暮らしのお悩み解決サイト

湿気を取る簡単ですぐできる16の方法

湿気を取る簡単ですぐできる16の方法

新聞紙や塩、重曹など、家の中にあるグッズで簡単にできる除湿方法や、家電を使用する除湿方法など、さまざまな除湿方法を調査しました。また、除湿機や換気扇、布団乾燥機などが1時間あたりいくらの電気代になるかも計算しています。


梅雨時や秋の長雨のシーズンなど、家の中が湿気っぽくなる時はカビが生えないよう要注意です。しかし、いくら気をつけてと言っても、ずっと部屋にクーラーをつけておくわけにもいきませんよね。なるべくお金がかからないコスパの良い除湿方法は無いものでしょうか
今回は、さまざまな除湿方法について調べてみました。

家にあるもので湿気を取る6つの方法

Getty logo

1 乾燥剤

海苔やお菓子、お茶などに入っているシリカゲルは再利用可能な乾燥剤です。もちろん購入する事もできますが、お菓子に入っている物を集めておくだけでも1年もすればそれなりの量になります。

■シリカゲルの給水済みの合図
シリカゲルは青い塩化コバルトが、ピンク色になってきたら湿気を吸っているという合図です

■シリカゲルを再利用する準備
湿気を吸ったシリカゲルを袋から出して、フライパン(100円均一で食用でない物を用意するのがオススメです。)で弱火で熱して水分を蒸発させましょうピンク色が青色に戻ったら完成ですので、粗熱を取って容器や袋に入れて再利用してください。

シリカゲルそのものは毒性はありませんが、身体にとっては異物であることには変わりないので、子どもやペットが間違って食べてしまったりしないようにしましょう。

シリカゲルと同じように除湿剤として使われるのが、【石灰乾燥剤】です。使用後の切開乾燥剤は再利用はできませんが、土に混ぜて肥料にするのがオススメです。酸性になっていた土が、アルカリ性の石灰の作用で中性寄りになりますよ。

2 炭

炭の除湿効果は、テレビなどでもよく取り上げられますよね。質量がそれなりにありますので、インテリアの一部として上手く取り入れる事が出来る場合は特に有効な手段といえるかもしれません。


炭は小さな穴が無数に開いているので、その穴で水分を吸ってくれるのです。木炭や竹炭など、炭であれば種類を問わず除湿効果があります一番手軽に入手できるのは、バーベキュー用の炭ではないでしょうか

炭の分量によって、湿度をどれだけ吸ってくれるかが変わってきます。一般的に、6畳間を除湿しようとした場合、10キロの炭が必要と言われています。部屋の中に10キロの炭を置くスペースは無くても、小分けにしてクローゼットの中や下駄箱の中に入れることは可能ですよね

■炭を再利用する場合
炭を再利用する時は、鍋に水を入れて沸騰したら10分から15分ほど煮立たせましょう。炭の細かい穴の中に入った汚れを取ることで、3ヶ月から半年程度、使用し続けることができます

炭はさわると黒い粉が手についたり、パラパラとカケラが落ちたりします。置き場所によっては汚してしまうことにもなるので、入れ物に入れたり、布で包んだり、下に敷物を敷くなどして工夫してください。

3 重曹

エコ洗剤と言われる重曹ですが、実は消臭効果や除湿効果もあるんです。重曹をこぼれない容器や、袋状にしたキッチンペーパーなどに入れて、下駄箱などに入れておきましょう。シリカゲルのような高い除湿効果ではありませんが、消臭効果もあるので、ニオイと湿度が気になる場所に使用できます。

サラサラの重曹が、固まったら交換するタイミングとなります。

4 盛り塩

盛り塩は日本料理店などのドアの前でよく見かけますが、家の中で盛り塩をすることで、湿度を吸ってくれる効果があります

プラスチック容器に薬品が入っていて、入れ物に水がたまるタイプの除湿剤がありますが、あの成分が実は塩化カルシウムという【塩】でできているのです。塩化カルシウムは、食品添加物としてチーズや豆腐の中に入れることもあるので安全な物質です。また、冬場に道路が凍結してしまわないように道に撒いたりすることもありますよね。

塩にはこのように除湿効果があるので、市販の湿気取りの入れ物に、塩化カルシウムではなく料理で使用する塩を入れておいても水がたまります塩が湿気を吸ったら、フライパンで乾煎りすれば湿気が飛びますので、再利用できます

