暮らしのお悩み解決サイト

[厳選]大掃除グッズおすすめランキング15選!100均がコスパ最強?!

[厳選]大掃除グッズおすすめランキング15選!100均がコスパ最強?!

大掃除に必要なのは、「やる気」と「適切なグッズ」です。どちらかだけでは、大掃除が中途半端に終わってしまう恐れがあります。やる気になったら、読んでみてください。大掃除に適切なグッズをご紹介します。一緒に、大掃除のちょっとしたコツや洗剤の使い方などもご紹介しています。


こまめに掃除することが大切なのはわかっていても、毎日の忙しさになかなか時間を取れないものですよね。そうこうしているうちにまた汚れていく…… さあ、重い腰を上げ、なんとか時間を作って大掃除を始めてみませんか? 年末でなくても、やる気になったその時が大掃除のベストタイミング! 

大掃除をできるだけ短い時間で終わらせるコツは、
①汚れに合った洗剤を選ぶこと
②汚れや場所に合った適切な道具を使うこと
③無駄を省き、効果的な手順で掃除をすること


この記事では、大掃除に大活躍してくれるブラシや洗剤などのグッズをご紹介します。あなたの家の汚れと相性のいい道具たちを発見できるかもしれません。大掃除のちょっとしたコツや洗剤の使い方なども一緒に紹介していきます。

100均で買える大掃除必須おすすめグッズランキング15選

Getty logo

大掃除グッズを探すなら、まずは100均から!

大掃除の基本的なグッズは網羅されていることが多いので、お近くの100均へ行ってみてください。大掃除のグッズを選ぶポイントは、できるだけ簡単に使えるものを選ぶこと。ちょっとした手間がやる気をそいでしてしまうことがあるので、できるだけ使いやすく、簡単で、優秀なものを見つけてくださいね。

リビングや家全体大掃除用のおすすめグッズ7選

毎日人が多く行き来するリビングには、埃や髪の毛、皮脂などダニのエサとなる汚れがたくさんあります。アレルゲンにもなるそれらの汚れを除去し、大掃除ついでに、毛足の長いカーペットや布製のソファを置かないなど、埃の出にくい部屋作りもしていきたいですね。

①フロアワイパー

普段の掃除から大掃除の時まで大活躍してくれる、掃除には欠かせなグッズの一つです。ヘッドに取り付けるシートや布を変えれば、フローリングの掃除やワックスがけ、お風呂の天井、網戸の大掃除など至る所に使えます。ヘッド部分と柄が別売りになっているなど、店舗により異なりますが、200~300円(税別)で購入することができます。

②マイクロファイバー雑巾

マイクロファイバーは、洗剤を使わずに油汚れなどもすっきり落とすことのできる極細繊維なので、リビングだけでなくキッチンなどの大掃除にも欠かせないグッズの一つです。吸収性が良く、拭き跡が残りにくいので、フロアワイパーに付ければ窓掃除の仕上げにもよさそうです。
触り心地がいいので肌に優しそうに感じますが、極細繊維の断面がとがっているので、肌を傷つけてしまうことがあります。手に持って使用する場合、肌の弱い方はゴム手袋をした方がいいかもしれません。

③静電ダスター

大掃除の手順は、上から、隙間から。74~105cmまでの長さで使えるハンディモップです。静電気で汚れを付着させるので、照明器具のカサ、冷蔵庫や洗濯機の裏などの埃を効率的に大掃除することができます。
長さを変えられ、モップを洗うこともできるので、普段の掃除にも気軽に取り入れられるグッズです。ご紹介したのは150円(税別)商品ですが、柄が短いものであれば100円の商品も多種ありますので、掃除したい場所に合わせて選んでください。

④クエン酸

ナチュラルクリーニングの一つで、水垢、湯垢、鏡のウロコ取りなどに効果を発揮し、アンモニアを中和してくれるので、トイレの大掃除にも利用できる優れものです。水垢やトイレの床、壁掃除などには、水100mlにクエン酸小さじ1を入れたスプレーが効果的、便座の縁は、十分にスプレーをしたトイレットペーパーで湿布をしておくと汚れが取れやすくなります。
また、水垢などアルカリ性の汚れが多い外窓掃除にも使えますよ。

見逃しがちですが、冬場に使わなかった自動製氷機もクエン酸でキレイにすることができます。水300mlにクエン酸大さじ1を入れて、酸っぱいにおいがしなくなるまで3~4回程製氷すると、夏場に安心して使うことができるようになります。ただし、メーカー推奨の方法ではありませんので、行う前に取扱説明書をご確認くださいね。

