暮らしのお悩み解決サイト

ゴキブリが嫌いな匂い3パターン!アロマ忌避剤の作り方を初級編~上級編で紹介

ゴキブリが嫌いな匂い3パターン!アロマ忌避剤の作り方を初級編~上級編で紹介

ゴキブリが嫌いな匂い3パターンを解説。アロマやハーブを使った忌避剤や対策方法・おすすめのアロマなど商品も紹介します。


黒光りするボディにカサカサと動く姿。音もなく出没するゴキブリは、本当に出くわしたくない相手です。

どうにか出会わないようにしたい!と対策に頭を悩ませているのではないでしょうか。

しかし実は、とても簡単に対策できる方法があるのです。それは、アロマやハーブのゴキブリが嫌いな匂いを使う方法。

アロマやハーブの匂いがゴキブリにとっては、悶絶してしまうほどの刺激臭なのです。それは人間にとって不快なアンモニア臭のような感じと表現されることもあるほど。

とはいえ選ぶ香りを間違えると効果がないばかりか、ゴキブリを引き寄せてしまう事態になりかねません。

そこで今回は、ゴキブリが嫌う匂い3パターンやアロマを使った忌避剤の作り方、ハーブを使った対策方法を初級編~上級編で解説します!

併せて、おすすめの商品も紹介するので参考にしてくださいね。

ゴキブリが嫌いな匂いはスパイシー系・スモーキー系・清涼系

ゴキブリが嫌いな匂いは「スパイシー系」「スモーキー系」「清涼系」の3パターンあります。

それぞれどんなアロマやハーブが該当するか下記に挙げました。


・スモーキー系:ベチバー・パチュリ
・スパイシー系:シナモン・キャラウェイ・クローブ
・清涼系:ハッカ・ミント・ティーツリー


スモーキー系で挙げた2つはどちらも、湿った土や雨が降った樹木の香りなどと表されます。独特な香りなので、人が使うアロマとしては好き嫌いが分かれてしまう匂い。

スパイシー系は、少しの甘さと刺激的で鼻を突くような独特な香りがします。種やつぼみの状態ではスパイスとしても使える植物で、スーパーなどでも売られているので目にしたことがあるかもしれません。

清涼系のアロマは、スーッと鼻がとおるような感じの香り。人体に使えるオイルもあり、そういったタイプはハンカチやマスク、お風呂に数滴垂らすことで気分をリフレッシュする効果もあります。

これらのアロマが、ゴキブリ除けにはおすすめです。

ではここからは、上記に挙げたようなアロマの香りを使って、ゴキブリを寄せ付けない方法やアロマ忌避剤の作り方を紹介していきます。

ちなみにゴキブリは、バニラなど甘い匂いがするオイルや玉ねぎ・ニンニクといった香味野菜の匂い、生ごみ臭などが大好き。ゴキブリを引き寄せてしまう匂いも覚えておこう!

ゴキブリが嫌いな匂いで対策
【初級編】市販の天然成分忌避剤を使う

ゴキブリが嫌いな匂いで対策【初級編】では、市販の忌避剤や駆除剤を使います。

子どもやペットがいても安全に使えるよう、合成殺虫成分なしがおすすめ。天然ハーブオイルが配合されたタイプの商品を使いましょう。

市販のおすすめゴキブリ忌避剤
ゴキブリが嫌いな匂い【ハッカ成分配合】

置いて使うタイプのゴキブリ除けです。化学合成殺虫剤は不使用。ゴキブリが嫌がる天然のハッカ油が配合されています。

香りはミントで、引き出しや棚などの収納スペースにおすすめの商品です。約1か月効果が持続。
口コミでも、使い始めてゴキブリに遭遇していないといった声が聞かれます。

同じシリーズで広い収納スペース向けの商品もありますよ。

商品詳細はこちら

ゴキブリが嫌いな匂いで対策
ゴキブリの忌避率97%!

