暮らしのお悩み解決サイト

引越しの段取り5ステップを徹底研究

引越しの段取り5ステップを徹底研究

引越しはやることが多すぎて、何から手をつけて良いのかわからなくなりがち。スムーズな引越しを行うためには、引越し前から引越し当日、そして引越し後と、正しい段取りで計画的に進めていくのが正解です。 引越しの段取り5ステップを徹底研究し、スムーズで効率的な引越しを実現してみませんか?


「引越しをしたいけど、やることが多すぎて何から手をつけて良いのかわからない…」とお困りの方はいらっしゃいませんか? 引越しは、引越し前から引越し当日、そして引越し後と、正しい段取りで計画的に作業を進めていくのがオススメです。

引越しの段取り5ステップを徹底研究し、スムーズで効率的な引越しを実現しちゃいましょう!

引越しの段取りは5つ!

引越し作業は、大まかに分けて5つの段取りに分けることができます。引越しにおける5つの流れを理解し、効率良く引越し作業を進めてみましょう!

Getty logo

1.引越し業者を決める

引越しを決めたらまず、引越しの作業をお願いする引越し業者を決めましょう。引越し業者を上手に選ぶには、引越し一括見積もりサイトを利用するのがおすすめです。サイトから一括で引っ越し費用の見積りをとり、その中で費用が安かった2、3社の業者にしぼりこみしてから選ぶようにすると失敗が少ないでしょう

引越し業者を決めるときは、つい費用ばかりに目がいってしまいがちですが、作業品質やサービス内容もとても大切です。引越しを気持ちよく終えることのできるよう、口コミなども十分参考にし、トータル的にみて満足のできる業者選びができるよう心がけましょう

2.荷造りを始める

引越し業者が決まったら、早速荷造りを始めていきます。引越し業者がダンボールなどの梱包資材を準備してくれる場合は問題ありませんが、準備してくれない場合は、梱包資材を調達することからスタートです。大型で濡れていない綺麗なダンボール探す場合ドラッグストアに相談するのがオススメです。

ダンボールが調達できたら、「今すぐに使わないもの」から計画的に詰めていきます。本などの重いものは運ぶことを考慮して小さなダンボールへ。壊れやすい荷物には「割れ物」「下積み厳禁」などと明記しておくと安心です。
新居に着いたらすぐに使うであろう荷物(洗面用具、ドライヤー、衣類など)はまとめてわかりやすく目印をつけておきましょう

3.引越し前の必要な各種手続きを済ませる

引越し前に必要な手続きとして早めに済ませておきたいのが、「市(区)役所の手続き」。引越しで行う市(区)役所の手続きは、転出届や国民健康保険資格抹消の手続きが代表的です。引越し日の1、2週間前を目安に、早めに済ませておくと安心です
二度手間を防ぐために、手続きに必要なものを事前に確認し、しっかり揃えた上で出向きましょう。

そのほか、電気・水道・ガスなどの公共料金の利用停止手続きや、インターネット回線や固定電話回線の契約解除など、必要な手続きをノートなどにまとめておき、うっかり忘れてしまうことのないよう注意しましょう。

4.いよいよ引越しの当日!

さて、いよいよ引越しの当日です。引越し当日は慌ただしいため、事前に準備しておくべきものはしっかりと準備しておきましょう

■事前に準備しておきたいもの
例えば、お金(引越し費用、電気・水道・ガスの料金の精算が必要な場合はその費用など)、軽食、新居の間取り図や周辺の地図などです。そのほかガムテープやハサミを準備しておくと、引越し作業をするうえでなにかと便利です。

また、お世話になった旧居のお掃除、これからお世話になる新居のお掃除も忘れずに。適切なタイミングで行いましょう。新居での引越しの挨拶回りも、できるだけ当日中(引越し作業の前がベスト)に済ませておくと良いでしょう。

5.引越し後の必要な各種手続きを済ませる

引越し作業が無事に終了してホッとひと息つきたいところですが、まだ忘れてはいけない大切なことが残っています。それは、「引越し後の各種手続き」。

まずは市(区)役所へ出向き、転入届や国民年金、国民健康保険などの必要な手続きを14日以内に済ませる必要があります。また、電気・水道・ガスなどの公共料金の利用開始手続きや、インターネット回線や固定電話回線の開通手続き、運転免許証の住所変更など、適宜必要な手続きを早めに済ませておきましょう

 

