暮らしのお悩み解決サイト

ノズルが汚すぎる?トイレのノズルを掃除する5STEP

ノズルが汚すぎる?トイレのノズルを掃除する5STEP

今やわたしたちの生活で欠かせないもののひとつとも言える温水洗浄便座。実はこの温水洗浄便座の温水が出てくるノズルの部分、ちょっと見ないうちに黒ずみ汚れが…なんていうこともある要注意な部分であることをご存知でしたか? トイレのノズルを掃除する5ステップを知り、いつでも気持ちの良い温水洗浄便座を目指しましょう!


海外では治安や水質の問題でなかなか普及しない温水洗浄便座ですが、日本ではきれい好きな国民性も手伝って、温水洗浄便座の普及率は約80パーセントに達しています。今やわたしたちの生活で欠かせないもののひとつと言うことができます。

ところでみなさんは、温水洗浄便座で温水が出てくるノズルの汚れをチェックしたことはありますか? 実はこのトイレのノズル、ちょっと見ないうちに黒ずみ汚れが…なんていうこといてもある要注意な部分なんです!
トイレのノズルを掃除する5ステップを知り、いつでも気持ちの良い温水洗浄便座を目指しましょう!

トイレの汚れを放置するとヤバイ理由

Getty logo

トイレの汚れを放置しておくときっと酷いことになるんだろうと大体予測はつきますが、では具体的にどのような状態になってしまうのでしょうか。トイレの汚れを放置して行く末にいてみていきましょう。

1.どんどん頑固で落ちにくい汚れに…

トイレの汚れには3つの種類があります。これらの汚れはいずれも放置しておくとでどんどん頑固に、どんどん落ちにくくなっていきますので注意が必要です。

では、トイレ汚れには具体的にどのような汚れがあるのでしょうか。トイレ汚れの種類について紹介していきましょう。

① 尿石汚れ(黄ばみ汚れ)

尿石汚れとは、その名前に「石」がついているため想像に容易いかとは思いますが、トイレの天敵とも言えるとても頑固な汚れです。ちょうど歯ブラシで簡単に落とせない歯の歯石と同じように、尿石汚れも磨いただけでは簡単に落とせません。

体内から排出された尿には、身体から排出されたカルシウムが含まれており、空気や水の成分とくっついて石のように変化します。毎回トイレを流しているつもりでも、おもわぬところに飛び跳ねて付着した尿のしぶきが時間をかけて頑固な尿石汚れとなってしまうのです。

② 黒ずみ汚れ

主にトイレの水が溜まっている部分に見かけることのある、黒い線。これがトイレの黒ずみ汚れです。このトイレの黒ずみ汚れは、ホコリやカビなどの微生物が原因。水垢汚れと混じることでさらに落ちにくい頑固な汚れへと進化してしまいます。

また、トイレの黒ずみ汚れの原因には、もうひとつの可能性もあります。それは、「鉄分」。水道水には水道管が錆びることによって多くの鉄分が含まれていることがあり、鉄分が水垢汚れに混じって酸化し、黒ずみ汚れとなってしまいます。

③ 水垢汚れ

水垢汚れとは、水道水に含まれるミネラル分が乾いて固まったもの。水回り特有の汚れです。使用するたびに濡れたり乾いたりしているうちに、空気中の酸素や二酸化炭素がミネラル分と結合して頑固な水垢汚れへと変貌していきます。

トイレの中では蛇口の部分や手洗い器付きタンクの部分によくでき、色は白くてザラザラしています。長い間放置して白く固まってしまった頑固な水垢汚れは、こすってもこすってもなかなか落ちない厄介な汚れへと変化し、わたしたちを困らせるのです。

2.くさ~いトイレへと大変身!

トイレの汚れを放置しておくと、ついにみなさんが知っている、あの手の行き届いていない公衆トイレのツーンとした、くさ~い臭いを放ち出します。

このくさ~い臭いの正体は、尿や尿石などに雑菌が繁殖したことが原因のアンモニア臭。放置しておくことで尿や尿石の成分が腐敗し、バクテリアが増殖、結果としてくさ~いトイレへと大変身してしまうのです。湿度の高い夏場や梅雨時期には特に要注意ですよ。

3.トイレのノズルに…カビ!?

① トイレのノズルって?

海外では治安や水質の問題でなかなか普及しない温水洗浄便座ですが、日本ではきれい好きな国民性も手伝って、約80パーセントのご家庭で「ウォシュレット」や「シャワートイレ」などの温水洗浄便座が使用されています。この温水洗浄便座で温水が出てくるところが、「トイレのノズル」です。
実はこのトイレのノズル、ちょっと見ないうちに黒ずみ汚れが…なんていうこともある要注意な部分なんです! 

