暮らしのお悩み解決サイト

洗濯機の黒いカスがなくならない!自分でできるカビが出続けるときの対処法2つ

洗濯機の黒いカスがなくならない!自分でできるカビが出続けるときの対処法2つ

「市販のクリーナーを使っても洗濯機の黒いカスがなくならない」という方必見!業者に槽洗浄を頼む前に試したい自分でできる対処法を2つ紹介します。


洗濯したはずの衣類やタオルに付くワカメのような黒いカスは、洗濯槽の裏にこびりついた黒カビが原因です。市販のクリーナーで槽洗浄したけれど洗濯機の黒いカスがなくならないというとき、自分でできる対処法には以下の2つがあります。

【自分でできる出続ける洗濯機の黒カビ対処法】
①洗濯槽クリーナーの種類を変えてみる
(縦型洗濯機の場合)
②純正クリーナーで槽洗浄を行なう
(縦型・ドラム式洗濯機共通)

業者に洗濯槽の掃除を依頼したときの費用相場や洗濯機のカビで悩まないための予防策についても見ていくのでぜひ参考にしてくださいね。

洗濯機から黒いカスがなくならない理由
黒いカスが出続けるのはカビ残っているから

洗濯機のなかは湿度が高く、黒カビにとっては絶好の繁殖スポット。服に付着した皮脂や汚れ、溶け残った洗剤などを餌にして見えない洗濯槽の裏でどんどんと増殖していきます。

そして、増殖した黒カビの一部が洗濯時の振動ではがされ、黒いカスが衣類やタオルに付着する原因に。洗濯槽の裏で黒カビが大量発生しているような場合、一度市販の洗濯槽クリーナーで洗浄した程度では落としきれないことがあります

まだ黒いカスが出続けるようであれば、黒カビがこびりついて残ってしまっている証拠です。洗濯槽の裏に残る黒カビをなんとかしないと、黒いカスはなくなりません。

洗濯機の黒いカスがなくならないときの対処法1(縦型洗濯機の場合)
対処法1:洗濯槽クリーナーの種類を変えてみる

洗濯槽クリーナーには大きく分けると「酸素系」と「塩素系」の2種類があり、それぞれ特徴が異なります。

【酸素系クリーナーの特徴】
・汚れを浮かして取り除く
・洗浄後に汚れをすくい取る必要がある
・ドラム式洗濯機の場合使えないものが多い

【塩素系クリーナーの特徴】
・汚れやカビを溶かして落とす
・槽洗浄後の汚れ取りは不要
・ドラム式でも使える

ドラム式の場合は基本的に塩素系クリーナーしか使用できませんが、縦型洗濯機の場合は酸素系と塩素系どちらも使用できるため、クリーナーの種類を変えてみると出続ける黒いカビを除去できる可能性があります。

とくに、酸素系クリーナーで全体の汚れを浮かせて取ったあと、塩素系クリーナーで残った汚れを溶かして落とすと効果的です。

ただし、酸素系クリーナーと塩素系クリーナーは混ぜると危険なため、「酸素系」→「塩素系」の順でそれぞれ別々に行ないましょう

また、洗濯機メーカーの多くは、酸素系クリーナーによる槽洗浄を推奨していません。非対応の洗濯槽クリーナーを使用して万が一洗濯機が故障した場合、メーカーの保証期間内でも保証を受けられない可能性もあるので注意しましょう。

洗濯機の黒いカスがなくならないときの対処法1:洗濯槽クリーナーの種類を変えてみる
塩素系クリーナーはメーカー純正品一択!

塩素系クリーナーを使って洗濯機の掃除をするなら、メーカー推奨の純正クリーナーを使うのが最も効果が高く失敗のない方法です。

純正品なので洗濯機のサビや腐食を防止する成分も含まれており、より長く清潔に洗濯機を使うことができるでしょう。

純正クリーナーについてはこちらのカテゴリで詳しく紹介しているので、ぜひ参考にしてください!

洗濯機の黒いカスがなくならないときの対処法1|クリーナーを変えてみる
代表的な酸素系クリーナー3選

洗濯機の黒いカスがなくならないときに使いたい酸素系クリーナー|その1
洗濯槽専用の洗浄力!「強力洗濯槽クリーナー トルコ」

洗濯槽専用の酸素系クリーナー。「市販の洗濯槽クリーナーでそんなに汚れが取れなかったけど、これを使うとビッシリ!」という口コミ多数!

洗濯槽専用のクリーナーを使ったことのない方は、一度専用クリーナーを試してみるのがおすすめです。

洗濯機の黒いカスがなくならないときに使いたい酸素系クリーナー|その2
長時間のつけ置きの必要なし「カビトルネードNeo 洗濯槽クリーナー 縦型用」

洗濯槽の掃除で、正直なところわずらわしいのが長時間のつけ置き。「つけ置きしてたの忘れてた!」と慌てた経験がある方もいるのではないでしょうか?