引越し前日までの段取り

Getty logo

それではまず、引越し前日までの段取りを細かく確認していきましょう。

1.旧居の賃貸契約の解約を済ませる

旧居が賃貸契約の場合は、賃貸契約の解約を済ませておく必要があります。賃貸物件には「解約予告期間」というものが存在し、解約をするときには決められた期間(一般的には1カ月前)までに解約の通告を行わなければならないのです

この旧居の解約日と新居の契約日がうまく調整できないと、二重家賃が発生してしまう原因に。引越し日が確定したら、1日でも早く賃貸契約の解約を行いましょう。同時に駐車場などの解約も済ませておくと安心ですよ。

2.引越し業者を決める

引越し業者は一括見積もりサイトを利用して数社にしぼり、その中から本格的に選ぶのがおすすめ。見積もりを依頼する際に必要な情報は以下の通りです。

① 引越し日時

引越し日時を伝えます。月末月初や祝日、大安の日などは費用が高くなる傾向がありますので、可能であれば避けるようにしましょう。

② 引越し前の住所と引越し先の住所

引越し費用は距離にも左右されますので引越し前の住所と引越し先の住所が必要になります。同時に引越し先の情報(エレベーターの有無、トラックが駐車できるかどうかなど)も伝えておくと良いでしょう。

③ 荷物の量はどのくらい?

荷物の量によっても引越し費用は変わります荷物の量をできるだけ把握してから見積もりを依頼しましょう曖昧に答えてしまうと、結果として引越し費用を高くしてしまうことも。貴重品や美術品などがある場合は、オプションサービスが用意されていることもあります。
きちんと伝えておくことで、あとから思わぬ追加料金が発生することもありません。

3.引越し前の各種手続きをチェック

1、2週間前を目安に、引越し前の各種手続きを済ませておきましょう。

① 市(区)役所

市(区)役所では、まず「転出届(同一市区町村内への引越しの場合は”転居届”)」の手続きが必須です。転出届の手続きで発行される「転出証明書」は、引越し先の市(区)役所で転入届の手続きを行う際などにも必要になりますので、引越しの荷物に紛れてしまわないように注意しましょう。

また、国民健康保険に加入している場合は、その資格抹消手続きも必要です。そのほか印鑑登録の登録廃止手続きや、児童手当受給事由消滅届の提出所得課税証明書の発行など、必要な手続きを済ませておきましょう。

② 電気・水道・ガス

引越しが決まったら電気・水道・ガスの利用停止手続きを行いましょう。電話、もしくはインターネットから利用停止手続きをすることが可能です。電気は引越し当日までに、水道は3、4日前までに、ガスは1日前までに連絡をします

ただし、ガスの利用停止には閉栓作業の立会いが必要となりますので、引越しの多い時期には立会い日時が希望通りにいかないことも。引越し日時が決まっている場合は早めに連絡を入れ、立会い日時を予約しておくと安心です。

③ インターネット回線や電話回線など

そのほか、インターネット回線や電話回線の住所変更手続き、もしくは解約手続きなど、必要な手続きをノートなどに書き出し、やり忘れのないように整理しておきましょう新聞や定期的に頼んでいるサプリメントなどの住所変更手続きも忘れずに済ませておいてくださいね

引越し当日の段取り

Getty logo

引越し当日はバタバタです。段取りをしっかり把握し、スムーズに引越し作業を進めていきましょう。

1.手荷物の確認を

自分で運ぶ手荷物を最終確認しましょう。入れ忘れはありませんか? 引越し当日は人の出入りが多くなりますので、貴重品は身につけておくと安心です。現金やスマートフォン、必要であれば軽食を準備しても良いでしょう

2.電気・ガス・水道料金の精算

事前に連絡を入れておけば、電気・ガス・水道料金の精算を引越し当日にしてもらうことができます。引越し1週間前までには連絡しておきましょう。

後日の支払いを希望している場合は、新居へ請求がいくようにすることもできます。立会いがない電気、水道は、最後にメーターの数字をメモしておくと請求された金額と照らし合わせことができますので安心です。

3.ガスの閉栓作業の立会いをしましょう

あらかじめ予約しておいた時間に、ガスの閉栓作業の立会いをします。ガスの栓を止めてしまうとガスが一切使えなくなりますので、特に冬場は汚れた手を洗いたい時など不便を感じることも。なるべく引越し作業が終わる頃に予約をとっておくと安心です。

4.旧居の掃除も忘れずに

今までお世話になった旧居ですので、荷物を運びだしたら最後にきれいに掃除をするのも忘れずに。掃除機やぞうきんなどの掃除用具は、最後にトラックに積むようにすると良いでしょう。落とすことのできる汚れを落としておくことで、敷金の返金額が少し多くなることもあるかもしれませんよ

5.【重要】荷物が運び込まれる前に新居の掃除を!

