暮らしのお悩み解決サイト

フローリングのカビ取り方法5ステップ。賃貸トラブルになる前に!

フローリングのカビ取り方法5ステップ。賃貸トラブルになる前に!

フローリングはカビとは無縁ではなく、条件さえ揃えば繁殖してしまう可能性が十分。お住まいが賃貸住宅の場合は、修繕費用を大家側と入居者側、負担どっちになるのか。フローリングのカビを取る方法、賃貸トラブルを回避するために知っておきたい事などについてまとめていきます。


水回りに生えるイメージの強いカビ。ある日、フローリングに生えているのを発見して、戸惑ってしまう方も多いのではないでしょうか。カビは、温度25度以上、湿度70%以上、さらにさまざまな栄養分が揃うことで繁殖していきます。

つまり、カビとは一見関係がなさそうなフローリングであっても、条件さえ揃えば十分に繁殖してしまう可能性があるのです。

この記事では、フローリングに生えてしまったカビを取るための5つのステップや、お住まいが賃貸住宅の場合、トラブルを回避するためにわたしたちが理解しておくべきことなどについてまとめていきます。

フローリングにカビが生える原因5つ

Getty logo

まずはじめに、フローリングにカビが生えてしまう原因を知っておきましょう。フローリングにカビが生える原因は、主に5つあげることができます。

① 布団が敷きっぱなし

フローリングにカビが生えてしまう原因のひとつとして、フローリングに布団を敷きっぱなしにしていることがあげられます。

人は寝ている間に汗をかきます。その量は、成人であればコップ1杯ほどと言われています。つまり、布団はわたしたちが寝ている間に湿った状態になっているわけですね。

さらに、わたしたちの体温により、布団が温められます。そして、カビの栄養分となるのが、ホコリや髪の毛。これでカビの発生に必要な「湿度」「温度」「栄養分」が揃い、カビが繁殖しやすい環境を作り上げてしまうのです。

② マットやカーペットを敷いている

フローリングに布団を敷いていなくても、マットやカーペットを敷いているというご家庭は多いのではないでしょうか。多様なデザイン性だけでなく、保温効果、防音効果などさまざまな効果が期待できるマットやカーペットですが、実はフローリングにカビを生やしてしまう危険を孕んでいるのです。

マットやカーペットとフローリングの間は空気の通りがあまり良くなく、特に梅雨などのジメッとした季節では湿度が溜まりやすくなってしまいます。そこに人の体温や室温、汗やホコリなどの栄養分が加わって、カビが繁殖しやすい環境を作り上げてしまうのです。

③ 植木鉢をフローリングに直接置いている

フローリングにカビが生える原因として、意外と盲点なのが、観葉植物などの植木鉢がフローリングに置いてあるケースです。耐陰性があり、室内のインテリアとして人気の高い観葉植物ですが、それらは植物ですので水やりが必要です。

いくら植木鉢の下に受け皿を置いていたとしても、その付近は湿気が多い状態になってしまい、カビが繁殖しやすい環境になってしまうのです。

④ 結露しやすい部屋である

冬場に注意したいのが、結露によるカビの発生です。結露とは、室内の湿気を含んだ温かい空気が外の冷たい空気に触れることで水滴に変化した状態のことです。結露が一番気になる箇所と言えば、一般的には窓ガラスでしょう。しかし、壁やフローリング、天井なども実は結露していることを忘れてはいけません。

結露しやすいお部屋の特徴としては、マンションの北側のお部屋や、1階の角部屋のお部屋など、屋外に面した壁面が多かったり、室内外の温度差が生じやすかったりするお部屋があげられます。結露しやすいお部屋ではそれだけ湿度が高まりますので、カビが繁殖しやすい環境を作り上げてしまうことになります。

⑤ 灯油ファンヒーターを使っている

冬に灯油ファンヒーターを使っているご家庭は、カビの発生に要注意です。なぜなら、灯油は燃えることで二酸化炭素と水を排出する性質があるため。

つまり、灯油ファンヒーターを使用することで、湿度を高めてしまうわけですね。そのため、灯油ファンヒーターを使用しているお部屋では結露がひどくなり、結果としてカビの繁殖しやすい環境を作りあげてしまうのです。

 

フローリングのカビを取る方法5ステップ

Getty logo

つぎに、フローリングに発生してしまったカビを取るための方法を5ステップで説明していきます。フローリングのカビはしっかりと消毒をしながら除去していくことが大切です。