② ノズルの汚れの正体

それではなぜトイレのノズルは汚れてしまうのでしょうか。ノズルの黒ずみ汚れの正体は、「水垢」と「カビ」。おしりを洗浄しているときに跳ね返った汚水がノズルに付着したり、立ち小便をしているときに跳ね返った汚水がノズルに付着したりするのが繰り返されて汚れが蓄積し、水垢が付着してカビが発生してしまうのです。

③ トイレのノズルはカビや大腸菌の温床!

トイレのノズルは掃除をしないとカビや大腸菌の温床です。なぜなら、温水タンク内の水温が36度~38度に保たれることで塩素が蒸発し、菌が繁殖しやすい環境を作り上げてしまうため。温水洗浄便座ならではの特徴が、カビや大腸菌などの有害な細菌の温床を作り上げてしまっているのですね。

④ デリケートな部分に当てると危険?

トイレのノズルにカビが発生すると聞いてぞっとした方も多いと思います。温水洗浄便座はデリケートな部分に当てて使用するものですから、不安になって当然です。

実は、温水洗浄便座が原因で病気になったという報告は現在ありません(安心しても良いかどうかは悩ましいところですが…)。しかし、ウォシュレットは本来、「きれいにしてくれるもの」ですよね。
「きれいにしてくれるもの」が汚れていると、いくら大丈夫と言われても、どうしても気になってしまいませんか?

トイレのノズル掃除5つの手順

Getty logo

それでは早速、トイレのノズル掃除をするための手順をみていきましょう。トイレのノズル掃除は5つの手順で行います。

1.ノズルを出す

温水洗浄便座には、ノズルが出てくるタイプと出てこないタイプがあります。ご使用の温水洗浄便座が、ノズルが出てくるタイプでしたら、説明書で確認しながら正しい方法でノズルを出しましょう。「ノズルお掃除機能」が備わっている温水洗浄便座であれば、そのスイッチボタンを押せばOK。

もしご使用の温水洗浄便座が、ノズルが出てこないタイプでしたら、ノズルの先端部分にある突起を手前に引っ張り出してノズルを引き出します。このとき、ゴム手袋などを着用するのを忘れずに。

ノズルを引っ張り出しても中に引っ込んでしまう場合は、温水洗浄便座の洗浄ボタンを押し、ノズルが出てきた瞬間にコンセントを引っこ抜くことでノズルが出た状態で止めることができます。

2.水拭きする

柔らかい布を使ってノズルを水拭きしましょう。汚れが少ない場合はこの作業だけで十分きれいになるはずです。このとき、力を入れ過ぎてしまうとノズルが折れてしまいますので注意が必要。あくまでもやさしく拭きとりましょう。

歯ブラシは細部にまで届きやすく、ノズル掃除でも役立ちます。ただし、歯ブラシでゴシゴシこすってしまうとノズルに小さなキズがつき、そのキズに汚れが溜まりやすくなってしまい、逆効果。歯ブラシを利用してノズルの掃除をする場合は、ブラシの柔らかいものを選び、やさしくこするようにしてくださいね。

3.落ちない汚れは洗剤を使用して

もし汚れがひどくて水拭きだけでは落ちないという場合は、洗剤を使用するのがおすすめ。洗剤は、市販されているノズル専用のクリーナーを使用するか、トイレ用中性洗剤を薄めて使用しましょう。ここでも汚れが落ちないからといって力の入れ過ぎは禁物。無理に引っ張ったり、回したりするのもNGです。

4.それでも落ちない汚れには洗剤を塗布して放置!

洗剤を使っても落ちなかった汚れには、洗剤を塗布して「放置する」のが効果的。洗剤を汚れにしっかりと浸透させることで、落としやすくなります。10分程度放置しておくのが理想的ですが、10分経たないうちにノズルが戻ってしまう機種もありますので、設定を確認してから行いましょう。

5.ノズルを元に戻す

最後に、ノズルを元に戻してお掃除完了です。説明書を確認しながら正しい方法でノズルを収納してあげてくださいね。

普段からできるお手入れ方法

Getty logo

どんな場所の掃除でも、普段からきちんとお手入れしておくことで、お掃除が楽になります。もちろんトイレのノズル掃除も例に漏れません。普段からきちんとお手入れをし、お掃除のときの負担を減らしましょう。

1.とにかく放置しない!