スプレータイプの虫除けです。ゴキブリが嫌いな匂いであるベチパーが配合。ゴキブリの忌避率はなんと97%です。

ゴキブリがとおりそうな場所や、潜んでいそうな場所にスプレーしましょう。1週間に1回程度スプレーしなおすとより効果的。

ゴキブリ以外の、ハエや蚊にも使えます。

商品詳細はこちら

ゴキブリが嫌いな匂いで対策
【中級編】アロマや天然ハーブでスプレー・忌避剤パックを作る

ゴキブリが嫌いな匂いで対策【中級編】では、アロマオイルや天然ハーブのスパイスを使った忌避剤を自作する方法を紹介します 。どれも簡単にできるので、挑戦してみてください。

注意点としては、使用するものは必ず、100%天然のエッセンシャルオイル(精油)やスパイスを使うことです。

100円均一などのオイルは、合成香料が使われている場合があります。ゴキブリに効く成分ではないので注意してくださいね。

【中級編】ゴキブリに忌避効果その1
アロマオイル忌避剤の作り方

アロマオイルで作る忌避剤には、ディフューザーが良いでしょう。ディフューザーとは「香りを拡散するもの」という意味を持ちます。

ゴキブリが嫌いな匂いのオイルを垂らし香りを拡散して、寄せ付けない状態を作るということです。

忌避剤としてディフューザーを使う場合は、場所によってストーンなどの置き型かスチームタイプかを使い分けるといいでしょう。

・部屋全体:スチームが出るディフューザー
・狭い場所:置き型ディフューザー

冷蔵庫裏や排水付近などの狭い場所は、ゴキブリの侵入経路や隠れ場所になりやすい場所です。そういった場所に忌避剤をセットしたいなら、ストーンディフューザーをおすすめします。また、石の代わりに珪藻土や大きめの岩塩にオイルを垂らしてもいいでしょう。

エッセンシャルオイルの香りでゴキブリ除けになる上に、いい香りがする芳香剤にもなって一石二鳥ですね。

おすすめはゴキブリ除けに抜群の効果があると言われているベチバーです。

ゴキブリ忌避におすすめのオイル
高い忌避効果がある精油ベチバー

ゴキブリ除けとしておすすめのオイル、ベチバーです。合成香料や合成保存料は一切使われていません。

ベチバーの香りは、土や樹木といった自然を感じさせます。スモーキー系の香りで、ゴキブリが嫌いな匂いのひとつです。

ゴキブリ対策や虫除けとして使っているといった口コミが多く見られます。

商品詳細はこちら

【中級編】ゴキブリに忌避効果その2
ハッカ油スプレーの作り方

ハッカから抽出したエキスで作られるハッカ油と精製水・無水エタノールを合わせて作る、ハッカ油スプレーがゴキブリの忌避剤になります。

ゴキブリが発生しやすそうな、ごみ箱・玄関・キッチン・排水口・取り外したエアコンフィルターなどあらゆる場所にスプレーすることができます。

ゴキブリが嫌いな匂いですが、人体には優しいので非常に使い勝手のいいスプレー。アウトドアなどゴキブリ以外の虫除けにも使えて便利です。

ただし、動物にとっては気分が悪くなってしまう匂いなので、ペットを飼っているご家庭では濃度や使用方法に注意する必要があります。

下記の記事では、ハッカ油スプレーの作り方や便利な使い方が紹介されているので参考にしてくださいね。

ハッカ油スプレーの作り方!エタノールなしの方法や虫除けなど便利な使い方も紹介 | タスクル

https://taskle.jp/media/articles/1438

ハッカ油スプレーの作り方を特集!無水エタノールなしで作る方法やほかの精油とのブレンドレシピ、スプレー以外も含めたハッカ油の使い方もチェックできますよ。

【中級編】ゴキブリに忌避効果その3
クローブパックの作り方

ディフューザーやスプレーで対策しにくい場所には、天然ハーブのスパイスを使った忌避剤パックがおすすめ。ゴキブリが嫌いな匂いである、クローブが最適です。

クローブにはゴキブリの神経系に影響を与えるオイゲノールという成分があるため、忌避剤として効果的なのです。

このオイゲノール、人にとっては体調の回復につながる成分ですが、動物には害となる場合が。ですから、ペットがいる場合は、使用を控える方がいいでしょう。

では作り方です。作り方はいたってシンプル。クローブを10g程度お茶パックに詰めるだけです。

クローブはチャイやお肉料理に使われることの多いスパイス。パウダーや粒状になっているものを見かけます。

ですが、忌避剤パックには粉砕前のホール状のものを使いましょう。粉砕されたものだとお茶パックが破れた場合など、片付けが大変だからです。

また、ホールなら香りも続くため、約半年~1年の交換で済みます。

置く場所は、洗濯機裏・家具の裏・押し入れなどゴキブリが好む、床に近く狭い場所がおすすめです。その際、赤ちゃんや小さな子どもがいるご家庭では、誤飲などを避けるため手が届かない場所を選んで置いてくださいね。

忌避剤パックにおすすめ
お茶パックとセットですぐに作れる!