① 最初にフローリングのカビを濡れた布で拭き取る

まずはじめに、フローリングに発生したカビを濡れた布を使って拭き取っていきます。ここで満足して作業を完了させてしまっては、カビに栄養を与えてしまうだけですので逆効果に。次のステップへ必ず進みましょう。

ちなみに、これらのカビを直接触りたくないという気持ちから「掃除機で一気に吸い込んでしまおう」と考える方もいらっしゃるかもしれませんが、胞子を部屋中に撒き散らしてしまう結果となってしまいますのでやめておきましょう。

② アルコールや消毒用エタノールでフローリングのカビを取る

つぎに、アルコールや消毒用エタノールを80パーセントに希釈したスプレーをフローリングのカビに吹きかけ、雑巾でしっかりと拭き取っていきましょう。

アルコールやエタノールには、タンパク質を固めてカビの繁殖を抑える効果があり、さらに消毒・殺菌効果も期待できますので、フローリングのカビを除去するのに最適です。

③ フローリング板の継ぎ目のカビは歯ブラシで取る

フローリングの板の継ぎ目などの細かな箇所に生えたカビは、拭き取りだけでは十分に除去することができません。そんなときは、爪楊枝や歯ブラシを使ってカビをこすり取りましょう。

アルコールやエタノールの使用は、基本的にはフローリングへの影響を心配する必要がありませんが、まれに色落ちしてしまうことがあります。目立たない箇所へスプレーを吹きかけて2、3日様子をみてから行うと安心ですよ。

④ 塩化ベンザルコニウム液 (逆性石けん液)でフローリングのカビを取りきる

フローリングが色落ちしてしまってアルコールやエタノールが使用できない場合は、塩化ベンザルコニウム液 (逆性石けん液)を使用すると良いでしょう。こちらも水で薄めたものをスプレーし、拭き取っていきます。頑固なカビの場合は、数分間つけ置きしてから拭き取ってみてくださいね。

⑤ 防カビワックスをフローリングに塗る

フローリングのカビの除去が完了したら、カビの再発を防ぐために防カビワックスをフローリングに塗っておくと安心でしょう。ただし、お住まいが賃貸物件の場合は注意が必要。後々トラブルにならないよう、大家さんに許可をもらってから行ってくださいね。

やってはいけない!フローリングのカビ取り方法4つ

Getty logo

つづいて、フローリングのカビを取るためにわたしたちがついついやってしまいがちな、実はやってはいけないカビ取り方法を紹介していきます。フローリングを傷めてしまったり、余計にカビが繁殖してしまう原因となりますので注意しましょう。

① カビキラーでフローリングのカビを取る

カビ用洗剤と言えば、「カビキラー」を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。「カビに効果てきめんなカビキラーを使えば、フローリングのカビも根こそぎ退治できるはず!」と期待を抱く方も多いことでしょう。

しかし、カビキラーはフローリングで使用するには効果が強過ぎます。フローリングが脱色してしまい、その箇所が白くなってしまう危険があるのです。フローリングにカビキラーを使用することは控えましょう。

カビ用洗剤と言えば、カビキラーを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。「カビキラーを使えば根こそぎ退治できるはず!」と期待を抱く方も多いことでしょう。

しかし、カビキラーはフローリングで使用するには効果が強過ぎます。フローリングが脱色してしまい、その箇所が白くなってしまう危険があるのです。

② キッチンハイターでフローリングのカビを取る

上に述べたカビキラーと同様、キッチンハイターもフローリングに使用するのはやめましょう。こちらもカビ自体にはもちろん効果はありますが、フローリングが脱色してしまう恐れがあります。

③ 重曹でフローリングのカビを取る

家庭のお掃除に大活躍の重曹ですが、フローリングのカビに使用するのはおすすめできません。なぜなら、重曹はクレンザーの働きがあるためです。重曹の研磨作用によりワックスが剥がれ、フローリングを傷めてしまう恐れがあります。

④ お酢でフローリングのカビを取る

カビに有効とされる酸性の性質をもつお酢ですが、ご家庭にあるような食用のお酢だと、かえってカビの栄養分になってしまうことがあります。使用箇所もベタついてしまいますし、フローリングの使用には向いていません。

賃貸住宅でフローリングにカビを生やしてしまったら

Getty logo

お住まいが賃貸住宅の場合、フローリングにカビが生えてしまったら修繕費用は大家側と入居者側、どちらが負担することになるのか気になりますよね。賃貸住宅でフローリングにカビを生やしてしまった場合、トラブルを避けるためにわたしたちが理解しておきたいことについてまとめていきます。

