暮らしのお悩み解決サイト

壁紙のカビの取り方6選!カビキラーやハイターの他にも!賃貸の壁|材質別の落とし方もご紹介!

壁紙のカビの取り方6選!カビキラーやハイターの他にも!賃貸の壁|材質別の落とし方もご紹介!


材質別カビ取り|壁紙ではなく木の場合
②木

木製の壁は内部までカビが入り込んでしまうと、完全に落とすのは非常に困難です。また、洗剤のチョイスによっては塗装やワックスが取れてしまうので、専用の洗剤を選ぶことをおすすめします。

消毒用エタノールや酸素系漂白剤を使ってカビを落とすこともできますが、場合によってはサンドペーパー等でカビの生えた部分を削り落とすことも必要になります。

木材は、その性質上どうしても水分を含みやすい素材です。周りの環境から見直さないと、繰り返しカビが生えることもあるの注意が必要です。

材質別カビ取り|壁紙ではなく漆喰の場合
③漆喰

漆喰は調湿機能に優れた建材です。湿度の高い日本の気候にもによく合う建材として重宝されていますが、まれにカビが生えることがあります。

漆喰は湿気をよく吸いますが、ずっと湿度が高いままだと吐き出すタイミングがなく蓄積したままになってしまいます。そこにカビの胞子が付着することで、カビが発生してしまうのです。

この場合、漆喰は洗剤を吸い込んでしまうので先に挙げた方法はほとんど使えません。専用のカビ取り材を使用する、カビた部分の建材を取り除いてカビ防止剤を混入した漆喰を塗り直す等の処置が必要になります。

ある程度のスキルと材料があれば自分でも対処可能ですが、今後のことも考えて専門業者に相談してみることをおすすめします。

また、漆喰にカビが発生するということは相当の湿気が周辺にたまっているということです。換気や空気の流れを見直して再発を防ぎましょう。

材質別カビ取り|壁紙ではなく土壁の場合
④土壁(京壁)

古い和室によく用いられている京壁ですが、劣化により塗りが剥げてポロポロと落ちてくることがあります。

本来、調湿機能に優れている京壁ですが、劣化や周りの環境によっては漆喰と同じくカビが生えてしまいます。

この場合も、漆喰と同じく基本的に洗剤を使って落とすのはNGです。塩素系漂白剤を薄めにスプレーするという方法もありますが、その部分だけ建材の色が抜けてしまうこともあるので、材質が分からない場合は避けたほうが良いでしょう。

京壁は漆喰よりも扱いが難しいので、自分で塗り替えるには知識と技術が必要です。完全にカビを取り除きたい場合は、専門業者に相談することをおすすめします。

壁紙のカビを取る時にあると便利な道具7選

ここでは、カビ掃除を手早く済ませるために揃えておきたい道具をいくつかご紹介しています。揃えておくと他の掃除にも使えるものばかりなので、日頃から持っておくようにしたいですね。

壁紙のカビを取る便利な道具|その1
①綿棒

ブラシの入らないようなすき間や角の部分は、綿棒に洗剤等を少量つけてこすると効果的です。柔らかいので、傷のつきやすい壁紙にも使うことができます。あちこちの掃除にも使えるので、多めにストックしておくと良いですね。

壁紙のカビを取る便利な道具|その2
②歯ブラシ

木製の壁や壁と隣接した長押等のカビ取りまで幅広く活躍するのが使い古しの歯ブラシです。おさまりやすいサイズ感と丈夫さ、コスパの良さ等、お掃除アイテムとして非常に優秀です。

狭いスペースや手が入りにくい所でも使いやすいので、カビの生えやすい入り組んだ場所にぴったりです。使い終わった歯ブラシは、捨てずにぜひ活用しましょう。

壁紙のカビを取る便利な道具|その3
③霧吹き

広いスペースにまんべんなくスプレーする時に欠かせない霧吹きですが、様々な種類の容器が販売されています。100円ショップで販売されているペットボトルに取り付けられるタイプのものは、使い切りにしたい重曹やお酢のスプレーを作るのに便利です。

壁紙のカビを取る便利な道具|その4
④雑巾

カビの生えた場所を拭くぞうきんは、汚れが分かりやすい白がベストです。カビがびっしりついた雑巾を洗うのはちょっと……と思われる方は、古着を切って作るウェスを活用しましょう。