ノズル掃除の負担を減らすには、とにかく放置しないこが大切。どんな汚れでも、放置することでより頑固で落ちにくい汚れに進化してしまうのです。頑固な汚れになってしまう前に、こまめなケアを心がけましょう。

2.トイレ掃除用のシートを利用してささっとお手入れ

普段から簡単・手軽にノズルをお掃除する方法としてあげられるのが、トイレ掃除用のシートを利用したお掃除。手軽なトイレ掃除用シートなら、ウォシュレット使用後や日常的な掃除のタイミングでささっとお手入れすることが可能です。

3.1週間に1度程度のお掃除が理想

さて、では一体どのくらいのペースでノズルのお掃除をしておけば良いのでしょうか。2014年ライオンの調査では、ノズルのお掃除を日常的に行っているという方は温水洗浄便座保有者の約45%。つまり、約半数の方がノズルのお掃除を日常的には行わず、月に1度や半年に1度などの気合いを入れたお掃除のときにしか行っていないとの結果が出ています。
これではこまめにケアをしているとは言い難い状態です。

トイレのノズル掃除のペースは、「1週間に1度程度」が理想。このペースを守ることで、ノズルに頑固な汚れが付着してしまうのを防ぎ、いつでも清潔なノズルを保つことができますよ。

4.「ノズル周辺」のケアも忘れずに

ノズルのお掃除をするとき、「ノズル周辺」にも注意が必要。普段は収納されているノズルと比較すると、ノズル周辺の方が汚れの危険にさらされています。ノズル周辺は洗剤を含ませたトイレットペーパーやトイレ掃除用のシートを使用してささっと拭き取り、日頃からこまめにケアをするようにしておきましょう。

あると便利なお掃除グッズ

Getty logo

さて、日頃から心がけておきたいノズルのお掃除。ノズルのお掃除をするのにあると便利なお掃除グッズを紹介していきます。

1.ノズル専用クリーナー

ノズル専用クリーナーがあれば、お手入れ楽チン。使い方も簡単で、ノズルを出して、ノズル専用クリーナーをシュッと吹きかけて数分放置するだけです。ノズルに塗布した洗浄液は、自動洗浄される機種がほとんど。ノズルに触れることなく簡単にお掃除を完了させることができちゃいますよ。

2.中性洗剤

ノズル専用クリーナーじゃなくても、中性洗剤があれば大丈夫。ノズルは中性洗剤を使ってきれいにお掃除できます。ここで注意したいのは、酸性洗剤ではなく、中性洗剤を使用すること。

水垢や尿の汚れに効果的な酸性の洗剤を使用したくなりますが、温水洗浄便座の多くはプラスチック製です。酸性洗剤はプラスチックに使用することはできません。プラスチック部分が割れてしまい、怪我や感電、火災の原因となることがありますので注意が必要です。

3.クエン酸スプレー

ノズルから出てくるお水はデリケートな部分に当てるものだから洗剤の成分が気になる…という方には、クエン酸スプレーを使用するのがおすすめです。

●クエン酸スプレーの作り方

水200ccに対して小さじ1/2のクエン酸を軽く混ぜ、スプレーボトルに入れて完成です。

クエン酸は汚れを落としてくれる以外にも、菌の繁殖を抑える効果があったり、消臭効果があったりと、トイレのノズル掃除以外でも大活躍。ナチュラルクリーニングでノズル掃除を行いたい方はぜひ利用してみてくださいね。

4.ゴム手袋

巷ではトイレ掃除は素手で行う方が開運効果がある…なんて言われているようですが、これはやめておいた方が無難。手には自分でも気がつかない小さな傷できていることがあります。その上、トイレにはおびただしい数の雑菌やウイルスが存在しています。

トイレのノズルだけに限らず、トイレの掃除をするときは必ずゴム手袋を着用するようにしましょう。ゴム手袋の使いまわしが衛生面上気になる場合は、使い捨てのゴム手袋を使用すると良いですよ。

5.綿棒や割り箸

トイレのノズルの収納口などの手の届かない細かな部分の汚れには、綿棒や割り箸を使用すると良いでしょう。綿棒や割り箸に布を巻き、洗剤を含ませて汚れを拭き取ることで隅々まできれいにすることができますよ。

まとめ

ノズルだけに限らず、トイレの汚れは放置すれば放置するほどお掃除が大変になってしまいます。あまりひどくなってしまった汚れは、専門の業者に依頼をしても良いかもしれませんね。日頃からできる小さなケアを心掛け、いつでもきれいな温水洗浄便座をゲットしましょう!

【PR】満足度94%!プロの掃除

なかなか落ちない頑固な汚れにはこちらの会社がオススメです。無料の見積り相談であらゆるハウスクリーニングに対応してくれます。諦めている長年の汚れを落としてませんか?