5 コーヒーの出し殻

コーヒーを出し終わった後の出し殻は、消臭作用があるため戸棚などに入れている人も多いことでしょう。コーヒーの出し殻は、ニオイを吸ってくれるだけでなく、湿度も吸ってくれます。水分を吸ってしまったコーヒーの出し殻は、弱火でフライパンの上で乾煎りすることで、再利用できますが、だんだんと効果は薄れてきます。

コーヒーの出し殻が固まってきたり、再利用しても効果が見られなくなったら、燃えるゴミとして捨てましょう。

6 新聞紙

昔はよく床板と畳の間に新聞紙を敷きましたが、それ以外にもタンスや引き出しの下に敷いて、湿度を吸わせることもができます。また、湿気がこもりがちな下駄箱ですが、靴の中にクシャクシャにした新聞紙を入れておくことで湿気を取ることができます。

また、梅雨時や台風シーズンに洗濯物を部屋干しする時に、クシャクシャにした新聞紙を丸めていくつも置いておくと新聞紙が湿度を吸ってくれます

気をつけなくてはいけないのが、湿った新聞紙は早く取り除いて捨てることです。湿気を吸った新聞紙をそのままにしておくと、今度は新聞紙のほうが湿度を外に放出してしまうので気をつけましょう。

除湿グッズで湿気を取る3つの方法

Getty logo

1 除湿剤を家中に置く

押入れや、クローゼットなどに入れておくことで、湿度を吸ってくれるグッズです。乾燥剤と中身はほぼ一緒ですが、食べ物に使用されるものを「乾燥剤」、部屋に置くものを「除湿剤」と区別するケースが多く見られます。

例えば、ロングセラー商品の「ドライペット」は1981年から、「水とりぞうさん」は1982年から販売されている人気商品です。下駄箱や流し台の下、洗面台の下、押入れなどに入れておくと、水を吸った塩化カルシウムが水分となって容器の下の部分にたまるという仕掛けになっています。

25度で湿度80パーセントの場合、約半年で400から420ミリリットルの容器がいっぱいになります。容器1個分の除湿スピードには限界があるので、もっと除湿したいと思った時には、個数を増やしてみましょう。

2 布団用のシリカゲル入り除湿マットを使用する

寝る時に、シーツや布団はサラッとしていないと気持ち悪いですよね。特にマンションは床下の湿気が出て行く場所がないので、敷布団の湿度がこもりがちです。そんな時に使ってほしいのが、敷布団の下に敷く【シリカゲル入り調湿シート】です。

ベッドの場合は、マットとベッドパットの間に敷くと寝汗を吸ってくれます。湿気を吸った時には、色がピンク色に変わるので、布団乾燥機をかけたり天日干しをしたりして湿気を取り除いてください

3 シートタイプの除湿剤を入れる

1980年代前半から販売されるようになった除湿剤ですが、タンクタイプやシートタイプ、押し入れ用や下駄箱用など、さまざまな形のものが増えました。押入れや引き出しに、防虫剤のように使用できる除湿剤は、湿気による服の黄ばみを予防してくれます。

タンクタイプの除湿剤を入れられない場所でも、シート状であれば場所を選ばず使えますね。服のポケットに入れておくのもオススメです。

家事のひと工夫で湿気を取る3つの方法

Getty logo

1 収納棚の扉を開けて換気

雨が降り続いている日に、収納棚をずっと閉め切っていると、中の物がカビてしまいがちです。湿気が気になってきたら、扉を開けて扇風機やサーキュレーターなどで空気を入れ替えましょう。

除湿するには、空気の入れ替えが基本です。ただ扉を開けているだけでも効果がありますが、湿った空気は下に落ちるので、床の部分を中心に空気を送り込むとより効果的です。

いつも扉をあけておくのも危ないのであれば、収納棚に新聞紙を敷いてから物を置いたり、スノコを敷いたりしても良いでしょう。

2 布団は定期的に干す

雨が続いて布団が外に干せなかっがら、布団乾燥機で布団に空気を入れましょう。布団乾燥機と言えば、気になるのが消費電力ですよね。

例えば、アイリスオーヤマの布団乾燥機カラリエの場合、消費電力は560Wです。1時間つけておくと、14.56円になる計算です。これは2017年に発売されたエアコン「白くまくん RAS-AJ22G」の消費電力580Wよりも少し少ない値なので、ほぼクーラーを使用しているのと同程度と考えて良いでしょう。

しかし、クーラーと違う点は、直接布団を乾燥する効果が高いということと、短時間でも効果が見られるということです。毎日15分間だけでも布団乾燥機をつけていれば、かなり寝汗を取ることができますよ。

