素系」の2種類があり、それぞれ特徴が異なります。

【酸素系クリーナーの特徴】
・汚れを浮かして取り除く
・洗浄後に汚れをすくい取る必要がある
・ドラム式洗濯機の場合使えないものが多い

【塩素系クリーナーの特徴】
・汚れやカビを溶かして落とす
・槽洗浄後の汚れ取りは不要
・ドラム式でも使える

ドラム式の場合は基本的に塩素系クリーナーしか使用できませんが、縦型洗濯機の場合は酸素系と塩素系どちらも使用できるため、クリーナーの種類を変えてみると出続ける黒いカビを除去できる可能性があります。

とくに、酸素系クリーナーで全体の汚れを浮かせて取ったあと、塩素系クリーナーで残った汚れを溶かして落とすと効果的です。

ただし、酸素系クリーナーと塩素系クリーナーは混ぜると危険なため、「酸素系」→「塩素系」の順でそれぞれ別々に行ないましょう

また、洗濯機メーカーの多くは、酸素系クリーナーによる槽洗浄を推奨していません。非対応の洗濯槽クリーナーを使用して万が一洗濯機が故障した場合、メーカーの保証期間内でも保証を受けられない可能性もあるので注意しましょう。

酸素系クリーナーを使った洗濯槽の掃除方法

【洗濯槽の掃除の手順】
①40℃~50℃のぬるま湯を洗濯槽の満水位置まで入れる

②酸素系クリーナーを入れる

③洗濯コースで5分ほど運転し撹拌する作業を1時間おきに2~3回行なう

④6時間ほどつけ置きする

⑤洗濯コースで再度3~5分撹拌し、洗濯槽の下に沈んだ汚れを浮かせる

⑥浮いてきた汚れを浴槽用のゴミ取りネットなどですくい取る

⑦洗濯コースで洗いから脱水までを一回行なう

⑧運転終了後フタを開けて洗濯槽を乾燥させる

【ポイント&注意点】
・酸素系クリーナーでは水よりも40℃前後のお湯のほうが発泡力が増し洗浄効果が高まる
・浮いた汚れをそのまま排水すると排水管が詰まる原因になるため注意

塩素系クリーナーを使った洗濯槽の掃除方法

【洗濯槽の掃除の手順】
①洗濯機の電源を入れ塩素系クリーナーを洗濯槽に入れる

②高水位まで水をためる

③約3時間つけ置きする

④「標準コース」で洗いから脱水まで1サイクル運転する

⑤運転終了後、フタを開けて洗濯槽を乾燥させる

【ポイント&注意点】
・槽洗浄コースがある場合はそちらを使用する
・塩素系クリーナーはつけ置き不要だが、つけ置きすると汚れ落ち効果が高まる
・洗濯槽のサビの原因になるため3時間を超えるつけ置きはしない

洗濯機の黒いカスがなくならないときの対処法2(縦型・ドラム式共通)
対処法2:純正クリーナーを使う

洗濯槽クリーナーには、カビキラーやハイターなどの市販のクリーナーの他に、パナソニックや東芝、シャープなど洗濯機メーカー純正のクリーナーもあります。

市販のクリーナーで一度槽洗浄をしたけれど洗濯機の黒カスがなくならないという場合は、メーカー純正のクリーナーを使う方法もおすすめです。

純正クリーナーと市販のクリーナーの違いは?

市販の洗濯槽クリーナーがひとつ300円前後で購入できるのに対し、純正クリーナーは2,000円前後と値段がだいぶ違います。

また、純正クリーナーは容量も多め。市販のクリーナーは500ml程度のボトルで販売されていますが、純正クリーナーは1500mlほどの大きなボトルで売られていて、これを一回の洗浄ですべて使い切ります。

しかし、その分洗浄力の高さで定評があり、口コミでも市販のクリーナーとの効果の違いを感じる方が多いようです

純正クリーナーは塩素系なので、酸素系クリーナーのように浮いたカスをすくう手間がかからない点も魅力。つけ置きの時間は12時間ほどと長めですが、使い方も市販の塩素系クリーナーとほとんど変わらずラクに洗濯槽の洗浄ができます。

洗濯機の出続けるカビに悩んだら一度試してみるといいでしょう。

純正クリーナーは他のメーカーの洗濯機にも対応

パナソニックや日立など、各洗濯機メーカーから純正のクリーナーが販売されていますが、基本的に全メーカーの洗濯機に対応していて同じメーカーの洗濯槽クリーナーでないといけないということはありません

ただし、縦型全自動式用とドラム式用など種類があるので、ご家庭の洗濯機のタイプに合うものを選ぶようにしましょう。

洗濯機の黒いカスがなくならないときのおすすめクリーナー
パナソニックの純正クリーナー

パナソニックから販売されている純正クリーナーです。ふだんのお手入れでは取りきれない黒カビを高濃度の洗浄成分でしっかり分解して除去してくれます。

サビや腐食を防止する成分も配合されており、洗濯機内の金属部分のサビ防止に役立つのも魅力。縦型洗濯機用とドラム式用があるので家庭の洗濯機に合うものを選びましょう。

商品詳細はこちら

洗濯機の黒いカスが槽洗浄でなくならない場合1
業者に洗濯機の槽洗浄を頼むときの費用相場は?

