暮らしのお悩み解決サイト

お風呂の床の黒ずみを取る9つの方法。重曹とクエン酸で取れる?

お風呂の床の黒ずみを取る9つの方法。重曹とクエン酸で取れる?

お風呂の床の黒ずみ。見て見ぬ振りをし続けていたら、あっという間に黒ずみが増殖してしまった…という方も少なくはないでしょう。実は、お風呂の床の黒ずみにはいくつかの原因があり、それらを知ることでキレイに簡単に掃除をすることができるのです。ここでは、お風呂の床に発生してしまった黒ずみの掃除方法などについて解説しています。


毎日の入浴以外に朝夕にシャワーを浴びているという方も少なくないでしょう。特にご家族がいらっしゃる方であれば、毎日浴室はフル回転、床は乾く間もなく酷使せれざるを得ない状態になっていることでしょう。

さてそんな浴室なのですが、床部分に黒ずみが発生してしまって不快な気分になってしまったことはないでしょうか。

洗剤や高温のシャワーを浴びせてもなかなか落とせないお風呂の床の黒ずみ。ここではそんな手強い『お風呂の床の黒ずみ』を取る方法をいくつか紹介していきましょう。

お風呂の床の黒ずみの原因4つ

お風呂の床に発生してしまった黒ずみ。冒頭でご紹介した通り、簡単には落ちてくれません。そもそも、なぜ黒ずみが発生してしまうのでしょうか。

ここでは、お風呂の床の黒ずみの原因について紹介していきます。

①水垢

浴室で使用されている水、お湯は安全面が考慮され、カルシウムやマグネシウムなど、微量の塩素などが含まれています。

こいうった成分は水分が蒸発した後は残ってしまい、別の物質と結合してしまいます。つまり、水垢や湯垢というのはこういった蛇口やシャワーから出る、水に要因があったのです。

②皮脂汚れ

浴室に入るということは石鹸やボディソープ、シャンプーを利用することになります。垢擦りなど、タオルなどで垢を落とすようなこともあるでしょうし、そういった行為による皮脂、油汚れがシャンプーの成分などと結合してしまい、床に汚れとしてたまってしまうわけです。

この皮脂による黒ずみですが、アルカリ性の汚れであったり、さまざまな汚れが混ざりあって酸性となっていたり、原因を知っておかないと対処法もなかなか難しいようです。

結果的に、床に強固な黒ずみとして増殖してしまい、取りにくくなってしまうわけです。

③カビ

お風呂の黒ずみは、前述したように、水垢であったり皮脂汚れであることがほとんどですが、カビが原因ということもあるので注意です。

浴槽や床など、そこまで黒ずんでいない状態であれば前述したような汚れが想定できます。

しかし、ゴムパッキンといった、ドアに付属している部分などがビッシリ黒ずんでいたとしたら、それらはカビの可能性もあるので注意しなければいけません。

そのカビが、何らかの要因でお風呂の床で増殖してしまうと、より除去が難しくなってきます。もちろん、このカビを放置しておくと、ダニが増えたり、空気中に飛散したり、健康を害する要因となってしまうことがあるので注意をしておきましょう。

④石鹸カス

床の黒ずみには、さまざまな種類があります。前述してきたタイプのものもそうですが、実は石鹸カスと呼ばれているものが要因になる、ということもあるので注意が必要です。

石鹸カスは、別名で“金属石鹸”と呼ばれている、石鹸と水が混ざった時に発生するカスのことです。

石鹸を利用されている方の場合、お風呂の床の黒ずみの多くがこの石鹸カスであり、アルカリ性のため酸性の掃除道具を使うことで除去できるので安心してください。

お風呂の床の黒ずみを取る9つの方法

お風呂の床の汚れの要因には、さまざまなものがあることがお分かりいただけた、と思います。ここからは、このお風呂の床の黒ずみを除去するための方法を紹介していきます。ぜひ、参考にしてみてください。

①重曹

重曹の激落ちくん 粉末タイプ 1kg

¥270(2019/12/23 時点)

近年、さまざまな用途で使えて大活躍しているのが、重曹です。重曹というと、キッチンに利用するイメージがありますが、お風呂の床の黒ずみにも利用しやすいのでとても便利です。

重曹が使えるのは、ヌメっとした肌触りになってしまう、“皮脂汚れ”です。皮脂汚れは、私たちがお風呂で体を洗ったり、髪の毛を洗った時に出てくる汚れが要因ですので、基本的には酸性に傾いています。

そのため、皮脂汚れを落とすためにはアルカリ性のアイテムを使えば良いことになり、それが重曹となります。重曹であれば、安く手に入るだけでなく、人体にも優しいの安心して利用することができます。まず、重曹の使い方ですが、つけおきをすると汚れが落ちやすくなるのでおすすめです。

まず、重曹を用意してペースト状になるまで水で薄め、伸ばします。そし、お風呂の床の黒ずみの気になるところにそれらを塗、30分ほど放置すればOKです。

ただし、手が荒れてしまうこともあるのでゴム手袋を忘れないように使用しましょう。30分後、スポンジを使用してしっかりと押し付けるように磨きます。

汚れが落ちたことを確認したら、シャワーでしっかりと残らないように洗えば、皮脂汚れをしっかりと落とすことが可能でしょう。

②クエン酸(お酢)