⑤セスキ炭酸ソーダ

重曹に代わるナチュラルクリーニングのグッズです。重曹よりも強いアルカリなので、洗浄力もより強くなりますが、お肌にも(肌が弱い方はゴム手袋をつけて使用してください)、自然にも優しい大掃除に欠かせないグッズの一つです。

主に油汚れの大掃除に大活躍してくれます。レンジフードなどの表面やレンジ周りの壁などは、水200mlにセスキ小さじ1をいれたスプレーで掃除してみてください。五徳や換気扇のファンなどは、50度前後のお湯1ℓに対してセスキ50gを入れたものにしばらく漬け置き洗いすると効果的ですよ。
ただし、漬け置き時間を長くとりすぎてお湯が冷えてしまうと、汚れが再付着することがあるので、注意が必要です。また、埃や皮脂など酸性の汚れの多い内窓掃除にも使うことができます。

クエン酸と同様に、万能ともいえるものなので、他の洗剤を用意しなくても事足りることが多く、節約アイテムとしても優秀です。大掃除だけでなく、普段の掃除にも使える手軽さが嬉しいですよね。

⑥霧吹きヘッド 2本入り

ペットボトルに付けることで霧吹きとして利用できるもので、上記のクエン酸やセスキのスプレーを作る際に必要なグッズです。通常のスプレーボトルは1本で100円(税別)ですが、このヘッドは2本入りなのでよりお得です。

⑦ゴム手袋 手にぴったり指先フィット

大掃除では、様々な汚れが付きますよね。キッチンの頑固な油汚れがついたゴム手袋を洗う手間が、やる気を萎えさせてしまうこともありますので、場所ごとに使い捨てでき、かつ、手にぴったりなので大掃除しやすい薄手のタイプのゴム手袋がおススメです。

キッチン大掃除用のグッズおすすめ4選

キッチンの大掃除は、なんといっても油汚れとの戦いですよね。力任せにこすっていても、ただ疲れて、部品を傷つけてしまうだけで、思ったように汚れを取ることはできません。適切な洗剤とグッズで効率よく、しっかり汚れを取っていきましょう。
キッチンの大掃除は、体力のある始めのうちに済ましておくのが、大掃除を成功させるポイントです。

⑧メラミンスポンジ

普段の掃除にも取り入れてる方は多いかと思いますが、大掃除でも大活躍してくれるグッズです。大きいものをちぎって使うタイプよりも、大掃除には、ちぎる手間がないキューブ状のものをおススメします。細かいところを掃除する柄のついたタイプもありますが、キューブの角で案外隅の方までキレイに掃除できるので、わざわざ持ち替えて使うよりも、キューブ一つで全部掃除してしまった方が簡単です。

⑨排水溝L型ブラシ

ブラシ部分がL型になっているので、洗いにくい部分もキレイにすることができます。また、全長約30cmありますので、奥の方まで磨くことができる便利なブラシです。

⑩キッチンハードブラシ 換気扇・コンロ用

キッチンの大掃除で手間のかかるものが換気扇、レンジの大掃除ですよね。ファンの隙間などにもぴったりなサイズなので、漬け置きでゆるんだ汚れを一気に擦り落とせる、スクレーパー付きの硬めのブラシです。古い歯ブラシではパワー不足で落とせないような頑固な汚れも落としてくれそうです。

⑪注ぎ口洗いブラシ サイズ異なる4本セット

キッチンには水切り用の穴が開いているものが多く、ヌメリや水垢がたまりやすいので、他のどの場所よりも細かい大掃除が必要です。ブラシが固めのナイロン素材なので、傷つきやすいようなものには注意が必要ですが、蛇口周辺や注ぎ口だけではなく、風呂場のサッシ大掃除にも便利なグッズです。

お風呂の大掃除用グッズおすすめ1択

お風呂の大敵はカビですよね。大掃除でしっかりカビを除去した後は、できるだけカビを発生させないように、入浴後に水のシャワーを風呂全体にかけ、しばらくの間換気扇をまわしておくといいですよ。