\家全体全てに対応/

年間3000件の実績
  • ◇満足度94%!
  • ◇全国各地に完全対応
  • ◇速い、安い、信頼。

関連するキーワード


トイレ掃除 掃除グッズ

関連する投稿


キッチンの換気扇をキレイに掃除する方法を5つ厳選してみた

キッチンの換気扇をキレイに掃除する方法を5つ厳選してみた

換気扇掃除を意識し始めて早1年……キッチン掃除の中でも、換気扇はなかなか手が出しずらい場所ですよね。でも、汚れに合った効果的な洗剤やブラシを使い、効率的な手順で掃除をすれば、案外簡単に換気扇掃除をすることができますよ。そんな方法や、ハウスクリーニング業者に依頼する際のチェックポイントなどをご紹介します。


水回りの掃除に使えるコスパ最強グッズ!100均の使えるアイテムを徹底紹介

水回りの掃除に使えるコスパ最強グッズ!100均の使えるアイテムを徹底紹介

水回りの掃除で使える、100円ショップの便利グッズを解説します。また、キッチンやお風呂場、トイレ、洗濯槽など、ポイント別の掃除のコツの他、100均以外にもそろえておくと便利な水回り用掃除グッズもご紹介します。


サッシ掃除に便利なグッズ6選 簡単な掃除方法のコツもまとめてみた

サッシ掃除に便利なグッズ6選 簡単な掃除方法のコツもまとめてみた

サッシ掃除のベストタイミングは4~5月、もしくは梅雨明け頃。サッシのような細部の掃除をすることによって、掃除の質がぐっとあがります。面倒に感じるサッシ掃除を簡単にしてくれるグッズやコツをご紹介していきますので、サッシ掃除、始めてみませんか?


トイレの黄ばみ汚れの原因と掃除方法・落とし方6個!便座裏や水の中は?

トイレの黄ばみ汚れの原因と掃除方法・落とし方6個!便座裏や水の中は?

"トイレに黄ばみがある"方はいませんか? トイレの黄ばみはできるだけ早く落とさないと状況が悪化して、黄ばみが層のようになっていき不衛生です。早速、「トイレの黄ばみを落とす方法」などを見ていきましょう。


簡単にできる! トイレの黒ずみを落とす6つの方法

簡単にできる! トイレの黒ずみを落とす6つの方法

なかなか落ちないトイレの黒ずみを落とす方法を、6つに絞って解説しています。使用する洗剤の種類や効果的な洗剤の使用方法も説明しています。また、黒ずみヨゴレの原因や、黒ずみをつけないためには普段からどうすれば良いのかといったことも調べました。


最新の投稿


絨毯の掃除方法とコツ8個!重曹は使える?掃除道具のおすすめは?

絨毯の掃除方法とコツ8個!重曹は使える?掃除道具のおすすめは?

あなたは絨毯掃除をしていますか? 絨毯の汚れはトラブルの元になるため、絨毯掃除をしない方や適当に絨毯掃除をしている方は要注意です。早速、「絨毯掃除のやり方」などをチェックしてキレイな絨毯にしましょう。


ジーンズの洗濯方法とコツ7個!洗濯機コース設定・色落ち色移り・頻度

ジーンズの洗濯方法とコツ7個!洗濯機コース設定・色落ち色移り・頻度

"ジーンズは洗濯するべきではない"と思っているあなた、ジーンズは洗濯するべきです! ジーンズを洗濯すると様々なメリットがあります。「ジーンズの洗濯方法」などをチェックして家でジーンズを洗濯しましょう。


ドラム式洗濯機もカビる?洗濯槽の掃除方法10のコツ

ドラム式洗濯機もカビる?洗濯槽の掃除方法10のコツ

ドラム式洗濯機の洗濯槽を掃除する洗剤と、簡単な掃除方法について紹介します。重曹(炭酸水素ナトリウム)やセスキ炭酸ソーダ、酸素系漂白剤(過炭酸ナトリウム)といったおすすめの洗濯槽用洗剤や、頻度や汚れの原因についても解説します。


風呂場を掃除するコツ11を徹底検証

風呂場を掃除するコツ11を徹底検証

毎日入るお風呂ですが、浴槽や床など、時々お手入れしているつもりでも、どうしても黒カビが目地のスキマに生えたり、シャンプーと湿気の臭いが混ぜ合って、お風呂場独特の臭いがする、などのお悩みを抱えているご家庭に朗報! 今回は、自分でも出来る! お風呂のお掃除を取り上げました。


キッチンの換気扇をキレイに掃除する方法を5つ厳選してみた

キッチンの換気扇をキレイに掃除する方法を5つ厳選してみた

換気扇掃除を意識し始めて早1年……キッチン掃除の中でも、換気扇はなかなか手が出しずらい場所ですよね。でも、汚れに合った効果的な洗剤やブラシを使い、効率的な手順で掃除をすれば、案外簡単に換気扇掃除をすることができますよ。そんな方法や、ハウスクリーニング業者に依頼する際のチェックポイントなどをご紹介します。


引越し見積もり
ビジネスパートナー募集