カビトルネードNeoは強力発泡パワーで何時間というつけ置きは必要ありません。今日すぐに洗濯機の黒いカスをどうにかしたい!という方にピッタリのアイテムです。

洗濯機の黒いカスがなくならないときに使いたい酸素系クリーナー|その3
愛用者2000人以上!「シャボン玉石けん 洗たく槽クリーナー」

シャボン玉石鹸の洗たく槽クリーナーは界面活性剤(無添加粉石けん)とアルカリ剤(重曹)が汚れを落とす絶妙のバランスで酸素系漂白剤に配合されています。

環境に配慮した成分ながら洗たく槽の汚れ落ちはバツグン!「毎月別の酸素系クリーナーで掃除していたけど、無意味だったのかも…」というリピーターさんもいるくらい、驚きの洗浄力です。

酸素系クリーナーを使った洗濯槽の掃除方法

【洗濯槽の掃除の手順】
①40℃~50℃のぬるま湯を洗濯槽の満水位置まで入れる

②酸素系クリーナーを入れる

③洗濯コースで5分ほど運転し撹拌する作業を1時間おきに2~3回行なう

④6時間ほどつけ置きする

⑤洗濯コースで再度3~5分撹拌し、洗濯槽の下に沈んだ汚れを浮かせる

⑥浮いてきた汚れを浴槽用のゴミ取りネットなどですくい取る

⑦洗濯コースで洗いから脱水までを一回行なう

⑧運転終了後フタを開けて洗濯槽を乾燥させる

【ポイント&注意点】
・酸素系クリーナーでは水よりも40℃前後のお湯のほうが発泡力が増し洗浄効果が高まる
・浮いた汚れをそのまま排水すると排水管が詰まる原因になるため注意

塩素系クリーナーを使った洗濯槽の掃除方法

【洗濯槽の掃除の手順】
①洗濯機の電源を入れ塩素系クリーナーを洗濯槽に入れる

②高水位まで水をためる

③約3時間つけ置きする

④「標準コース」で洗いから脱水まで1サイクル運転する

⑤運転終了後、フタを開けて洗濯槽を乾燥させる

【ポイント&注意点】
・槽洗浄コースがある場合はそちらを使用する
・塩素系クリーナーはつけ置き不要だが、つけ置きすると汚れ落ち効果が高まる
・洗濯槽のサビの原因になるため3時間を超えるつけ置きはしない

洗濯機の黒いカスがなくならないときの対処法2(縦型・ドラム式共通)
対処法2:純正クリーナーを使う

洗濯槽クリーナーには、カビキラーやハイターなどの市販のクリーナーの他に、パナソニックや東芝、シャープなど洗濯機メーカー純正のクリーナーもあります。

市販のクリーナーで一度槽洗浄をしたけれど洗濯機の黒カスがなくならないという場合は、メーカー純正のクリーナーを使う方法もおすすめです。

【PR】ハウスクリーニングやエアコン掃除はプロに依頼しませんか

清潔な住まいで健康で快適な暮らしを!キッチンの頑固な油汚れ、時間と労力を費やす水回りの清掃、エアコンのクリーニングなど普段なかなか手がつけられない掃除なら、掃除のプロが見つかるこちらのサービスがオススメです。

ハウスクリーニング業者登録数、日本最大級!かんたん・お得な見積もり体験を、ミツモアで。

ミツモア_クリーニング

\依頼者430,000人突破/

24時間依頼可能!0円で依頼し放題

 

  • ▼カンタン2分の操作で依頼完了!
  • ▼最大5名のプロから見積もりが届く。
  • ▼無料チャットで条件や料金を調整!
  • ※依頼完了後、いつでもキャンセル可能です
  • ※しつこい営業はありません

関連する投稿


コンクリートに生えた苔の除去方法4つ!苔の生える原因や対策も

コンクリートに生えた苔の除去方法4つ!苔の生える原因や対策も

コンクリートに生えてしまった苔をきれいにしたいけど、どのようにしたら良いか分からないという人も多くいるのではないでしょうか。本記事では苔の除去方法から、実際に苔が生えにくくなる対策方法まで詳しく紹介します。本記事を参考に適切な方法で苔掃除をしましょう。


洗面台の茶色い汚れはどのアイテムで落とせる?水垢・サビ2つの掃除方法を解説

洗面台の茶色い汚れはどのアイテムで落とせる?水垢・サビ2つの掃除方法を解説

洗面台の茶色い汚れの落とし方を特集!水垢によるものと、ヘアピンなどの「もらいサビ」それぞれどのアイテムで掃除すればいいか解説します。


プラスチックの黄ばみの取り方!ワイドハイターやオキシドールで落ちるって本当?

プラスチックの黄ばみの取り方!ワイドハイターやオキシドールで落ちるって本当?

プラスチックの気になる「黄ばみ」諦めていませんか?黄ばみ落としに効果的なアイテムを紹介。SNSに投稿された口コミも交えて見ていきます。


ハッカ油スプレーの作り方!エタノールなしの方法や虫除けなど便利な使い方も紹介

ハッカ油スプレーの作り方!エタノールなしの方法や虫除けなど便利な使い方も紹介

ハッカ油スプレーの作り方を特集!無水エタノールなしで作る方法やほかの精油とのブレンドレシピ、スプレー以外も含めたハッカ油の使い方もチェックできますよ。


カビの種類6つと特徴と違い一覧!食品や住宅のカビはどれ?[画像付き]

カビの種類6つと特徴と違い一覧!食品や住宅のカビはどれ?[画像付き]

壁や水周り、食品等、カビは人が生活しているどんな場所にも生えてきます。この記事では、カビを大きく6種類に分けて、特徴と違い等について解説しています。有害なカビを発生させないために、まずはカビそのものについて知るところから始めてみましょう。


 

ビジネスパートナー募集