暮らしのお悩み解決サイト

引越で冷蔵庫を準備する7つの方法。電源は前日?水抜きや運び方は?

引越で冷蔵庫を準備する7つの方法。電源は前日?水抜きや運び方は?

冷蔵庫の引越しをするとき、単純にコンセントを抜いてそのまま運んでしまえばOK!…というわけではもちろんありません。複雑な構造でその機能を保っている冷蔵庫だからこそ、必要な準備があります。冷蔵庫を引越しするために準備しておくべき7つの方法や注意点について紹介していきます。


わたしたちの生活に普段から馴染み深い「冷蔵庫」ですが、引越しをする際、単純にコンセントを抜いてそのまま運んでしまえばOK!…というわけではもちろんありません。運び出す前に冷蔵庫の中身をからっぽにしておくことは想像に容易いかと思いますが、そのほかにも実は冷蔵庫ならではの特別な引越し準備が必要です。

冷蔵庫の引越しをするために準備をしておくべき7つの方法を知り、冷蔵庫を上手にお引越しさせちゃいましょう。

【引越しは荷物を最小限にしてお安く】
冷蔵庫などの大型家電や大型家具以外に「何となく新居に持って行こうとしているもの」はありませんか?引越しで運ぶ荷物の量は見積もりにダイレクトに反映されるため、できるだけ荷物を少なくすることが引越し費用を安くするコツ!

不用品回収にお金がかかっても、引越し費用が数万円安くなれば結果としてお得です。まずは不用品を処分して引越し荷物を減らしましょう。

タスクルの不用品回収

タスクルの不用品回収

タスクルの不用品回収は軽トラック積み放題が10,000円~。タスクルの審査基準を満たした優良プロ店舗のみから最大5社の見積もりを比較できます。

時間がない引越しでも、すぐに安く不用品回収をたのめる業者を見つけましょう。

冷蔵庫の引越しで準備が必要な理由4つ

冷蔵庫の引越しには、冷蔵庫ならではの特別な準備が必要です。では、なぜ冷蔵庫の引越しは単純にそのままの状態では行えないのでしょうか。冷蔵庫の引越し準備をきちんと行わないことでどのような危険があるのかについてみていきましょう。

①冷蔵庫の中身を空にしないと食中毒の危険も

冷蔵庫には普段からわたしたちが食べる食料品が入っています。では、なぜわたしたちは冷蔵庫に食料品を入れているのか…それは、食料品を傷めないためですよね。

引越しの作業にはそれなりの時間を要します。仮に運搬している間に食料品を冷蔵庫に入れておいたところで、電源が入っていませんので、食料品を冷やしておくことはもちろん不可能。食料品はどんどん傷んでいきます。

距離が遠ければ遠いほど時間もかかりますし、夏場など気温が高ければ高いほど食料品はどんどん傷んでいきます。そのため、冷蔵庫の中身を計画的に使い切っておくための準備をしておく必要があります。

②冷蔵庫の中身が入っていると運搬中に飛び出し危険

引越しでは、タンスや家具の中身はすべて梱包してからっぽにしておくのが原則です。なぜかと言うと、運搬の際に中身が飛び出してしまって危険だったり、中身が飛び出してしまうことでタンス本体や壁、床を傷つけてしまったりする原因となることがあるためです。

冷蔵庫の場合もこれと同様、中身が飛び出してしまう可能性があるため、中身はからっぽにしておく必要があります。どんなに冷蔵庫の蓋が開いてしまわないように工夫したところで、運搬の際に冷蔵庫の中身がガチャガチャと動くことで冷蔵庫の中を傷つけてしまうこともあります。このため、運搬作業のときまでには冷蔵庫の中身をからっぽにしておく必要があるわけです。

③冷蔵庫の水抜きをしないと荷物が水浸しに

引越し前はさまざまな手続きや荷物の梱包、家具や家電の処分など、大変忙しいものです。さまざまな作業に追われてついつい忘れてしまいがちなのが、冷蔵庫の水抜き作業。この作業を怠ると、引越し作業に遅れがでてしまったり、荷物が水浸しになってしまったりと、さまざまなトラブルを招く原因となってしまいます。

さらに、トラックから降ろすときに水がこぼれてしまいますので、引越し業者の方にも大変迷惑をかけてしまうことに…。冷蔵庫を引越しさせるときは、「水抜き作業」をきちんと行い、引越し作業中の水による被害を起こさないようにしておくことが大切です。

④冷蔵庫の電源を事前に切り忘れると、内部浸水で故障も

冷蔵庫の引越し準備を不十分に行うことで、十分な水抜きが行われず、漏れ出した水分によって冷蔵庫の内部が浸水して冷蔵庫本体の故障の原因となることもあります。さらに、冷蔵庫の内部が浸水することで漏電の心配も。引越し先で使用する際に感電してしまう恐れもありますので大変危険です。