3 靴は湿気を飛ばしてから収納

外から帰ってきたら、すぐに靴を下駄箱に入れていないでしょうか。1日のうちに足の裏から出る汗の量は、コップ一杯分と言われています。

それだけ汗を吸ってしまった靴を、何の湿気対策もせずにすぐ下駄箱に入れてしまうと、下駄箱の中が汗のニオイと湿気で大変なことになってしまいます。

一日履いた靴は一晩干してからしまいましょう。

靴は連続して履くと早く傷んでしまうので、毎日同じ靴を履くのは避けたほうが良いですよ。

家電で湿気を取る4つの方法

Getty logo

エコな除湿も良いけれど、雨続きで洗濯物や部屋を一気にカラッとさせたい!という場合は、やはり家電の力をかりましょう。電気代が気になったので、それぞれの電気代も計算してみました。

1 布団乾燥機

人は一晩で、コップ1杯から1.5杯程度の寝汗をかくと言われています。そのままにしておくと、布団が水分を吸ったままなので、いつまでたっても気持ち悪い状態が続いてしまいます。そんな時に使ってほしいのが、布団乾燥機です。

ベッドの場合、マットレスを天日乾燥させることは難しいのですが、乾燥機を使用すれば問題解決です。ダニなどの害虫がいる場合も、布団乾燥機の熱が効果的ですよ。

布団乾燥機は電気代が高くかかるイメージですが、どの程度の料金なのでしょうか。消費電力は東の50ヘルツの場合は655W、消費電力が60ヘルツの西の場合は645Wとなっています。

東では1時間つけると、
655w ÷ 1000 × 1時間 × 26円 = 17。03円
17円ほどになります。

西では1時間つけると、
645w ÷ 1000 × 1時間 × 26円 = 16。77円
になるので、東京よりも若干安くなります。

布団乾燥機は一日中つけているものではなく、30分から長くても3時間ほどが平均的でしょう。「象印 マット・ホース不要布団乾燥機 RF-AB20-CA」はタイマーがついていて、90分までは15分刻み、その後は120分、180分のタイマーとなっています。

タイマーの最大限である3時間つけても、東京で51.09円、大阪で50.31円です。

2 除湿機

湿度を取ってくれる家電と言えば、何と言っても【除湿機】の右に出るものはありません。洗濯物を干す時にも大活躍しますし、お風呂場や洗面所の湿気が気になっている場合でも短時間で乾燥した状態にしてくれます。

「シャープ プラズマクラスター除湿機」の場合、消費電力は270Wなので、1時間つけていると、
270w ÷ 1000 × 1時間 × 26円 = 7.02円
というように10円もかかりません。寝る間だけ干していても、8時間として56.16円なので100円もかからない計算になります。

エアコンの約半分の電気代で、洗濯物や室内を乾燥させてくれるのであれば、時間や使用シーンを考えてじょうずに使いたいですよね。

3 サーキュレーターや扇風機

サーキュレーターと扇風機、どちらも羽が回って風を送り出すものですが、何が違うのでしょう?実は、使う目的が違うので微妙に機能も違うんです。

サーキュレーターは、空気の流れを作るためのものです。空気の通りを良くするために、飲食店や熱がこもりがちな部屋などでよく使用されています。

一方、扇風機は、部屋にいる人を涼しくするためのもので、心地よい風を送ることを心がけています。

似ていますが使い道が違うんですね。湿気った空気を床下にたまらせないようにしたり、部屋から湿度を含んだ思い空気を出したりするには、どちらを使用してもかまいません。

「アイリスオーヤマ サーキュレーター 静音 首振り ~8畳 ホワイト PCF-HD15-W」の電気代を調べてみましょう。

●首振り固定
首を振らないで固定している時は、関東の場合、弱11W、中21W、強29Wの3三階になっています。
11w ÷ 1000 × 1時間 × 26円 = 0.286円
21w ÷ 1000 × 1時間 × 26円 = 0.546円
29w ÷ 1000 × 1時間 × 26円 = 0.754円
というように、関東で一番強いモードで1時間つけていても、1円になりません。

関西の場合、同じく首を振らない倍は、弱10W、中20W、強27Wの3段階になっています。
10w ÷ 1000 × 1時間 × 26円 = 0.26円
20w ÷ 1000 × 1時間 × 26円 = 0.52円
27w ÷ 1000 × 1時間 × 26円 = 0.702円
というように、関西で一番強いモードで首を動かさずにつけていても、1円になりません。