① フローリングの原状回復とは

フローリングの原状回復は、クリーニング対応、もしくは張替え対応で行われます。張替え対応のほうが費用は当然高額になります。拭いても取れないカビについては、張替え対応となることが多いようです。

② 過失が入居者にある場合は入居者負担になることも

入居者側が然るべき管理を怠ったために発生したフローリングのカビ(布団を敷きっぱなしにしていたなど)については、入居者側の負担になります。契約書・重要事項説明書を改めて確認しましょう。

入居者側の負担と言っても、ある程度の期間住んでいる家であれば、入居年数によって法廷対応年数で差し引かれますので全額負担にはなりません。また、物件の築年数が古い場合は自然消耗とみなされ、大家側の負担になることもあります。

③ 悪化してしまわないよう、早めに対応を

フローリングのカビは、放置しておくことで余計に悪化してしまう恐れがあります。フローリングのカビを発見したら、悪化してしまわないように大家さんに連絡し、早めに対応しておくようにすると安心でしょう。

フローリングにカビを生やさない予防方法4つ

Getty logo

最後に、フローリングにカビを生やさないための予防方法をまとめていきます。カビが発生してしまった場合の対処ももちろん大切ですが、そもそもカビを発生させないように予防しておくこともとても大切です。

① 風通しを良くしてフローリングのカビを予防

カビを発生させないためには、フローリングの湿度を下げてあげることが大切です。換気や除湿を徹底し、できる限り風通しの良い環境を整えましょう。フローリングに敷布団を敷いている場合は、すのこや除湿マットなどを布団とフローリングの間に敷き、湿気がこもりにくい状態にしておくのがおすすめです。

② 敷布団は毎日干してフローリングのカビを予防

敷布団とフローリングの間にすのこや除湿マットなどを利用したところで、湿気対策としてはまだ十分ではありません。カビ予防の効果をもっと上げるためには、敷布団を毎日干してあげると良いでしょう。

そうは言っても、毎日お布団を干すのは楽な作業ではありませんよね。毎日が晴天なわけでもありませんし、ついついサボりがちになってしまう方も多いと思います。

そんなときは、すのこと除湿マットが一体化した「すのこ型の除湿マット」や、すのこごと布団を干すことができる「すのこベッド」など、便利グッズを活用してみるのがおすすめです。買い替えをご検討されている方は、そもそも除湿機能を備えている布団を選ぶという手段もあります。

③ カーペットやマットは定期的に干してフローリングのカビを予防

カーペットやマットをフローリングに敷いているご家庭では、敷布団と同様、カーペットやマットとフローリングの間にできるだけ湿気をこもらせないようにすることが大切です。カーペットやマットを定期的に干して乾燥させてあげることでカビを予防することができます。

しかし、カーペットやマットの場合は敷布団の場合とは異なり、上に動かしづらい家具や家電を配置しているというご家庭もあるでしょう。

カーペットやマットを気軽に干すことができないご家庭では、とにかくお部屋自体の湿度を下げることを心がけましょう。換気、除湿を徹底し、必要であれば除湿機やサーキュレーターなどを活用しても良いでしょう。

④ 除湿機でフローリングのカビを予防

湿度を下げるために頼りになるのが、除湿機です。主に梅雨時期に活躍することの多い除湿機ですが、湿度が気になる日はどんどん活用していきましょう。

お部屋全体の湿度を下げることができますので、結果的にフローリングのカビ予防にもつながります。サーキュレーターと併用することでさらに除湿効果をあげることができますよ。

ただし、冬場は乾燥や風邪のウイルスが気になりますので、注意が必要。カビ対策としては邪魔者な湿度ですが、わたしたちの健康には適度な湿度が必要なのです。お部屋の湿度は40〜60パーセントに保てるように上手に調整してくださいね。

まとめ

フローリングのカビは発生してしまってから対処することよりも、そもそも発生させないように普段から注意することが重要と言えるでしょう。フローリングにカビを発生させないためには、フローリングに湿度をこもらせないようにすることがポイントです。

お部屋全体の湿度を上手に調整することで、フローリングだけでなく、そのほかの箇所についてもカビの発生を防ぐことができます。普段から湿度が上がり過ぎないように注意し、カビゼロの快適な空間を目指してみてくださいね。

 

関連するキーワード


リビング掃除 キッチン掃除

関連する投稿


エアコンの部位別掃除方法!フィルター・フィン・ファン掃除で使う洗剤は?