前日までにしておきたい冷蔵庫の引越7つの準備

冷蔵庫の引越し準備をきちんと行わなかった際の危険性について確認したところで、引越し前日までに済ませておきたい7つの準備についてみていきましょう。

①冷蔵庫の中身の確認(引越し1、2週間前)

引越しの日の1、2週間前になったら、冷蔵庫をあけて中身を確認してみましょう。冷蔵庫の中にどんな食料品が残っていますか? 特に家族の場合は大きな食料品が入っていることも多いため、早めに確認しておくことをおすすめします。どの食料品がどのくらい残っているか確認し、必要であれば書き出してみても良いかもしれません。計画的に食料品を消費していきましょう。

②引越しの日までの献立を考えて冷蔵庫の食材を使い切る

冷蔵庫の中身をチェックしたら、今度は食料品を使い切るための献立を考えます。食料品の残り方によっては同じ様な献立が続いてしまうこともあるかもしれませんが、残った食料品を無駄にしたくない場合は、ここはひとつ我慢が必要! 上手に工夫してみましょう。

また、この時期に使い切れないような大きな食料品をうっかり買い足してしまわないように注意します。買い足す食料品が少なめで済むような献立作りを心がけましょう。

③冷蔵庫の中身を再確認(引越し3~5日前)

引越しの3~5日前になったら、冷蔵庫の中身を再度チェックしてみましょう。予定通り冷蔵庫の中身を減らすことに成功していますか? 使い切れそうにない食料品があれば、引越し先へ運ぶものと処分するものを決めておきましょう。

引越し3日前になったら家の中ももうほとんど片付いていて、調理道具などもすでにダンボールの中にいれてしまっていたりと、料理をするような環境ではなくなってしまっていることもあるでしょう。新しい食料品を買い足すのは一度ストップし、食事には外食やお惣菜などを利用してみるのもひとつの手段です。

【PR】単身引越しやオフィス移転も信頼できる業者に依頼しませんか

店舗移転から自宅の引越し、大きな家具の移動など引越し業者を探しましょう。「引越しの準備から相談に乗ってくれる業者が見つかるかしら?」「ピアノの移動にはいくらくらかかるの?」そんなときこそ、信頼できる引越し業者が見つかるこちらのサービスがオススメです。

引越し業者登録数、日本最大級!かんたん・お得な見積もり体験を、ミツモアで。

ミツモア_引越し

\依頼者430,000人突破/

24時間依頼可能!0円で依頼し放題

 

  • ▼カンタン2分の操作で依頼完了!
  • ▼最大5名のプロから見積もりが届く。
  • ▼無料チャットで条件や料金を調整!
  • ※依頼完了後、いつでもキャンセル可能です
  • ※しつこい営業はありません

関連する投稿


引越し挨拶の粗品で喜ばれるもの10選!喜ばれないものやマナーも紹介

引越し挨拶の粗品で喜ばれるもの10選!喜ばれないものやマナーも紹介

あなたの第一印象を決める引越しの挨拶回りは粗品選びも重要です。記事では引越しの挨拶回りに喜ばれる粗品と喜ばれないもの、引越し挨拶のマナーを紹介していきます。気遣いを感じられるこだわりの粗品で印象アップを狙いましょう! 


引越し準備のチェックリスト!7つの時期にまとめてみた

引越し準備のチェックリスト!7つの時期にまとめてみた

引越しをする時にやるべきことはたくさんあります。目についたことから闇雲に手をつけてしまっては、やるべきことが混乱状態に。引越しを決めたらまずやるべきことを書き出して、チェックリストを作成してみましょう。引越し作業がスムーズに進むこと間違いなしです。


引越のコツを全部まとめてみたら5つだった

引越のコツを全部まとめてみたら5つだった

引っ越しが決まったけど、どこから手を付ければ良いのかわからないものですよね。荷造りが億劫でなかなか進まない……と思っている方も、もっと効率良く作業を進めたいなあ……と思う方にも知って頂きたい引っ越しのコツをご紹介します!


引越しの段取り6ステップを徹底研究!

引越しの段取り6ステップを徹底研究!

引越しはやることが多すぎて、何から手をつけて良いのかわからなくなりがち。スムーズな引越しを行うためには、引越し前から引越し当日、そして引越し後と、正しい段取りで計画的に進めていくのが正解です。 引越しの段取り6ステップを徹底研究し、スムーズで効率的な引越しを実現してみませんか?


エアコンは引越し先に持っていく?取り外しトラブルは?自分でできる?

エアコンは引越し先に持っていく?取り外しトラブルは?自分でできる?

エアコンの引越し作業は専門的な知識や技術が必要です。そのため、エアコンの引越しはプロの業者へ依頼をするのが得策と言えます。エアコンを引越しさせるための5つの手順や注意点を知り、エアコンを上手に引越しさせましょう。


 

ビジネスパートナー募集