⑫ハイパワー目地ブラシ

山切りカットのブラシで、タイルの目地や隅のカビ取りに適したブラシです。握りやすい柄の形なので、力が入りやすく、効率よく汚れを落としていくことができます。

トイレの大掃除用グッズおすすめ1択

トイレは、キレイにすると金運が上がる開運スポットです。頑固な汚れは、トイレットペーパーで湿布をして、汚れを柔らかくしてからとるのがコツですよ。

⑬トイレ便器のフチ裏キレイ!トイレスティック2本入り

軽石研磨剤でフチの裏の黒ずみやこびりついた輪ジミ、尿石などを削り落とせるスティックです。フチ裏の奥まで届く形なので、トイレブラシでは届かなかった隅の汚れも、水だけですっきり落としてくれます。

窓の大掃除用グッズおすすめ2選

窓は内と外で汚れの種類が異なりますので、窓の大掃除用の洗剤でなければ、内にはセスキなどのアルカリの洗剤、外にはクエン酸などの酸性の洗剤を使いわけると効果的です。

⑭ペットボトル結露取りワイパー

ペットボトルに取り付ける、スクイージーです。切った水がペットボトルに入るので、外窓だけでなく、内窓の大掃除にも使えます。大掃除の時だけでなく、普段は結露取りに使えるので、用意していて損はないグッズです。

⑮ペットボトルに付けるブラシ

もうお持ちの方も多いかとは思いますが、便利な大掃除グッズの定番ですよね。他のブラシなどで代用することもできますが、やっぱりこれがあると、特に2階などホースの届かないサッシやベランダの大掃除に便利です。

100均で買える!あると便利なおすすめ大掃除グッズベスト5

Getty logo

①キッチン掃除にプラスすると便利なおすすめ大掃除グッズ

ポイントブラシ 3本

真ちゅう、ステンレス、ナイロンの小さなブラシが3本セットになったブラシです。
真ちゅうはガスコンロ、ステンレスは焼き網などの部分掃除に便利です。

②風呂掃除にプラスすると便利なおすすめ大掃除グッズ

ストロー洗いブラシ アクリルタイプ

排水溝に数回通すだけで、詰まった髪の毛やヌメリを取り除いてくれますので、風呂場、洗面所、キッチンなどで大活躍してくれます。約30cmと約17センチのブラシの2本入りですが、これで長さが足りない方は、3メートルの長さがある排水パイプクリーナーがおススメです。
丸めておけるストッパーがあるので、収納にも困りません。

③トイレ掃除にプラスすると便利なおすすめ大掃除グッズ

除菌流せるトイレクリーナー

クエン酸のスプレーと雑巾で掃除することもできますが、トイレ掃除で使ったものは使い捨てできた方が衛生上いいですよね。男性が用を足すと、目には見えなくても、便器周りの床や壁にしぶきが付いてしまいますので、このクリーナーで掃除ついでに除菌してしまいましょう。

④窓掃除にプラスすると便利なおすすめ大掃除グッズ

網戸ワイパーと網戸シート

フロアワイパーの柄が短くなったような形状で、ヘッドに付いているギザギザのスポンジが汚れを掻き取れるワイパーです。フロアワイパーにシートをつけても代用できますが、スポンジが付いているこちらの方が効率的に汚れを取ってくれます。

⑤番外編・子どものお手伝いにプラスすると便利なおすすめ大掃除グッズ

おそうじペットpopmop

ライオン、ウサギ、カエルの顔が付いた小さなハンディモップです。子どもが手伝ってくれるのは嬉しいけど、使っている道具を渡すと大掃除が進まない…… という時に、このモップで手伝ってもらいましょう。マイクロファイバーでできているモップは汚れもしっかりとってくれるので、大掃除の戦力にもなってくれますよ。

ハンズで買えるおすすめ大掃除グッズベスト5

Getty logo

①カビナイトNEO

発行乳酸の力で、除カビ・除菌・防カビ効果があり、油汚れ、水垢、ヌメリなど様々な汚れを取り除き、窓や畳、木製品の掃除にも使用できる優れものです。塩素を使用しておらず、漂泊作用がないので、家庭用洗剤として安心して使うことができます。

②AURO フローリングワックスシート

全て天然原料だけで作られているワックスシートです。汚れを取り除きながらワックスをかけられ、更に除菌、消臭効果もあるので、赤ちゃんやペットのいるご家庭でも安心して使用することができます。

③Dr.Beckmann  カーペット ステインリムーバー

カーペットや布製のソファに付いたシミをさっとキレイにすることができます。土、油汚れ、ジュースなどのシミ、ペットのにおい取りなどに効果的なので、小さい子どもやペットのいるご家庭では常備しておきたい大掃除グッズです。