クエン酸の激落ちくん 粉末タイプ 400g

¥248(2019/12/23 時点)

お風呂の床の汚れには、さまざまな種類があります。その中でもアルカリ性の汚れというのは、水垢や石鹸カスなどがそれにあたります。

重曹はアルカリ性であることから、皮脂汚れなどの酸性の汚れに使うことができましたが、その逆の汚れの場合は酸性のアイテムを利用することが重要になってきます。そんな時使えるのが、クエン酸です。

もし、手元にクエン酸が無い、ということであれば酸性の液体ということで、“お酢”を利用することも可能です。

ただし、一般的に使用されているような調理酢であり、果実酢などではなくアルコール酢と呼ばれているホワイトビネガーを利用するようにしましょう。まず、クエン酸を使用する場合には、クエン酸と水を1:1で混ぜたものをスプレーとして利用します。

100円均一などで売っているスプレーボトルに水を入れてから、お風呂の床の黒ずみに散布するだけです。なかなか落ちてくれない、しつこい黒ずみなどに関しては、キッチンペーパーなどを上から貼付けて、数十分に放置しておき、きれいなスポンジを使ってこすりシャワーで汚れを流してください。

ただし、クエン酸やお酢を利用した場合、お風呂の床材によっては、酸によって痛んでしまうことがありますので注意しておきましょう。

③重曹とクエン酸

お風呂の床の黒ずみには、さまざまな汚れが混ざっていることがあります。ハッキリと皮脂汚れ、また石鹸カスによる汚れなど分かっていれば、重曹やクエン酸を単体で使うことができます。

しかし、それでもなかなか汚れが落ちない時もあるでしょう。そんな時は、重曹とクエン酸をセットで使ってみる、という方法がおすすめです。まず、お風呂の床に発生した気になる黒ずみに粉末を散布しましょう。

この時に、クエン酸またはお酢を2:1の割合で少しだけかけてください。重曹とクエン酸が混ざることで、泡が発生するのですが、これが黒ずみの汚れを落としてくれる秘密になります。

次に、ゴム手袋を装着して泡を取り出し、黒ずみが気になるところに塗っていきましょう。

【PR】ハウスクリーニングやエアコン掃除はプロに依頼しませんか

清潔な住まいで健康で快適な暮らしを!キッチンの頑固な油汚れ、時間と労力を費やす水回りの清掃、エアコンのクリーニングなど普段なかなか手がつけられない掃除なら、掃除のプロが見つかるこちらのサービスがオススメです。

ハウスクリーニング業者登録数、日本最大級!かんたん・お得な見積もり体験を、ミツモアで。

ミツモア_クリーニング

\依頼者430,000人突破/

24時間依頼可能!0円で依頼し放題

 

  • ▼カンタン2分の操作で依頼完了!
  • ▼最大5名のプロから見積もりが届く。
  • ▼無料チャットで条件や料金を調整!
  • ※依頼完了後、いつでもキャンセル可能です
  • ※しつこい営業はありません

関連する投稿


バスタオルの洗濯方法4ステップ!洗う頻度は?一人暮らしは違う?

バスタオルの洗濯方法4ステップ!洗う頻度は?一人暮らしは違う?

バスタオルは毎日洗うべきなのか。さまざまなところで議論されやすい話題ですが、実際はどうなのでしょうか。また、バスタオルは洗濯するとすぐガシガシになったり、ぺしゃんこになってしまって悩んでいる、という方もいるでしょう。ここでは、バスタオルを洗濯する頻度や、ふわふわな状態で洗濯する方法などを解説しています。


レンジフード(換気扇)の分解掃除方法7ステップ!業者の費用相場は?

レンジフード(換気扇)の分解掃除方法7ステップ!業者の費用相場は?

レンジフードが汚れていても見て見ぬ振りをしていませんか? レンジフードの掃除をしたくない方も多いですが汚れを放置すると厄介なのがレンジフードです。早速、レンジフードの掃除方法などをチェックしましょう。


オキシクリーンで風呂釜を掃除!失敗しないための注意ポイントも

オキシクリーンで風呂釜を掃除!失敗しないための注意ポイントも

”風呂釜掃除を全くしていない”など、お手入れをサボっていませんか?蓄積された風呂釜の汚れは、オキシクリーンでキレイにしましょう。オキシクリーンなら、こびり付いているガンコな汚れも落とすことができます。


オキシクリーンのカビ取り!風呂・壁紙・洗濯機・窓・カーテン

オキシクリーンのカビ取り!風呂・壁紙・洗濯機・窓・カーテン

オキシクリーンをご存知の方も多いでしょう。オキシクリーンは様々な汚れを落とすことで有名ですが、カビ落としの洗剤として使うこともできます。早速、「オキシクリーンでカビを落とす方法」をチェックしましょう。


キッチンのタイル掃除7ステップ。重曹が大活躍!

キッチンのタイル掃除7ステップ。重曹が大活躍!

キッチンタイルの掃除は面倒で掃除をしていない方もいるでしょう…… キッチンタイルが油汚れでベタついていませんか? キッチンタイルのしつこい油汚れは重曹で掃除をしましょう。早速、掃除方法をご紹介します!


 

ビジネスパートナー募集