暮らしのお悩み解決サイト

引越しの段取り6ステップを徹底研究!

引越しの段取り6ステップを徹底研究!

引越しはやることが多すぎて、何から手をつけて良いのかわからなくなりがち。スムーズな引越しを行うためには、引越し前から引越し当日、そして引越し後と、正しい段取りで計画的に進めていくのが正解です。 引越しの段取り6ステップを徹底研究し、スムーズで効率的な引越しを実現してみませんか?


「引越しをしたいけど、やることが多すぎて何から手をつけて良いのかわからない…」とお困りの方はいらっしゃいませんか? 引越しは、引越し前から引越し当日、そして引越し後と、正しい段取りで計画的に作業を進めていくのがオススメです。

引越しの段取り6ステップを徹底研究し、スムーズで効率的な引越しを実現しちゃいましょう!

引越しの段取りは6つ!

引越し作業は、大まかに分けて6つの段取りに分けることができます。引越しにおける6つの流れを理解し、効率良く引越し作業を進めてみましょう!

【引越しの段取り6ステップ】
  1. 不用品を処分して引越し荷物を少なくする
  2. 引越し業者を決める
  3. 荷造りを始める
  4. 引越し前の必要な各種手続きを済ませる
  5. いよいよ引越しの当日!
  6. 引越し後の必要な各種手続きを済ませる

引越しの段取り|ステップ1
①不用品を処分して引越し荷物を少なくする

引越しが決まったらまずは家の中の不用品を処分して、できるだけ荷物を少なくしましょう。荷物の量は見積もりに反映され引越しの金額に大きく関わる部分だからです。

例えば500km未満の引っ越しで5人家族の引っ越し費用平均は約20万円。しかし荷物を少なくして3人家族程度の量にできると、引っ越し費用平均は約16万円にまで下がります。

引越し業者の見積もりでチェックされるのは移動距離や荷物の量だけでなく、何階から運び出すか、引越しする時期など細かい部分が多いです。しかし自分の力で引越し金額を安くできる部分は意外にも少ないもの。

だからこそ、自分たちで何とかできる「荷物の量」はできるだけ少なくしておくことが引越し料金を安く抑えるコツとなります!

また最初に必要な物と不用な物をしっかり分けておけば、荷造りも格段にラクになりますよ。

タスクルの不用品回収

タスクルの不用品回収

タスクルの不用品回収は独自の審査に合格した優良プロ店舗のみ!最大5社の見積もり比較が可能です。

引越し業者の見積もり前に少しでも荷物を少なくして、より安い料金で引越ししましょう。

引越しの段取り|ステップ2
②引越し業者を決める

引越しを決めたらまず、引越しの作業をお願いする引越し業者を決めましょう。引越し業者を上手に選ぶには、引越し一括見積もりサイトを利用するのがおすすめです。サイトから一括で引っ越し費用の見積りをとり、その中で費用が安かった2、3社の業者にしぼりこみしてから選ぶようにすると失敗が少ないでしょう

引越し業者を決めるときは、つい費用ばかりに目がいってしまいがちですが、作業品質やサービス内容もとても大切です。引越しを気持ちよく終えることのできるよう、口コミなども十分参考にし、トータル的にみて満足のできる業者選びができるよう心がけましょう

引越しの段取り|ステップ3
③荷造りを始める

引越し業者が決まったら、早速荷造りを始めていきます。引越し業者がダンボールなどの梱包資材を準備してくれる場合は問題ありませんが、準備してくれない場合は、梱包資材を調達することからスタートです。大型で濡れていない綺麗なダンボール探す場合ドラッグストアに相談するのがオススメです。

ダンボールが調達できたら、「今すぐに使わないもの」から計画的に詰めていきます。本などの重いものは運ぶことを考慮して小さなダンボールへ。壊れやすい荷物には「割れ物」「下積み厳禁」などと明記しておくと安心です。
新居に着いたらすぐに使うであろう荷物(洗面用具、ドライヤー、衣類など)はまとめてわかりやすく目印をつけておきましょう

引越しの段取り|ステップ4
④引越し前の必要な各種手続きを済ませる

引越し前に必要な手続きとして早めに済ませておきたいのが、「市(区)役所の手続き」。引越しで行う市(区)役所の手続きは、転出届や国民健康保険資格抹消の手続きが代表的です。引越し日の1、2週間前を目安に、早めに済ませておくと安心です
二度手間を防ぐために、手続きに必要なものを事前に確認し、しっかり揃えた上で出向きましょう。

そのほか、電気・水道・ガスなどの公共料金の利用停止手続きや、インターネット回線や固定電話回線の契約解除など、必要な手続きをノートなどにまとめておき、うっかり忘れてしまうことのないよう注意しましょう。

引越しの段取り|ステップ5
⑤いよいよ引越しの当日!