④シード 壁の汚れ隠し

せっかく大掃除したのに、壁にどうしても取れない汚れがある…… でも、汚れを残したくない!という方は、これで隠してしまいましょう。修正テープのように簡単に使うことができ、小さなシミや、画鋲の穴などを目立たなくしてくれますよ。

色は、ホワイトとアイボリーの2色です。

⑤アイセン トレピカEXバスクリーナー

浴槽の湯垢汚れなどを洗剤なしで落とせる面と、凹凸のある床の汚れも軽い力で落とせる面を使い分けできる、風呂の大掃除用の柄がついたスポンジです。伸縮可能で、柄を伝ってきた水はグリップの中を通り抜けるので、風呂の天井掃除も手を汚さずにできる便利グッズです。

楽天や通販で買えるおすすめ大掃除グッズベスト5

Getty logo

①伸縮タイプのハンディモップ

ホコリ取り ささっとはたき NEO 伸縮タイプ ( ハタキ ホコリ払い )

¥ 1,220 (2018/12/10 時点)

吹き抜けのある家や、高所の大掃除をしたい方には、約126~180cmの長さで使用できるこのハンディモップがおススメです。
ヘッドの先が曲がるので、入り込んだ部分の大掃除もできますし、高いところの大掃除をしていても疲れない軽さなので、ストレスなく大掃除をすることができます。
また、インテリアの邪魔にならないシックな色合いも魅力です。

②エコメイト風呂釜クリーナー

エコメイト 風呂釜クリーナー [3回分]

銭湯などで使われてきた物を家庭用に改良して作られたので、洗浄力は強いのに、原料は天然由来100%と石油系成分が気になる方にもおススメできる風呂釜洗浄剤です。
大掃除前日の夜、残り湯に一袋溶かして5分間追い炊きし、後は一晩放置するだけで湯垢や黒カビを除去することができます。
一緒に洗面器類を入れておけば、大掃除の際に汚れが取れやすくなります。

③大型の洗濯ネット

洗濯ネット 角型(60×60cm)

¥ 108 (2018/12/10 時点)

洗濯ネットの詳細を見る

カーテンは、手垢や埃、花粉、黄砂などが付いて見た目よりも汚れていることが多いので、大掃除の際に洗ってしまいましょう。
こちらの洗濯ネットは、カーテンをしっかり押さえてくれるので、洗濯や脱水中のねじれなどによるしわを防ぐことができます。
また、細かい網目なので、布地の擦り切れや毛羽立ち、縫い目が裂けるのを防いでくれます。
60cm×30cmのこのサイズの洗濯ネットは100均でもありますが、カーテンにしわができてしまった後のアイロンがけなどの手間を考えると、一つ用意しておきたくなるグッズです。

④エタノール

ハイアルコールスプレー本体 1L

キッチン周りの油汚れ、洗剤を使いたくない冷蔵庫、水気を嫌う電化製品、水回りのカビの大掃除など、至る所の大掃除に使うことができます。
また、防カビ、除菌作用もありますので、大掃除の仕上げに吹きかけるとその後のお手入れが楽になります。
食品にも使用できる成分なので、赤ちゃんやペットがいても安心して使うことができます。

⑤カビソフト除去スプレー

カビホワイト 木材 布団 畳 マットレス 木枠のプロも取れないカビが取れるカビ取り剤 カビ取り お風呂 カビ掃除 【カビホワイト ソフト除去スプレー450ml】※布製品の色柄物不可

¥ 1,680 (2018/12/10 時点)

カビホワイトの詳細を見る

ゴムパッキンや窓の木枠、畳、マットレスなどのカビ取りに使用できる薬剤です。
見えないカビまで完全に死滅しますが、薬剤は蒸発して乾燥すると無害になり、赤ちゃんが触っても大丈夫なので、子どものマットレスなどに使用しても安心です。

まとめ

大掃除をしていると色んな汚れが気になってきますが、成功させるコツは、あちこち手を出さずに一つ一つの場所を仕上げていくことです。
最適な道具と洗剤で効率よく、しっかりと汚れを取り除き、ピカピカの家を目指しましょう! 

関連する投稿


カビの発生原因と除去方法6個・予防対策は?アルコールは有効?

カビの発生原因と除去方法6個・予防対策は?アルコールは有効?