粉砕前のクローブとお茶のパックがセットになっています。届いてすぐにクローブパックが作れてゴキブリ対策ができるのでうれしいセットです。

お茶のパックに、口を閉じる紐も付いているのでこぼれる心配もありません。

商品詳細はこちら

ゴキブリが嫌いな匂いで対策
【上級編】ゴキブリが嫌いな匂いのハーブを植える

ゴキブリが嫌いな匂いで対策【上級編】で紹介するのは、ハーブを植えて育てる方法です。育てたハーブを気になる場所に置くことで、ゴキブリ対策ができます。

鉢植えならベランダに置くこともできますし、お庭に植えれば、外からの侵入をガード。

今回は、ゴキブリにも効果があり比較的育てやすく、食用などの使い道があるハーブを3つ集めました。

【上級編】ゴキブリが嫌いな匂いのハーブを植えるその1
ゴキブリ対策に購入する人が多い【アロマティカス】

ゴキブリ対策に効果があると言われているアロマティカスです。丸くて少し厚みがある多肉ハーブ。

比較的育てやすいハーブです。

・少しの甘みと清涼感のある香り
・繁殖力が強い
・乾燥に強い
・水やりは土が乾燥したら
・風通しと日当たりが良いところに置く
・プランターや鉢植え栽培に向いている
・ハーブティにできる
・料理に添える

アロマティカスはミントの清涼感の中に少し甘みのある香りがするハーブです。乾燥に強く繁殖のパワーもあるため育てやすいと言われています。

寒さには弱く季節によっては、風通しと日当たりのいい場所に移動させる必要があるため、プランターや鉢植え栽培が良いでしょう。

見た目が多肉植物のようにかわいく香りもいいので、ゴキブリの侵入が気になるキッチンの水回りや、トイレなどに置いてもいいでしょう。

また、ハーブティやサラダとして食べることができたり、料理のトッピングにも使えますよ。

商品詳細はこちら

【上級編】ゴキブリが嫌いな匂いのハーブを植えるその2
メントール量がミントの中で1番【二ホンハッカ】

二ホンハッカはメントール含有量が70~80%と高く、ゴキブリ対策にぴったりです。

・清涼感のある香り
・庭植えも鉢植えもできる
・育てやすい
・寒さに強い
・暑さに強い
・収穫は4~11月
・料理の香りづけ
・ハーブティーにできる

二ホンハッカはミントの中で1番メントール量が多いハーブ。和ハッカとも呼ばれることがあります。

ゴキブリ以外にも蜂や蚊、アリに対して忌避効果が。

寒さ暑さに強く、土の種類もあまりこだわらなくても大丈夫です。

鉢植えなら土が乾いたら、水やりをしましょう。庭なら植えて根付いたら水やりも必要ないほど丈夫なハーブなので、非常に育てやすいハーブです。

虫除け以外にも、ハーブティにしたり料理の香りづけとしても楽しむことができますよ。

こちらのショップでは、日本の在来種や二ホンハッカと別のミントとの交配種など、さまざまな品種が購入可能。

商品詳細はこちら

【上級編】ゴキブリが嫌いな匂いのハーブを植えるその3
庭栽培もプランター栽培もOK【ペパーミント】

ペパーミントは二ホンハッカに比べると50~60%と少しメントール量は少なくなりますが、清涼感ある香りでゴキブリが嫌いな匂いです。

ペパーミントの特徴を下記にまとめました。

・メントールの清涼感ある香り
・庭でもプランターでも育つ
・寒さに強い
・暑さに強い
・生命力が強い
・通年収穫できる
・生の状態で料理に使える
・リラックス効果がある

ペパーミントは、乾燥に注意しておけば、育てやすいハーブです。ゴキブリ除けはもちろん、クモ・アリ・カメムシなどの忌避効果もあります。

プランターでも栽培できるので、ゴキブリの侵入が気になる場所に置いて育ててみましょう。

また、寒さ暑さに強く生命力があります。育ち出したらぐんぐん増えるため、好きなときに収穫もOK。

虫除け以外には、生のままでも乾燥させても使えます。ハーブティにしたりカクテルのモヒートを作ったり、ハーブティやお菓子作りにもぴったりです。

商品詳細はこちら

【まとめ】ゴキブリの嫌いな匂いで侵入経路にバリケード!