旧居の掃除も大切ですが、これからお世話になる新居の掃除も忘れてはいけません。家具や荷物を運びこんでしまったらなかなか掃除をする機会のないような場所を重点的に掃除しておきます。

また新居を掃除をする目的は『元々付着している汚れやキズを確認するため』でもあります。汚れやキズを見つけたら、写真を撮って不動産会社へ連絡をのちのちトラブルに発展することを防ぐことができます

6.引越し業者に配置を細かく指示

荷物を載せたトラックが新居に到着したら、家具や家電などの配置を引越し業者の方に細かく指示を。家具や家電の配置を間取り図に書き込んだ「家具配置表」を用意し、引越し業者の方に渡しておくと無駄なく作業を進めることができます

7.荷物が揃っているかチェック!

荷物の運び込みが完了したら、荷物がすべて揃っているかチェックを。あらかじめダンボールに番号などを記入しておくと確認しやすいでしょう。また、荷物が破損していたり、キズがついていたりしないかどうかもあわせてチェックしておきましょう。

8.挨拶回りはなるべく急いで!

新居での引越しの挨拶回りはなるべく急いで済ませましょう。引越し作業は物音がしたり通路を塞いでしまったりと迷惑がかかりますので、当日の引越し作業の前までに済ませておくのが理想です

挨拶回りをする範囲は、集合住宅であれば両隣と上下階のお部屋、戸建てであれば向こう三軒両隣が一般的と言われています。遅くとも1週間以内には済ませましょう。

引越し後の段取り

Getty logo

引越しが終わってホッとするのも束の間、まだやるべきことが残っています。引越し後の段取りについてまとめていきます。

1.荷ほどきスタート!

運び込まれた荷物の整理を始めましょう。荷ほどきをする際、手当たり次第ダンボールを開けてしまっては非効率になってしまいますので、計画的にダンボールを開けていきます。

ダンボールは使用する部屋ごとに仕分け、すぐに使用するものから開封していくと効率的。翌日が休日ならその日は最低限でも良いかもしれませんが、面倒な荷物の荷ほどきも後回しにせず、早めに済ませてしまいましょう。忙しくてどうしても荷ほどきに手が回らない人は、引越し業者の有料の荷ほどきサービスを利用する手段もありますよ。

2.引越し後の各種手続きをチェック

① 市(区)役所の手続き

引越しが済んだらまず、市(区)役所「転入届」の手続きを。転入届の手続きは、引越しをしてから原則14日以内に済ませる必要があります。転入届の手続きをする際には、転出届の手続きで発行される「転出証明書」が必要となりますので忘れずに準備しましょう。

そのほか、国民健康保険の加入手続きや印鑑登録の手続き、国民年金の登録、児童手当の手続きなど、市(区)役所で行う必要な手続きは、一度で済ませられるようにしておくと良いでしょう。

② 電気・水道・ガスの利用開始手続き

電気・水道・ガスの利用開始手続きが済んでいない場合は、速やかに利用開始手続きを行いましょう電気、水道の利用開始には基本的に立会いは不要です。新居に備え付けられている「使用申込書」に記入をして投函するか、もしくはインターネットで利用開始の手続きを行うことができます。

ガスの利用開始手続きには立会いが必要です。そのため、引越し日が決定したら引越しの一週間前にはガス会社へ連絡をして、開栓の立会い日時の予約をとりましょう。特に3月、4月などの引越し繁忙期である時期には予約がとれない可能性もありますので、早めに予約をしておきましょう。

③ 住所変更の手続き

新居へ引越しをしたら、運転免許証、パスポート、クレジットカード、会員サービスなどの住所変更の手続きを速やかに済ませましょう。特に運転免許証などの身分証明書代わりになるものは早めに住所変更をしておくと安心です。

3.梱包資材の返却・処分

引越しの荷ほどきがすべて完了しても、いつまでもダンボールなどの梱包資材が家の中に置いてあったら、引越し気分が抜けませんよね。荷ほどきが済んだら速やかに梱包資材の返却、もしくは処分し、気持ち良く新生活を始めましょう