カビはどうすれば除去できる? カビの発生を防ぐには? など、カビの除去方法~カビの予防対策を知りたい方は必見です。カビの除去方法がわかれば、悩ましい頑固なカビも除去できます。早速、チェックしましょう。


浴槽の水垢を取る方法7つ!ウロコ落としはクエン酸と重曹だけじゃない

浴槽の水垢を取る方法7つ!ウロコ落としはクエン酸と重曹だけじゃない

浴槽の頑固な水垢をお掃除する方法をご紹介します。クエン酸や重曹だけでなく、水垢をしっかり落としてくれる洗剤の選び方や、水垢と湯垢の違い、水垢の成分などについて解説しているほか、耐水性サンドペーパーやメラミンスポンジなど水垢を削る方法も説明しています。


浴室の鏡は酸性の洗剤で!ウロコ状の水垢を落とす5ステップ

浴室の鏡は酸性の洗剤で!ウロコ状の水垢を落とす5ステップ

浴室の鏡にできた水垢の掃除について解説します。効果的に水垢を溶かしてくれる酸性洗剤の選び方や、洗剤成分のスルファミン酸について、そして鏡を傷つけないスポンジや、水垢を作らないためのコツもご紹介します。


ゴムパッキンのカビ取り掃除方法・落とし方6個!カビキラーや重曹が有効?

ゴムパッキンのカビ取り掃除方法・落とし方6個!カビキラーや重曹が有効?

ゴムパッキンにカビは生えていませんか? もし、カビが生えているなら「ゴムパッキンのカビ取り方法」や「ゴムパッキンのカビの予防対策」を実践し、きれいなゴムパッキンにしましょう。では、詳しくご紹介します。


洗面台の水垢を取る5ステップ

洗面台の水垢を取る5ステップ

洗面台の水垢をスッキリ綺麗に取る方法を解説しています。クエン酸やお酢、クエン酸と重曹、メラミンスポンジ、研磨剤入り洗剤、耐水サンドペーパーなど、あらゆる方法を説明しています。また、洗面台のキレイを保つコツや、プロに掃除を頼む時のポイントなども記しています。


最新の投稿


夏は必須のコバエ対策!今すぐ駆除できる6つのポイント

夏は必須のコバエ対策!今すぐ駆除できる6つのポイント

すばしっこくてなかなか捕まえられず、うっとうしい「コバエ」。徹底的に駆除するためには、コバエの種類や習性を知り、適切な方法で対策をしていくことが重要です。コバエを駆除するための6つのポイントや今すぐはじめられる対策についてまとめていきます。


蜂の種類4つの見分け方!特徴と危険度を徹底的にまとめてみた

蜂の種類4つの見分け方!特徴と危険度を徹底的にまとめてみた

ニュースでもよく目にする機会がある蜂による刺傷被害。蜂を見かけたら慌てて逃げ出してしまいたくなる方も多いのではないでしょうか。でもその蜂、本当にそんなに危険ですか? むしろ怖がってパニックになってしまうことの方が危険かも…。日本でよく見かける4種類の蜂の特徴と危険度について徹底的にまとめていきます。


簡単にハエを退治する方法14選。ペットボトルやめんつゆを使う方法も紹介

簡単にハエを退治する方法14選。ペットボトルやめんつゆを使う方法も紹介

ハエを簡単に自分で駆除する方法を紹介します。めんつゆやペットボトルを使った手作りの退治方法や、ハエが来ないようにする予防対策、殺虫剤を使わない駆除や捕獲方法などを解説しているほか、絶滅させる日数も説明しています。


ハエ取り紙の成分・効果とおすすめハエ取り紙ランキングTOP10

ハエ取り紙の成分・効果とおすすめハエ取り紙ランキングTOP10

ハエ取り紙は、薬品を使わない安全安心な害虫駆除製品として再び見直されています。ハエ取り紙の成分や、どのような効果があるのかを解説しているほか、リボン式や両面粘着式、ロールタイプ、ライト併用式など、最新の売れ筋ハエ取り紙もご紹介します。


鳩の効果的な撃退方法15個とおすすめ鳩撃退グッズ20

鳩の効果的な撃退方法15個とおすすめ鳩撃退グッズ20

自分でできる鳩の駆除方法と、あると便利な鳩よけグッズをまとめています。ニコチン水やトウガラシなど、身の回りにあるもので作れる鳩よけや、天然成分で作られた鳩用忌避剤、鳩よけネットやベランダの手すり用テグスなどをご紹介します。


ビジネスパートナー募集