●左右首振り
関東の場合、首を左右に振っている時は、弱14W、中23W、強31Wの3段階になっています。
14w ÷ 1000 × 1時間 × 26円 = 0.364円
23w ÷ 1000 × 1時間 × 26円 = 0.598円
31w ÷ 1000 × 1時間 × 26円 = 0.806円
というように、関東で首を左右に振るモードで最強にしていても、1時間1円かかりません。

関西の場合、首を左右に振っている時は、弱12W、中21W、強29Wの3段階になっています。
12w ÷ 1000 × 1時間 × 26円 = 0.312円
21w ÷ 1000 × 1時間 × 26円 = 0.546円
29w ÷ 1000 × 1時間 × 26円 = 0.754円
というように、関西で杭を左右に振るモードで最強にしていても、1時間1円かからないことがわかりました。

「アイリスオーヤマ サーキュレーター 静音 首振り ~8畳 ホワイト PCF-HD15-W」は、左右に首を振るだけでなく、6段階に角度調節ができるので、真上に送風といったことも可能です。扇風機は真上に向けられる機種はなかなか無いので、サーキュレーターならではの仕様と言えるでしょう。

一方、扇風機も負けていません。扇風機にはACタイプとDCタイプがあり、DCタイプのほうが本体の値段は高いのですが電気代はとても安く済みます。強さは12段階ありますが、どれも消費電力は20Wなので、
20w ÷ 1000 × 1時間 × 26円 = 0.52円
と、強くしていても、1時間に1円もかかりません。

扇風機をつけない時には待機電力が0.2Wかかります。
0.2w ÷ 1000 × 1時間 × 26円 = 0.0052円
扇風機の連続使用は危険ですので、理論上だけの話ですが、10日間、扇風機をコンセントをつけてずっと待機させておくと1.248円かかる計算です。

4換気扇

キッチンは熱や湿度がこもりやすい場所なので、熱中症にも要注意です。キッチンは火を使ったり、物を刻んだりするので、扇風機のような強い風は使用できません。そんな時に使用してほしいのが、換気扇です。換気扇をつけることで、調理などで出た湿度を部屋の外に出しましょう。

「Panasonic (パナソニック) フィルター付換気扇 FY-25PH5」の電気代を計算してみましょう。弱で20W、強で25wの消費電力なので、弱(20w)にして1時間つけていると、
・20w ÷ 1000 × 1時間 × 26円 = 0.52円
というように1円もかからないのがわかります。

強にしてつけていても、
25w ÷ 1000 × 1時間 × 26円 = 0.65円
なので、1円かかりません。1日中、強でつけていても15.6円と非常に換気扇の電気代は安いことがわかりました。

キッチンは水を多く扱う場所なので、湿気がこもらないように気をつけたいですよね。

電気料金の計算方法

家電の電気代が気になるけれども、どの数字を見て計算すれば出せるのか、家電を見ただけではわかりませんよね。扇風機やクーラー、ドライヤーなどの電気代を知りたい時は、自分で計算して簡単に算出することができます。

電気料金の計算式は、
●消費電力(w) ÷ 1000 × 時間 × 1kWhあたりの電力量料金 = 電気料金
で計算できますので、とても簡単です。

消費電力の所に、家電にかかれている数を入れます。100Vなどと書かれている電源と間違えないようにしましょう。

1kWhあたりの電力量料金は、ここでは【26円】としています。東京電力の【従量電灯プランB】で、契約容量が【30A(アンペア)】の時に、【120から300kWh】使った時の1kWhあたりの料金が、【税込26円】というのを元にしています。

自分の家の請求書を片手に、「東京電力エナジーパートナー 料金単価表」のページでチェックしてみましょう。

50Hzと60Hzの違い。

静岡県の富士川と、新潟県の糸魚川を堺にして、
・東は50ヘルツ
・西は60ヘルツ
という分け方になっています。

これは、明治時代にドイツ製の発電機を採用した東京が50ヘルツ、アメリカ式の発電機を採用した大阪が60ヘルツとなっており、いまだにそれが続いているというわけです。

まとめ

さまざまな除湿方法を調査しましたが、いかがでしたか?除湿方法は、一つの方法だけに頼るのではなく、場所によって使い分けるのがオススメです。布団やベッドは、布団乾燥機を短時間でもかけることでサラッとさせましょう。

そして、寝汗をシリカゲル入り除湿マットに吸わせることで、効果的に湿度を寝床から排出できます。

下駄箱や流し台の下など、扉を閉められる空間であればタンク型の除湿剤が使用できます。棚板に新聞紙を敷くと、汚れ防止と除湿に効果があります。梅雨時や台風の時などは、家電をうまく使い分けて、短時間でサッと乾燥させるのも大切ですね。

関連する投稿


お風呂・浴槽の掃除方法8ヶ所!重曹が効果的?水垢・カビは?