梱包資材は、引越し業者によっては回収サービスを用意していますので、引越し業者に連絡をして回収してもらうのが最も楽な方法でしょう。引越し業者に梱包資材の回収サービスがない場合は、資源のゴミの日にまとめて出すか、古紙回収業者や不用品回収業者を利用して処分すると良いですよ。

おつかれさまでした! これで無事に引越し完了です。素敵な新生活をおくってくださいね。

引越し業者としておくべき準備

Getty logo

次に、引越しをするにあたって、引越し業者と事前に確認しておくべき事項についてまとめていきます。

1.ダンボールの用意の可否、処分方法について

引越しで荷物を運ぶのに重要な役割をなすダンボール。ダンボールの用意の可否、またその処分方法について、引越し業者にあらかじめ確認しておきましょう。引越しをするのにまた必要なダンボールの数は、1人あたり約20個と言われています
用意してもらえる枚数も事前に確認しておくようにしましょう。

また、引越し業者が用意してくれる場合は、回収まで行ってくれるのが一般的。どのように回収を行ってくれるのか、回収方法についても詳細を確認しておきましょう。

2.荷造り方法について

荷造りのルールは引越し業者によって異なります。例えば、タンスの中身を空にすべきか、小型家電やパソコンなどの梱包はどうすべきかなど、荷造り方法について引越し業者に詳しく確認しておきましょう。

3.ピアノや大型家具の引越しについて

ピアノや大型家具を引越しする予定がある場合は、あらかじめ引越し業者の人に伝えておくと安心です重量があって大きな荷物は、階段やエレベーターの有無、ドアに通るか通らないかなど、状況によって運搬方法を適宜調整する必要があり、場合によっては追加料金が発生する可能性があるためです

事前に引越し業者へ伝えておくことで、見積もりの時点で料金が追加料金を含めた金額を出してもらえますので、のちのちトラブルに発展するのを防ぐことができます。

4.支払い方法について

引越し当日に慌ててしまうことのないよう、引越し費用の支払い方法についても事前に確認しておきます。クレジットカード払いや銀行振り込みに対応しているのか、支払いのタイミングはいつなのかなど、詳細を確認しておくことで、あらかじめ準備をしておくことができます。

5.オプションサービスについて

そのほか、ネット回線の配線サービスやエアコン取り付けサービス、荷造りサービスなど、各引越し業者では便利なオプションサービスが用意されています。自分の苦手な作業など、自分に合ったオプションサービスを利用し、理想的な引越しを実現しましょう。

引越しで気をつけたいこと

Getty logo

最後に、引越しをする上で気をつけたいことについて紹介していきます。失敗のないよう、最善の対策を!

1.荷物の量は意外と多い!

実際引越しをしてみると、荷物の量が想像よりも多く、ダンボールが足りない、もしくはトラックに載りきらないといった事態が起こることがあります。特に自分でダンボールを準備する場合は要注意です。

一般的には、ひとり暮らしの引越しの場合に必要なダンボールは15~20個、ファミリー(4人家族)の引越しの場合に必要なダンボールは50~60個とされています。引越し業者の方とよく相談し、失敗のないよう注意しましょう。

2.今、梱包すべきか再確認

せっかく梱包した荷物が引越し日までに必要になってしまい、仕方なくダンボールを開封しなければいけないことは、よくあることですさらにはどのダンボールに入っているのかわからなくなってしまい、たくさんのダンボールを開封するはめになることもあります

荷物を梱包するとき、本当に引越し日までに必要にならないかどうか再確認をしてから梱包を。いざというときのために、ダンボールの外側に、中に入っているものを記入しておくようにすると良いでしょう

3.粗大ゴミの処分の手配は済みましたか?

自治体による粗大ゴミの回収は、日時が決められています引越し繁忙期などで混み合っている場合は、回収日が2、3週間先になってしまうことも。引越しをするときに粗大ゴミの処分が必要な場合は、速やかに手配をしましょう。場合によっては不用品回収業者などを利用するのもおすすめです。

まとめ

やることが盛りだくさんで、頭の中がこんがらがってしまいがちな引越しにまつわるあらゆる作業。段取りをきちんと整理し、効率良く作業を進めていくことで、スムーズに引越しを終えることができます

引越しが済んだら、いよいよ新生活のスタートです。 引越しの作業をできるかぎりスムーズに完了させ、気持ちの良い新生活を迎えてくださいね!