さて、いよいよ引越しの当日です。引越し当日は慌ただしいため、事前に準備しておくべきものはしっかりと準備しておきましょう

■事前に準備しておきたいもの
例えば、お金(引越し費用、電気・水道・ガスの料金の精算が必要な場合はその費用など)、軽食、新居の間取り図や周辺の地図などです。そのほかガムテープやハサミを準備しておくと、引越し作業をするうえでなにかと便利です。

また、お世話になった旧居のお掃除、これからお世話になる新居のお掃除も忘れずに。適切なタイミングで行いましょう。新居での引越しの挨拶回りも、できるだけ当日中(引越し作業の前がベスト)に済ませておくと良いでしょう。

引越しの段取り|ステップ6
⑥引越し後の必要な各種手続きを済ませる

引越し作業が無事に終了してホッとひと息つきたいところですが、まだ忘れてはいけない大切なことが残っています。それは、「引越し後の各種手続き」。

まずは市(区)役所へ出向き、転入届や国民年金、国民健康保険などの必要な手続きを14日以内に済ませる必要があります。また、電気・水道・ガスなどの公共料金の利用開始手続きや、インターネット回線や固定電話回線の開通手続き、運転免許証の住所変更など、適宜必要な手続きを早めに済ませておきましょう

引越し前日までの段取り

それではまず、引越し前日までの段取りを細かく確認していきましょう。

1.旧居の賃貸契約の解約を済ませる

【PR】単身引越しやオフィス移転も信頼できる業者に依頼しませんか

店舗移転から自宅の引越し、大きな家具の移動など引越し業者を探しましょう。「引越しの準備から相談に乗ってくれる業者が見つかるかしら?」「ピアノの移動にはいくらくらかかるの?」そんなときこそ、信頼できる引越し業者が見つかるこちらのサービスがオススメです。

引越し業者登録数、日本最大級!かんたん・お得な見積もり体験を、ミツモアで。

ミツモア_引越し

\依頼者430,000人突破/

24時間依頼可能!0円で依頼し放題

 

  • ▼カンタン2分の操作で依頼完了!
  • ▼最大5名のプロから見積もりが届く。
  • ▼無料チャットで条件や料金を調整!
  • ※依頼完了後、いつでもキャンセル可能です
  • ※しつこい営業はありません

関連するキーワード


引越し準備

関連する投稿


引越し挨拶の粗品で喜ばれるもの10選!喜ばれないものやマナーも紹介

引越し挨拶の粗品で喜ばれるもの10選!喜ばれないものやマナーも紹介

あなたの第一印象を決める引越しの挨拶回りは粗品選びも重要です。記事では引越しの挨拶回りに喜ばれる粗品と喜ばれないもの、引越し挨拶のマナーを紹介していきます。気遣いを感じられるこだわりの粗品で印象アップを狙いましょう! 


引越し準備のチェックリスト!7つの時期にまとめてみた

引越し準備のチェックリスト!7つの時期にまとめてみた

引越しをする時にやるべきことはたくさんあります。目についたことから闇雲に手をつけてしまっては、やるべきことが混乱状態に。引越しを決めたらまずやるべきことを書き出して、チェックリストを作成してみましょう。引越し作業がスムーズに進むこと間違いなしです。


引越のコツを全部まとめてみたら5つだった

引越のコツを全部まとめてみたら5つだった

引っ越しが決まったけど、どこから手を付ければ良いのかわからないものですよね。荷造りが億劫でなかなか進まない……と思っている方も、もっと効率良く作業を進めたいなあ……と思う方にも知って頂きたい引っ越しのコツをご紹介します!


引越で冷蔵庫を準備する7つの方法。電源は前日?水抜きや運び方は?

引越で冷蔵庫を準備する7つの方法。電源は前日?水抜きや運び方は?

冷蔵庫の引越しをするとき、単純にコンセントを抜いてそのまま運んでしまえばOK!…というわけではもちろんありません。複雑な構造でその機能を保っている冷蔵庫だからこそ、必要な準備があります。冷蔵庫を引越しするために準備しておくべき7つの方法や注意点について紹介していきます。


エアコンは引越し先に持っていく?取り外しトラブルは?自分でできる?

エアコンは引越し先に持っていく?取り外しトラブルは?自分でできる?

エアコンの引越し作業は専門的な知識や技術が必要です。そのため、エアコンの引越しはプロの業者へ依頼をするのが得策と言えます。エアコンを引越しさせるための5つの手順や注意点を知り、エアコンを上手に引越しさせましょう。


 

ビジネスパートナー募集