エアコンの部位別掃除方法!フィルター・フィン・ファン掃除で使う洗剤は?

お部屋をキレイにしているのに、なんだか嫌なニオイがする……それは、エアコンにカビが生えているせいかもしれません。この記事では、エアコンをすっきりキレイに掃除するのに便利な洗剤やグッズ、それらを活用した掃除方法をご紹介しています。


和室の掃除方法5個!簡単裏技やおすすめ掃除頻度は?

和室の掃除方法5個!簡単裏技やおすすめ掃除頻度は?

和室掃除をする際には、除菌スプレーや洗剤といった水分を使用すると、素材が劣化したりシミがついたり、カビが発生したりする場合もあるため注意が必要です。そこで、和室の特徴と和室を掃除する方法、注意点についても紹介します。


蛍光灯がつかない原因10個と交換方法!片方・新品がつかない?

蛍光灯がつかない原因10個と交換方法!片方・新品がつかない?

蛍光灯がつかない原因はいくつもあることを知っていますか? 通常、つかない蛍光灯は新品に交換すれば電気がつきますが電気がつかないこともあります。今回は蛍光灯がつかない原因などをチェックしていきましょう。


水筒の楽で簡単洗浄方法3選!重曹やクエン酸が有効?

水筒の楽で簡単洗浄方法3選!重曹やクエン酸が有効?

水筒の着色汚れなどを簡単に落とせる洗浄方法があることを知っていますか? 水筒に付いたなかなか落ちない汚れや、イヤな臭いも「3つの洗浄方法」なら解消します! 水筒をラクして簡単に洗浄したい方は必見です。


タイル目地の6つの場所別掃除方法!床・キッチン・浴室・トイレなど

タイル目地の6つの場所別掃除方法!床・キッチン・浴室・トイレなど

タイル目地が汚れた時はすぐに掃除をするのが良いです。でも掃除をするのが面倒で放置している方もいるでしょう…… 諦めるのはまだ早いです! 放置した目地汚れは、場所に合わせて掃除をすればキレイになります!


最新の投稿


洗濯物がくさい! 洗濯槽の裏にあるカビをゴッソリ掃除

洗濯物がくさい! 洗濯槽の裏にあるカビをゴッソリ掃除

カビが生えやすい洗濯槽の裏の掃除方法を解説します。 洗濯槽のから出てくる汚れの原因や、 洗濯槽のカビが人に与えるダメージ、使用する洗剤や掃除で注意するポイント 、掃除に使える便利グッズなどをご紹介します。


トイレタンクの掃除6ステップ 簡単なやり方を徹底まとめ

トイレタンクの掃除6ステップ 簡単なやり方を徹底まとめ

トイレのタンク、掃除していますか? 「便器は掃除するけどタンクは周りを拭くだけ」という方も多いのではないかと思います。しかし放っておくとトイレタンクの中はカビだらけになってしまいます! そんなトイレタンクの掃除方法をわかりやすく6ステップで解説していきます。


ムカデの毒成分・症状は?噛まれたときの毒抜対処方法

ムカデの毒成分・症状は?噛まれたときの毒抜対処方法

ムカデに噛まれる事故が増えるのは5月~10月のため、都会に住んでいても他人事ではありません。ムカデに噛まれれば毒のせいでツライ思いをするでしょう。そこで今回は、毒による症状や対処方法等をまとめました。


蚊の駆除方法10個!屋外・庭・屋内・部屋など

蚊の駆除方法10個!屋外・庭・屋内・部屋など

蚊に刺されるとかゆみに襲われるため、「蚊に刺される前に駆除したい」と思いませんか? 不快な蚊を駆除するなら屋外や屋内にいる時等、自分がいる場所に合わせて蚊の駆除方法を実践し、蚊から身を守りましょう。


引越しの挨拶回りで必須の粗品、喜ばれるもの10選と喜ばれないもの

引越しの挨拶回りで必須の粗品、喜ばれるもの10選と喜ばれないもの

あなたの第一印象を決める引越しの挨拶回りは、粗品選びが意外と重要です。引越しの挨拶回りの粗品として喜ばれるもの10選と喜ばれないものを紹介していきます。気遣いを感じられるこだわりの粗品を贈って、印象アップを狙いましょう! 


 

ビジネスパートナー募集