 

関連するキーワード


引越し準備

関連する投稿


14日前から出せる転出届に期限は?転入届と合わせてまとめてみた

14日前から出せる転出届に期限は?転入届と合わせてまとめてみた

ほかの市区町村へ引越しをするとき、役所で行う「転出届」の手続き。この転出届、いつからいつまでの間に提出をするべきなのでしょうか? 転出届の提出期限や併せて済ませておきたい手続き、手続きの際の注意点についてまとめていきます。


引越しの挨拶回りで必須の粗品、喜ばれるもの10選と喜ばれないもの

引越しの挨拶回りで必須の粗品、喜ばれるもの10選と喜ばれないもの

あなたの第一印象を決める引越しの挨拶回りは、粗品選びが意外と重要です。引越しの挨拶回りの粗品として喜ばれるもの10選と喜ばれないものを紹介していきます。気遣いを感じられるこだわりの粗品を贈って、印象アップを狙いましょう! 


引越の食器の包み方11ステップ。梱包材の詰め方は?

引越の食器の包み方11ステップ。梱包材の詰め方は?

引っ越しの荷造りの中でも特に難しい「食器」「割れ物」を梱包するコツを解説しています。ワイングラスやきゅうす、ビンなどの梱包方法や、新聞が無い時の梱包方法、便利な梱包グッズなどの説明や、やってはいけない梱包方法もアドバイスしています。


引越し前日にする作業6つ。冷蔵庫や洗濯機はどうする?

引越し前日にする作業6つ。冷蔵庫や洗濯機はどうする?

引っ越し前日は、当日の作業をスムーズに進めるために抑えておきたいポイントがいくつかあります。ここでは、前日に済ませたい作業を6つにまとめてご紹介しています。また、引っ越しギフトの選び方も解説しているので、ぜひ参考にしてくださいね。


引越し祝いのお返し6選と返礼品のポイント8つ。のしは必要?

引越し祝いのお返し6選と返礼品のポイント8つ。のしは必要?

引越し祝いのお返しは、引越し作業がひと段落ついたらやっておきたいことのひとつ。引越し祝いのお返しには適したタイミングとマナーがあります。気にかけてくださった周囲の方々に感謝の気持ちを込めて、相手の方に喜ばれる引越し祝いのお返しをしてみませんか?


最新の投稿


ノミを完全に退治する方法6つとおすすめスプレーランキングTOP15

ノミを完全に退治する方法6つとおすすめスプレーランキングTOP15

ノミ対策で困っている方に、ノミを退治する方法をお教えします。また、ノミの駆除や予防するための室内用のスプレーや、犬の散歩前にノミがつかないようにするスプレー、ネコのためのノミ予防スプレー、人間のためのノミ避けスプレーをご紹介します。


着なくなった洋服の処分方法6つと服を捨てる7つのメリット

着なくなった洋服の処分方法6つと服を捨てる7つのメリット

いらない洋服の処分方法について解説しています。無料で捨てられる方法や、買取や下取りでお金になる処分方法から、古着で寄付をする方法まで6つのやり方を説明しているほか、服を捨てるとどのような良いことがあるか7ポイントに分けて紹介します。


失敗したくない!シマトネリコの剪定方法16ステップ

失敗したくない!シマトネリコの剪定方法16ステップ

シマトネリコ(タイワンシオジ)の剪定方法について、簡単にできるやり方を解説しています。また、剪定に必要な道具や薬剤、剪定時期について説明しているほか、シマトネリコの害虫の特長と退治する薬についても調査しました。


自宅で洗える?23種類のコート別洗濯方法と生地7種類の洗濯時の注意点

自宅で洗える?23種類のコート別洗濯方法と生地7種類の洗濯時の注意点

レザーコートや毛皮のコート、モッズコートやミリタリージャケット、そして冬の定番ダウンコートやダッフルコートなど、さまざまなタイプのコートの洗濯方法と注意点について解説しています。また、ウールや羽毛、綿、ポリエステルといった素材別の洗濯での注意点も説明しています。


ウールを縮ませないで自宅で洗濯する方法6ステップ

ウールを縮ませないで自宅で洗濯する方法6ステップ

ウールのセーターやカーディガン、マフラーやガウンコートなど、ウール製品を自分で洗う場合について解説しています。洗剤の選び方や水温、脱水方法、干し方について解説しているほか、万が一縮んでしまった場合の対処方法についても紹介しています。


 

 

ビジネスパートナー募集