お風呂・浴槽の掃除方法8ヶ所!重曹が効果的?水垢・カビは?

浴槽掃除などをしばらくしていない方もいるでしょう。しかし、浴槽掃除などをしないと様々な汚れやカビが生えお風呂は汚れる一方です。今回は、汚れやカビが生えたお風呂をキレイにする掃除方法をご紹介します。


水垢の簡単掃除方法8選!風呂・キッチンシンク・加湿器などの汚れも綺麗に

水垢の簡単掃除方法8選!風呂・キッチンシンク・加湿器などの汚れも綺麗に

掃除の中でも、"水回りの掃除をするのが嫌い!"と答える方は多いでしょう。しかし、水回りの掃除を怠ると水垢汚れがたまっていきます。今回は、水垢掃除が嫌いな方でも「簡単にできる掃除方法」をまとめました。


鏡の掃除方法4ステップでウロコ状汚れを綺麗に!必要な道具や洗剤は?

鏡の掃除方法4ステップでウロコ状汚れを綺麗に!必要な道具や洗剤は?

鏡は汚れが付着しやすく、白いウロコ汚れが目立ちます。鏡に付着する汚れの種類や、鏡を簡単に掃除する方法、また、毎日の掃除が面倒だという人のために可能な限り鏡が汚れないようにするための予防方法も解説します。


中性洗剤の商品種類10個と掃除のときの使い方

中性洗剤の商品種類10個と掃除のときの使い方

住宅を掃除する際に欠かせない洗剤は、酸性、中性、アルカリ性などいくつかの種類に分類されることが特徴です。特に使用されるケースが多い中性洗剤について成分や特徴を解説し、掃除する場所ごとに最適な洗剤も紹介します。


重曹風呂の効果と作り方・注意点7個!風呂釜掃除にも使える?

重曹風呂の効果と作り方・注意点7個!風呂釜掃除にも使える?

コスパが良いことで知られている重曹ですが、風呂に入れて入浴することもできます。通称、「重曹風呂」と呼ばれており様々な効果があるようです。今回は、重曹風呂の効果や作り方・注意点などをチェックしましょう。


最新の投稿


お風呂・浴槽の掃除方法8ヶ所!重曹が効果的?水垢・カビは?

お風呂・浴槽の掃除方法8ヶ所!重曹が効果的?水垢・カビは?

浴槽掃除などをしばらくしていない方もいるでしょう。しかし、浴槽掃除などをしないと様々な汚れやカビが生えお風呂は汚れる一方です。今回は、汚れやカビが生えたお風呂をキレイにする掃除方法をご紹介します。


水垢の簡単掃除方法8選!風呂・キッチンシンク・加湿器などの汚れも綺麗に

水垢の簡単掃除方法8選!風呂・キッチンシンク・加湿器などの汚れも綺麗に

掃除の中でも、"水回りの掃除をするのが嫌い!"と答える方は多いでしょう。しかし、水回りの掃除を怠ると水垢汚れがたまっていきます。今回は、水垢掃除が嫌いな方でも「簡単にできる掃除方法」をまとめました。


鏡の掃除方法4ステップでウロコ状汚れを綺麗に!必要な道具や洗剤は?

鏡の掃除方法4ステップでウロコ状汚れを綺麗に!必要な道具や洗剤は?

鏡は汚れが付着しやすく、白いウロコ汚れが目立ちます。鏡に付着する汚れの種類や、鏡を簡単に掃除する方法、また、毎日の掃除が面倒だという人のために可能な限り鏡が汚れないようにするための予防方法も解説します。


シンクの掃除方法5ステップ!必要な道具は?頻度は毎日がおすすめ?

シンクの掃除方法5ステップ!必要な道具は?頻度は毎日がおすすめ?

食材を扱う場所であるキッチンは可能な限り清潔な状態にしておきたいものです。シンクは汚れが付着しやすく、蓄積しやすい場所でもあります。シンクの基本的な掃除方法やサビの除去方法や汚れを予防するための注意点を解説します。


網戸掃除の簡単な方法5ステップ!洗剤やカビ取りは?おすすめ頻度

網戸掃除の簡単な方法5ステップ!洗剤やカビ取りは?おすすめ頻度

網戸掃除はハードルが高いと考えがちですが、実際には簡単に掃除をする方法もあるのです。簡単な網戸掃除の方法や必要な道具、さらにカビや窓枠の掃除方法について紹介します。また、網戸の汚れを防止するための方法やコツについても解説します。


ビジネスパートナー募集