純正クリーナーを使うなどしても洗濯機の黒いカスがなくならないときは、自分で対処できないほどカビや汚れが蓄積してしまっているのかもしれません。そんなときは、プロの業者にクリーニングを依頼するのもひとつの手段です。

業者による洗濯機クリーニングでは、縦型洗濯機であれば分解してからすみずみまで洗ってくれるため、洗い残しがありません。また、ドラム式でも専用の洗浄剤などを使いこまかなところまで丁寧に掃除してくれます。

料金相場は洗濯機の種類によって異なりますが、縦型全自動洗濯機で1万~万5,000円、ドラム式洗濯機で2万~3万円ほどが目安です。

以下の動画で業者による洗濯槽クリーニングの様子を紹介しているのでぜひ参考にしてくださいね。

洗濯機の黒いカスが槽洗浄でなくならない場合2
8年以上使用している場合は買い替えも検討を

洗濯機の平均寿命は6~8年ほどと言われています。洗濯機購入から8年以上が経過しているような場合、業者にクリーニングを依頼して黒いカスを除去できても、すぐに別の要因で故障して使えなくなってしまう可能性も否定できません。

業者によるクリーニングは自分でする槽洗浄にくらべ費用がかかります。使用年数によっては、諦めて買い替えを検討するのも賢い選択です

【PR】ハウスクリーニングやエアコン掃除はプロに依頼しませんか

清潔な住まいで健康で快適な暮らしを!キッチンの頑固な油汚れ、時間と労力を費やす水回りの清掃、エアコンのクリーニングなど普段なかなか手がつけられない掃除なら、掃除のプロが見つかるこちらのサービスがオススメです。

ハウスクリーニング業者登録数、日本最大級!かんたん・お得な見積もり体験を、ミツモアで。

ミツモア_クリーニング

\依頼者430,000人突破/

24時間依頼可能!0円で依頼し放題

 

  • ▼カンタン2分の操作で依頼完了!
  • ▼最大5名のプロから見積もりが届く。
  • ▼無料チャットで条件や料金を調整!
  • ※依頼完了後、いつでもキャンセル可能です
  • ※しつこい営業はありません

関連する投稿


シンクの傷を目立たなくする方法&傷防止グッズ5選|人造大理石シンクの傷消し研磨も

シンクの傷を目立たなくする方法&傷防止グッズ5選|人造大理石シンクの傷消し研磨も

シンクの傷を目立たなくする方法を紹介!ステンレスシンクの場合のほか、人造大理石シンクの傷を研磨して消す方法も見ていきます。傷防止のおすすめグッズもチェックできるのでぜひ参考にしてください。


ステンレスに使える漂白剤の使い方や注意点を商品別で紹介!錆びへの対処法も

ステンレスに使える漂白剤の使い方や注意点を商品別で紹介!錆びへの対処法も

ステンレスに使える漂白剤を、商品別に紹介!使い方や注意点もお伝えします。また、強めの漂白剤の代用となるアイテムやステンレスが錆びたときの対処法も解説!


苛性ソーダとはどう使える?注意点・購入方法を解説

苛性ソーダとはどう使える?注意点・購入方法を解説

苛性ソーダとは、取り扱いが危険な劇薬です。しかし、注意して扱えば掃除・石けん作りに便利なアイテムでもあります。本記事では、その使い方や注意点、購入方法を解説していきます。


意外と知らない水性ペンの落とし方!掃除がカンタンな落としやすい水性ペンも紹介

意外と知らない水性ペンの落とし方!掃除がカンタンな落としやすい水性ペンも紹介

水性ペン汚れを落としたいけどどのように落としたらよいか分からないという人も多くいるのではないでしょうか。コツとやり方がわかれば実はカンタンに落とすことができます。この記事を参考に水性ペン汚れの落とし方を確認しましょう。


階段掃除に時間はかけない!3ステップでできる掃除方法とおすすめグッズを紹介

階段掃除に時間はかけない!3ステップでできる掃除方法とおすすめグッズを紹介

階段は、皮脂やホコリで意外と汚れています。今回は、段差や角が多い階段でも3ステップでできる楽掃除の方法を解説!おすすめお掃除アイテムも紹介します。


 

ビジネスパートナー募集