アロマオイルやハーブは、ゴキブリを退治する殺虫効果はありません。ですが、香りを楽しみながら忌避剤としても使えるので、暮らしながらナチュラルにゴキブリ除けができることが分かりました。

取り扱いに注意が必要なアロマやハーブもありますが、成分は天然由来なので安心感があります。

ハーブならゴキブリの好む匂いの植物を囲むように栽培するのもおすすめ。自作の忌避剤も手軽に挑戦できます。ゴキブリ対策に取り入れてみてくださいね。

ここで紹介した以外のゴキブリ対策に効果的なハーブについては、下記の記事でも紹介しています。こちらも併せてチェックしてみてくださいね。

ゴキブリに効果的なハーブ14選!市販アロマで予防【プロ監修】 | タスクル

https://taskle.jp/media/articles/474

市販のハーブやアロマでゴキブリを寄せ付けないようにすることができます。殺虫剤を使わないので安心ですし、子どもやペットがいてもハーブなら安心して使うことができます。ゴキブリが寄ってこないアロマスプレーの作り方も解説しています。

【PR】今すぐ害虫駆除をしたいなら!日本全国に対応

緊急を要する害虫駆除にはムシ・プロテックがオススメです。最短即日対応、迅速な駆除が可能です。素早い解決に向けて対応してくれます。害虫駆除は虫のプロにお任せ!

害虫トラブル最短即日解決

\最短期間で駆除/

年間3000件の実績

 

  • ◇現地見積、出張費用無料
  • ◇全国各地に完全対応
  • ◇速い、安い、信頼。

関連する投稿


【閲覧注意】見る前に倒す!ゴキブリの駆除対策におすすめの退治方法10選【プロ監修】

【閲覧注意】見る前に倒す!ゴキブリの駆除対策におすすめの退治方法10選【プロ監修】

ゴキブリ駆除に効果のある置き餌、毒餌の駆除剤を中心に、ゴキブリ退治方法をまとめました。また、ホウ酸団子の作り方や、ゴキブリの嫌う香りはどのような種類なのか、燻煙剤のタイプによる違いなどについても解説しています。


ゴキブリホイホイで効果的に駆除する4つのコツ。誘引剤は何?【プロ監修】

ゴキブリホイホイで効果的に駆除する4つのコツ。誘引剤は何?【プロ監修】

(この記事にはゴキブリの画像はありませんのでご安心ください。)昔からゴキブリ退治アイテムとして、広く支持されている「ゴキブリホイホイ」の仕組みや効果、正しい使い方についてまとめてみました。ゴキブリが活発に活動する暖かい時期が来る前に、根こそぎ退治して安心して春を迎えましょう!


ゴキブリの巣はどこにある?18ヶ所をチェック【プロ監修】

ゴキブリの巣はどこにある?18ヶ所をチェック【プロ監修】

最近ゴキブリが増えたような気がする……それは、家の中にゴキブリの巣があるのかもしれません。この記事では、ゴキブリの巣を見つけるためにチェックしたい18か所をご紹介しています。また、ゴキブリを巣ごと退治する方法もご紹介していますので、ぜひ参考にしてくださいね。


ゴキブリの赤ちゃんの特徴4つと退治方法3つ【プロ監修】

ゴキブリの赤ちゃんの特徴4つと退治方法3つ【プロ監修】

キッチンやお部屋に見慣れない小さな虫がいませんか?もしかしたらゴキブリの赤ちゃんかもしれません。この記事では、ゴキブリの赤ちゃんの特徴と退治方法をまとめています。家中のゴキブリを退治して、清潔な暮らしを手に入れましょう!


ゴキブリが飛ぶ2つの条件と3つの理由【プロ監修】

ゴキブリが飛ぶ2つの条件と3つの理由【プロ監修】

ゴキブリはなぜ飛ぶのか、どうして人間のほうに向かって飛んで来るのか、そして、どのような条件の時にゴキブリは飛ぶのか、といったことについて解説しています。また、殺虫剤が無い時にゴキブリを退治するためのグッズや人気の殺虫剤についても解説しています。


 

ビジネスパートナー募集