白いTシャツや肌着はとても水吸いが良いので、雑巾としても優秀です。使い終わったあと、そのまま捨ててしまえる気軽さも嬉しいですね。

壁紙のカビを取る便利な道具|その5
⑤マスク

カビは喘息やアレルギーの原因になる有害な物質です。また、カビの除去に使う洗剤類も、吸い込むと気分が悪くなったり吐き気や頭痛の原因になることもあります。

掃除の際は、必ずマスクを鼻まできちんとつけるようにしましょう。安価なもので良いので、常にいくつかストックしておくことをおすすめします。

壁紙のカビを取る便利な道具|その6
⑥メガネ

マスクと同じく、カビの除去にはメガネも必須アイテムです。シーズンオフで使わないゴーグルや掃除専用のセーフティゴーグル等を用意しておきましょう。洗剤が目に入る等の思わぬ事故を防ぐためにきちんと対策を取っておきたいですね。

壁紙のカビを取る便利な道具|その7
⑦手袋

こちらも掃除の基本アイテムですね。安価な使い捨てグローブでも良いので、必ず手袋をつけてから洗剤等を扱いましょう。

ゴム手袋は手が蒸れるから苦手だという方は、綿の手袋をつけてからゴム手袋をつけましょう。綿が汗を吸収して不快感を軽減してくれます。かぶれ対策にもなるので、お悩みの方は試してみて下さいね。

【PR】ハウスクリーニングやエアコン掃除はプロに依頼しませんか

清潔な住まいで健康で快適な暮らしを!キッチンの頑固な油汚れ、時間と労力を費やす水回りの清掃、エアコンのクリーニングなど普段なかなか手がつけられない掃除なら、掃除のプロが見つかるこちらのサービスがオススメです。

ハウスクリーニング業者登録数、日本最大級!かんたん・お得な見積もり体験を、ミツモアで。

ミツモア_クリーニング

\依頼者430,000人突破/

24時間依頼可能!0円で依頼し放題

 

  • ▼カンタン2分の操作で依頼完了!
  • ▼最大5名のプロから見積もりが届く。
  • ▼無料チャットで条件や料金を調整!
  • ※依頼完了後、いつでもキャンセル可能です
  • ※しつこい営業はありません

関連する投稿


洗面台の茶色い汚れはどのアイテムで落とせる?水垢・サビ2つの掃除方法を解説

洗面台の茶色い汚れはどのアイテムで落とせる?水垢・サビ2つの掃除方法を解説

洗面台の茶色い汚れの落とし方を特集!水垢によるものと、ヘアピンなどの「もらいサビ」それぞれどのアイテムで掃除すればいいか解説します。


カビの種類6つと特徴と違い一覧!食品や住宅のカビはどれ?[画像付き]

カビの種類6つと特徴と違い一覧!食品や住宅のカビはどれ?[画像付き]

壁や水周り、食品等、カビは人が生活しているどんな場所にも生えてきます。この記事では、カビを大きく6種類に分けて、特徴と違い等について解説しています。有害なカビを発生させないために、まずはカビそのものについて知るところから始めてみましょう。


カビの発生原因と除去方法6個・予防対策は?アルコールは有効?

カビの発生原因と除去方法6個・予防対策は?アルコールは有効?

カビはどうすれば除去できる? カビの発生を防ぐには? など、カビの除去方法~カビの予防対策を知りたい方は必見です。カビの除去方法がわかれば、悩ましい頑固なカビも除去できます。早速、チェックしましょう。


絨毯・カーペットは除菌できる?簡単にできる除菌方法や掃除手順とは

絨毯・カーペットは除菌できる?簡単にできる除菌方法や掃除手順とは

衣料品と同じ繊維で出来ている絨毯・カーペットですが、除菌はできるの?と気になっている方も多いのでは?また、お掃除方法がわからず、捨てたり買い換えるご家庭も少なくないのだとか。今回はそんな絨毯・カーペットを手軽に自宅で除菌・掃除する方法をご紹介していきます。


床の5つの素材別掃除方法!汚れの原因は?洗剤は使って良い?

床の5つの素材別掃除方法!汚れの原因は?洗剤は使って良い?

フローリング、絨毯・カーペット、タイル、クッションフロア、畳の5種類の床素材別掃除方法を、それぞれご紹介します。 また、使用する薬品や、掃除のコツ、あると便利な床掃除グッズ、床を掃除する時の注意点についてまとめてみました。


 

ビジネスパートナー募集